ギター バックナンバー

つばき('10年8月号)

つばき

自らが進む道を確信に変え、より強靱になったつばきが向かう先


 つばきが活動を始めて10周年を迎えた2010年にリリースされるニューアルバム『夜更けの太陽』。全曲を通して、彼らの持ち味でもある色彩豊かな表情を詰め込んだものになっており、歌もサウンドも、これまでの歴史をギュッと凝縮したものだと感じられる作品となった。彼らがこの3人であることが偶然のようで必然だったように、つばきにしか出せない3人のグルーヴと、3人でしか出せないサウンドで、彼らの立ち位置をより明確なものにしてくれている。
 今回、ボーカル&ギターの一色徳保にお話を伺うことができた。何気に、Rooftopではつばきの単独インタビューは初めてかもしれない。(interview:やまだともこ)


応援してくれる人たちの気持ちが原動力になっている

──『夜更けの太陽』は前作から1年半振りの作品となりますが、先ほど出来上がった作品を手にした時にポロッと「感慨深いですね」とおっしゃっていましたが、何度リリースをしてもそういう気持ちは変わらないんですね。

一色:そうですね。でも今回は特にですよ。前作の『流星ノート』をリリースした後に、事務所とメーカーを辞めたから、もう正式に全国で流通できるアルバムはしばらく出せないんじゃないかと思っていたんです。だからライブ会場限定で昨年の11月に『花が揺れる/最低な気分、雨に打たれて』を出したんですけど、こんなに早いタイミングでアルバムを出す事ができることがすごく嬉しいです。今回、UK PROJECTの方に、「CDを出したいんですけど」と話をしていて、そしたら「デモがあれば」と言われたので、そこから曲を作り始めて。でもその時から、自分でブッキングをしたりグッズを作ったりしていて、けっこう忙しくなっていたので、一度に全曲は渡せずに1曲出来て送って、また1曲出来て送ってを繰り返して。ちょっとずつちょっとずつ送っていったんです(笑)。

──そこで今回の10曲を送りきって、じゃあレコーディングしましょうとなったんですか?

一色:最初は、ミニアルバムで6曲でも良いって話をしていたんですけど、良い曲ができたので8曲ぐらい送って、残り2曲はレコーディングしている時に録りました。全部録ったら10曲になったんです。

──10周年に合わせた10曲?

一色:そういう意味ではないんです。過去3作ぐらい10曲入りなので。8曲でも良かったんですけど、8曲作って全体を聴いてこういう曲があっても良いかなっていう流れで、最後に弾き語りでやっている『僕だけの季節』を入れようかなと決めていったんです。

──今年は10周年ということで1月から毎月10日に自主企画をやり(“つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」”)、これまで以上にライブをやっていると思いますが、よくこれだけの曲を作ることができましたね。

一色:今回の曲は、『流星ノート』をリリースした後ぐらいから作り貯めていたものになるんですが、今に比べるとあの時期はまだ曲を作る時間があったんです。事務所を辞めてからは、音楽を作る以外のスタッフ的な作業が始まっていたので忙しかったですが、今のほうが忙しいですし(笑)。今、全然曲が作れていないんですよ。前までだったら、アルバムが完成してリリースも決まってインタビューさせてもらっている時にはすでに1曲〜2曲ぐらいは出来ていたんですけど、今はまだないですから。

──10周年に出せるというのは、これまでの歴史も踏まえた上での作品作りを意識されたんじゃですか?

一色:それが、このアルバムを作ることに関して言えば、10周年ということにそこまで深く考えていなかったんです。10周年だからこんなアルバムにしようというのもない。その時に思っていたのは、どうやって自分たちのやりやすい環境でできるかということで。だから、アルバムに関しても、純粋に自分の良いところだけ出そうって思ってました。自分たちでやるようになってから、難しいことをあまり考えなくなって、それが良かったのかもしれないです。奇しくも10周年にふさわしいアルバムになりましたし。難しいこと考えず、真っ直ぐに良いところだけ出そうという形で。

