ギター バックナンバー

メロン記念日 with ヒダカトオル(BEAT CRUSADERS)+掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)('07年4月号)

メロン記念日 with ヒダカトオル(BEAT CRUSADERS)+掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)

ロックとアイドルの境界線を突き破った天衣無縫の大放談!
Rooftop誌上対談『第1回メロン・サミット』開催!!

メロン記念日は、アイドル・グループとして最も注目すべき存在だ。'99年のデビュー以降、不動のメンバーで活動し続けているメロン記念日は、やはりデビューからずっと応援してきた多くの熱狂的なファンに支えられており、その佇まいは地道に活動実績を築いてきたロック・バンドのようである。音楽的にも、80年代松田聖子的な王道アイドル歌謡から、セクシーなR&B路線、そしてなんといってもフロアを一瞬にしてモッシュ・ピット化させるエモーショナルなロックまで、もともとアイドルPOPSが一番得意とするところであるミクスチャーを正しく展開しているのだ。
昨年末に発売された初のベスト・アルバム『FRUITY KILLER TUNE』に続き、先日15枚目のシングル『アンフォゲッタブル』をリリースしたメロン記念日が、今回、Rooftopに待望の初登場! それを記念して新宿ロフト陣営から、今やメロン記念日の音楽的夏先生とも呼べるビート・クルセイダースのヒダカトオル(中洲産業大学教授)と、メロン記念日をデビュー当時から公私にわたって応援し続けている掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)にご同席いただき、メロン記念日がいかにロックな存在であるのかをメンバーと一緒に語っていただいた。これを読んだロック・ファンは、もうメロン記念日を避けては通れないはず!(構成:加藤梅造)


「いったい客席で何が起こったの?」

メロン記念日 are 斉藤瞳/村田めぐみ/大谷雅恵/柴田あゆみ

──今日はメロン記念日のRooftop初登場を記念して、メロン記念日ファンの第一人者でもある掟さんとヒダカさんにご協力いただき、Rooftopのメイン読者であるロック好きのみなさんに、メロン記念日がいかに素晴らしいかを判っていただこうという企画なんです。

:あ、そういう趣旨なんだ?

ヒダカ:なんだと思ってたんですか!(笑) でも俺は、プロレス、アイドル、ロックのファンは、かなりの層が被っているジャンルだと思うんです。

:俺の場合も、プロレス雑誌やアイドル雑誌の連載が多いんで、逆にそういう偏った知識しかないんだけど。

ヒダカ:ロフトに来るような人は、メロン記念日みたいなアイドルのことを知りたいはずだと思うんです。

:アイドルを好きな人っていうのは、味覚に例えると、すごい甘口とすごい辛口のものしか食べないみたいな人が多い。ゴリゴリのデスメタル好きがアイドルも好きって感じの人。

ヒダカ:まんじゅうをつまみに酒を飲む、横山やっさんみたいな(笑)。そういった層がメロン記念日を支えている…と我々は思っているんですが、本人達としてはそういうロック・ファンに支えられているという実感はありますか?

村田:そういうファンの方もいらっしゃると思いますが、私たちと一緒にロックを好きになっていくという方もいるのかなと思ってます。

:そもそもメロン記念日がロックだと言われるようになったのは、4枚目のシングル『This is 運命』がパンク/ニュー・ウェイヴ風味のロックだったことがきっかけで。これがヒットしたことで、いわゆるメロンのロック路線というものが定着した。それまでアイドル・コンサートの客席のノリとしては、いわゆるヲタ芸と言われるものが中心だったのが、メロンのコンサートでモッシュやクラウド・サーフィンが起こるようになった。それはこの曲を楽しむためにファンの中から自発的に起きた現象だったと思います。

斉藤:ファースト・コンサートでこの曲が始まった時に「いったい客席で何が起こったの?」と私たちも衝撃を受けました。

:その時は赤坂BLITZで、ちょうどオール・スタンディングだったんですよ。その日は雪も降っていて……。

大谷:よく憶えてますね〜(笑)。全部憶えてるんですか!

:いやいやいや! まぁ、メロン記念日のコンサートには生粋のアイドル・ファンも多くて、そういうロックのライヴの雰囲気に歓迎的な人ばかりじゃないから、メンバーのみなさんから「モッシュは危ないから禁止です」と注意があったりして。

村田:必ずしもそういった楽しみ方をするファンの方ばかりではないので、注意させていただきました。

ヒダカ:でも、アイドル界でモッシュを起こしたのはメロン記念日が初めてですよね?

