ギター 編集無頼帖

爆裂対談 -BURSTALK-

060920_1516~0001.jpg
石井聰亙監督にお会いしてきたのです。
闇雲なエネルギーに満ち溢れた快作を連発していた方だけに、その物腰柔らかい人柄は意外でした。か細い声だが芯のある言葉をブレなく発する姿は“ああ、映画の暴動を作品にした人だ”と思えたけれど。
今回は監督を軸にギターウルフのセイジさん、怒髪天の増子さんを交えた対談企画で、司会進行をスマイリー原島さんにお願いしていたところ急性胃炎を患ったらしく(原島さん、どうぞお大事に!)、急遽不肖私メが現場を回すことになりました。

昨日は会社泊だったので、高校の時にレンタルビデオ屋で買った7800円の『爆裂都市』中古ビデオを持ってこれませんでした。監督にサインをねだろうとしたのです。
小遣いもろくにない17才にとって7800円は大金も甚だしい額で、パッケージの背は陽の光を浴びて白くなりかけているし、何より中身はレンタルされまくって案の定画像も粗いのでした。
それでもルースターズとロッカーズが合体したバンド(バトルロッカーズ)が出演・演奏している映画とあらば喉から手が出るほど欲しい代物であり、受験生の身分を利用して「参考書を買いたい」と当時あざとくも親に無心したのです。
確かに、その後の俺の人生における最強の参考書にはなったのだから、母親が出してくれたなけなしの金は無駄にならなかったと思いたいです。
そんなわけで去年ようやくDVD化を果たした『爆裂都市』を僕は未だに買ってません。画像も音もきっと凄く綺麗なんだろうけど、なんか癪に障るのなー。
7800円の中古ビデオで買った高校生の自分が「あんなもん買うんじゃねぇ!」と言っているような気がするのです。
それよりも何よりも、『爆裂都市』は余りクリアじゃない画像で音もこもったほうが“らしい”感じがしますからね。

『石井聰亙作品集DVD-BOX I〜1976-1983〜』(豪華特典付DVD7枚組)は10月28日発売。これを記念したトークイベントが10月15日にLOFT/PLUS ONEにて、10月23日〜25日の3日間は新宿LOFTにて『BURST GIG』が行なわれます。ROCK'N'ROLL GYPSIES、FRICTION、恒松正敏グループ、dip、怒髪天、bloodthirsty butchersといった出演バンドの豪華さもさることながら、当日LOFTでは監督撮影編集による秘蔵ライブ映像も上映されるそうなので必見ですよ。(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 23:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

殺幌発進化系ミクスチャー・バンド6人衆

060918_1411~0001-0001.jpg
個人的に札幌出身のミュージシャンとは以前から親交が多々ありまして、取材やライブの打ち上げ等で知り合うバンドメンが札幌出身と知るや、どうも他人と思えぬところがあるのです。
「カウンターアクションの(三浦)洋平さんにはお世話になりました」なんて殊勝な話を彼彼女らから聞くと、「呼び捨てでイイよ」などと思わず軽口を叩いてしまいます(笑)。
昨日インタビューさせて貰った進化系ミクスチャー・バンドGHOSTY BLOWの面々も図らずも札幌出身で、Hey! Yo!な当世気質な容姿(笑)とは裏腹にとても気さくで温かい人柄の典型的な道産子なのでした。
メンバー6人は上京してまだ4ヶ月、都内某所の一軒家に全員で同居中とか。トイレや風呂の順番で揉めないか思わず心配になりますが(笑)、公私共に仲睦まじく切磋琢磨している模様です。
不自由な生活かもしれないですが、東京に出てバンドとして頂上まで上り詰めてやるんだという夢と気概に溢れた青春群像を見ているようで益々好感を持ちました。
微力ではありますが、今後とも彼らの活動を温かく見守りつつ尽力したいと思います。
そして彼らの故郷へ久し振りに行くぞ来月SHELTER TOURSで! ご無沙汰している彼の地のみんな、10/4にカウンターアクションで会おう! 打ち上げはヤタガラス!?(笑)(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

