ギター バックナンバー

Less than TV presents ('08年2月号)

Less than TV presents ('08年2月号) less

accidents in too large field『NEW BUILDINGS』&デラシネ『DVD』Wレコ発記念特別座談会

吉田 肇(PANICSMILE)×accidents in too large field×デラシネ

accidents in too large field:阿座上 悟(g)/宇都倫博(b, vo, etc)/清水 誠(ds, vo, etc)
デラシネ:風間コレヒコ(b, vo)/貞方タケシ(ds)/岸本ダイスケ(etc)

当事者7名が赤裸々に語る(時効案件含む)九州ストレンジ・シーン今昔物語

今アンテナを張っている者がみな口にする“九州シーンの奇妙な動き”。そんな世間の噂を気にも留めず、動きの中心にいる当事者7人がひょうひょうと集結! あのライヴハウス火災事件の真相、伝説のイヴェント『博多NO WAVE』や『チェルシーQ』から、今九州ストレンジ・シーンの土台を成しているイヴェント『問題』まで。accidents in too large fieldの新音源『NEW BUILDINGS』とデラシネ2ndアルバムDVDのリリースを記念して、注目の対談!


集合するのはあの事件以来っすかね?

風間:ハイハイ〜もうテープ回ってますよ〜。いやぁ、久しぶりですね、集合するのは。

吉田:久しぶりやねぇ。

貞方:あの事件以来っすかね?

宇都:いきなりその話?(笑)

一同:(笑)

貞方:マズイっすか?

宇都:別にいいけど。

清水:もう時効やないすか?

風間:まぁ、僕と吉田さんが東京に居るのも宇都さんのせいっていうのもありますからねぇ。

吉田:いやいや、俺は違うけど。

一同:(笑)

風間:あれ? でも『チェルQ』ができなくなったのって、あの事件以後ですよね?

吉田:いや、あれとは関係ないよ。

風間:えっ、そうなんすか?

阿座上:俺もあの事件のせいって聞いたことあるような。

貞方:俺も。

吉田:違う、違う(笑)。

風間:なんだ、『チェルQ』を終わらせて『問題』を始めた男・宇都さんっていう設定だったんすけどね〜。

清水:何の設定すか、それ?(笑)

吉田:まぁ、そういうことにしてもいいけど(笑)。

岸本:でもコレ(風間)はその事件で福岡におれんくなったっちゃろ?

風間:おりづらくはなったねぇ(笑)。

一同:(笑)

阿座上:まぁ、火つけたらいけんよねぇ。

吉田:火つけたらいけんよ。

貞方:ライヴハウスに火をつけたらいけませんよ、宇都さん。

一同:(爆笑)

宇都:いやいや(笑)、自分らも便乗して機材とか盗んだりしよったやん。

貞方:だって、燃えそうやったちゃもん。

風間:あれは盗んだっていうか、避難させてあげた的なですね(笑)。

清水:でもそれって結局売りさばいたとでしょ?

貞方:えっ?

清水:「えっ?」って(笑)。

宇都:てか、この対談、大丈夫?

吉田:まぁ、後でカットしてもいいんじゃない?

阿座上:大丈夫っちゃないすか?

貞方:あ、俺ひとつ訊きたい!

岸本:何?

貞方:アクシデンツの「accidents in West street」って曲あるじゃないっすか? あれってこの事件のことじゃないのか、と。

宇都:…全然(笑)。

貞方:あれ??

一同:(笑)

東京の人から見たら新鮮なんかなって気はする

風間:まぁまぁ、それで火災事件の後、宇都さんがニューヨークに逃亡するハメになって、んで、

清水くんと出会うんよね?

阿座上:え、何? アクシデンツ・ヒストリー?(笑)

岸本:宇都さん、ニューヨークに居たのは逃亡だったんすか?