──そのタイミングでリリースされる1曲目『太陽』の歌い出しが“明日は明日の風が吹く”じゃないですか。10年活動していく中で経験したことが、このひと言に大いに込められているのではないかと思ったりしましたが。

一色:というよりは、『太陽』はライブでずっとやっている曲で、そういう意味があって1曲目にしたんです。事務所を辞めて、自分でやり出したら今まで応援してくれていた人たちが離れていっちゃうのかなとか考えていたんですけど、そんなこともなくみんな応援してくれるし、ライブに見に来てくれるファンの人は今まで以上に応援してくれるし、純粋に嬉しいなと思ったんです。『太陽』は僕と君との歌ですけど、“僕”はつばきだったり、“君”は見に来てくれる人や応援してくれる人、そういう意味を込めて書いた曲でもあるので、1曲目が良いなって思いました。自分たちでやってすごく良いなと思ったのは、これは今だからできると思いますけど、20代前半の時は「こうやっていきたいと思うんですけどどうですか?」と聞かれても「わからない」と思っていたことが多かったんです。「こっちのほうが良いと思う」って言えなかったことや言いづらかった事もあったんですけど、今は遠慮なく言えてる。ブッキングに関しても直接やりとりできるから、こういう感じにしたいという意志を人を挟まなくて伝えられるからスムーズです。逆にそれがやりづらいっていう人もいますよ(笑)、直接連絡するのは辛いって。でも、基本的には今の状況はメリットの方が多いです。10周年で毎月10日にライブやって、好きなバンドに声をかける事ができていて、リリースもちゃんとできるので、すごく良い形でやれています。

──事務所を離れて失速してしまうバンドもいますけど、つばきはそこで踏ん張ってやってますからね。

一色:失速しない感じにしないとってずっと思っていましたから。前の事務所の社長とは今でも仲が良くて話をしているので、決して悪い形で事務所を離れたわけではないんですけど、事務所を辞めようって思ったぐらいから、ちゃんと自分たちでも活動できていることを提示したいと思っていたんです。でも、応援してくれる人がいるからできているというのもありますよ。つばきだけだったら何もできなかったし、ライブを見に来てくれる人や音源聴いてくれる人がいるというのが一番の原動力になりました。

──そうやって感謝する気持ちが強くなったのって、いつぐらいですか?

一色:自分でやり出してから特に強いです。ライブをやるにしても自分で電話をしていくんですけど、事務所ではなく個人だから信用してもらえないかなって心配していたんですが、地方のライブハウスに電話して、「つばきって、ひらがなのつばき?」って言われて、「そうです」っていう話から「いいよ」ってなったり。媒体の人とかも、直接電話をかけてきてくれる人も多いですし。関わってくれる方にすごく感謝しましたよ。

──それは10年やって来たからこそのものですよね。ここ最近は、音楽に対する向き合い方や姿勢、とりまく環境は変わってきました?

一色:自分の環境とか状況は、自分でやりやすい状況を作っていければ良いんじゃないかなと思うようになりました。だから事務所を辞めたんですけど、20代前半のよくわかっていない時期を誰かに任せるのはひとつの選択肢として良かったですけど、僕たちの年齢になると事務所を辞めて自分たちでやっているバンドってたくさんいるじゃないですか。そういうバンドを見て、メリットとデメリットを考えた時に自分たちでやるほうがやりやすいんじゃないかなって。音楽をやりやすい状況に自分がいないと良い音楽も書けないですから。精神的にイライラしたり苦痛を感じていたら良い音楽を書くのは難しいかなと思うんです。それなら、やりやすい環境を自分で作れば良いと思う。音楽に対しては、昔はこう見られたくないというのはあったかもしれない。爽やかな感じに見られたくないとか、かわいい感じに見られたくないとか。反対に、音楽的にこう見られたいとか、前のアルバムでこういうことやったから全然違うことやらなきゃとか、メジャーになった時やなる直前はそういうことをすごく考えていました。でも、最近はストレートに自分の良いところを出せれば良いかなと思っています。結局、どのバンドにも出せない音を出したいというか、つばきの音を鳴らしたいというのがバンドを結成した時から思っていたことで、流行りを取り入れようっていうのはあまり考えないようにしようと思ってました。つばきにしか出せない音を出せれば良いやって。今はさわやかな楽曲で、かわいらしい楽曲がつばきの良いところでもあったりするんだったら、そこも素直に出せれば良いと思うし。つばきの良いところを磨いて、つばきにしか出せない音楽を人に聴かせられるバンドになりたいというのは、より強く思うようになりましたね。

──バンドって自分をプロデュースする力は必要なんですかね?

