ギター バックナンバー

熱血寸志〜炎のプレゼント道場〜 ('07年12月号)

nekketz.gif今月号の紙面を飾ったミュージシャンの方々から、他では決して手に入らない貴重なグッズの数々を編集部員が取材先で有り難く頂戴しました。皆様本誌への忌憚なきご意見を明記の上、どうぞ振るってご応募くださいませ。かしこ。

Good Dog Happy Men

Good Dog Happy Menが作り上げた架空の街“the GOLDENBELLCITY”の全貌が、今回リリースされたアルバム『the GOLDENBELLCITY』によって明らかになりました。楽曲もさることながら、物語としても読むことができるこの三部作にえらく感激した記憶があります。曲を聴きながら風景を想像し、その街に生きる人たちのことを思うという、さらに曲のイメージが膨らむこの作品がとても好きです。年末までライブあって、その後には東名阪“Memory of the GOLDENBELLCITY”と題されたライブがあって、来年も楽しみです。Good Dog Happy Menからはオフィシャルグッズを1名様に。

メロン記念日

ついにメロン記念日が新宿ロフトに登場です。Rooftopに登場するのは3回目でありますが、今回はナント! 誌面で使う写真をロフトで撮影したんです。メロン記念日がロフトにいるってなんか不思議な感じだなーって思ってました。撮影は午前中からのスタートでありましたが、メンバー4人とも元気いっぱいで撮影していましたよ。特に実際楽器を手にした時はとても嬉しそうでした。撮影を横でじっくり見させていただきましたが、カメラに向かってメンバーが顔を作ると、見てるこちらまで一緒に顔を作ってしまうのは何なんでしょうね。カメラを向けられてるわけでもないのに、キメ顔をしてしまったことは誰にも気付かれていなかったと思いたいです。メロン記念日からはオフィシャルグッズを1名様に。

怒髪天

11月に札幌BESSIE HALLで行なわれた怒髪天、bloodthirsty butchers、eastern youthが出演した『official bootleg vol.014〜20th Anniversary / 僕達の疾走〜』。このイベントが発表になったあたりから、うちの編集長はずっとソワソワしていました。「こんな夢のような3バンドが揃うイベントは、東京ではなかなかやらないんだよ!」と毎日毎日私に熱弁していました。そして月日が経ち、気付けば編集長は札幌に飛び立っていました。そのライブレポートを3ページに渡って掲載してます。熱意を感じました。出演したバンドのひとつ、怒髪天がニューアルバム『LIFE BOWL』をリリースしました。プレゼントは怒髪天の皆様からオフィシャルグッズを1名様に。

BOφWY

12月24日に初DVD化映像集『“GIGS”BOX』、CD3枚組『“GIGS”CASE OF BOφWY COMPLETE』、全10タイトル紙ジャケットシリーズの3アイテムをリリースするBOφWY。正直、BOφWYが活動していた期間はかなり幼なかったので、リアルタイムで見たことはありません。でも、この1ヶ月、“BOφWY”という言葉をとにかくたくさん聞いたような気がします。うちの編集長も毎日BOφWYのことを言ってましたし、今回インタビューをしている町田直隆氏がとにかくBOφWYが大好きで、その原稿を作っていたせいか私のパソコンは「ぼうい」と打つと「BOφWY」と変換してくれるように登録しました。BOφWYからはオフィシャルグッズを頂きます。

スケルトンズ

11月にニューアルバム『うたをうたおう』をリリースしたスケルトンズ。これまでに比べると、楽曲的にもバンド的にも、本気モードがちゃんと伝わるようになり、腹を括った感のある潔い1枚となったように思います。今回インタビューに答えて頂いた千葉さんに、「10月に北沢タウンホールで行なわれた2daysワンマンは…」と話を始めようとしたところ、「やまださんが2日目は嵐のコンサートに行って、来てくれなかった公演だね」と。そうですけど…、嵐行きましたけど…。ダンスのキレも全然良かったですけど…。でも、スケルトンズのライブは、毎回全然違うから(寸劇含め)、本当は毎回行きたいって思ってるんですよ。スケルトンズからは、ステッカーシートを頂きました。1名様に。

清水泰而(怒髪天)

先月号で掲載して大反響があった友康さんの『OHZZYの耳』に続き、今月号ではベースのシミさんが登場です。コラムタイトルは『SHIMMYの鼻』。取材から帰ってきた編集長から渡された数枚の色紙。もしかして、このイラストの感じって意外と友康さんに近いんじゃないかと内心思いましたが、口には出せませんでした。シミさんは新年1月6日にNaked LOFTで「SHIMMYの鼻 presents『清水泰而の酒ズバッ!〜新年も肝臓は爆発だ!〜』」という、お正月だから飲みましょうっていうイベントです。いや、お正月じゃなくても飲んでるような気がしなくもないですが…。まあ、とにかく飲むみたいです。しかも、昼間から…。大丈夫なんですかね、シミさんの肝臓は…。プレゼントはイラストが描かれた色紙です。3名様に。

【プレゼントに応募する】



posted by Rooftop at 02:00 | TrackBack(0) | バックナンバー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。