宇都:まぁ、そうねぇ。

岸本:え、どうだったんすか? 逃亡生活。

宇都:いや、別に普通(笑)。

吉田:その時、清水くん(ニューヨークで)誰とバンドやりよったんやったっけ?

貞方:ジョン・ゾーンやったっけ?

清水:違う違う、ジョンやない(笑)。まぁまぁ、それはいいやないっすか。

阿座上:え、そこは言ってもいいやろ?

清水:いや、まぁ…言ってもいいとやけど。

岸本:えっ〜??

阿座上:伏せるとこ完全に間違っとるよ、俺たち(笑)。

一同:(笑)

風間:まぁ、とりあえず清水くんがその辺のニューヨークのアンダーグラウンド・シーンみたいなトコにおって、それで宇都さんと出会って、帰って来てから阿座上くんとアクシデンツ組んで、今は福岡で『問題』をやってます、と。

宇都:えらい端折ったね(笑)。

岸本:なんか、噂によると阿座上さんは当時福岡で5本の指に入るギタリストやったとか。

阿座上:いや、まぁ、周りが勝手に言いよっただけで、別に…。まぁ、本当は3本って言われよったんすけどね。

一同:(笑)

吉田:そこは何でリンクしたと?

阿座上:あ、僕はメン募っす。

風間:メン募かぁ。火災事件、ニューヨーク逃亡って来といてメン募はちょっと、あの〜、パンチ足りなくないっすか?

宇都:いや、パンチは別にいらんけど…。

貞方:なんか嘘書きましょうか?

風間:いいねぇ。

清水:いや、嘘はマズイでしょ(笑)。

吉田:阿座上くんも別のライヴハウス燃やしよったことにするとか?

阿座上:やめて下さい(笑)。

一同:(笑)

風間:まぁ、それで、その、『問題』ってイヴェントを始めて。で、もう『問題』っていったらですね、九州の『チェルシーQ』以降の流れを支える感じのあれじゃないすか?

貞方:まぁ、九州の、何? う〜ん、中心?

風間:玄関口?

貞方:台風の目?

清水:…いや、なんかそんな頑張らんくても(笑)。

一同:(笑)

風間:いやいや、でもですね、今東京では、例えば誰かこっちの人と話しとったら、みんな「九州ヤバイらしいっすね〜」って。

吉田:そうね。言われる。

風間:けっこういろんな人に言われるんすよ。マジで。

宇都:う〜ん、でもウチら的には全然そんなあれやけど。普通やけど。

貞方:いや、だからあれですよ、渦中にいると気付かないんすよ。渦中の外にいる東京の人から見るとスゴイことになってるって見えるけど。宇都さんたちは渦中におるけん…。

阿座上:まぁ、でも東京の人から見たら新鮮なんかなっていう気はする。

風間:だって、もうみんなライヴハウスは放棄して、スタジオ・ライヴとか小さいクラブとかでしかやってないじゃないすか?

岸本:長崎とかカラオケ・ボックスでライヴしたり(笑)。

清水:『エレクトローカル』、もう会場がどんどん山奥に入っていきよる。

一同:(笑)

『問題』を一言で言ったら<戦場>やね

風間:で、どうですか? 吉田さん。『チェルQ』の首謀者だった吉田さんから見て、この『チェルQ』以降の、『問題』周辺の今の流れは。

貞方:急に対談っぽくなったね。

吉田:暑苦しいよねー、アップアップしてるし、っていうかケンカ祭りに近くて他のイヴェントに見られる仲良し集団、って感じが全くしないよね。

岸本:ん〜、そうやね、『問題』を一言で言ったら<戦場>やね。

貞方:あと、長崎『エレクトローカル』も熊本『P.Y king of…』も<戦場>。

阿座上:そうそう、今回東京の満員電車に乗った時にすね、なんかこれ、もう『問題』状態やなと思って(笑)。

清水:人がギュウギュウやしね、もう入り切れんっていうのに。隣の車両でケンカとか始まるし。

風間:それ、僕が東京来た時は『チェルQ』みたいやなって思った(笑)。

岸本:だって、あれ、いつやったっけ? あの、『問題』で3回やったやつ。

阿座上:あ、あれや、PANICSMILEとデラシネと、あとVELOCITYUTも石頭地蔵もみんなで集まった時や。

清水:普通のスタジオ・ライヴで、しかもシークレットで告知なしでやったのに、客が300人くらい来とってから、みんな3回ずつ演奏して。

宇都:え? あれ、300もいった?

