ギター 今月のRooftop

ザ・ガールハント('10年9月号)

ザ・ガールハント

歴史も魅力も経験も全部凝縮されたベスト盤『ザ・ガールハントのベスト』ついにリリース!!


 ザ・ガールハントが結成8年にして、ベストアルバム『ザ・ガールハントのベスト』(タイトルそのまま!)をリリースする。この作品は、チバ タケヒサがメインとなって選曲した『チバ盤』と、マスザワ ヒロユキがメインとなって選曲した『マスザワ盤』の2枚に分けられ、ザ・ガールハントが2002年にリリースした『ロマンチックキャンペーン』以降、フル・アルバム3枚、シングル2枚、ミニアルバム4枚、シングル+DVD1枚、企画盤1枚の中から選ばれた、1枚につき18曲、計36曲と彼らの歴史をギュッと詰め込んだ作品となっている。
 リリースから8年、しっかりと地面を堅めてきた彼らは、これまでの経験も踏まえ、自らのペースは崩さずにこの先も活動を続けていくのだろう。今回はチバ、マスザワ両氏にお話を伺うことができた。それぞれに込められた思いを受け取って欲しい。(interview:やまだともこ)


8年間の思いが溢れ出たベスト盤

──ついにベスト盤リリースなんですね。『チバ盤』と『マスザワ盤』、それぞれに18曲ずつの計36曲というボリュームたっぷりの作品となりましたが。

マスザワ ヒロユキ(Vo.&G):もっと少なくしようと思っていたんだけど、あれもこれもって入れたくなってこの数になっちゃいました。僕とチバの共作も入れていくと、8年分の思いが溢れ出ちゃったんですよ(笑)。

──今、全部で曲はどれぐらいあるんですか?

チバ タケヒサ(Vo.&G):半分ぐらいをベストに入れたから、80〜90曲ぐらいはあると思う。

──その中から選んだ基準は?

チバ:ベストっぽい感じのものを…。

マスザワ:今回のベスト盤は、個人的にすごい好きな曲だけど入らなかったりもしてるんですよ。もちろん好きだから入れた曲もあるけど、ベスト盤ということを考えるとこれは違うかなっていうのではずしたものもあります。

──1枚に18曲なんて、歌ものと呼ばれるバンドだったら、まずないですよね。

チバ:マスタリングしてる途中に寝てましたからね(笑)。

マスザワ:まあ、悪ノリですよね。そういう意味では良い意味の悪ノリを続けてるんです(笑)。

──こんな時代ですし、悪ノリを楽しんでくれるレーベルもなかなかないですから、恵まれてますよ。

マスザワ:それはCDを買ってくれる人とお客さんがいるからですよ。ライブをやればお客さんが来てくれるし、CDを出すって言えば楽しみになってくれてる人もいますし、もちろんもっと多くの人にとは思っています。ガールハントはお客さんがいたほうが良いライブができるし、お客さんが1人もいなくなったらできないですから。

──ベスト盤を作るにあたり、お客さんからアイディアをもらったりはしました?

マスザワ:ブログとtwitterでアイディアをもらうことはありました。『得体の知れぬ(寂しい)怪物』はすごく好きなんだけど、ライブでもあまりやらないからベスト盤に入れるのはどうかなって思っていたんだけど、この曲が好きだって言ってくれる人がいて、それなら入れようかなって。

──チバさんは?

チバ:『2009年紙飛行機の旅』は、メンバーから入れて欲しいって言われたから入れてます。

──メンバーからのリクエストもあったんですね。

マスザワ:僕の『嫌な気分、良い気分、嫌な気分』は、メンバーのリクエストでした。基本的には自分で決めたんだけど、メンバーからも参考として意見を聞いてそれを総括して決めていったんですよ。

──基本はご自分が作詞・作曲を手がけているものの中から選んでいるんですか?

チバ:そうそう。

マスザワ:共作はうまくばらして。

──共作で、それはこっちに入れたいんだけどというのも出てきますよね?

チバ:それはトレードした。

マスザワ:最初は、共作に関しては作曲者云々じゃなくて、歌い出しが誰かで決めていたんです。でも、トレードを繰り返したために、その予定が崩れちゃったところもあるんですけど。

──ベスト盤2枚組ではなく、1枚ずつのリリースになるんですよね。

マスザワ:2枚組で3,000円とか4,000円にするよりも、1枚のほうが買いやすいじゃないですか。それに、どちらか1枚を買ってもらえればもう1枚買ってもらえる自信もありますから。

──過去の曲を録り直してるものはあるんですか?