元祖ネオアコ番長降臨

060917_1315~0001.jpg
アズテックカメラと言えば、現在30〜40代の洋楽に刻まれた世代にとっては情操教育に欠かせないミュージシャンの一人であり、オレンジジュースと並ぶ最重要ネオアコ・アイコンであります。
そんなアズテックカメラ=ロディ・フレイムが4年振りとなる新作『WESTERN SKY』を引っ提げて去年のサマソニ以来となる来日を果たしたというので、ほぼ己の趣味と独断でインタビューを奪取してきたですよ奥さん!
個人的に洋楽アーティストの取材はcursiveのティム以来久方振りでどうなるかと思いましたが、御本人の物腰はとても柔らかく、こちらの拙い質問にも真摯な態度で応えてくれて一安心。
インストアライブ前のバタバタした時間にも関わらず好意的にインタビューをセッティングしてくれたファーストエイドの新井女史、そしてロディ本人にこの場を借りて感謝します。
こんな調子でポール・ウェラーとかポール・ウェラーとかポール・ウェラーとかにもインタビューしてみたいぞV2レコードさん! なんちて。かしこ。(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

本誌連載陣突如乱入

060917_1829~0001.jpg
椎名で御座います。
ぼちぼちRooftopも作業佳境、今日は渋谷でインタビュー終了後社に戻り休日返上で原稿まとめるぞ! と吉田照美ばりにやる気マンマンでいたところ、1階のネイキッドロフトにDJ出演する怒髪天の増子さんがビールジョッキを携え「椎名君いる? 呑もうよ!」と突如事務所に乱入。
僕のデスク隣に陣取り、ネイキッドロフト副店長の上江州がどうすれば女性にモテるかを延々滔々と話されておりました(笑)。
その後、同じくネイキッドに弾き語りで出演するBEYONDSの健さんが挨拶に来てくれて、そこにいつの間にか昼イベントを終えたプラスワン斉藤女史も加わり、自ずとプチ酒盛りが始まってしまったのです(笑)。
図らずも本誌人気連載陣2名が集った今宵の百人町の夜は更け、緊迫しつつある山積み仕事は出来そうにありません……(泣)。(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 19:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

BEAT荘・男闘呼三人衆

060906_2035〜0001.jpg
日本が世界に誇る“アトミックドラム”高橋まこと(ex.BOφWY/De+LAX/DAMNDOG)、wash?の奥村大と南波政人に檄を飛ばしバンド道を熱く説く特濃インタビュー!
……を敢行したわけではないのですが(それも面白かったかな? 笑)、昨夜wash?のインタビュー時に、それまで別件で打ち合わせをしていたまことさんが「オイ椎名! 早く呑み行くぞ!」と突如として乱入(笑)。
御年52歳(!)の天才ドラマーの命令は常に絶対的最優先事項なので、取材後もちろんお付き合いさせて頂きました。
抱腹絶倒のバカ話から実になる人生訓に至るまで、まことさんの話はいつも感化されます。
wash?の3rdアルバム『HOWLING』、言うまでもなく最高の出来。それゆえに訊きたいことが余りに多すぎて、90分近くみっちりと至福の問答(大ちゃんと南ちゃんはウヘーッてな感じ)をさせて頂いた次第であります。
この世紀の大作をこれでもか!と世に知らしめるべく、必ずやいい原稿にするつもりです。
もっとも、大ちゃんは記事のキャッチ(太字の見出し)になるような名言を3分に1回は語ってくれる最高の語り部なので、こちらが黙っていても自ずと読み応えある記事になるのですが…。
何はともあれ、今後多々あるwash?の誌面露出の中でもRooftopのインタビューが一番だと言われるように気合い入れますので何卒!(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 11:54 | Comment(8) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

我がkocoronoアイドル

060902_2206〜0001.jpg060902_2332〜0001.jpg
今月もめでたくWeb版インタビューも無事更新されたってことで(明瀬+稲垣、毎月忙しいなか有難う!)一筆。
先週末のNocturne Tour@NAKED LOFTにも蝦名君がシンバルをブッ叩いて大発狂しているさなかに現れたbloodthirsty butchersの吉村秀樹氏。
打ち上げの席で蝦名君のアコギをチョチョチョイっとまるで魔法をかけるように“ヨシムラチューニング”に変えて爪弾くその姿に改めて驚愕。
同じギターなのに、突如として浮遊感ある“あの音”になるんだよなァ…。
俺はライブの曲間にヨウちゃんが何気なく弾くボワーンとしたギターの音が好きなんです。何だかググッとくるんです。
butchersは現在曲造りの真っ最中。ここ数作、射守矢さんのベースを実は核とした傑作が相次ぎましたが、今度は是非真っ正面からヨウちゃんのギターが猛々しくも繊細に鳴り響く作品を聴いてみたいと個人的には思います。
posted by Rooftop at 09:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

