ギター バックナンバー

ALvino('07年7月号)

ALvino

ALvino旋風、遂に巻き起こる!
音源化を待ち望まれたライヴ定番曲『FLY HIGH!!』、満を持して発表!!

昨年2月、ヴォーカリストの翔太が北海道から上京してきたのを期に本格始動したALvino。既に一角のキャリアを積んだKOJIと潤という2人のギタリストによるプリミティヴなギター・サウンドを軸に、伸びやかで清涼感に溢れた翔太の歌声が着実に衆望を集めている。『snow line』『花』に続くシングル『FLY HIGH!!』はファンの間でCD化を長らく待ち望まれていたライヴの定番曲であり、9月に発表されるファースト・アルバムへの期待が高まるポテンシャルの高い作品だ。必然だった運命の糸を自ら手繰り寄せたこの3人に、結成の経緯から今後の展望までを余すところなく訊いた。(interview:椎名宗之)


翔太との出会いはパズルの最後のワンピース

──3rdシングルの『FLY HIGH!!』は、ファンから音源化を待ち望まれた曲が3曲揃った充実作ですね。

KOJI(g):「FLY HIGH!!」はこのバンドが初めてライヴをやった時からずっと演奏し続けていて、アンコールの定番曲なんです。バンドを始めるに当たって、とにかく早くライヴをやりたかったから、ライヴで盛り上がる曲というのを念頭に曲作りをしていたんですよ。「FLY HIGH!!」はまさにそういう曲で、お客さんに楽しんで帰ってもらえるようなライヴをやりたいという志のもとに出来た曲なので、ライヴでの受けが凄くいいんです。

──ライヴ映えする楽曲というのは、やはり重要なポイントだったんですか?

KOJI:いや、ライヴをやるのが未確定だった時期に曲作りをしていたので、最初はライヴ向けの曲が少なかったくらいなんです。じっくりと聴かせる曲や、バラードっぽいしっとりとした曲をやりたいというのが僕と潤の中には最初あったんですよ。でも、翔太と出会ってライヴをやりたいと思っていた頃に、自分達の持ち曲では盛り上がらないんじゃないかと思って。それで、ライヴを意識した曲作りをしようとシフト・チェンジした時期があったんですよね。

潤(g):「ライヴっぽい曲、ない?」ってKOJIに言われて、僕がデモにして持っていったのがこの「FLY HIGH!!」なんです。アイディアとしてはずっとあった曲で、このバンドのイメージを膨らませて完成させた感じですね。

──KOJIさんと潤さんがALvinoを始めた当初は、バンドの方向性みたいなものはあったんですか?

:お互いが作っていた曲を聴かせ合った時に、向いている方向性が何となく似ていたんですよね。曲のテイストやバンドを通じてやりたいこととかが。どういった音楽をやっていくかを本格的に模索していったのは、翔太が加入してからですね。それは極々自然に自分達の中から湧き上がってくるものとして、徐々に形になってきたと思います。

KOJI:それまでにやっていたバンドでは発表する機会のない曲が潤にも僕にもあって、発表する場所がないのなら自分達で作ってしまおうと思ったんですよね。そこでやってみて面白ければ温めていこうよ、っていう前向きな発想だったんです。もしそこに参加したい人がいたなら、門戸は開かれた状況にしておこうとも思っていたし。ただやっぱり、センターに立ってメロディを唄うヴォーカリストがバンドの方向性をある程度決めるし、その声質によって曲も変わってくるので、ヴォーカリストが決まるまでは楽しく試行錯誤していましたね。

──ヴォーカリスト不在の試行錯誤は、どれくらい続いたんですか?

KOJI:1年くらいありましたね。ヴォーカル探しはいろんなライヴハウスに自分で足を運んだし、それこそロフトにも通いましたよ。出会える可能性が少しでもあるのなら、何処にでも行くようにしていましたね。

──KOJIさんと潤さんのどちらかが唄うという発想はなかったんですか?