一色:そうですねー。他のバンドと自分のバンドを比較しすぎるのはどうかなと思うし、自分の良いところは出せるのが一番良いと思う。プロデュースするのはなかなか難しいですよね。でもいますよね、そういうのが上手な人って。必要な気もするし、必要じゃない気もするし。代わりのないバンドになれたら良いかなと思っています。




いろんなことがあるけれど前を向いて歩いていきたい

──先ほどかわいいと思われたくないとおっしゃってましたけど、私がつばきに持っているイメージって、すごく凛としているんです。いつのライブかは忘れてしまいましたけど、初めて見た時はとっつきにくそうな感じもありましたけど、漲る命を感じるような部分もあって、総じて凛とした雰囲気があるんですよ。

一色:昔は、MCもしてなかったし、すごくとっつきにくそうな感じで歌ってました。ステージ上で喋るというのは、難しいんですよ。それだけは何年やっていても慣れるものではないですね(苦笑)。

──ステージで口数少ない感じは、一色さんが思っているロックンロール像があるのかなと思ったんです。

一色:それはあると思います。変わっていくとは思いますけど、その度に。自分がこうなりたいっていうのも常にあると思う。若い頃は言葉数少なくというのがやりたいことでしたけど、今はもっと普通のスタンスでやりたい感じです。

──そうなったのは最近?

一色:3〜4年ぐらい前からですよ。あまり喋らないというロックンロール像にとらわれずに、自分のスタイルでできたらいいなって。ステージに立っている時とステージから降りた時の感じを近づけて行ければ良いかと思っていて、そしたら、自然と話しかけてくれる人が増えました(笑)。

──だからというわけではないと思いますが、今回の『夜更けの太陽』はとっつきやすい面もあり、いろんなつばきの表情を窺うことができて、まさに10周年の節目にふさわしい作品になったんじゃないかと思ったんです。アルバムタイトルの『夜更けの太陽』は意味深で、他の曲にも『太陽』『夜更けの旋律』『震える手、光射す部屋』『夜が明けるまで』という感じで、暗いところから明るいところへ飛び出していこうとする様子が表されているのではないかって。タイトルにはどんな意味があるのか教えて下さい。

一色:基本的には今回のアルバムは、前向きになれるような作品にしたいと思っていて、これは毎回思っていますけど、特にそういう思いは強かったです。それは自分たちでやり出して、応援してくれる人がいて、見に来てくれるファンの方とか、自分もすごく感謝するし、そういう人に前向きになってもらえるような曲が歌えたらと思ったんです。

──人に伝えたい気持ちって強くなった、と?

一色:うん。ちょっと背中を押してくれるような曲をストレートに歌われると、心に響くなというのは思います、最近。

──個人的な話なんですが、最近心がすごく弱っていて、自分の心境もありましたけど、このアルバムに背中を押してもらえたところもありましたし、すごくグッと来るところが何度もあったんですよ。だから、こういう曲に出会えて良かったなって純粋に思いました。

一色:僕もいろいろな曲を聴いていて、この曲のここが心に響くなと思いながら聴いてることが多いんです。自分もそういう曲が歌えれば良いなと言う気持ちもありましたし。

──『声の行方』は、しばらくほったらかしにしていた曲だったけど“気持ちはいつも空回って 誰かと比べ消えたくなって〜”というフレーズに自分でグッと来て、再度アレンジされたそうですが、歌詞を作る時はこのフレーズを活かすためにどう膨らませていこうか、という手法なんですか?