Nocturne Tour 2006

060902_2215〜0001.jpg
NahtのSEIKIさん、sakhalin TVさん、元kiwirollで現在はDischarming manというソロ・プロジェクトを展開している蛯名君とで廻る“ノクターン・ツアー”。
昨夜NAKED LOFTで行なわれた東京編は、この日誕生日だった高森ゆうき(SHELTER店員にしてシンガーソングライター)をゲストに迎えて四者四様の代替不可な歌をじっくりと聴かせてくれました。
いつもRooftopを熟読して下さるherAx番長(SPIRAL CHORD/200mph)、我がアイドルbloodthirsty butchersの吉村さんも会場に駆け付け、個人的には打ち上げまで存分に堪能させて頂きました。
写真はRooftop最新号を手にした蛯名君(左)とSEIKIさん(右)。
今月号は蛯名君へのインタビュー、SEIKIさんの寄稿ページもあるので是非チェックを!(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

ズミ様とランチ

060822_1359〜0001.jpg
ここらが土壇場正念場!
そんなわけで編集作業佳境もイイとこなんですが、毎月恒例ズミ眼取材語りの部がまだだったので行ってきました西荻へ。
兄ィ行きつけの某店にて昼食をとりながら、先日のPV撮影の話と近況を伺いました。
とにかく多忙を極めるズミ様、一昨日ライジングサンで地元札幌から戻ったかと思えば、昨日は『音流』の収録で明日は名古屋、今週末は京都に神戸にてライブ。
この間のPV撮影から髪を下ろした兄ィ、こうして見るとやはり弟の真二さん(DMBQ)にソックリです。
「まァ、逆に真二がリーゼントにしたら俺に似るだろうけどね。絶対しないと思うけど(笑)」とは兄ィの弁。(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 15:13 | Comment(5) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

THEY'RE NERD #2

060818_1624~0001.jpg
BRAZILIANSIZEとwash?のスプリット・アルバム『THEY'RE NERD #2』発売を記念して、ブラサイから4106氏、wash?から奥村大氏という両バンドの顔役による対談を決行。
このスプリット、全国のタワーとHMV限定500枚しか販売されないそうなのですが(こう書くと煽ることになっちゃうけど)、是非入手して聴いて欲しい逸品であります。
双方の新曲3曲にお互いのカバーを含めた全8曲、どれも掛け値なしに素晴らしい出来。
更に今日のインタビューで聞けた、このスプリット収録曲に対する4106氏の想いを加味すると味わい深さ倍増です。
両者はかつてtrophyというバンドを組んでいた盟友であり、そんな2人の今日に至る軌跡を思い重ねると、なかなかに感慨深いものがあるですな。
熱いトークセッションの模様は次号にてじっくりと。(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 17:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

レディキャロ個別インタビュー

060817_1435~0001.jpg
次号カラー4P枠で濃厚にお届けするRadio Carolineのインタビュー。
今回は新たな試みとして、PATCHさん、真也さん、ウエノさんの三者三様取材と相成りました。
明日EZOへ発つ慌ただしいさなかの取材セッティングでしたが、お三方とも会心作『HEAVY GLITTER』について饒舌に語って頂いたですよ。
新作を作り終えた解放感からか連日呑み歩いているというウエノさんは大の読書家としても知られ、有り難いことにRooftopも毎月隅々まで熟読されているとのこと。
今日も取材前に文庫本を熱心に読まれていて、その姿もしっかり絵になるんだよなァ。
いつかウエノさんの読書コラムを連載するのも面白いなとふと思い立った次第であります。
写真は、いつも最高の語り部としてインタビューの度にイイ話を聞かせてくれるPATCHさん。Pのリング素敵です。(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 16:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

