ギター バックナンバー

六畳人間 ('07年11月号)

六畳人間

空想を現実に、デタラメを真実に──
音の出る空想科学工房『SF「テスラチルドレン」』

ロックのダイナミズムと幻想的な世界観が同居した深淵なる音楽性、昂揚する感情をありのままに叩き付ける沸点の高いライヴでじわじわとその名を浸透させている六畳人間〈ろくじょうひとま〉が、初のフル・アルバム『SF「テスラチルドレン」』を満を持して発表する。ゆらゆら帝国やギターウルフ、穴奴隷などの一連の作品で定評のある中村宗一郎(PEACE MUSIC)をエンジニア&スペシャル・アドヴァイザーとして迎え、8月初旬からのほぼ1ヶ月をレコーディング作業に費やした甲斐あって、余分なものを削ぎ落としたその音像は滔々と流れる大河のような悠然さと大樹の幹のような泰然さを兼ね備えている。過去2枚のミニ・アルバムに顕著だった焦燥感は鳴りを潜め、何度聴いても飽きのこない豊かなコクと深みを増したことが本作の何よりの特徴で、メンバー自身がようやく心底納得のできる高みにまで達せた記念碑的作品であることがこのインタビューからもよく窺えるだろう。本質を掴み取ろうとすればするほど掌からすり抜けるその音楽性同様、こちらの問い掛けに対して柳に風がなびくように受け流す彼らだが、「“空想あるいは嘘”を出発点として人間はこの世界に存在しないものを生み出す」という本作におけるテーマはとても真摯なものである。その意味で、この『SF「テスラチルドレン」』は人間の無限の可能性を信じようとする極めて人間くさいコンセプチュアルな作品集と言えるのかもしれない。(interview:椎名宗之)


フィクションを理論付けて現実に変えていく

──デビュー・ミニ・アルバム『嘘の国』(2005年10月発表)、セカンド・ミニ・アルバム『夢の万祝』(2007年1月発表)は力任せで薙ぎ倒すような勢いに満ちた作品でしたけど、今回発表される『SF「テスラチルドレン」』は練りに練った作風なのが一聴して窺えますね。

高尾 諭(g, vo):そうですね、そこは狙い通りで。曲がヴァラエティに富んでいるのも、それだけのものを出せるフル・アルバムだからこそなんですよ。

──アルバムの始まりと終わりにそれぞれ『SF「???」』と『SF「きみ」』というスローな曲を並べていたり、『SF「スーパーエフェクト」』というインスト曲を挟ませていたりと、六畳人間初のコンセプト・アルバムとも言えるんじゃないですか。

高尾:まぁ、“SF”というキーワードで括っているアルバムだとは思いますけどね。そこは聴いた人の捉え方次第で。

──アルバム・タイトルにある“テスラ”というのは、ハンガリー出身の電気技師・発明家であるニコラ・テスラ(1856〜1943)のことで、“テスラコイル”(高周波・高電圧を発生させる共振型変圧器)の“テスラ”なんですね。

高尾:そうです。交流電流、ラジオやラジコン、蛍光灯を発明した人なんですよ。

──世界の偉人伝とかを読むのが単純に好きとか?

高尾:なんか面白そうな人だなって思うとその人のことを知りたくなると言うか、それはミュージシャンも一緒じゃないですか? たとえば“こいつの耳はどんな形だったんだろう?”とか(笑)。

──テスラはトーマス・エジソンのライバルと目されていた人で、両者の間には相当根の深い確執があったみたいですね。

高尾:テスラも最初はエジソンに憧れてたけど、後半は大嫌いだったみたいですね(笑)。エジソンの会社に雇われて、交流電流による電力事業を提案したのにエジソンに認められなくて、自分で会社を立ち上げたんですよ。それでテスラは独自に交流電流による電力事業を推し進めることになって、エジソンは直流を推し進めて。お互いに忌み嫌ってたみたいですね。

──一般的に名の知られたエジソンを“明”とするなら、テスラは“暗”じゃないですか。そのテスラに着目してアルバム・タイトルに引用したのは、明暗で言えば“暗”に惹かれる高尾さんの嗜好性の表れなのかなと思ったんですけど。

高尾:エジソンも好きなんですけどね。ただ、“エジソンチルドレン”よりも“テスラチルドレン”のほうがいいと思って(笑)。語感的にも格好いいし。“エジソンチルドレン”ってなんか才能がなさそうじゃないですか(笑)。

