ギター バックナンバー

Lucky13 ('07年11月号)

Lucky13

心の隙間を埋める魔法のウタ

『カラスの色は』から1年ぶりにリリースされるのは、Lucky13初のフルアルバム『コードネーム“男の子”』。 情けない部分もひねくれた部分も正直な部分も、ありのままの感情を詞にすることによって、よりリアルに感じ心に響く。幸せと不幸せが交互に訪れる毎日に、Lucky13を聴くことによって暖かい光が差し込み、何気ない日常に小さな幸せを舞い込ませてくれる。どこか情けなくて、どこか頼りない男の子の詞だけれど、誰もが抱える不安に対して、「とにかく君のする全てを肯定するから」とそっと勇気づけてくれる。そんなステキな曲を生み出した“危険な感じが一切漂ってこない4人(笑)”にお話を伺った。(interview:やまだ「コードネーム“女の子”」ともこ)


君がやった全てのことを肯定する

──11/7に『コードネーム“男の子”』がリリースされますけどフルアルバムは初めてなんですね。ようやく出せる!という感じですか?

中瀬 至(Vo.G.Key):ぶっちゃけるとあんまり…いつもより曲数が多いぐらいの感じ(笑)。でも、いつもならライブでやってるベストを詰め込んで終わりですけど、3曲とか4曲増えた分だけ面白いことができるっていうのがいいですよね。フルアルバムだからできたかなっていうのは『モノレールに乗って』(M-9)。歌詞が前日に変わったり、一発録音だったり。歌詞はレコーディングの直前まで辛気くさかったんですけど、演奏が意外と元気な感じでまとまったので、曲に合いそうなワクワク感を出せる詞をと前日まで悩んで、結局前日までの言葉は一言も採用していないです。あと、10曲のうち1曲ぐらいは趣味に走ってもいいかなって思いまして(笑)。フルアルバムだからっていうのはありましたね。

──『さよなら未来』(M-3)はピアノの弾き語りというのも新しいですね。

中瀬:いろいろアレンジしたんですけど、最終的に「歌とピアノでいいんじゃない?」 って話がまとまりまして、家で録りました。

──この曲は詞を読みながら途中まで聴いていたんですけど、あまりにも悲しくなって…最後まで聴けませんでした。すみません。

中瀬:それは、嬉しいのか嬉しくないのか微妙な気持ちです(苦笑)。

井上 寛隆(Dr.):ピアノが悲しさを増すんですよね。バンドバージョンでもチャレンジしたんですけど、「これは弾き語りのほうがいいんじゃないの?」っていう結論でした。

──『カラスの色は』では人を疑ってる歌が多くかったですけど、今回は“未来のことなんてわからない”という曲が多い気がしましたが…。

中瀬:未来は、あまりわかろうとも思ってないかもしれないですね。でも、『カラスの色は』を作って、バンドとして相当進化しているので、来年もこのスピードで進化したらすごい。

井上:どこまで昇っていくんだろうって(笑)。

──未来予想図はあります?

中瀬:あまりないです。何が幸せかというのも全くわからないので、音楽も仕事もそうですけど、自分のやりたいことをやってる感じです。ロックンロールヒーローになろうという時期もありましたけど、それは自分たちのイメージを限定してしまい、可能性を狭めることになると思うんです。でも、毎日忠実に行くとけっこう悪くない自分になっていくのがわかるんですよ。それがこの1年ぐらいで原点に返ってきたというか…。

──この1年間でレコーディングや曲作りに対して意識的な変化はありましたか?

中瀬:曲作りの話をすると、なんだかんだ言ってアイディアが出てくるなとは思いました。

千葉 牧人(B):レコーディングに関しては、前作よりクリアに聴こえるようにっていうのは考えてました。

中瀬:前のアルバムがロックバンドっぽい音の作りだったんですが、曲も若干変わってきたのもあって、ポップス的な録り方にしたいというのがあったんです。曲の良さと歌詞を引き立たせるために、バンドの特性を考えて全ての音がクリアに聴こえるようにシフトしたんです。

──その中で『ライオン』(M-5)はロック調で、ドラムがすごく良かったですよ。

井上:両足でバスドラを踏んでるんです。

中瀬:本人はこのテイクを気に入っていなくて、みんなは良いって言ってるのに8回ぐらい録って、結局1回目が採用されました(笑)。あれはヒドかった(笑)。

──アレンジは各パートの人が考えるんですか?