マスザワ:それはしてなくて、新しく録ったのは新曲の3曲だけです。

──これまでのご自分の作品を改めて聴いてみて、どんなことを思いましたか?

チバ:これまで、特に改めて聴く機会もなかったのですが、良い曲がたくさんあるなって思いましたよ。

マスザワ:僕も、良い曲を作ってるなって思いました。作った時はすごく聴くんだけど、時間が経つとあまり聴かなくなって、聴くとしてもライブ前に歌詞を確認するぐらいだったんですよ。今回、過去の作品を全部iTunesに入れて聴いて改めて聴いてみたら、良い曲いっぱいあるなって。だから、選曲に悩む事もありましたよ。まぁ、似たようなことばかり歌ってるなって思いましたけど(笑)。

──それは、私も思いました。歌詞の世界観が1st.ミニアルバムの『ロマンチック・キャンペーン』(2002年2月リリース)から変わってないなと。

マスザワ:まず、変えようと思ってないですからね。

──変えようと思ってないんだ! 2002年からこれまでの8年間、その間には30歳という節目も超えてますし、何かしら変わっても良いんじゃないかとも思いましたけど。女の子を追いかけたり、フラれたり、モテない感じのままとは!

マスザワ:結成当時、25歳でしたしね(苦笑)。人間的に堕落してるわけではないんですけど、変わる必要はないとも思っているし、女の子が好きだなという歌をずっと歌ってますね。その時々に応じて、真剣になってみたり、楽しくなってみたりというのは若干違うんだけど、芯は全く変わってません。でも、メンバーが変わってるから演奏は少しだけ上手になりましたね。考えてみたらゲストミュージシャンで何人もの人に弾いてもらっていたんですよ。ベーシストも4人ぐらいいるし。結成した当時のベースは吉田さんなんだけど、今回は入ってないかもしれないんだけど横チン(テルスター)が弾いていた曲もあるし、チバが弾いた曲もあるし、マッキー(Lucky 13)に弾いてもらったり。ドラムは前ドラマーの中チンと今の井上くんだけだけど、ギターはもっといろんな人に弾いてもらっていますよ。

チバ:まこちゃん(MKTMN / ストライカーズ)もそうだし、北目(哲郎)さん(LOVE LOVE STRAW)、佐野(史紀)くん(Soft Touch)、上野(智文)くん(曽我部恵一BAND)とかたくさんいる。

──長くやっている分の、音楽仲間を知る事もできますね。

マスザワ:今回僕のほうに入っている『3分半のエイトビート』のミックスは、まつき(あゆむ)くんにやってもらったんですよ。この曲は、歌詞は一緒なんだけどチバと僕の曲はアレンジが全然違う。僕のはピアノの音やシンセとかが入っていて、その分ギターをすごく抜いてる。チバのはライブみたいな感じになっていますから。

──チバさんの曲にいろいろなものを足したのが、マスザワさんの曲という感じになるんですか?

マスザワ:基本はそうです。後半は変えてるから枝分かれするんだけど。

──それぞれがアレンジを考えて?

マスザワ:チバの『3分半のエイトビート』を僕らがアレンジを考えて、僕の『3分半のエイトビート』は、まつきくんにアレンジをお願いして、いろんな音をもらったところにさらに僕らが編集したという感じです。



楽しくやれば良いんじゃないか

──どちらの作品にも最後に入っている『ロマンチックキャンペーン』は? マスザワさんが『ロマンチックキャンペーン 〜a fellow traveler〜』で、チバさんが『ロマンチックキャンペーン 〜Night Fishing Is More Better〜』で、それぞれ弾き語りをされていましたが。

マスザワ:これは1st.ミニアルバムのタイトルでもあるんですけど、「『ロマンチックキャンペーン』っていうタイトルで1曲作ってみれば?」ってレーベルの人に言われたんですよ。「内容が全く別で、そういうのがあってもおもしろいんじゃない?」って。これはボーナストラック的なイメージですね。あと、アルバムタイトルにはなっているものの、『ロマンチックキャンペーン』って曲はなかったので作りました。

──『ロマンチック・キャンペーン』をリリースした2002年頃って、どんなバンドだったんですか?

マスザワ:当時リズム隊は、吉田さんと中チンはいたんだけどどちらもヘルプだったんです。

──となると、まさか、こんなに続くとは思ってなかった?

マスザワ:全然思ってなかった。今も所属しているアンダーフラワーの社長の田中さんが「CD出そうよ」って言ってくれていたものの、「こんなの出して良いのかな」って思ってましたから。出したものの『ロマンチック・キャンペーン』は全然売れなかったし(苦笑)。僕自身、どうだっていいよって感じではないんだけど、テルスターもあるんだけどなって感じもあったし、『ロマンチック・キャンペーン』と『ガールハント・グランプリ』を出したあたりぐらいまでは、実を言うとそこまでやる気がなかったんです。

──でもCDをリリースしているということは、曲は出来てたんですよね?