──確かに(笑)。“SF(サイエンス・フィクション)”=科学的な空想に基づいたフィクションの総称なわけですけど、元々そういう世界がお好きなんですか。

高尾:そう…だと思います。超常現象とかキワモノ的なものには余り興味がないですけど、UFOとかは好きですね。訳の判らないものが好きなんでしょうね。サイエンス・フィクションというでっち上げた嘘みたいなことに理論を付けていくことで現実に変えていくと言うか、そんな意味を込めてみたんですよ。そういう空想の世界に惹かれやすいところはありますね。なんて言うか、物語が生まれるじゃないですか? たとえばUFOだったら、“なんであんなものが宇宙から飛んでくるんだろう?”とか、自分で色々と想像するのが面白かったりしますよね。

──「“空想あるいは嘘”を出発点として人間はこの世界に存在しないものを生み出す」のが本作のテーマということなんですが、高尾さんの言う“嘘”という言葉にはマイナスのイメージがないですよね。嘘こそが現実に変えていく力の糧であり、源なわけだから。

高尾:うん、そうかもしれないですね。まぁ、ネガティヴな性格なのでそういう表現になるんでしょうけど(笑)。

──翻って言うならば、空想を現実に変える人間の力を信じているということですよね?

高尾:そんな崇高なものじゃないですけどね。僕は単純に“物語が生まれる瞬間”みたいなものにグッとくるんですよ。一般的な物語っていうのとはちょっと違うんでしょうけど。たとえば目の前にびっくりするような絵があったとすると、“これは一体なんなんだろう!?”って考えるじゃないですか? その絵が生まれるまでの過程を頭の中で思い巡らせてみるんです。そうやってあれこれ想像するのが面白いし、それが僕の言う“物語が生まれる瞬間”って言うか。全部説明されちゃったものじゃなくて、のりしろがあるようなもの。訳が判らなくて、それでいてなんでか知らないけど心を惹き付けてくるもの…そういうものが好きなんです。


確信の周りをグルグル回る「???」な歌詞

──高尾さんが今話した言葉に『SF「テスラチルドレン」』のすべてが集約されている気がしますね。だって、どの曲も歌詞を読んでも字面だけじゃ何を言っているのかさっぱり訳が判らないじゃないですか(笑)。

高尾:はははははは。確信衝いちゃった!(笑)

──『お花ちゃん』に至っては、いきなり「ハナのまんなかには 花ふん/お花ちゃん お花ちゃん」ですよ?(笑) そりゃぶったまげますって(笑)。

高尾:『お花ちゃん』は3、4年前からあった曲なんですよ。杉原さんが入る前からあったんじゃないかな。家でずっと鼻歌で唄ってたような曲で。どういう気持ちで作ったかとか、そういうのはもう全部忘れちゃいましたけど。

──もちろん、意味不明な歌詞でも音に乗ると伝わってくる部分もあるんですけどね。でも、そういう歌詞の訳の判らなさっていうのは、意味の押し付けをしたくないがゆえなのかなとも思うんですよ。

高尾:うーん…まぁ、結局は後付けなんですよね。表現したいことはあるけど、言いたいことって余りないのかもしれないですね。必要な歌詞もだいたい4、5行くらいで、後はその繰り返しが多かったりするし。それだけ言っときゃいいかなぁっていう。こんなこと言うとこっぱずかしいですけど、たとえば“愛”っていうものがあるとして、それをそのまま“愛”って言っちゃうと面白くないんですよ。「きみが大好きで、一緒に暮らしたい」なんて唄っちゃうと、“ああ、そうなん?”で終わってしまう。そんなの彼女に直接言えばいいじゃん? っていう話だから。

──よく判りますよ。“頑張れソング”にも同じことが言えると思いますけど。

高尾:それも「頑張れ!」って言いたい人に言えばいいだけだと思うし、要するにそれを歌詞にした時にどう言うかですよね。言葉の確信を衝いたらそれでオシマイな気がするし、確信の周りをグルグル回すことでぼんやりとその像が見えてくるっていうふうに作ってるところはありますね。

──聴き手のイマジネーションを稼働する必要のない、起承転結の“結”まで言い切ってしまう歌が最近は多いような気がしますよね。

高尾:まぁ、そこは人それぞれのやり方があるので何とも言えないですけどね。あと、作品が出来上がるのは運もあるんですよね。運が良ければバシッと曲が出来るし、運が悪ければ寒いことになるし。最初から“こういうふうにしたいんだ”っていう意図があって曲作りをしてるわけじゃないし、ものを作り始めた時はどうなるか判らないじゃないですか? こういうインタビューでも、最初から“こんなふうに話そう”と思って話しても全然面白くないし、喋ってるうちに思わぬ方向に行くのが楽しいと思うし。そういうのと一緒で、曲作りもある程度着地点が見えてきてから“こうしたいな”っていうのはあるけど、どうなるか判らないのがやっぱり楽しいわけですから。だから、取り立てて歌詞に意味を付けたいわけじゃないですよね。結果的に成功すれば、自分の身体に合った意味が生まれていたんだなって後で思うくらいで。

