ギター バックナンバー

SCOOBIE DO('10年7月号)

SCOOBIE DO

よりエネルギッシュに、より歌謡テイストに
FUNKY4が鳴らす夏全開のサマーアンセム『何度も恋をする』!


 SCOOBIE DOが夏を目前にリリースするBRAND NEW ALBUM『何度も恋をする』。彼らにしては珍しい、日本語のタイトルにまず驚かされた。  今作は、胸キュン度2000%のサマーアンセム大全集!『太陽と女の子』の、夏の照りつける太陽のような明るさを持った曲から始まり、そこからはSCOOBIE DOならではの“Funk-a-lismo”なサウンドの波が押し寄せる。ブラックミュージックを根底にサウンドを鳴らしている彼らだが、ここ最近は“聴きやすさ”も追究し、歌謡曲としても充分に成立する楽曲となった。SCOOBIE DOほどのキャリアがあれば、緻密に作り込んだサウンドを鳴らす事はいくらでもできるはずだが、それを大衆的な楽曲へと変換し、聴く人を限定しないものとして作り上げられている。間口を広げ、より“歌謡”として普遍的な作品として聴き継がれていくことを想像させる1枚。
 今回も、SCOOBIE DOの作詞・作曲を手がけるマツキタイジロウ氏にお話を伺った。そして、前回に続きマネージャーとして同行したMOBY氏にもさりげなく話を伺うことができた。(interview:やまだともこ)


歌が良いに越した事はない

──アルバムタイトルが『何度も恋をする』ですが、最初の段階で“恋”をテーマに作ろうと思っていたんですか?

マツキ:いつも、コンセプトとか考えずに曲だけ作っていって、アルバムのボリュームぐらいになったところで、後付け的にこういうタイプの曲が多いなというところで、タイトルを無理矢理着地させる感じなんです。今回もご多分にもれずその方式で、出来上がってみたら夏っぽくて楽しい、いつものうちらの感じもあるんだけど、聴いていて切なくなる感じもあって、あまりそういうのってここのところやってないと思いまして、夏とか恋を入れたんです。恋って言っちゃうと気持ち悪いんじゃないかってみんなで言っていたんですけど、バンド史上日本語のタイトルのアルバムってなかったので、今回は『何度も恋をする』というタイトルにしてみようかって。もともと7曲目の『恋をした男子』のタイトルが『何度も恋をする』だったんですけど、別のタイトルにしたいと思っていて、でも『何度も恋をする』というのも良いタイトルだったので、アルバムタイトルで良いんじゃない? って話で(笑)。

──アルバムに入った以外にも曲はたくさんできていたんですか?

マツキ:アルバムに入らなかった曲を含めると倍ぐらい。その中から厳選したり、メンバーの意見も聞いたり。

──厳選するポイントは、どんなところだったんですか?

マツキ:聴きやすいものです。聴く人が襟を正して聴くとかにはならず、敷居が低いイメージがあった方が良いのかなって、なるべくわかりやすいものを選びました。

──そうは言っても、かなり緻密に作られたサウンドだと思いますが、それでも聴きやすさを感じるのは、そういうところだったんですね。

マツキ:バンドサウンドを味わって下さいというよりは、歌ありきという感覚なんです。もちろんバンドサウンドを含めての歌ではあるんだけど、歌が良いに越した事はないというか、メロディーが良いに越したことはないということを昨年1年は心のどこかで考えて曲を作っていたので、アレンジやレコーディングの仕方が自然と聴きやすい楽曲に向かっていったんだと思います。

──歌と言えば2曲目の『きれいなお姉さん』は、特にボーカルのコヤマさんの雰囲気に色気を感じて、恋をしてしまいそうだったんです。前作の『C.H.E.R.R.Y.』でも思った瞬間があって、今回はここに来たかと、そしてこのアルバムで何度恋をしたら良いんだろう、と(笑)。

マツキ:自分たちでやるようになってから3年間ぐらい、できたものをそのまま録るという感覚が強かったんです。でも最近のレコーディングは、サウンドの落としどころを見極めて作りたいと思い始めたので、歌い方だったり、歌の録り方だったりが曲に寄って行くというか。『きれいなお姉さん』は直接的にいやらしいことを歌っているわけではないんだけど、なんとなくいやらしい雰囲気はサウンド作りからも目指していたので、そう聴こえるのかもしれません。

──歌い方の指導みたいなものもするんですか?

