ギター バックナンバー

オナニーマシーン('07年7月号)

オナニーマシーン

アルバム発禁騒ぎや、ジャケット写真で金玉見えてる疑惑など、リリースのたびに何かと問題を起こしてるオナニーマシーンのニューアルバム『義雄』。今回のジャケット写真はおっさん! ……誰コレ!? 結成8年目を迎え、遂に実の父親までをネタにしてアルバムを作ったオナマシのイノマーさんに、どんなつもりでこんな物を作ってしまったのか直撃した。(interview : 北村ヂン)


成長を拒否してますから

──実の父の写真をジャケットにズドーンと使った今回の『義雄』ですが、まあ親を色んなことで使うっていうのはミュージシャンでも、お笑いの人なんかでもよくやることですけど、大体そういうのって20代くらいの若気の至りでやっちゃうネタじゃないですか。

イノマー:あんなもん親不孝でしかないですからね。

──でも、これだけ年老いた父親を使うっていうのはなかなかないですよね。

イノマー:68才ですからね。埼玉の田舎で母ちゃんとふたりで年金生活しているじじぃを引っ張り出してきて……かわいそうな話ですよ。本人もよくわかってないですからね。自分がどうなっちゃってるのか。「ご飯食べようか」って言ってムリヤリ写真館に連れてって写真撮っただけなんで。でも、自分の顔と名前でCDが出るっていうことは楽しんでるんじゃないですかね。取材とか受けてもひとりでしゃべってますからね、アルバムのことなんて何にもわかってないのに。まあ8枚目だから色々とやりつくした部分もあって、今回はもう一回原点に戻ろうかなと……。

──まあ、親は原点っちゃあ原点ですけどね(笑)。

イノマー:父ちゃんのザーメンに戻ってね(笑)。

──原点といえば、初期のアルバムでは買いづらくならないようにバンド名も「オナマシ」って書いたり、ジャケットはかわいいイラストにしようみたいな気を遣ってましたけど、今回は相当買いづらいですよ。

イノマー:買いやすいかなって思ってたんだけどね。出来上がってみたら、これ買いづらいなって。逆に変態だもんね。これを中高生の子が買うっておかしいですよ。最初の『恋のABC』とか『彼女ボシュー』の頃って世の中的にも日本語パンクブームで狂ってた時期なんで、その渦の中にいるのが楽しいなと思ってそういうやり方でやってたんだけど、ブームも一段落して、静かな海を見ながらどうしようかって思ったときに、頭に浮かんだのが義雄の顔だったんですよ。まあ自分が40才になったっていうのもデカイですね。

──40才になったら普通はこういうことやらなくなるもんですけどね。まあ、オナニーマシーンも結成8年目ですしね。

イノマー:8年といってもギュッと凝縮したら3ヵ月くらいですけどね。なるべく動かないで、体力を使わずに、地味に10周年、20周年ってやっていきたいと思ってます。

──ライブ、全然やらないですからね。そういう意味ではスタジオバンドですよね。

イノマー:ある意味ビートルズですね。ストーンズというよりはビートルズ。フィル・スペクター的なスタジオワークというか……。 アゴ(LOFT RECORDS) スタジオにもろくに入らないじゃないですか。

イノマー:スタジオも好きじゃない、ライブもそんなに好きじゃないっていう。何でバンドやってるんだろうって感じだからね。曲を作るのも別に好きじゃないしなあ。

──でも、オナマシの曲の何がスゴイって、ほとんど全曲コンセプトが同じなのにこれだけの曲数があるってことですよね。

イノマー:ボツにした曲を含めれば100曲くらいは作ってますからね。そのほとんどに「オナニー」って言葉が入ってますから、偉大なるマンネリズムですよ。そういう意味では8年間ブレてないですね。サウンドが大人っぽくなったりなんてこともないし。ずーっとC、F、Gのスリーコードですから。オノチンのギターも『恋のABC』の頃から変わってないし。成長を拒否してますから。大人の階段を全く上がってないんですよね。常にラママ以上ラママ以下というか、低いステージでずっとやってるという。