──運の良し悪しで言えば、今回はもの凄く運が良かったように思えますけどね(笑)。

高尾:ええ、運はあったと思いますよ(笑)。

──運を味方に付けるのも実力の内とよく言うじゃないですか。

高尾:でも、実感がないですよね。自分が頑張ったんだから運を引き寄せたんだっていう実感が。終わってみて“ラッキーだったな、今回は”っていう感じですから(笑)。

──スタジオで起こった音の偶発性に“ラッキーだな”と思うこともあったのでは?

高尾:ありましたね。“その音、出た!”みたいなのが。細かいところで入ってるシェイカーとか。

伊藤良貴(ds):僕は『ありふれた物語』の間奏で流れるオルガンの音にそういうのを感じましたね。自分はレコーディングの時には立ち会ってなくて、ミックスの時に初めて聴いたんですけど、あの音にはびっくりしましたね。

──あのオルガンはゲスト・プレイヤーの高橋 梢さんによるものなんですよね。

高尾:そうです。音は僕と中村さん(中村宗一郎/PEACE MUSIC)と高橋さんの3人で作ったんですけど、フレーズ自体は高橋さんが作ってくれたんです。高橋さんは昔バンドでヴォーカルをやってて声が凄くいいから、コーラスもやってもらったんですよ。

──『SF「???」』『お花ちゃん』『SF「きみ」』での高橋さんのコーラス、凄くいいですよね。

高尾:中村さんも凄く褒めてましたからね。しかも、高橋さんは1回唄っただけで大体OKだったんですよ。

──あと、「タイムマシン」でPEACE MUSICにあったレスリー・スピーカーを効果的に使っているところも“ラッキー”の部類なんですかね。

高尾:うん、そうですね。あの音も凄く良かったですね。


六畳人間 六畳人間

小さい音で録るとダイナミックスな広がりが生まれる

──最初に中村さんにデモ・テープを聴いてもらった時も、アルバムの着地点は見えていなかったんですか。

高尾:いや、その時点で方向性はあったんですけど、その方向性自体が良くなかったんですよ。最初は1枚目、2枚目に近い感じで作ってたので、音がバチバチだったんです。僕達としては音を減らしてるつもりだったんだけど、バチバチだった。「それじゃ1枚目と2枚目を作った意味がないんじゃない?」って中村さんに言われて、今回は違うことをやらないとダメだなと。

──過去の2枚に比べて、無駄なものが削ぎ落とされた印象は確実に受けますよね。

高尾:そうですね。要らないものを削ぎ落とせたのは中村さんのアドバイスがあったからだと思いますね。

──「小さい音量で演奏したのを録ると、CDになった時にどれだけ音量を上げても深くていい音になる」と前号のインタビューで高尾さんが話していましたけど、実際にアルバムを聴かせてもらってその意味がよく判ったんですよね。僕はそれ、イントロが長くてセッション色の強い「アリゾナ(もしくは蟻ドーナツ中)」で痛感したんですけど。

高尾:おお、そうですか。

──“蟻ドーナツ中”という言葉を力業で“アリゾナ”に持っていく歌詞は思い切りダジャレでしょうけどね(笑)。

高尾:まぁ、そうですね。バレちゃった(笑)。

──「ないようはないようで ない/なにもない そう まして意味はない」とは唄われていますけど、その行間に何かあるんじゃないかという妄想を逞しくさせてしまうところがある曲ですよね。

高尾:それは音の力だったりするんじゃないですかね。音と言葉のバランスが成功すると想像する余地が生まれると言うか。まぁでも、今回は全体的に音が凄くいいと思いますよ。多分、オン・マイクで大きめに音を録っちゃうと、鳴りが入らないと思うんですよね。ドラムだったらバチッ、バチッ、バチッ…ってアタックのところばかりが入っちゃって、音の響きが入らなくなる気がします。ちょっと外したところのマイクで音を小さめに録ると楽器の響いた音がしっかり録れるんで、それが音源になって音量を上げた時にダイナミックスな広がりになると言うか。

──そういう残響音にこだわった部分も、直接的ではない歌詞同様に行間を読み込む楽しさなのかなと思いましたが。バンドとリスナーの妄想合戦みたいな感じで。

高尾:なるほど。その行間を読んでくれたら嬉しいですね。CDを出して、聴いた人達はどう感じるんだろう? っていうのを考えるのは楽しいですから。

──レコーディングを終えた後に杉原さんが「自分の腕のなさを実感した」と話していましたけど、リズム隊の音も太く際立っていたから全然心配する必要ないんじゃないかと思ったんですよね。