KOJI:いやぁ…自分で唄っても注目されないと思ってましたから(笑)。せっかく新しくバンドをやる以上は、人が観て聴いて羨ましがるようなヴォーカリストとの出会いを果たしたかったんですよね。大変な道程なのを重々承知の上で、その出会いを大切にしたいと思ったんです。

──そうした出会いを大切にした結果、翔太さんという不世出のヴォーカリストと巡り会えて。

KOJI:そうなんです。粘った甲斐がありましたよ。

──翔太さんは、北海道で独自にバンド活動をしていたんですよね。

翔太:高校の頃は家で唄う程度で、フォーク・ソングっぽいメッセージ性のある歌詞や切ないメロディが根っこにはあると思うんですよね。函館に移った大学時代にバンドを始めて、いつかプロで勝負したいと考えていたんですけど、バンドがなかなか前に進まない混沌とした状態になって。そんな折に、バンドがお世話になっていたラジオ局の方を介してKOJI君と知り合ったんですよ。そのラジオ局の方が僕のやっていたバンドのCDをKOJI君に渡して、興味を持ってくれたんです。

KOJI:最初はそのラジオ局の人から「翔太に曲を提供して欲しい」と言われたんですけど、こっちもヴォーカリストを探していたから、自分達の作った曲を唄って欲しいと思ったんですよね。で、打診してみたら「是非やりたい」と快諾してくれて。

翔太:2人がどういう人かを全く知らされずに先入観なく曲を聴いてみて、一目惚れに近い感覚だったんですよ。バンドをやっていた時はいわゆる歌モノというか、メロディがしっかりあるものが好きだったんですけど、バンドの曲よりももっと素直に自分を表現できると思ったんです。それで気が付いたら…東京に来てました(笑)。

:気が付いたら…って、随分と間を省いたなぁ(笑)。

KOJI:その後に東京で翔太と会うことになって、エンジニアさんのいるスタジオで実際に唄ってもらったんですよ。

──目前で見聞きした翔太さんの歌声や風貌はどうだったんですか。

KOJI:ヘンな気負いもなく、謙虚すぎることもなく、度胸があるなと思いましたよ。あとはやっぱり、声が凄く良かった。自分達の作ったデモに合わせて翔太が唄っているのを潤に聴かせた時も、「声がいいね」って話していたんです。パズルの最後のワンピースがはまった感じがしましたね。

──確かに、翔太さんの堂に入った歌声は新人離れしていますよね。

翔太:ありがとうございます。余り深く考え込むことなく、ありのままに唄ったらあんな感じになったんですよ。最初に2人のデモを聴かせてもらった時に感じた“ああ、この曲を唄いたい!”という思いが、ずっと変わらずにあるんですよね。新曲が生まれるたびに、その時以上の新鮮さがいつも自分の中にはあるんです。だからこの2人には出会えて本当に良かったと感じてますね。

──出会うべくして出会った感じはしますよね。KOJIさんと潤さんはヴォーカリストを、翔太さんは提供してくれる曲をそれぞれ選択する立場にあって、選択肢が数ある中で互いが惹かれ合ったわけですから。

KOJI:そうですね。引き合う何かがやっぱりありましたからね。去年の春にバンドが本格的に始動して、この短期間で極々自然な形で音楽に向き合えていますから。3人の関係性も凄くいい状態だし、ライヴでも互いの音がプラスの方向に引っ張られていくのがよく判るんですよ。だから本当に、いい出会いができたと思ってますね。


判りやすく、ストレートに伝わる曲を

──それにしても、翔太さんは上京して間もなく大きな会場でライヴをやることに大きな不安があったんじゃないかと思いますけど…。

翔太:最初のツアーの初日が札幌のKRAPS HALLで、そこがそれまでライヴをやった会場で一番大きかったですからね(笑)。あんなにお客さんが集まったライヴ自体初めてだったし、プレッシャーは相当ありましたよ。でも、ライヴが始まった瞬間にちゃんと自分を出し切れたんです。そういう経験を毎回死にもの狂いでやり続けて、気づけばツアーを3回やり遂げたっていう感じなんですよね。