:そうですね。だから、そういったイメージを今後は活かしていったほうがいいと思います。例えば、モッシュ禁止じゃないロック・フェス的なものに自分たちから出ていくとか。

ヒダカ:そうなると今度は、自分たちの中でロック的なものは何かをイメージしていかないといけないと思うんです。ロックもいろいろありますから。メロン記念日にとってロックとは何か? という。

:判りやすいところから訊きますが、普段はどういうものを聴いているんですか?

大谷:私はビート・クルセイダースのライヴを観に行ってからロックに入り込んだのでまだ日が浅いんですけど、最近はフーバスタンクが好きです。

ヒダカ:掟さん、フーバスタンクですよ!

:…なんですかそれ?

ヒダカ:アメリカのヘヴィ・ラウド系でちょっとラップやバラードも入った…って、なんで掟さんにフーバスタンクを説明しなきゃならないんですか!(笑)

:俺、最近はアイドル歌謡しか聴いてないから、新しめのロックは全く判らない(笑)。

大谷:他には、ロックなのかどうか判らないですけど、フォール・アウト・ボーイ。

ヒダカ:それは完全ロックですよ! えー、掟さんに説明すると、グリーン・デイ以降のエモの潮流も入った4人組のアメリカのバンドですね。

:エモって言われても江本孟紀しか知らないしなぁ…。

ヒダカ:それはエモやんですよ!(笑) とにかく大谷さんは最近の洋楽ロックを聴いていることが判りました。さて、ここからは珍回答が期待できますよ。まずは柴田さん。

柴田:私はK-POPですね。

ヒダカ:ゲイ・ポップ? ピーターとか?

:×××とか?

ヒダカ:それ書けないじゃないですか! 俺はいいけど(笑)。

柴田:「K」です、K-POP! ロックだと、ルースターは聴いてました。

:ああ、下山淳とかがいた…あの。

ヒダカ:違います!(笑)

柴田:他には、THE KBC。去年イギリスでデビューしたバンドです。

ヒダカ:KBC? いや、柴田さんは我々も知らない領域に踏み込んでますね。では次に斉藤さん。

斉藤:私はホント申し訳ないんですけど、ロックは聴きません。洋楽だと、R&B系の女性ヴォーカリストが好きですね。

ヒダカ:でも今のR&Bのトップの人たちがかつて聴いていたのがモータウンとか、いわゆる王道のロックじゃないですか? だから、斉藤さんもルーツをディグっていけば自然とロックに繋がると思いますよ。

:『This is 運命』のイントロはジャネット・ジャクソンへのオマージュも入ってますよ。

斉藤:へー、そうなんですか。私はダンスで体を動かすことが好きなんですが、そういう意味で言うと、ロックのノリ方と言うか、壊れ具合は大好きなんです。

ヒダカ:いいですねー。では、最後に珍回答を披露してくれるのは村田さんです。

村田:他のメンバーのみなさんは明確にロックが好きとかK-POPが好きとか女性アーティストが好きというのがあるんですけど、私は広く浅くな感じなので、1枚のCDにいろいろな曲が入っているサントラとかが好きですね。最近は『嫌われ松子の一生』のサントラをよく聴いています。映画から音楽を好きになることが多いです。

ヒダカ:じゃあ、村田さんにはロック映画を薦めればいいんじゃないですか? トム・ハンスク監督の『すべてをあなたに』とか、あとは『フットルース』とか。

:ピンク・フロイドの『ザ・ウォール』がおすすめです!

ヒダカ:まだ早いんじゃないッスか? でも、村田さんの場合は案外ドップリはまりそうで逆に怖いですが。

村田:じゃあ、それがいいです!(笑)


メロンらしいロックを見つけたい

ヒダカ:メロン記念日ロック化計画について、一通りメンバーの好みが判ったところで、次にバンドというものをどう考えているのかを訊いてみましょう。ライヴハウスの場合、やはり生バンドというのが多いですから。メロン記念日はすでに生バンドをバックにやってますよね。

大谷:やっとできたという感じで。でもこれからも是非やっていきたいです。

柴田:やっている曲は今までと同じなんだけど、なんか、いつもより表現しているという感じがしました。

斉藤:今まで決まっていた振り付けや動きが一気に崩されて、それぞれが動くことの難しさもあったんですけど、逆に、振り付けとかを気にせずに自然に出てきた動きが良かったかなと。

ヒダカ:村田さんあたりは、ほっとくとダイヴしそうですよね。

村田:はい、気持ちは客席のほうまで飛んでました! 私たちが頑張ると会場も一緒に盛り上がるんですが、バンドのみなさんの音も若干変わってくるみたいで、そういう意味でみんなでライヴを造ってるなという気持ちになりました。

ヒダカ:自分で楽器を演奏してみたいというのはありますか?