一色:全部が全部ではないですが、そういうこともあります。このワンフレーズが好きだなっていう。

──ちなみに、自分が聴いてきた曲で一番グッと来たフレーズってどんなものですか?

一色:いっぱいあるんだけど何ですかね。今度一緒にツアー回りますけど、ウラニーノの歌詞はすごく良いです。それと…(ここで取材場所に偶然LOST IN TIMEが現れる)ロストとかもグッとくるフレーズいっぱいありますよ。僕が好きなのは『26』だったかな。挙げたらキリがないぐらいたくさんあります。

──今回つばきの曲の中にもグッと来る歌詞がたくさんあって言い切れないですが、歌詞の流れもすごく良いですよね。1曲で抑揚がはっきりと付いていて、ドラマ性があって、聴く側の気持ちも詞の世界に引き込まれていくんですよ。「あ〜あ」という気持ちを感じさせつつ、最後には気持ちが上がっていくような歌詞の流れ方で、よく出来てるなって思ったんです。

一色:ずっとポジティブな言葉を並べるってあまりやらないですね。いろんなことがあるけども前を向いて歩いていけたらいいなって。

──今回も全ての曲の作詞作曲は一色さんですよね?

一色:作曲はつばきになってますけど、基本は曲も俺が作ってみんなで合わせていくという作業です。

──みなさんと合わせる事で、最初のイメージとは変わったという曲はありますか?

一色:『声の行方』とかは変わりましたよ。ミックスの段階でだいぶ変わりました。

──『夜更けの旋律』のような、キメがすごく多い曲はみなさんのやりとりの中で?

一色:そうです。アレンジする時に決めていきます。

──この曲は資料の中で、キメが多いからライブでやる時忘れるんじゃないかと今から少し不安だと書かれてましたが…。

一色:キメを忘れることはない…とは思いますけどね(笑)。ライブで確認しに来て下さい。





自分がやりたいことを一生懸命やる

──あと今回打ち込みを何曲か使った曲がありましたけど、今までってそういうアプローチの仕方ってしていたんですか?

一色:ちょこちょこやっていました。ただ今回は、前に比べて使った感じはしています。家で作業ができるようになったので、家でしっかり作ってからスタジオに持っていくんです。打ち込みは全て家で作ってます。

──9曲目の『夜が明けるまで』は、最初の部分は同期と歌だけの構成になっていますが。

一色:ギターも少し入っていますけど。その構成を考えて持っていって、こんな感じって。

──ライブでは生ドラムになるんですか?

一色:これからどうしようか考えていくところです。PCを同期させても良いですし。この曲は、最初ギターと打ち込みのドラムが入っていて、生ドラムにスイッチするという曲になりましたけど、それをライブでも表現したいと今は思ってます。生ドラムで最初から始めたら、この感じを出せないんで。もちろん音源が全てではないので、ライブはライブバージョンにアレンジするかもしれませんけど、まだライブではやっていないのでわからないです。

──『雨に涙目』から『夜更けの旋律』の流れも良いですが、シンセが繋がっている感じもハッとさせる部分ではありましたね。

一色:『雨に涙目』のピアノのフレーズは、『夜更けの旋律』にも使われていて、インタールードを作ろうと思ったんです。『夜更けの旋律』のピアノのフレーズをスタジオで流しておいて3人でセッションした曲が『雨に涙目』。そのまま『夜更けの旋律』に行くのはどうかなと思って、それに繋がるような曲を作ろうって作った曲なんです。

──プロデュースはセルフですか?

一色:そうです。昔はプロデューサーさんに入ってもらった事もありますけど、基本は自分たちでやっています。自分たちでアレンジをやっていて何をやっても全然変わらないなということがあったら、アレンジャーに頼むことはあるかもしれないけど、今回のアルバムは自分たちで全てやるって決めていたんです。誰かにお願いしようという気持ちはなかったですね。

──今後こういう曲にチャレンジしてみたいとかは?

一色:今は自分たちの良いところというか、ストレートに良い曲が書ければいいなと思っていて、新しいこういうサウンドをやってみたいというのは特にないんですよ。自分が最高だと思えて、聴いてくれた人に良い曲だと思ってもらえることが一番です。

──では、一色さんが思うつばきらしさってどんなものですか?