マツキ:わりかし言います。シュウ君はどっちかと言うと癖がある方なので、なるべく言葉が聴こえるようにとはいつも言うんですけどね。それ以外は自分の考えたニュアンスで歌っているので任せています。

──また、『バンドワゴン・ア・ゴーゴー』などのコーラスは、バンドの一体感も特に感じますし、ライブでお客さんと歌っている姿を想像できますね。

マツキ:歌があるとはいえ、バンドがやる音楽なので、3人の楽器以外の声という部分もひとつの楽器だと思うから、それをうまいこと使いたいんです。掛け合い的なものを入れるだけでバンド感って出るものだと思っていて、サビを全員で歌うだけでもバンドの曲なんだなというのもあったりして、そういうことは意識的にやってます。曲が複雑になればなるほど、そういうものを入れてバンド感を残したいんです。

──なるほど。今回『太陽と女の子』は、アルバムの1曲目にふさわしい開放的な曲でしたけど、明るい雰囲気で始めようというイメージはあったんですか?

マツキ:景気よく始まりたいし、最後はある程度意味ありげに終わりたいし、考えているのはそれぐらいで、あとは聴きやすく並べていきたかったんです。3月にビクター時代のベスト盤(『Road to Funk-a-lismo! -BEST OF SPEEDSTAR YEARS-』)を出したんです。ベスト盤の曲の並べ方って、時代順に並べるとか売れた順に並べるとかありますけど、聴きやすい順に並べたら意外と良かったので、今回もその感覚で。だから、最初の選曲の時点で、ファンク的な要素もあるけど、聴きやすい曲が最後に残ったんです。

──最後は意味ありげに終わるというところで、最後の『イキガイ』は、以前インタビューした時に“歌詞で自分の気持ちをそのまま出したくない”っておっしゃってましたけど、今回は少し気持ちが出てきているんじゃないですか?

マツキ:わかりやすくはなっていると思いますよ。何の事についての歌なのかっていうのは、はっきりさせようと思っていたんですけど、最終的に判断するのは聴く側ですからね。ただ今回は『何度も恋をする』というところで、曲順通りに聴いていくと、最初は恋の意味が男女の恋だったものが、生きていく中で人にだけじゃなくて自分の職業だったりとか、趣味だったりとか、そういうものへの恋へと変わっていくような感じが出れば良いなと思ったんです。『イキガイ』は、まさに生きていく中で見つける恋を歌っている気がして、これは最後にしたほうが物語が繋がるのかなって最後にしたんです。後付ですけどね(苦笑)。でも『イキガイ』という曲が出来た時に、それは何か意味があるんだろうなっていう思いもあったんです。そしたら、これが最後なのかなと。頭と最後だけ先に決まっていて、あとはどうしようかって。そしたら、聴きやすく、物語が進む感じで作っていけました。



時代が過ぎても聴く意味があるもの

──今回は全体的に“恋”だったり、『ロールオーバー14歳』という曲があったり、マツキさんは中二病なんじゃないかと一瞬思うところがありましたが…。

マツキ:中二病というよりは、男子感ですね。男のしょうもなさというか、大人になってもどうしようもない感じが、自分が表現しようとした時に出てきてしまうところで、それを突き詰めて考えていくとブルース感に繋がっていくのかなという気がしています。そういう感覚を持っているから、ある出来事に対して悲しく捉えたりとか、諦めたり、いろいろな感情があると思いますけど、それが自分の中ではブルース感なんですよ。男の人のやせ我慢とか強がりとか、それを中二病と言ったらそうかもしれないし、僕は男子感だと思ってますけど、そういうものが表現したいんだと思っています。

──歌詞で歌われている中高生ぐらいの時の女子を見ただけでドキドキしちゃう感じとか、今の年齢のマツキさんがこれだけのドキドキを表現するというのも意外でしたし。もっとシュッとした感じがあったんですよ。