杉原考祐(b):無理してないからだと思いますよ。できないことはしてないので。

──もうちょっと腕を磨きたいというところですか。

杉原:“もうちょっと”どころではないです(笑)。さっき曲が出来るのは運だっていう話がありましたけど、たとえいい曲が生まれても腕がないことには話にならないと思ってますから。

──でも、身の丈に合った過不足ないプレイだと思いますけどね。

杉原:いや、過不足の“過”がないんですよ(笑)。まぁ、心技体が多少なりとも前作よりは成長した気はしますけど。前作は訳が判らないまま作業が終わってましたからね。

──そういう無理をしてないところがいいんじゃないですかね。“サイエンス・フィクション”なんて聞くと壮大なプログレ的大作を連想してしまうけど、この『SF「テスラチルドレン」』はもっと生活に根差したものと言うか、いい意味で箱庭的なところが親しみを持てるんですよ。

高尾:とりあえず大袈裟なことはしてないですよね。身の丈以上のことはできないし。

──伊藤さんと杉原さんが不在の状態で作業が進むことは結構あったんですか。

高尾:最初のリズム録りを終えたら、2人にやってもらうことが特になかったですからね。いてもらっても僕が気を遣うし。音を1個作るのに2時間掛かったりしたこともあって、その間待たせるのも悪いし、僕がミックス・ルームに戻って2人が暇そうに雑誌を読んでたらちょっと萎えますからね(笑)。それなら中村さんと2人で色々話しながら進めたほうが楽しいし、気を遣わないで済むし。

伊藤:それは僕らも判ってましたよ。高尾君に対して信頼もあるし、自分達がいなくても大丈夫だと思ってましたから。

──ダビングをほぼ終えた段階でPEACE MUSICにお邪魔した時、高尾さんが歌録りに詰まった曲とかもありましたよね。

高尾:歌は結構何度も録り直したんですよ。なかなかいいのが録れなかったですね。そこだけは運がなかったです(笑)。

──そういう煮詰まりそうな時は、中村さんが適宜にアドバイスをしてくれたんですか。

高尾:煮詰まることはなかったですね。2回くらい唄って上手く行かないとその日はダメなのが判るので、中村さんが「今日はもう唄うのはやめて、他の作業をやろう」と言ってくれて。だから作業が止まったことは1回もなかったんですよ。その間にギターの重ねとかキーボードを弾いたりとかしていたので。

六畳人間

大事なのは理由のないことをしないこと

──それは今までと違って、レコーディング期間にゆとりがあったからこそですよね。

伊藤:そう、時間があるのは大事だと思いましたね。

高尾:余裕が大事ですよね。ピリピリしないで済むから。

伊藤:演奏にも全部出ると思うんですよ。“時間がない!”って頭で考えながら叩くリズムはやっぱり、忙しない感じとかうるさい感じになってしまうんです。時間がない時とトイレに行きたい時は録らないに限りますね(笑)。

──『嘘の国』と『夢の万祝』の2枚は音に切迫感があったし、時間がない中で録ったことが逆に功を奏していたと思いますけどね。

高尾:そうですね。あの2枚はライヴ感とか疾走感、パンチ力みたいなものがありましたよね。ただ如何せん、長い時間ずっと聴いていられる音源ではなかったんですよ。それがもったいなかったんですよね。それで成功してる曲もいっぱいあると思うんですけど、逆にそれで損をしてる曲もやっぱりあると思うし。

──今回もいつもと同じように時間が限られた中でレコーディングしていたら、「タイムマシン」のように雄大で力強い曲は生まれ得なかったかもしれませんね。

高尾:そうかもしれないですね。ああいう短い歌モノみたいな曲も余り作ったことがなかったし。

──前作で言えば「バンザライアクション」のように激しさの際立った曲が『SF「テスラチルドレン」』には少ないし、今はもうちょっとゆったりとした音楽を志向していきたいという感じなんですか。

高尾:少なくとも音源に関しては、自分達が何回も聴けるようなものじゃないともったいないですよね。耳が疲れてこないっていうのが大事で、前のアルバムは格好いいかもしれないけど、耳が疲れてくるんですよね。キーンとかパーンとか疲れる音がいっぱい入ってましたから。