清水:おった、おった。西塔くんがわざわざ数えよったけん。

阿座上:あれ、でも3回ずつやったけど、それでも見れてない人けっこうおったよね。

風間:あ、じゃあ、実はあの時今日のメンバーは集まっとったんや。

宇都:でも、あん時ライヴ全部終わったの明け方やったけんね。話す余裕もなかったし。

吉田:あれね〜、もう3回目の演奏とかほとんど憶えてないね。

貞方:マジ、キツかった。

清水:サダくん、ベロとデラシネで全部で6回ライヴしとるもんね(笑)。

吉田:てか、あれをスタジオでやろうってのが間違っとるよね(笑)。

宇都:まぁ、でもけっこう振り幅あるんで。毎回そんなに入るわけじゃないし。

風間:でも、あの<戦場>的な空気感ってやっぱ『チェルQ』の頃からの流れじゃないっすか?

宇都:うんうん。確かに『チェルQ』は本当にね。ヤバかった。

貞方:まぁ、『チェルQ』がなかったら今の俺たちは無いやろね。

吉田:っていうかね、ビブレホールの俺が組んでたブッキングが常にバイオレンス状態やったから(笑)。

宇都:『博多NO WAVE』。

風間:そうかぁ、じゃあ、<戦場>は『博多NO WAVE』の頃からなんやな。

貞方:博ーーー多ーーーNOーーーWAVEーーー!!!!!!

岸本:ちょっと(笑)。サダ、うるさいって(笑)。

清水:サダくん、今向こうの席の人、全員こっち見とったよ(笑)。

宇都:あれ、俺が一番ビビったのは、あの、○○さんが××さんをいきなりベースで思いっきりぶん殴って(笑)。

吉田:あ〜。

宇都:俺もう一番近くにおったし、××さん本当に死ぬんやないかなって(笑)。

貞方:あれ、血の量がマジでハンパじゃなかった。マジでブワ〜って。

風間:うわ〜。

吉田:俺はもう止めるのに必死やったけどね。

貞方:しかも理由がまったくわからんし。さっきまで一緒に普通に話しよったし。

清水:まぁ、やけんスピーディーな感じになっとっただけやないすか?

風間:やっぱそうなんすかね?

清水:そうやないっすか?

阿座上:でも○○さんって、今はどっちかって言ったらそういうことしそうにない方の…。

吉田:まぁ、俺は詳細知っとるけど。言えんけどね(笑)。

宇都:あれは今振り返ってもちょっと笑えんな〜。

岸本:いやいや、宇都さん今、かなり笑いながら話してましたよ(笑)。

一同:(笑)
less

アクシデンツもデラシネも「逆ギレ感」がバリバリ出とる

阿座上:あれ? てか、何の話でしたっけ?

清水:…『博多NO WAVE』の話。

吉田:そう、人間、フリーマン、蝉、三重人格ノ犬、ラムステッド、グラインドサアフって皆さん今もバリバリやけど、組み合わせちょっとでも間違うと会場が地獄になるという(笑)。

風間:はいはい(笑)。

吉田:『チェルQ』はそれの拡大版やから更にたちが悪いんよ。夜中で、酒・タバコ、その他いろいろアリで(笑)。

一同:(笑)

吉田:まぁ、そりゃ向井くんも付き合っとれんくなるわ。

貞方:なんか今になってみると、育ちのいい組と悪い組で完全に分かれましたよねぇ。

清水:そうなん?(笑)

風間:いや、ウチらとか最初に出会ったのが人間とかやったけんね、悪い組代表にいきなり洗礼を受けて。

貞方:よく考えたら火つけたりするのも、悪い組代表の影響も。

風間:博多山笠火災事件。

宇都:ちょっと、ちょっと、そこは出しちゃマズイやろ?(笑)

一同:(笑)

吉田:ニュースになったけんね、あれは。

阿座上:え、何すか?