中瀬:そうですね。最初はギター1本とかピアノ1本と歌と、あとはこんな感じって伝えるぐらい。

熊坂 栄次郎(G.):“〜の感じ”と言ってもらったら自分なりイメージして、それがダメならまた違う感じで作り直します。

──今回一番苦労した曲は?

中瀬:『応援歌』(M-10)かな。

熊坂:みんなで合わせている状態で、他の曲は最終形が見えていたんですけど『応援歌』だけは見えなかったんです。雰囲気は良かったんですけど、最後まで不安が残っていた曲ですね。

──今までは自分に対する曲が多くて、『応援歌』のように人に向ける曲はなかったですよね。

中瀬:メロディーが先にあって、ライブの最後にやりそうなスケールが大きい曲だなと思っていたんです。ここで何を言いたいか考えていたら、この時代にですけど、応援歌にしていいかメンバーに聞いたという経緯はありますね。詞はライブでやっていく中で変わっていったんですが、レコーディングで最初のストレートな形に戻しました。字詰まりが気になったところもありましたけど、そのまま採用して、初期衝動が出ている歌詞なんじゃないかな。たくさん言いたいことがある内の1個ではありますけど、自分なりの応援歌にはなったのかなと思います。君がやった全てのことを肯定してあげようっていう応援の仕方があってもいいんじゃないかって。

──がんばれって言われるよりは、その方が心強かったりしますからね。


僕は男の子だから君を守るのが使命

──アルバムのタイトルはどう付けました?

中瀬:僕らの作るアルバムって、1曲1曲がベスト盤だと思って作っているので、全体を通したコンセプトはないんです。その中でも平均して『コードネーム“男の子”』(M-1)はLucky13らしいことを言っているような気がするんです。アルバム全体を通して、「僕は男の子だから君を守るのが使命」というところに戻るんじゃないかなって思うんです。それを最初に提示して、いろいろ考えてみるっていうのが流れとしていいのかなって。

──やっぱり男の子だから守らなきゃいけないって思います?

中瀬:ギリギリまでは傍観していればいいかなと思いますけど、最後は守らないとですよね(笑)。崖で手をさしのべるってわけじゃないけど、最後には僕がいてあげるっていう状態。

──『アイロニー』(M-8)のような修羅場では(笑)?

中瀬:どうですかねー(苦笑)。この曲もアルバムならではの挑戦でしたね。危険な感じが一切漂ってこない人達ですけど(笑)、鬼気迫る感じ曲を作りたかったんです。でも、このバンドでやると修羅場のはずなのにどこかコミカルなものになってしまう。なんかおもしろくなっちゃったーって(笑)。だから、自分の作る音楽とか詞を再確認しましたね。

──それって歌詞もありますけど、みなさんの演奏で嫌みのない曲になったんじゃないかと思います。

中瀬:滲み出ちゃいましたね。

井上:人の良さが出ちゃったね(笑)。

──(笑)いいことですね。

中瀬:本能で思ったんでしょうね。これ以上暗くしても歌いたくないなって。

──『ボイジャー』(M-4)は、熊坂さんがギターを楽しそうに弾いてる感じがCDから伝わってきた曲でしたよ。

熊坂:音だけでっていうのは嬉しいですね。昔は、すごく無機質なギターをやってましたけど、もうちょっとやれることがあるんだろうって思ったんです。のほほんと見えるけど、メラメラしてるんだなってわかって欲しいですし、ライブは目が見える、顔が見える、やってることが見えるのはそれだけでプラスになるけど、僕は歌を歌わないから、CDでは音で伝えていくことしかできないんです。

中瀬:この曲はギターを効果音的に使っているところがあって、栄次郎の最初のフレーズが良くできていたので、それに合わせてそういう詞になったという感じです。よくできてるなと思います。自画自賛ですけど(笑)。

──誰かを好きになって気持ちが高鳴っている時の胸の鼓動が、ギターのサウンドでうまく表現されていますね。ところで、『さよなら未来』で恋の終わりを歌って、『ボイジャー』は始まりを歌っているように感じたんですけど、つながりは意識されました?