大谷:あるんですけど、自分はギターを持っているのにあんまりうまくならないのは、そこまで本気で楽器をやろうと思ってないんじゃないかなと最近思うんです。去年の秋頃から練習しているんですが、ほんとにやりたかったら、この人っていうのを目標にひたすら練習すると思うんですけど、自分が頑張るのってやっぱり歌なんですよ。

:でも、練習する時間もないんじゃ?

大谷:ありますよ。眠る時間とか削ればあるんですけど……。

:いやいやいや! 睡眠時間削って歌やダンスに影響が出たら良くないですよ。でも、楽器が弾けるようになると、今度は自分で曲も作るようになって、そのうちメンバー間の音楽性の違いが出てきて、そのせいでメロン記念日が解散なんてことになりかねないですしね。

ヒダカ:ああ、我々男子は何度も経験してきたことですねぇ…。他には楽器に興味のある人はいますか?

村田:気持ちはすごくあります。村田の家にはキーボードもありますし、あと、ある楽器を買ってこっそり練習を始めようとしています。

ヒダカ:何の楽器ですか?

村田:三線です。あんまりバンド的じゃないと思うんですが、趣味でやりたいなぁと。

ヒダカ:何を聴いてやろうと思ったんですか。

村田:特にこの人っていうのはないんですけど、やっぱり夏に弾いたらすごくいいかな〜って。エアコンとか扇風機に頼らず、自分で楽器を弾いて夏を楽しみたいなと。

:話が夏の楽しみ方にいっちゃいましたか(笑)。

村田:唄ったり踊ったりするのもいいんですが、楽器を使って音を楽しむことも学んでいったら、もっと奥が深くなるんだろうなぁと思います。

:アイドルの場合、自分で曲を作る機会はないですけど、これからどういう歌を唄いたいと思いますか?

大谷:メロンとしては、せっかく4人いるのでめっちゃハモれるような曲を唄いたいです。ゴスペラーズの女版みたいな。

柴田:柴田は聴いている人が楽しくなるような曲をやっていきたいですね。

:メロン記念日のファンはCDよりもライヴを楽しもうって人が多いですから、スカ・パンク風の『遠慮はなしよ!』みたいな、ライヴで盛り上がれる曲がたくさんあるといいですよね。

ヒダカ:さすが、ファンならではの意見ですね! 掟さんの作るバックトラックでそういう曲をやったらいいんじゃないですか?

:いやいやいや! 俺にそんなテクニックないから!

村田:断るの早い!(笑)

:それにこの間、家賃払えなくてシーケンサー売っちゃったし!

メロン一同:えー!

ヒダカ:まぁ、掟さんの心配はさておいて(笑)、次は斉藤さん。

斉藤:そうですね。私はやっぱりダンスありきの曲をやっていきたい。もともとユーロから入ったので、唄って踊れる曲が好きなんです。

:今でもユーロビートが好きなんですか?

斉藤:大好きです。

ヒダカ:最近は4つ打ちの曲をバンドでやるスタイルも多いから、今後そういう曲をやっていくのはアリですよね。じゃあ、最後に珍回答を村田さんに。

村田:まだ全然この方たちの曲を多くは知らないんですけど……“聖飢魔II”さんみたいな独特のロックを持っている人に憧れます。私たちもメロンらしいロックを見つけたいなぁと。

ヒダカ:またすごい名前が出ましたが、そもそも聖飢魔IIをどこで知ったんですか?

村田:ちょうど節分の時期にラジオで『鬼』という曲をかけたんですが、聴くだけでこんなに楽しくさせてくれるバンドがあるんだなぁって。この前の2月のライヴの時には、始まる前に楽屋で『地獄の皇太子』を4人で聴いてテンションを上げてました(笑)。

ヒダカ:じゃあ、村田さんには『デトロイト・メタル・シティ』という、カジヒデキ大好きな主人公がデスメタル・バンドを無理矢理やらされるという哀しい少年のマンガがあるので、それを是非読んでもらいたいですね。

村田:判りました!


メロン・ロック・フェスティバル!

ヒダカ:以上、だいぶヒントが浮かんできたところで、むりやり総合的にまとめますと、まずは踊れるロックってことですよね。それは振り付けがあるなしに関わらず体を動かしながらロックをやると。そこで俺が一つイメージしたのが、アン・ヴォーグの後期なんですよ。 まぁ黒人女性R&Bグループですが、彼女たちの最後のほうのシングルで『フリー・ユア・マインド』というものすごくハードロック的な曲があって、当時それがすごく新鮮で。それまで自分の中でヒップホップとR&Bとロックって別々のものだと思っていたんですが、この曲はその後のミクスチャーの先駆けみたいで新鮮だったから、これがすごく参考になるんじゃないかニャ、と。他には、アジカンのような4つ打ちのロックを取り入れていくのも方向性としてはいいと思いますね。プラス、やっぱりライヴハウスでガンガンやるっていうのがいいんじゃないか、と!