──お客さんから見下されてるステージですね。

イノマー:それがいいんですよね。ロフトだと客席を見下ろしちゃうじゃないですか、RoofTopでこんなこと言うのも申し訳ないけど、それが苦手なんですよね。

──ロフトのステージで脱いだら、確実にチンポがお客さんの目線の高さになっちゃいますしね。

イノマー:やっぱり目上のチンポってよくないですよ。自分の中でも、あんまり上から物を言いたくないっていうのはあるんで。お笑いでもロックでも、下から上をつつくのが一番楽しいじゃないですか。


オナニーマシーンに対して本気で怒ってもしょうがないですからね

──下から上をつつくといえば、今、日本で二番目に著作権にうるさいと言われている松本零士先生に噛みついてますけど。

イノマー:「淫河鉄道69」ですね。……なんであんなの作ったんだろう(笑)。いわゆる松本零士さんと槇原敬之さんとのいざこざがあったじゃないですか。いい大人がパクッたパクられたって言ってるのってすごいくだらないし、肝っ玉のちっちゃいこと言ってるなって。だからそこに便乗できたら面白いかなっていう感じですかね。

──むしろ怒られたいという(笑)。

イノマー:多分、誰からも相手にされないまま終わっていくと思いますけどね。こんな曲にヘタに文句つけたら自分の方が汚れますよ。インディーズ業界の末端でやってるバンドがふざけてやったことに対して、松本零士さんが怒ってきたら逆に拍手ですよね。それで、みのさんの「朝ズバ」とかで軽く取り上げてもらえたら嬉しいんですけどね。「こんなバンドがいるんですよ! オナニーマシーン!」って(笑)。

──朝じゃあ絶対に無理でしょう。

イノマー:あとは、根本敬さんの「因果鉄道の夜」っていう本があるんですけど、それがボクの人生のバイブルでもあるんですよね。もちろん「銀河鉄道999」もすごい好きで読んでたんで、そういう好きな物にリスペクトとして作ってみたら完璧にちゃかしたものになってしまったと。「チンポはオナニーを裏切らない、オナニーもチンポを裏切りはしない」って(笑)、ねえ。

──でもオナマシってこれだけのことをやっていながら、今までそんなに大問題って起こってないんじゃないですか。

イノマー:オレが電車で痴漢して捕まったり、レイプしたりしない限り、誰も騒がないんじゃないですかね。オナニーマシーンに対して本気で怒ってもしょうがないですからね、いまさら。そういうポジションを8年かけて作れたっていうのはありがたいなって思いますけどね。特殊学級みたいなもんですから。

──オナマシからは、そういう変なことをやって話題を作って売れよう、みたいな匂いが全くしないのがいいんですかね。

イノマー:まあ、売れなくてもいいとか、聴いてくれる人さえ聴いてくれればいいっていう考え方は好きじゃいないんだけど、そういうことを踏まえた上でオナマシは売れなくてもいんですよ。まあ売れて欲しいですけど、どこか一周したところで聴いてくれればいいと思ってるから。離れていく人も多いけど、入ってくる人もいますからね。だからゼロになることはないんですよ。日本のオナニー人口、童貞人口、モテない人口っていうのは多いんだなって思いますね。かといってオナニーマシーンを聴いたところで助かるかっていうと何にもならないんですけどね。


もうバンドも老後ですよ

──普通だったらこの辺でアルバム全体としてのコンセプトとかを聞くところなんでしょうけど、……『義雄』ですからねえ。

イノマー:『義雄』なんて内容に全く関係ないですよ。

──タイトルを『義雄』にしようと思ったのはいつ頃なんですか。

イノマー:曲作りをしてる途中くらいかな。アルバムのタイトルどうしようとか、ジャケットどんな感じにしようかなって考えるのが、曲が出来ちゃった後だとイメージが狭まっちゃうから。