一色:それは、言葉では説明しにくいけど、今回のアルバムで全部出せたという感じがしています。歌が立っているというか、自分にしか歌えない歌だと思うし。

──これまでの10年のバンド活動は、一色さんにとってはどんな10年でしたか?

一色:あっという間でした。いろいろな経験をさせてもらいましたし、それが今の活動に繋がっています。11年目に入りましたけど、今は目の前のことをやっているだけなんです。自分が音楽をやりやすい環境にいるだけで、音楽をやりたいからやっているし、常に目の前のことを一個一個やっていたら10年が経っていて、11年も同じだと思う。自分がやりたいことを一生懸命やるのが一番ですよ。

──このペースでバンドを続けたい?

一色:はい。

──今年は、最初にお話したように毎月10日にライブをやって、それ以外にもイベントに出演されたりと充実されていると思いますが、残りの半年も毎月10日に自主企画をやり、あっという間に終わってしまいそうですね。

一色:今年は、駆け抜けるだけです。今、つばきとして活動をしていることがすごく楽しいんですよ。



LIVE PHOTO BY:小川舞



夜更けの太陽

UKCD-1130 / 2,625yen (tax in)
全国レコード店にて発売予定
8.04 IN STORES
UK.PROJECT inc.,

1. 太陽
2. 声の行方
3. いたい
4. 震える手、光射す部屋
5. バス停前
6. 秘密
7. 雨に涙目
8. 夜更けの旋律
9. 夜が明けるまで
10. 僕だけの季節

★amazonで購入する

Live info.

8.05(thu)大分T.O.P.S
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」 〜夏のツアー編〜
w)No Regret Life / ircle

8.06(fri)小倉FUSE
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」〜夏のツアー編〜
w)No Regret Life / ircle / Herish / Memories art Hill

8.08(sun)広島ナミキジャンクション
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」 〜夏のツアー編〜
w)LOST IN TIME / No Regret Life / ircle

8.10(tue)松山サロンキティ
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」vol.8 〜夏のツアー編〜
w)LOST IN TIME / No Regret Life / ircle

8.21(sat)代官山UNIT
e-sound speaker presents OTOTOIRO拾
w)e-sound speaker

8.23(mon)新宿MARZ(一色徳保 弾き語り)
0632レコ発 tour final
w)PARANOID RHYTHM SECTION / LoungeGate / SEAKET / and more!!

9.06(mon)HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
RADIO BERRY ベリテンライブ2010 #4
w)Dirty Old Men / and more!!

9.10(fri)新宿LOFT
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」vol.9 〜VS編〜
w)藍坊主

9.10(fri)新宿LOFT ※深夜イベント
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」〜誕生日編〜 with friends
【LIVE HALL(エレクトリックライブ)】:ghostnote / John.B & The Donuts!(つばきメンバーがサポート予定!)
【BAR HALL(アコースティックライブ)】:ウラニーノ / yoheyOKAMOTO / and more…!!
【DJ】:マスザワヒロユキ(テルスター / ザ・ガールハント) / and more…!!

9.23(thu)大阪福島LIVE SQUARE 2nd LINE
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」〜響き合うココロの旋律〜
ワンマンライブ!!

9.26(sun)福岡DRUM SON
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」〜響き合うココロの旋律〜
w)ウラニーノ

10.02(sat) 名古屋 ell.SIZE
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」〜響き合うココロの旋律〜
ワンマンライブ!!
10.10(sun)仙台PARK SQUARE
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」vol.10 〜夜更けの太陽編〜
w)e-sound speaker

10.23(sat)広島ナミキジャンクション
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」〜響き合うココロの旋律〜
w)ウラニーノ

10.24(sun)松山SALON KITTY
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」〜響き合うココロの旋律〜
w)ウラニーノ

10.30(sat)代官山UNIT
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」〜響き合うココロの旋律〜
ワンマンライブ!!

つばき official website
http://www.tsubaki-net.com/

posted by Rooftop at 15:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。