マスザワ:「出そうよ」って言われるから、「人のお金でCDとか作っちゃって良いの?」って思いながら作ってました。

チバ:あの時は、時代も良かったね。

──ガールハントをちゃんとやろうって思ったのは、いつぐらいなんですか?

マスザワ:今さら言うのもあれだけど、クリック(クリハラ ケンイチ / B)が入ってからだから、5年ぐらい前か。ガールハントは、ガチガチに固めないところが良い部分でもあるんだけど、責任持とうかなという感じになった。でも、今はまた良い意味で力を抜いて出来るようになってます。『.』(2009年4月リリース)と『ドレミ=ファンダメンタルズ』(2008年9月リリース)をしっかり作って、肩の力が抜けたような気がする。『ドレミ=ファンダメンタルズ』は歌詞が暗いというか、真面目に書いていて、このバンドで何かをやらなきゃって意気込んでいた部分もあって。

──それは“夏をテーマにしたコンセプトアルバム”の『Live in HAWAII』でやりすぎてしまった反省から、ちゃんとしなきゃ! みたいな感じになったんですか?

マスザワ:そうじゃないけど(笑)。『.』を作ってツアーを回った辺りから、真面目にやるのはうちの持ち味はでないし、楽しくやれば良いんじゃないかなって思うようになって、そういうところからこういうアイディアがポンポン出てくるようになった。それで、「ベスト出す?」みたいな感じになったんです。

──ベスト盤と言っても、今バンドを結成して8年じゃないですか。なんでこんな中途半端な時期に出すのかなって思いましたけど。

チバ:しかも売れてないのにね(苦笑)。

マスザワ:ヒット曲1曲もないし、誰も周りの人はベストだと思っていないかもしれないけど、それで良いの。

──しかも、通販でのリリースですよね。

マスザワ:そうですね。発売始めは通販でのリリースですね。もちろん多くの人に聴いてもらいたいって気持ちはありますけど、今CD屋に行く人も減ってるって言うから、まずは通販でのリリースも良いかもしれない。渋谷のHMVが閉店して悲しんでいる人も多いけど、それはみんながCD屋に行かなくなった結果だと思いますしね。

──では、先ほどはそれぞれの曲を聴いてどうだったか伺いましたが、お互いの曲を改めて聴いて、どう感じましたか?

チバ:良いんじゃない? って思ってます。その曲どうだろうって思っていたら、その時に言ってるから。だから、選曲をする時にあの曲入れたほうがいいよっていうのはあっただろうし、言ってくれたし。

マスザワ:『ワイオーユー、エヌジーヤング』は、いらねえよとは言いましたけど(笑)。

チバ:ベスト盤だから、1枚のアルバムから絶対に1曲入れようという話だったし。言っちゃえば『ワイオーユー、エヌジーヤング』は入れたくなんかないけど、しょうがないんだよ(笑)。

──これまでリリースした中で、一番好きなアルバムはどの作品になりますか?

マスザワ:『ドレミ=ファンダメンタルズ』が音的にも一番好き。それから『.』。でも、『セカイクル』はお金をかけたから音がすごく良いんですよね。

チバ:俺は『Live in HAWAII』(笑)。

マスザワ:『Live in HAWAII』は今聴くとすごいいい。

──『Live in HAWAII』に入っている『水着のあと』『真夏の太陽』はベスト盤にも入ってますけど、企画盤とは言われていながらも、他の曲とも違和感なく溶け込んでますよね。

マスザワ:当時は夏をテーマにして作るというのがすごく嫌だったし、あまりにイレギュラーで、本人達もなんだこれと思いながら作っていたんですよ。

チバ:やってる時から違和感はあった。

──違和感を感じていながらも、なんで作ったんですか?

マスザワ:『セカイクル』が売れて、次の一手としてすぐに作ってってレーベルに言われて…。

──次の一手が『Live in HAWAII』!?