──次のアルバムが『義雄』だってメンバーが知ったのはいつ頃なんですか。

イノマー:レコーディング中だと思います(笑)。担当のアゴちゃんがシートに「義雄」って書いててたら、ガンガンがそれを見つけて「なにそれ?」って(笑)。オノチンはそれすら見てないから未だにタイトル知らないと思いますよ。

──じゃあ、このジャケットでレコード屋に並んでても気付かないでしょうね。しかし、かなりワンマンなバンドでもアルバムタイトルくらいはメンバーに相談してると思いますよ。

イノマー:みんな「別にいいよ」って言うからね。ガンガンは「イノマーのやりたいようにさせておくのが一番いい」って思ってくれてるし、オノチンは全く興味ないと思うんで(笑)。そういう意味では三人がすごくバランス取れてるのかなって思いますね。

──メンバーにひとりでも「こんなタイトルじゃアルバム売れないよ!」とか言い出す人がいたら大変ですよね。

イノマー:それはありえないですね。ミーティングとかしたこともないし、音楽の話もしない。だからメンバーがどんな音楽が好きかとかも知らないし、興味もないですね。

──ある意味すごい大人のバンドですね。

イノマー:大人のバンドですよ。10代の感覚で、ああだこうだ言い争ったりするのは嫌ですからね。

──オナニーマシーンというバンド名って、いかにも高校生バンドがつけそうな感じですけど、実際に高校生がやってたら一瞬にして潰れるでしょうね。

イノマー:潰れますよ、それは。20才になる前に気付きますから。実際に「タンポンズ」っていうバンド名を高校生に考えてあげたことがあるんですけど、半年後には気付いたらしく、一年後に解散しましたからね。でもボクらは40歳になってもまだ気付いていないという。

──10代でバンドやる理由なんて、モテたいとかですからね。

イノマー:10代とか20代なんてやっぱりモテたいんで、モテたいヤツがオナニーマシーンとかタンポンズとかつけちゃダメですよ。ボクらもインタビューとかすると「モテたいから始めました」とか言うけど、それはまあ冗談みたいなもんで、本当にモテたかったらオナニーマシーンなんてつけませんよ。ある意味そういう煩悩みたいなものを全部排除したところで始まったバンドだから。だからこそ続いてるんでしょうね。まあ8年前にバンド組んだときにビジョンとしてあったことも全部やっちゃいましたし。まずCD出をしたかったけど、ロフトから出せて、メジャーのソニーからも出せて。ラママでワンマンやりたかったけど、それもやれて。じゃあ野音だとかBLITZとかでも一回くらいやれたらいいなって思ってたら、4年くらい前にやれたし。だからもうビジョンを失ってるわけですよ。

──ああ、4年前からはもう惰性なんですね。

イノマー:もうバンドも老後ですよ。そういう意味では楽ですね。結構若いバンドと一緒にイベントやったりとか、対バンやったりとかしてるけど、やっぱり厳しいなって思いますからね。みんな夢があるから貪欲だし、売れたいとかどうにかしたいとか思ってるから。夢は持ってた方が絶対いいんだけど、あの中にボクは絶対に入っていけないですからね。


オナニーマシーンでミュージカルをやりたい

──じゃあ今後も一生懸命やるでもなく、辞めるでもなくという感じの活動で。

イノマー:先行きは見えないですね。目隠しプレイみたいなもんで、それも楽しいじゃないですか。もう特にやりたいこともないですからね。でも他の人から「こういうことやりませんか?」とか提案されたら全部乗りますけどね。相変わらずNGはないですから。50、60になって、営業で「おむつで出てもらいたいんですけど……」って言われても最高の笑顔でオッケーって答えますよ。

──でも噂では、義雄をプロモーションにかり出すのはイヤがってるって聞きましたけど。

イノマー:イヤ、ボクはNGじゃないんですけど、父ちゃんは素人ですからね(笑)。面白くないですよ、父ちゃん出したって。まあ、何件かでインストアやるくらいならいいですけどね。でも扱いづらいんですよね、空気読めないから。