メロン一同:はい。

:全国ツアーでは結構ライヴハウス回りましたよね。神戸のチキンジョージとか。

ヒダカ:どうでした? ライヴハウスは。楽屋狭っ! みたいな。

大谷:そうですね。でもあれだけステージが狭いんだったら、それ用にライヴを作れば良かったなと。ZEPPぐらいの大きさを想定して作ったライヴセットを、無理矢理小さくするんだったら、最初から別のものとして、フリとかもとっぱらったような感じでやりたかったなと思いました。次に行く機会があったらそういうふうにしたいですね。

:セットリストって自分たちで決められるんですか?

大谷:最近は、自分たちの意見も取り入れてもらえるようになりましたね。

ヒダカ:メロン記念日ってそういう意味でも、アイドルとしては自由度の高いグループですよね。J-POP以降、今はシンガーとミュージシャンの違いが曖昧な時代になっていると思うので、逆にメロン記念日はそれを利用していいと思うんです。シンガーなんだけど、アーティストとして自分たちの意見を反映させていくということはもはや珍しいことではないですからね…だから今回、全国のライヴハウスを回って気づいた点や新しいチャレンジを今後どんどんやっていって欲しいです。そしていつかはロックの聖地・新宿ロフトの地を踏んで欲しいな、と! もちろん生バンドで。

メロン一同:やりたいですね。

:あとはやっぱりフジロックとかに出て欲しいですね。以前、フジロックの掲示板で「メロン記念日を出せ!」って書き込みが盛り上がって、アイドルに興味のないロック・ファンとメロンヲタとの間でケンカになったりしてました。結構みんなムキになって書いてた(笑)。でもいつかロック・フェスの舞台でメロンを観てみたいですね。

ヒダカ:自分たちでロック・フェスをやるのもいいかもしれない。「メロン・ロック・フェスティバル」!

メロン一同:おー、いいですねー!

:じゃあ、第1回目を新宿ロフトで。

ヒダカ:メロン、ロマンポルシェ。とウチでやりましょうよ。

:まぁ、俺らが出なくてもすぐソールド・アウトでしょうけど。

村田:ファンのみなさんも、やっぱりライヴハウスがすごく好きみたいで、前もホールでやった時に「今度はライヴハウスでやりたいね」って言ったら「待ってました!」みたいにすごく反応してもらえて。だから是非また、ロフトさんみたいなライヴハウスでやりたいです!

ヒダカ:その野望を実現させるために、俺や掟さんも微力ながら協力していきますよ。

メロン一同:よろしくお願いします!

写真:長尾真樹



アンフォゲッタブル

15th single
アンフォゲッタブル
c/w サクラ色の約束

zetima EPCE-5461
1,050yen (tax in)
IN STORES NOW
★amazonで購入する
★iTunes Storeで購入する(PC ONLY) icon


メロン記念日コンサートツアー 2006冬『FRUITY KILLER TUNE』

15th single
LIVE DVD
メロン記念日コンサートツアー 2006冬『FRUITY KILLER TUNE』

zetima EPBE-5241
3,990yen (tax in)
IN STORES NOW
★amazonで購入する

Hello! Project OFFICIAL WEB SITE
http://www.helloproject.com/

メロン記念日の皆様から素敵なプレゼントがあります!

posted by Rooftop at 12:00 | TrackBack(4) | バックナンバー

この記事へのトラックバック

Rooftop誌上対談『第1回メロン・サミット』開催!!
Excerpt: メロン記念日 with ヒダカトオル(BEAT CRUSADERS)+掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)('07年4月号) プレゼント応募もあるよ
Weblog: 村田スタイル出張所
Tracked: 2007-04-04 19:46

ルーフなトップ
Excerpt: 前にちょこっと噂にきいていた例の対談がアップされていた。   メロンさんと橋の人とお面の人の対談。   前の職場でメロンさんの「This is 運命」を完コピする(ファンの合いの手までも) 男子社員..
Weblog: *空耳福耳*
Tracked: 2007-04-05 04:31

メロン記念日 with ヒダカトオル(BEAT CRUSADERS)+掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)
Excerpt: http://rooftop.seesaa.net/article/37161023.html メロンライブ行きてぇ〜!
Weblog: Whoopee(^ー゜)/〃
Tracked: 2007-04-05 15:05

掟ポルシェ
Excerpt: 掟ポルシェ掟 ポルシェ(おきてポルシェ、1968年5月3日生まれ、A型)は、ニューウェーブバンド「ロマンポルシェ。」のボーカル、ALL INSTRUMENTS、及び..
Weblog: ななの日記
Tracked: 2007-09-29 05:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。