岸本:…いったんテープ止めよっか?(笑)

一同:(笑)

風間:大丈夫っす、大丈夫っす。あの〜、今回の記事はですね、僕が全部責任持ちます!

岸本:言ったね?(笑)

貞方:まぁまぁ、それくらいの事件、アルゼンチンやったら屁みたいなもんよ。

阿座上:…まぁ、日本やけんね(笑)。

貞方:日本の警察の捜査能力なんて屁以下よ。

岸本:自分、1回捕まっとるやん(笑)。

一同:(笑)

風間:でもやっぱり何だかんだ言っても、ウチら高校生とかやったし、最初は『チェルQ』行くのけっこう怖かったっすね〜。

吉田:そうそう、でも宇都くんやらコレヒコやらビビリながらも、バリバリ表情が嬉々としよったもんね〜。2人ともここまで続けるガッツがあったとは(笑)。

風間

宇都:え〜!!(笑)

吉田:ごめん、ごめん、でもアクシデンツの今回の作品や、毎回見るデラシネやノンポリラジカルのライヴはあの時の、「逆ギレ感」がバリバリ出とるよね。余裕なんて一切ありません! っていう感じ(笑)。

宇都:まぁ、余裕は無いっすけど(笑)。

風間:でも、俺もう貧乏暮らしはイヤやなぁ〜。

岸本:んじゃ、早く仕事しいよ(笑)。

風間:いやいや、でも仕事すんのはそれ以上にイヤ。

岸本:コレ、今年いくつよ?(笑)

風間:いや、労働だけはね、俺本当に向いてないなっていうか、無理やね。

一同:(笑)

貞方:でも、お金持ちにはできんことやっとるんやない? 俺ら。

岸本:そりゃそうやろ。

阿座上:とりあえず楽しいっていう自信はあるよね。

貞方:あるね。

風間:でもまぁ、椎名(林檎)さんとかZAZENとかメジャー行った組も、やっぱあんな中に一緒におっただけあって、メジャー・シーンの中ではちょっと特異な感じにはなっとるんやない?

貞方:まぁね。
less

本当に至る所でアクシデントを起こしよるね

吉田:まぁ要するに、ロクに楽器も弾けなくて、機材も買えなくて今みたいにネットもやらないし、火をつけて遊ぶかクラブでバカ騒ぎするくらいしか楽しみがなかった俺らもようやく、こうしてちゃんと世に作品出せるようになったんやない? 育ちの良い組と違って要領悪いしさ(笑)。

風間:はい!! 吉田さん、ナイス・パスです。あの〜、そういうわけで、ちょっと前振りが長かったけど、accidens in too large field、ニュー・アルバム発売おめでとうございまーーす!!!!

一同:(笑)

貞方:長すぎやろ? 前振り。

阿座上:今までのどっからが振りやったと?(笑)

宇都:デラシネDVDも。

風間:あ、ありがとうございます。

宇都:てか、できよるとDVD?

風間:え? …ええっとですね、まぁ、まずはアクシデンツの話題から行きましょうか(笑)。

貞方:あ、ほら、清水くんがトイレ行っとる間にだいぶ話が進んどるて。ちょ、清水くん!

岸本:サダ、聞こえてないよ。

貞方:清水くんって!

清水:え、何?

貞方:もう発売おめでとうまで行ったて。

清水:何の?

貞方:アクシデンツのよ!