──長く聴き続けることができるアルバムにするのが今回のテーマのひとつだったわけですね。

高尾:そこは結構意識しましたね。飽きないように心懸けたつもりですし。

──そうした聴きやすさを心懸けつつ、最も難航したのはどの曲なんでしょうか。

高尾:難航したって言うと全部難航しましたけどね。結局、何が大変だったかと言えばリズム録りなんですよ。リズムを引き算することの意義とか有効性を今回初めて身をもって体験したんです。正解も方法論も判らないところでやってたからそこが一番大変だったし、一番面白かったところでもあるんですよね。

──リズム録り自体は確か2、3日で終わったんですよね。

高尾:時間的なことよりも、3人が一番頭を使ったところなんですよ。フレーズを決める時間って言うか。

伊藤:だから、録る前ですよね。録る状態にまで持っていく時が一番大変でした。録音自体は2、3テイクで済んだんですけど、そこに辿り着くまでのアレンジに難航したんです。

高尾:ドラムのフレーズのここを減らそう、ベースもここを減らそう、じゃあその利点は何だ? とか、そこを減らしたらその後が成り立たないじゃんとか、そういうことですね。要するに、今までは1曲の全体像みたいなものがちゃんと見えてなかったんですよ。音の隙間が怖くて、つい埋めちゃってたんですね。一番重要なのは、必要のないところに音を出すなってことです。必要なところだけをちゃんと叩いて弾くっていうのを中村さんから教わりましたね。理由のないことをしないっていう。「なんでそのフレーズでやってるの?」って訊かれた時に、ちゃんと答えられないことはしちゃダメだってことですね。

伊藤:たとえば僕の場合、今まではライドシンバルで響きを増やしてたところも、タイトなリズムさえしっかり出せばそれで充分成り立つっていうことを中村さんに言われたんですよ。実際その通りだったんです。

高尾:だからホントにいい経験ができたと思ってますよ。バンドのやり方が根本からガラッと変わりましたからね。今まで判ってるつもりだったことを、中村さんがちゃんと理解させてくれたんです。

──こうして初のフル・アルバムが完成して、全部を出し切った感はありますか。それとも、“まだまだ行けるぜ!”という感じですか。

高尾:2人(伊藤と杉原)はこっからじゃないですかね。ポテンシャルを出すためのやり方を2人はこのアルバムで学んだと思うし。僕自身は毎回やってることは変わらないし、全部出し切ってはいますよ。レコーディングが終わって1ヶ月間は全然曲が出来なかったくらいで。だから2人のほうが羨ましいですよ、ここからまだまだ幅が広がっていくんだから。まぁ、ギタリストとしてはオクターブ・チューニングを今回初めて知ったことが大きかったですね(笑)。『初めてのギター』とか初心者向けの本に「チューニングを合わせないと、高い弦を弾いた時に音がズレます」って書いてあると思いますけど(笑)。

──この『SF「テスラチルドレン」』が六畳人間にとって本当の意味での始まりとも言えそうですね。

高尾:そうですね。バンドの雰囲気もレコーディング後から変わってきましたからね。レコーディングの前と後ではライヴでやる曲のアレンジも結構変わってきたし、音もだいぶ整理されたので。バンドの一人一人の役割もはっきりしてきたし、いい曲を作り続けていいライヴをやっていきたいですね。クォリティを維持するんじゃなくて、上げていくようなものをずっとやれていればいいですよね。まずはレコ発ツアーでSTANに便乗してロフトに出られるので(笑)、頑張りますよ。


1st ALBUM SF「テスラチルドレン」

Upper Deck UDCE-1005
2,500yen (tax in)
2007.11.07 IN STORES
★amazonで購入する
01. SF「???」
02. 未確認・F・物体
03. タイムマシン
04. SF「スーパーエフェクト」
05. ありふれた物語
06. お花ちゃん
07. いないない・ばあ
08. アリゾナ(もしくは蟻ドーナツ中)
09. SF「きみ」

Live info.

六畳人間 1st ALBUM『SF「テスラチルドレン」』レコ発2マン
11月10日(土)渋谷屋根裏
出演:六畳人間/割礼
OPEN 18:30 / START 19:00
TICKETS:advance-2,300yen (+1DRINK) / door-2,500yen (+1DRINK)
info.:渋谷屋根裏 03-3477-6969

レコ発ツアー
11月28日(水)大阪 福島LIVE SQUARE 2nd LINE[with STAN / コンタクト / BAZRA / and more...]
11月29日(木)名古屋 APOLLO THEATER[with STAN / コンタクト / iGO]
12月5日(水)新宿 LOFT[with STAN / group_inou / OPENING ACT: Sorrys!]


六畳人間 official website
http://www.rokujouhitoma.jp/



posted by Rooftop at 22:00 | TrackBack(0) | バックナンバー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。