マツキ:こっちが本当の我々というか(笑)。シュッとしたフリはしていると思いますけど、そんなことないんです。30半ばぐらいになって、かっこつけすぎていてもボロは出るし、それはブルース感には繋がらないんですよ。表現したいことに繋がらない。どうしようもないことに対して向かっていく感じというか、そういう自分の中のブルース感みたいなものがSCOOBIE DOの本命の部分だと思っているんです。それを突き詰めて考えていくと、強がりなのかもしれないんだけど涙を見せずに歩いていく感じとか、どこか情けなかったりおかしかったりもするんだけどそれが説得力を持つ佇まいになっているとか、スーツバンドではありますけど、そんなにクールさみたいなものを求めていないんです。どっちかと言うと、かっこ悪いかもしれないけどやせ我慢をしてる姿だったりとかが自分としては好きなんです。でも自分の中では、昔と言ってる事とか書いてる歌詞とかは、あまり変わってないという感覚なんですよ。『きれいなお姉さん』でも、ここで全部をさらけ出しましたということはなくて、バンドを組んだ時から一貫して変わってない気はしているんです。

──ちなみに、マツキさんってどんな中学生だったんですか?

マツキ:僕は中学までは人気者系でした(笑)。野球がすごく好きで、その頃は面白い事をみんなの前で言うキャラだったんですよ。高校になってからは野球も辞めちゃいましたし、音楽とか自分の世界にどんどん入っていった感じですね。中学まではわりと開いていた感じです。

──それって、小学生時代のコヤマさんがみんなの前に立つと張り切る感じと似てるんですか?

マツキ:シュウ君のほうがそれがあった。シュウ君は運動ができるわけじゃないんだけど、学校で一番面白い人っていう感じだったんです、中学までは。それから同じ高校に行ったんですけど、2人だけ笑いのセンスが上がり過ぎちゃっていて、高校の中で面白いと言われている人を見ても全然面白くない。でも、その面白くなさが俺ら2人にしかわからないというか…。それで、その世界には馴染めなくて、レコードを交換しあったりとかばかりやってました。

──中学生の頃から音楽は聴いていたんですよね?

マツキ:小学校ぐらいですね。お兄ちゃんが2つ上なんですけどバンドブームにかぶれていて、その影響もあって中学生ぐらいの時には、ポール・ウェラーのTHE JAMを全部コンプリートしてました。だから、話せる友達がいなくて野球は一緒にやるけど家に帰るとTHE JAMを爆音で聴いていたり。高校に行っても音楽をわかる人がいなかったので、シュウ君に自分で編集したテープを無理矢理聴かせて、シュウ君はYMOとか好きだったので聴かせてもらって、ちょっとずつ音楽好きにさせていったんです。

──小さい時からそういう音楽を聴いていたことによって、リズムの取り方もそうなんですけど、楽曲を作る時に自然と滲み出ているものってありません?

マツキ:でも、今回はリズムの複雑さで聴かせると言うよりは、歌謡曲のつもりで作っていったんです。僕らが子供だった頃にトップテンとかベストテンで流れていたような、少年隊や安全地帯とかは今聴いてもすごく良いと思いますし、メロディー的なルーツはその辺なんだなって。今回はその辺の感じに近づけたいという感じでやってはいました。最終的には、これを聴いて元気になりますとか、持っている痛みを共有してくれている音楽だとか反逆の音楽だとかではなくて、特別な効能があるわけではないけれど、ずっと聴いていたい音楽であれば良いなって思います。

──以前、世代関係なく歌える曲を作りたいとおっしゃってましたが、その部分ですよね。

マツキ:ただ、それは常に思っていることではあるんですけど、実際作っている時はそこまで思っていないんです。でも、ずっと残っていくものというか、10年後20年後にも廃盤になってないというか、誰かが見つけ出して聴いてくれる…。そういうエヴァーグリーンなものを作りたいなとずっと思っているんです。パッと聴きの派手さを追究したものではなくて、時代が過ぎていっても聴く意味があるもの。そうすると究極的には歌なんですよね。歌えるもの、覚えやすいものをということをウダウダ考えながら作ってましたね。

──曲は、マツキさん1人で作られるんですか?

マツキ:はい。作っていったものをスタジオに持っていき、リズムはこんなでベースはこんなでって伝えていきます。

──そこからもっとこうした方が聴きやすいみたいなアイディアは出てくるんですか?