──唄い始めた瞬間にプレッシャーを跳ねのけられるのは、やはり天性の才能だと思いますけどね。

翔太:最近はホント、人前で唄っている時が一番安心するんです。

KOJI:翔太は唄うとスイッチが切り替わるんですよ。瞬時にヴォーカリストになるんです。音を出している時は、キャリアの差は余り感じないんですよね。どれだけ自分の好きなことに向き合っているかがすべてですから。初めてツアーを回った頃は翔太のMCはまだぎこちなかったけど、そんな部分もライヴを重ねるごとに着実にクリアされていったし、凄く吸収が早いと思いますよ。逆の立場を考えたらゾッとしますよね。経験値もさほどないのにプロのバンドに入って、いきなり大きな会場でライヴをやるなんて(笑)。

翔太:ヘンに縛られないのも大きいと思うんですよ。自分のやりたいようにやってみる、というのがこのバンドの基本姿勢なので。厳しいことも言われますけど(笑)、それは間違いなく的を得ているし、受けたアドバイスと向き合って頑張れば、見える景色がどんどん変わっていくんですよね。そういうのはライヴが一番リアルに判るじゃないですか。お客さんからのダイレクトな反応であったり、その場の空気であったり。こっちが頑張れば自ずとライヴの反応も良くなるし、上京してから今まではとにかく無我夢中だったと思います。バンドの資料を見て、こんなにライヴをやってきたんだな…って最近になって思うくらいですから。凄まじいスピードでしたよ。

──ライヴに臨む意識も徐々に変わってきたんじゃないですか?

翔太:そうですね。最初はこの2人の間に立ってやらせてもらってます、っていう感じだったんですけど、徐々に自分の声やALvinoの歌を聴きに来てくれているんだなという実感が湧くようになったんですよ。4月に渋谷のO-EASTでやったツアー・ファイナルの時は、自分がその場で唄っているのとお客さんの反応をようやくリアルに実感できたんですよね。

──そうした翔太さんの意識の変化が、ALvinoをより一体感のあるバンドにしている大きな理由でしょうね。

KOJI:3月に発表したシングルの「花」や「CLONE」といった曲は翔太が入ってから作ったんですけど、今はもっといい形で翔太の声の魅力を引き出せるように模索している段階ですね。曲調であったり、キーであったり。声を楽器として捉えると、一番綺麗に響く音というのがあるはずだから、それがどんな曲だといい響きになるのかをじっくり研究したいんです。翔太の声にぴったり合う曲を書きたいんですよね。

──今回発表される「FLY HIGH!!」こそ、KOJIさんの仰る“ぴったり合う曲”だと感じましたが。

KOJI:そう言ってもらえると嬉しいですね。このバンドの面白さのひとつは翔太の成長にありますから。

──言うなれば、ALvinoはバンド版『北の国から』みたいな感じですかね?(笑)

:ああ、どれだけ成長しても素朴な感じが残るというか…(笑)。でも、まだまだですよ。この3人が揃ってALvinoにしかできない音楽を模索し始めて、ようやくスタートラインに立てた感じだと僕は思っています。もっと翔太の声に合う曲があるんじゃないか、ALvinoらしさとは何なのかをきっと一生探し続けるんでしょうね。

──サウンド的な方向性は、KOJIさんと潤さんの間で当初から固まっていたんですか?