マスザワ:そう、それで大コケして反省した(笑)。でも、『Live in HAWAII』を出してから少し夏が好きになりましたよ。今振り返って聴いても、良い曲ばっかりだなって思うし。ガールハントの曲は、『ロマンチック・キャンペーン』あたりとかの昔の作品じゃなければ、どれも良いんですよ。

──『ロマンチック・キャンペーン』は当時の勢いというか、モテたいという生々しさは充分に込められてる気がしますよ。ちなみにこの作品は、ハイラインレコードで買って持ってます。そして、ファンの方から人気の高い『花とギター』は、ちゃんと入れられてますね。

マスザワ:『花とギター』は良いなと思っていたけど、周りの評価が高すぎて「そんなに良いか?」って思ってしまう部分もあったんですけど、改めて聴くとやはり良いですね。個人的な思い入れもあるし。

──そうそう。改めて聴くと良い曲が多いなと気付きますね。

マスザワ:(笑)良くなさそうだけど、意外と良いなって思ってもらえると嬉しいですね。ライブやってもMCしか褒められないから。MCが曲の良さを打ち消すライブって言われたこともあったし。喋りすぎて曲の良さが出ないって。

──MCはガルハンのライブの魅力でもありますよ。

マスザワ:でもちゃんとCDで聴くと意外と良いんじゃない? って(笑)。




ベースのメンバーチェンジがターニングポイントだった

──ガールハントは“へたれロック”と言われてますけど、今後もその方向性で?

マスザワ:いや。それは、レーベルが付けたキャッチコピーであって、へたれロックという自覚はない。

チバ:自分で自分をへたれてるとも思ってないよね。

──自分でへたれだと気付いているなら頑張れよって思いますしね(笑)。

マスザワ:けっこう頑張ってるんだけどなって。

──このまま続けて欲しいですよ、40歳を越えても。

チバ:バンドがある限り、このままだと思うけど。

──もうちょっと違う雰囲気の曲を作りたい願望はあります?

チバ:ない。

マスザワ:それなら他でやるから。

──お二方の中でガルハンとはこういう感じというのがあるんですか?

マスザワ:それはあります。

チバ:このベスト盤みたいな感じ。

──ということは、このベストでガールハントを全部出し切っているということですね。

マスザワ:出せてはない。ベスト盤なだけでベストではない。アーカイブってことだね。年表みたいな感じ。

──今と過去を一度まとめた、と。

マスザワ:そう。結成8周年だしな。

──中途半端なね。

マスザワ:10周年とか言っちゃえば良かった(笑)。でも、これまでもけっこう良いペースで活動させてもらえてるんですよ。1年に1枚とか2枚はCDを出させてもらえてるから。

チバ:恵まれてはいるよね。当時一緒にやってたバンドも、どんどんいなくなっちゃってるから。それを考えると良かったなとは思うけど。

──バンドが変化してきた8年間だと思いますけど、クリハラさんが入ったことって、バンドにとって一番のターニングポイントになるんですか?

マスザワ:僕はそうです。

チバ:僕もそうだな。常にいつも通りではあるけれど、クリックが入ったのは良かったね。

──クリハラさんがバンドをまとめるところはある?

チバ:音はかなりまとまってきてますね。アレンジとかもよくいろんなこと言ってくれるし。

マスザワ:すごいラクになった。今までは曲を作った人がベースラインもドラムもほぼ考えていたけど、今はクリックが広げてくれる。お願いしなくてもやってくれるし。

──クリハラさんは、ガルハンのことが大好きという感じがすごく伝わってきますよね。

マスザワ:やたら楽しそうなところはすごく影響受けます。

──ドラムも昨年末あたりに、中チンさんから井上さんに変わりましたけど。

マスザワ:今もサポートではあるんだけど、井上さんになってよりバカバカしくなった感じはあります。

チバ:ドラムはすごいうまいんですけどね。

──井上さんはLucky13の前は、どんなバンドに在籍されていたんでしたっけ?

マスザワ:どんなバンドかは忘れちゃったんだけど、いろんなバンドをサポートでやってたみたい。

──井上さんは、やりやすいですか?

マスザワ:最初はすごくやりづらかったです。人が変わると、ノリが違っちゃうんで。1ヶ月ぐらいライブもやらずにリハに入ってんだけど、初めはすごく違和感があったけど、慣れたらなるほど!って思うところがあっておもしろいですよ。

──歌い回しが変わる?

マスザワ:全体的なノリが変わる。雰囲気も全然違うし、前の曲をやっても全然違ったし。

チバ:マスが言っていたのは音楽的なノリだけど打ち上げ的なノリで言うと、井上くんは打ち上げが好きですごく影響受けました。

マスザワ:すごく良いバイブレーションがあるよね。人的にも音的にも。

チバ:なかなか両方持ってる人っていないじゃん。中チンなんて両方持ってなかったんだから(笑)。

──中チンさんがどうこうというわけではないんですが、バンドとして良くなってきてる実感ってあります?