岸本:あの、今の5分くらいで、だいたいアクシデンツ結成の流れからアルバム発売までの流れまで来ましたよ。

阿座上:それはちょっと無理があるけど。

吉田:でもアクシデンツの新作聴いたけど、凄く妄想的でいいよねぇ、頭の中がぐっちゃぐちゃにとっちらかって、もう何が何やらわからん! っていう感じがグルグル渦巻いていて、物凄くリアルなんよねぇ。空想と現実の狭間の境界線が消えかかってて、ヒジョーに危ない!(笑) でもこの感じ、まさに「今」の感じよねぇ。俺はバリバリシンパシー感じますわ。宇都くんの表現は昔からずっとそうだけど、危ない!(笑)

風間:とりあえずね、最初聴いた時はちょっと本当にビビった。もう聴いてすぐいろんな人にメールしたけんね〜。

貞方:ちょっとズルイよね。あれ聴いたら、まさかあのライヴハウス潰した犯人が作った音源とは思えんもん。

吉田:いや、ああいう人は放火癖あるよ、絶対!

一同:(笑)

風間:まぁ、じゃあ、ちょっと今回のアルバムについて、3人から一言ずつ、ってどうすか?

宇都:え? 何を言えばいいと?

風間:いや、別に何でもいいんで。

宇都:もうライヴハウスに火をつけたりしないんで、今後もよろしくで〜す。

一同:(笑)

清水:みんな成長して社会性溢れる作品になったね。音質もきれいだし、火つけようがつけまいが(笑)、僕らとしてはバランス良くコントロールできた音源にできました。

阿座上:ギター・テクが満載!

宇都:何それ…今のコメントもカットで!

風間:んで、アレいきましょうよ、あの、レコーディング秘話。

吉田:え、何? 何?

宇都:いや、なんか、広い場所で録りたいなっていうのが最初にあって…。んで、清水くんの友達にポルノ映画館で働きよう人がおって。

清水:んで、まぁ、なんか機材とか持ち込んで。でもポルノ映画館って朝まで開いとるけん、勝手に閉めて、苦情来る前にってバリバリ急いだんやけど。でもあと1曲で録り終わるってところで、隣のビルの人が入ってきてから。

阿座上:めちゃめちゃ怒鳴られよるんすけど、俺ら録音中やけん途中で演奏やめるわけにもいかんし。

清水:やけん、今回録ったやつ、よく聴いたら、後ろでかすかにおっさんの怒鳴りようのが聴こえるんすよ(笑)。

一同:(笑)

宇都:まぁ、でもミックスでだいぶ削ったけん。

清水:でも物凄い爆音で聴いたら、たぶんわかるよ、あれ。

吉田:あ〜、でも、そのおっさんに怒鳴られよう緊張感は音に出とったね(笑)。

貞方:本当に至る所でアクシデントを起こしよるね。

一同:(笑)
less

デラシネのDVDはイージー・リスニングに対する反抗っすよ

宇都:てか、デラシネDVDの話はせんでいいと? 全然触れてないよ、今のところ。

風間:そうっすね〜、デラシネのDVDに関しては…あの〜、今のところあんまり話せることがないっていうか(笑)。

貞方:もう絶対無理ってなって、1回発売を延期してもらったんやけど、今その延期してもらった締め切りに間に合うかどうかって感じやね。

一同:(笑)

宇都:ちょっと大丈夫? 一緒にツアー回れると?(笑)

風間:大丈夫っす、大丈夫っす。何とかします。

岸本:コレ、2ヶ月前くらいからずっと同じこと言いよるやん(笑)。

風間:いや、でも決してサボっとるわけじゃないやん? かなり必死で作りよるんやけど。あの〜、カサイさん、本当にすみませ〜ん! 頑張ってま〜す。

一同:(笑)

吉田:で、そのDVDはライヴがメイン?