──江頭2:50さんのお父さんは九州で「江頭2:45」として芸人活動してるらしいですけど、義雄が「埼玉のオナマシ」になる、みたいな展開もあるんじゃないですか。

イノマー:ああ、考えてみればエガちゃんと同じ事やってるんだな。ずっと大川興業とか観てたんで、影響受けてるんでしょうね。今考えている夢なんですけど、オナニーマシーンでミュージカルやりたいんですよ。「やってたなんて」っていうタイトルで、童貞の子が主役で、ちょっと切ない感じの。大川興業の本公演も切なかったりするじゃないですか。それを本多劇場とかスズナリでやりたいですね。普通40にもなったら金にならないことはやらないもんですけど、ボクは金にならないことしかやってないですからね。バンドとしては続けていくことが一番の目標ですね。

──バンドは一生オナニーマシーン一本で。

イノマー:話は変わりますけど、竹内まりやの新しいアルバムの『Denim』がすごいよかったんですよ。「人生の扉」っていう曲があって、その中で「気がつけば五十路を越えた私がいる」っていう歌詞があるんですけど、60も素敵だ、70も楽しみだ、80にもなりたい、90を過ぎても生きていく……、みたいな内容なんですよ。すごいよかったですね。オレが考えてた今回のアルバムのイメージにも似てたんですよ。「まいうぇい40」とかにそういうニュアンスが出てると思うけど……全然違うか。でも50、60、70になってもチンポ出していきたいからね。70才でアナルに花火突っ込んで火をつけてたら、30でやるよりももっと面白いからね。

──(笑)それは面白いですねー。

イノマー:悲痛かもしれないけど(笑)。そんなことした人はいないからね。70のジジィがチンポ出してたら、こんなにパンチがあることってないですよ。だからこれからがチャンスだと思いますよ。ウンコとかも漏らしちゃうだろうし、より過激なパフォーマンスを期待できると思いますからね。……ということを竹内まりやのアルバムを聴いて思いました(笑)。

──本人が知っても絶対に喜ばないでしょうね。

イノマー:だから、みんなamazonとかで『義雄』と一緒に竹内まりやの『Denim』も買ってもらいたいですね。そうすれば『Denim』を検索したときに「こんなものも一緒に買っています」ってオナマシも出てくるから(笑)。でも、本当に今回のアルバムの後半はそういう感じかな。聴いていくうちに年をとっていくような感じなんで。僕自身はすごく気に入ってるアルバムですよ。

──そんな『義雄』のレコ発ライブですけど、一回しかやらないんですか。

イノマー:一回もやれば充分ですよ。大体、今まで自主的なツアーなんて一回もやったことないですからね。

──まあ、地方でどれくらい受け入れてくれるライブハウスがあるかっていう問題もありますしね。

イノマー:いちいち説明しなきゃならないですからね。ラママなんて何にも言わなくても、ちゃんとブルーシート敷いて、火災報知器隠してくれますからね。まあ、あとはこれからの目標は健康ですかね。やっぱり健康な身体を作らないと。今年、前厄だからね。とりあえず大人しく、なにもなく過ごせればいいな。 ——そんなことインタビューで言ってるバンドないですよ。


義雄

義雄

THCA-061 / ¥2100(tax in)
2007.06.27発売
★amazonで購入する

Live info.

オナニーマシーン企画ティッシュタイムVol.42〜ニューアルバム『義雄』レコ発GIG〜
義雄の義雄による義雄のための一夜

7.28(土)  渋谷Lamama
オナニーマシーン
PONI−CAMP / +桃尻東京テレビジョン+
前説/おばけえんとつ

オナニーマシーン OFFICIAL WEB SITE
http://www.onamashi.com/

posted by Rooftop at 16:00 | TrackBack(0) | バックナンバー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。