マスザワ:楽しくなった感じはしてます。

──そうすると、今のバンドで作った3曲だけではなく、フルアルバムで聴きたいなというのはありますけど。

マスザワ:今後出していきたいですね。

──まずはここでベスト盤を出して一区切り?

チバ:そのつもりもないんだけどね。

マスザワ:8年でキリが良いし。

──…末広がりですからね。この作品を出してどうなっていきたいんですか?

マスザワ:楽しくやれれば良いかなと思います。

──今までと変わらずに?

マスザワ:今までを踏まえて。今までの、メンバーが変わったとかの経験を含めて、また楽しくやれたら良いかなと。

──楽しいのが一番?

マスザワ:無責任とか楽観的に楽しいじゃなくて、お金をもらってライブをやってるし、お金を使ってCDを録っているし、そういうところで責任を持ちつつ、楽しくやれればいいなと思います。



ザ・ガールハントのベスト〜マスザワ盤〜

FLOWER-104 / 2,100yen (tax in)
UNDER FLOWER RECORDS

1. 3分半のエイトビート(Sentimental mix:チバ盤とは別テイク)<新曲>
02. 仕草ひとつ ●収録作品:僕の由来
03. セカハ ●収録作品: セカイクル
04. 瞼の裏 ●収録作品: . (ドット)
05. Hot Fuzz <新曲>
06. 嫌な気分、良い気分、嫌な気分 ●収録作品: ガールハント・グランプリ
07. カーマイン ●収録作品:アカゲラ
08. 花とギター ●収録作品:僕の由来
09. ハローハロー ●収録作品:ドレミ=ファンダメンタルズ
10. 得体の知れぬ(寂しい)怪物 ●収録作品: セカイクル
11. 待っている ●収録作品: ロマンチック・キャンペーン
12. 文句は言わない ●収録作品: ガールハント・グランプリ
13. リサイクル ●収録作品: セカイクル
14. ドレミファソラシド ●収録作品:ドレミ=ファンダメンタルズ
15. 僕のすべて ●収録作品: . (ドット)
16. ファンダメンタル ●収録作品:ドレミ=ファンダメンタルズ
17. ペリカンクロッシング ●収録作品: セカイクル
18. ロマンチックキャンペーン 〜a fellow traveler 〜<新曲>




ザ・ガールハントのベスト〜チバ盤〜

FLOWER-105 / 2,100yen (tax in)
UNDER FLOWER RECORDS

01. 3分半のエイトビート (マスザワ盤とは別テイク)<新曲>
02. 大人になったら ●収録作品:アカゲラ
03. ハローグッバイ ●収録作品: セカイクル
04. アカゲラ ●収録作品:アカゲラ
05. 新ガールハントのテーマ ●収録作品: . (ドット)
06. 徒然ドライバー ●収録作品: セカイクル
07. ミチシルベ<新曲>
08. 水着のあと ●収録作品: Live In Hawaii
09. ワイオーユー、エヌジーヤング ●収録作品: ロマンチック・キャンペーン
10. マンデリンフレーバー ●収録作品: . (ドット)
11. 超大作 ●収録作品:インサイド
12. アカネ ●収録作品:僕の由来
13. 真夏の太陽 ●収録作品: Live In Hawaii
14. 2009年紙飛行機の旅 ●収録作品: . (ドット)
15. さくら ●収録作品: セカイクル
16. インサイド ●収録作品:インサイド
17. 飴玉 ●収録作品: ガールハント・グランプリ
18. ロマンチックキャンペーン 〜Night Fishing Is More Better 〜<新曲>


POSCA (パーソナル・ディストリビューション・システム) から通販にて 9月17日発売決定!!予約開始!! (送料無料)
※本作は当面の間、店頭発売・ライヴ会場販売の予定はありません

☆購入特典☆
9月17日以降のライヴ会場に『マスザワ盤』『チバ盤』の2枚をご持参頂いた方全員に、新曲『3分半のエイトビート』(ノーフェードアウトver.)の音源を差し上げます!!


Live info.

TOUR THE GIRLHUNT BEST GRAND PRIX

9月20日(月・祝)代々木Zher the ZOO
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV.2,300 / DOOR 2,500(ドリンク別)
w)ゴールデンローファーズ、未完成vs新世界
*3マンイベント

10月7日(木)神戸太陽と虎
11月3日(水・祝)shimokita round up
11月5日(金)大阪福島セカンドライン
11月6日(土)名古屋クラブロックンロール
11月23日(火・祝)宇都宮
...and more&more!!!!!!

ザ・ガールハント official website
http://www.girlhunt.jp/

posted by Rooftop at 15:00 | 今月のRooftop
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。