風間:あ、いや、新曲もたくさん入ってるんですけど。ライヴも入っとるし、ドキュメンタリーみたいな部分もありつつ。なんかこう、新しい形態の作品を作りたいなと思ってまして。イメージとしては映像付きのニュー・アルバムみたいな。

吉田:あ〜、じゃあ、ノンポリラジカルみたいな感じ?

風間:そうっすね、新曲はノンポリみたいに映像で主張する部分があって。

岸本:ウチらの曲を映像で表現するっていう。

貞方:あと、イージー・リスニングに対する反抗っすよ。

吉田:ん? どういう意味?

貞方:なんか、みんなもう音楽をなんかの片手間に聴いとるやないっすか? 作品として聴こうとしてないけん、当たり障りのない音楽が喜ばれるっていうか。

風間:そう、でもDVDやったらまだみんな腰すえて見るやろうけんね。

吉田:あ〜、それ、俺も最近同じようなことを考えよったな〜。

岸本:もともとデラシネはアートワークの比重も大きかったけんね。そういう部分を生かしたいっていうのもあるよね。

風間:うん、あと、個人的にライヴするのは好きやけど、音源制作って実はあんまり気乗りがせん部分が前からあって。別に音源なんて作ってもあんま面白くないっていうか。ライヴでいいやんっていう。どんなバンドでも、100%音源はライヴに負けるじゃないすか? でも今回のDVDは音と言葉と、あとそこにライヴにはない映像っていうもうひとつ要素が加わるけん。ライヴでやろうとしとることが作品として出せるんやないかなって。

阿座上:楽しみやね。

岸本:まぁ、まだ完成してないんすけどね(笑)。

風間:でも、もうこれからの作品はずっとDVDで出そうかなって。

岸本:うん。でも、まぁ、まだ第1弾も完成しとらんけどね(笑)。

一同:(笑)

風間:まぁ、これからやね。

岸本:うわ〜、俺、腹減ってきた〜。

宇都:あ、俺も。

吉田:なんか頼もうか?

岸本:いいっすね〜!?

風間:金無かろうもん、キッシー。

岸本:なんかわからんけど、経費とかで落とせばいいっちゃないと?(笑)

風間:てか、これって一体どうなっとるんやろうか?

貞方:みんなちゃんと金持ってきとると?

吉田:コレヒコ経費やない?(笑)

風間:いやいや、無理っす、無理っす。

一同:(笑)

貞方:てか、これってだいたい何の対談なん?

風間:あと、不安なのはこのメチャメチャな会話の入ったテープをいったい誰が起こすのかっていう…。

吉田:それも間違いなくコレヒコやね(笑)。

風間:え? 僕っすかね?

PANICSMILE photo by アカセユキ(yukk.info)




accidents in too large field

new buildings


Less than TV FICL-1019 (ch-102)
1,680yen (tax in)
IN STORES NOW
★amazonで購入する


デラシネ


DVD
Less than TV FIBL-1020 (ch-104)
1,890yen (tax in)
2008.2.20 IN STORES
★amazonで購入する

Live info.

accidents in too large field『NEW BUILDINGS』&デラシネ『DVD』Wレコ発TOUR

3月8日(土)長崎T.B.A『ELECTLOCAL』
accidents in too large field/デラシネ/VELOCITYUT/and more...

3月9日(日)福岡西新JAJA『問題24』
accidents in too large field/デラシネ/TEPPOHSEEN/and more...

3月15日(土)大阪梅田Hard Rain『YOLZ IN THE SKY presens』
accidents in too large field/デラシネ/ヨルズインザスカイ/mu-neujohn/and more...

3月16日(日)京都METRO『僕の京都を壊して』
accidents in too large field/デラシネ/FLUID/and more...

4月5日(土)渋谷O-NEST『Less than TV presents』
accidents in too large field/デラシネ/and more...

Less than TV official website
http://lessthan.tv/



posted by Rooftop at 18:00 | バックナンバー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。