バナパ@サプリメントがわかる本

060816_1507~0001.jpg
渾身の3rdフルアルバム『alfred and cavity』を10月4日に発表するthe band apart
のインタビュー、荒井岳史氏(vo, g)と木暮栄一氏(ds)の両名にたっぷりと話を
訊いてきました。
『alfred and cavity』、平たく言えば1stと2ndの良い部分がギュッと凝縮された非
常に聴き応えあるアルバムだと思うです。
ちなみにK-PLANのM.I.Y.A.君は残波のボトルキープをしているほどのロフト常連客で、
「一杯呑んで帰りますから!」と言いつつしっかり始発頃まで泥酔する姿がバーカウ
ンターで度々目撃されております。仕事も遊びも一本気。俺はそんな彼の性格が大好
きです。
写真はインタビュー後にサプリメントの本を読んでくつろぐ荒井氏。
この本、前回のインタビュー時にもK社長のデスクの上にあった気がする……。
アルコホオルとサプリメントはバランスよく摂取したいものですね。ははは。(しい
な)

しいな
posted by Rooftop at 17:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ROCKET K

200608161431000.jpg
今日は下北にて、ROCKET KのKOGAさんにインタビュー。インタビュアーは下北沢シェルター店長西村氏。
ひんぱんにシェルターに出没するKOGAさんとひんぱんに話をしている西村氏だからこそ聞けたお話もあり、KOGAさんと下北についてもたっぷりお話いただけました。
9月29日にはROCKET Kのシェルターワンマンあります。スリムなKOGAさん(この意味は来月号で掲載するかも)に出会えます。

やまだ
hime.jpg
posted by Rooftop at 15:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

鉄と鉛

200608152238000.jpg
今日は渋谷屋根裏で鉄と鉛の野獣のように(この表現失礼?)激しいライブを見てそのままインタビューへ。
ライブ後はゆっくりしたいはずなのに、快く受けてくれました。
話は9月にリリースされるアルバムがメイン。
残念ながら掲載できない話もあったりなかったりでしたが、Rooftop、ギリギリのところまで勝負します!

来月はフルボリュームで鉄と鉛。お楽しみに☆

やまだ
hime.jpg
posted by Rooftop at 00:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

怒髪天PV、撮影快調!

060815_1415~0001.jpg
怒髪天・増子兄ィによる人気連載コラム『ZOOMYの眼』次号は、怒髪天の新曲PV撮影の模様をお届け致します。
現在、渋谷エッグマンにてまさに撮影の真っ只中。
実際に怒髪天のファンを客席に招いての疑似ライブ、ステージや客席の細かいセッティングが為されて何度目かの本番であります。
ステージ上のメンバーは汗まみれ、お客さんも立ちっぱなしで奮闘中!
楽屋にてメンバーの皆さんのイイ写真が既に一杯撮れたので、どうぞお楽しみに!(しいな)

しいな
posted by Rooftop at 14:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

吉野さんとホル問答

060813_2238~0001.jpg
昨夜はeastern youthの吉野寿さんへのインタビューで阿佐ヶ谷にあるホルモン焼屋
に行ってきたのであります。
吉野さんの地元・荻窪で一杯の予定が今いちグッとくる店がなく、阿佐ヶ谷へと移動
した次第。
塩味の極ウマ臓物を頬張りながらビールやマッコリを暴飲!
新宿LOFT初出演時の話など、イイ話がたっぷり聞けました。
吉野さんの発言はいつもながら一語一句ズッシリ重く、独自の音楽観や社会情勢に至
るまで、その慧眼に昨夜も感服。そしてその眼差しはとても優しいのです。
吉野さんと別れた帰路、いつも通り鼻歌まじりに「夜明けの歌」を唄う千鳥足の俺な
のでした。

しいな
posted by Rooftop at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 編集無頼帖

ギター 編集無頼帖

えーい見切り発車!

shiina_mnyk.jpg
Web班の明瀬が頑張ってくれて、この度我がRooftopのサイトがリニューアルしました!
如何せん操作が不慣れなものでなかなかアップできないのですが、充実した内容にしていくので今後お楽しみに!
ヨロシクです!
posted by Rooftop at 18:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | 編集無頼帖
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。