KOJI:基本的には、ギターを弾いていて楽しい曲をやりたいんですよ。打ち込みとかもいずれやってみたいですけど、せっかくギタリストが2人もいるバンドだから、ギターを全面に打ち出したサウンドを真正面からやりたいんです。それも無理することなく、自分達が恰好いいと思えるものをそのまま出せるバンドで在りたいと当初から考えていましたね。

──KOJIさんも潤さんもギターのテクニックは相当なものですが、ALvinoでは敢えてシンプルかつ親しみやすい曲作りに専念しているように思えますね。

:奇をてらったものではなく、自分達を自然体で出せるバンドとして始まりましたからね。曲に関してもまた然りで。

KOJI:仮に今の音楽的スタイルに自分達が飽きてきたら、また違うアプローチもしていくでしょうしね。凝りすぎた曲を作って、それをライヴで再現するのに苦心するのもどうかなと思うんです。最初にツアーを回った時は音源がまだ出ていなかったので、とにかく判りやすくてストレートに伝わる曲を作らないとライヴが盛り上がらないっていう危機感がずっとあったんですよ。だから、そういう意識で作った曲が今は多いんですよね。今後レコーディングにもっと時間を費やすようになったり、音源がどんどん発表できるようになれば、僕達のダークサイド的な部分も徐々に出てくるんじゃないかと思っていますけどね。

──考えてみると、リリースのない状態でツアーを回るというのもかなり大胆な試みですよね。

KOJI:お陰様でかなり力が付きましたよ。少ない食材で如何に美味しいものを提供できるかという、自分の中の職人気質が燃えるんですよね(笑)。今はどんなイヴェントに出てもお客さんの心を掴む自信がありますからね。

──9月には、初のアルバム『Alflaver』が満を持して発表されますね。

KOJI:いろんなタイプの曲が入っているし、何よりも翔太の声が飽きの来ないものだから、何度聴いても楽しめる作品に仕上がったと思います。今のバンドのいい状態がアルバムには含まれているから、聴いてくれた人がパワーの源にしてくれたら嬉しいですね。

:シンプルな曲やスタンダードな曲を作るのは、実は凄く難しいことなんですよ。でも、『Alflaver』にはALvinoなりのスタンダードさがいい形で詰め込めていると思いますね。

翔太:アルバムに入ってる曲の詞は、上京してからこの1年ちょっとの自分の日記みたいですよ。いい意味でもがき続けてきた葛藤の記録、っていうか。社会との軋轢の末に見えてきた自分の姿を形にしたので、誰しもがきっと共感できると思います。まずはとにかく、僕達のライヴに来て欲しいですね。ALvinoの曲はどれも親しみやすいし、ライヴ好きにはたまらないライヴだと思いますから。


【ALvinoの皆さんから素敵なプレゼントがあります!】


FLY HIGH!!

FLY HIGH!!

Sword Records POCE-14004
1,260yen (tax in)
7.04 IN STORES
★amazonで購入する

Live info.

ロフトノススメ 〜シンプルトリプル〜
7月12日(木)新宿LOFT
出演:ALvino / ONE OK ROCK / a food of circle
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット代:前売¥2,800(税込・DRINK代別¥500)/当日¥3,300(税込・DRINK代別¥500)
【info.】新宿LOFT:03-5272-0382

ALvino LIVE“stand by ALflavor”
9月8日(土)Shibuya O-EAST
OPEN 17:00 / START 18:00
チケット代:立見¥4,500(税込)/DRINK代別¥500
一般発売日:7月8日(日)
【info.】ホットスタッフプロモーション:03-5720-9999

ALvino TOUR 2007“advance of ALflavor”
11月9日(金)金沢AZ
11月12日(月)札幌KRAPS HALL
11月14日(水)仙台CLUB JUNK BOX
11月17日(土)福岡DRUM Be-1
11月22日(木)OSAKA MUSE
11月23日(金・祝)名古屋ell fits all
11月25日(日)千葉LOOK
11月30日(金)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
12月2日(日)横浜CLUB 24
チケット代:立見¥4,500(税込)/DRINK代別¥500(金沢公演のみDRINKなし)
一般発売日:9月30日(日)
【total info.】Sword:03-3409-3323(平日14:00〜18:00)

ALvino OFFICIAL WEB SITE
http://www.alvino.jp/

posted by Rooftop at 15:00 | TrackBack(0) | バックナンバー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。