中瀬:『ボイジャー』からもう一度アルバムが始まるという感じにしたんです。『さよなら未来』まで3曲やって仕切り直しになっているんですよ。

──なるほど。そして、『街魚』(M-7)は、めずらしくねっとり系で。

中瀬:演奏もねっとりしてますね。こういうのも気持ち良いですね。合気道的な気持ちよさ(笑)。間合いをちゃんと取って、息を合わせながら。

熊坂:1つのタイミングで音を詰め込んでいるところがあって、ドラムと合わせてる時にすごく緊張感がありましたよ。間をどれだけ取るのかが難しかったですね。しかめっ面しないとできない(苦笑)。技術云々じゃなくて、その雰囲気を出そうと思ったらこうなったんです。


慢性的な不安

──そして、名曲『東京ライフ』ですが、中瀬さんの地元はどこでしたっけ?

中瀬:北海道です。上京して2、3年後を歌った曲ですね。住んでみたけどどうなんだろうなっていう状態に近いですね。

──これはだいぶ前から演奏されている曲ですよね?

千葉:Lucky13のライブを見に行っていた頃で、「新曲ができました」という時に聴いた曲です。もう1個やっていたバンドがうまくいってない時期で、初めて聴いた時にスッと入ってきたんです。

井上:僕も衝撃を受けましたね。Lucky13に誘われて、もらったCDの3曲目にこれが入っていて「ハッ!」と思ったことを思い出しますね。詞にやられました。

──東京に出てきて2、3年の時はやっぱり不安でした?

中瀬:まず、留年が決定していたので本気で不安でした(笑)。でも慢性的に不安ですね、これからも。東京はいろいろとやれる分、選択肢を与えられ過ぎちゃうんです。逆に不自由になりすぎる。いろいろ見失ってるんだろうなと思って、その曲になりました。基本的にはどの人にも通じる不安だと思ってますよ。テーマとしては、みんな抱えているものなんじゃないかな。僕の書く詩って極端に答えが少ないじゃないですか。問いかけて終わるのが多い。それを人は逃げというかもしれないけど、答えを提示したくないんです。常にどうしようか悩んでいる人のほうがよっぽど誠実だと思うんです。それは共感してもらえるんじゃないかな。

──こうやって悩んでる人のほうが人間ぽいと思いますよ。共感できると思う。

中瀬:『応援歌』ですら、「がんばれ」っていう言葉が出てきませんからね(笑)。

──そういえば、WEBで『東京ライフ』の特設ページがあるそうですが…。

中瀬:はい。この世界がよりディープな感じになっているので。先行で無料配信していたり、ジャケットが見られたり、小説書いたり、見て頂けたらと思います。

──今回レコーディングをやって、次に続く課題は?

千葉:曲がいい、ライブがいいだけじゃなくて、4人で一つの音楽集団として独り立ちできるような集団でありたいです。

井上:今までやったことないことにチャレンジしたいですね。いろんなことを導入していきたいです。

熊坂:いつも思うことですけど、自分の中でオンオフをもうちょっとスムーズにできたらいいなと思います。ステージは、こうなりたいっていう理想像に近づけて別人になれるから大好きで、リハに入ってる時も自然にその雰囲気が作れたらと思います。

中瀬:課題というか、今回自分の家でも録音できるようなシステムを揃えたので、どんどん次に行けそうですね。どんどんやっていきたいですね。

──12月にはワンマンがあって、これからも楽しみにしています。

中瀬:ありがとうございます。


コードネーム“男の子”

コードネーム“男の子”

rpc-021 / 2,100yen(tax in)
11.07 IN STORES
★amazonで購入する


Live info.

11.08(Thu)新高円寺CLUB LINER
11.11(Sun)西荻窪w.jazz ※中瀬弾き語り
11.17(Sat)渋谷7th Floor ※中瀬弾き語り
11.24(Sat)東京渋谷(会場未定)『SHIBUYA HEART ATTACK!07』
11.29(Thu)代々木Zher the Zoo
12.16(Sun)大阪福島2ndLine
2008.1.11(Fri)下北沢mona records

12.19 ( Wed )下北沢Club Que
Lucky13presents『ねこ背ロック〜1stフルアルバム「コードネーム“男の子”」発売記念ワンマンライブ〜』

OPEN19:00 / START19:30
ADV. 2,000 / DOOR 2,500(ドリンク代別)

Lucky13 official website
http://lucky13web.com



posted by Rooftop at 20:00 | TrackBack(0) | バックナンバー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。