マツキ:あんまりないよね。

MOBY:この感じは違うというのは前はみんな言ってたけど、最近はほとんど言ってない。基本的にマツキタイジロウがソングライティングしたものをバンドでやるというのがスタイルになってます。

マツキ:一回録って持って帰って聴いてみて、イマイチだと思ったらメロディーとか歌も全部自分で変えて来ちゃうんです。なぜ直すかというと、上手く叩けないとか弾けないとかなんですけど、それは曲が良くないんです。『バンドワゴン・ア・ゴーゴー』はそうやって直していった曲です。今までは変える作業もみんなでやっていて、なかなか変わらないからボツになることが多かったんです。でも、自分で感じて直した方が早いと、ここ何年かで気付いて、だから次スタジオに行ったらここ変えちゃったよっていうやりとり。そのほうがスムーズだし、曲も良くなっていくから。大筋は作った人が主導権握っておかないと、落としどころがわからなくなってしまいますからね。だから、バンドのアレンジで煮詰まることはあまりないです。この方が、楽曲が生きる。俺はこれがやりたいんだということじゃなくて、やってバッチリ来たということだったら、この曲はこういう曲だったんだというところで決着するというか…。より楽曲重視になってきたんです。楽曲が呼ぶものを突き詰めていくという感じです。




聴いてくれた人が同じように感動してくれたら嬉しい

──エンジニアは前回と同じくピースミュージックの中村宗一郎さんですが、今回はどうだったんですか?

マツキ:前回は極論を言えば、「僕らは演奏するので良い音を録ってください」というレコーディングでしたけど、今回は60年代とか70年代初期ぐらいまでの古くさい音にしたかったんです。アナログのぬくもりがあるサウンドにしたいということを伝えて、そしたら楽器をヴィンテージとか古いものにしようって、ドラムを古いものに変えて、スタジオにあるギターを使って、古いアンプを使い、先にサウンドのキャラ決めをしてからレコーディングに臨んだんです。鳴らす段階で、サウンドに対して落としどころが決まっていたので、昨年ほど煮詰まらずに行ったという感じですね。楽器を変えて同じ曲を録るみたいなことをよくやるんですけど、今回はテイクもたくさん録れて、けっこう選べましたし。

──今回もスタジオには、12時〜20時で?

マツキ:13時〜20時ぐらい。諦めがつくから効率がいいんですよ、時間来たから帰ろうって。

──その期間内で、みなさんの意識の摺り合わせもしていくわけですよね?

マツキ:このバンドのこの音にしたいというのがあまりないので、とりあえずこんな感じでって中村さん含めてイメージを摺り合わせて行きます。あとはやってみて良ければそれでよいという感じなんです。それが楽曲が呼んでいる音ですから。

──中村さんは、ゆらゆら帝国やBORISなどを手がけてますが、その感じとSCOOBIE DOは違いますよね?

マツキ:そうなんです。だから、『何度も恋をする』って爽やかでピースミュージックっぽくない楽曲だと思うんです。だけど、こういう爽やかで歌謡なものがピースミュージックから生まれるというのが俺は面白いと思うんですよ、これは新しいですよって中村さんに言い続けたら乗ってきて…。

──染め上げた感じですね。

マツキ:それで、マスタリングまで粘ってくれたりして、一度マスタリングが終わって完成ってなったんですけど、翌日電話がかかってきて、「もう一度だけ試させて。もうちょっとマスタリングをやってみたい」って。やりきった感があります。

──中村さんのほうがこだわり出しちゃったというか…。

マツキ:あれ?って(笑)。でも、出来上がってすぐってあまり聴かなくなってしまうんですけど、今回は割と聴いてます。

──ところで、『バンドワゴン・ア・ゴーゴー』は、頂いた資料にはチャンプ号(SCOOBIE DOの機材車)で津々浦々した全国のおいしいものが書かれていまして、MOBYさんのtwitterでは毎日のように食べ物の写真が載ってますし、けっこう食べ歩きをされるんですか?

MOBY:ツアーの時は、スケジュールの行程を崩さない程度に行きますね。

──全国でこの店のこれがおいしいなど、どこがお薦めとかあります?

マツキ:どこの街もおいしいものはたくさんありますからねぇ。街で言えば札幌が一番好きです。ラーメンやスープカレー、ジンギスカン、魚介類もおいしいし、人が良いですね。土地が広いというのもありますけど、すごいのんびりしている。そういうのが好きなんですよ。東北はMOBYが詳しいです。

MOBY:青森に煮干しで出汁をとっているラーメンがあって、すごく魚臭いんですけどおいしいんです。煮干しの袋を開けた時のニオイがラーメンからするんですけど(笑)。それと、名古屋の味仙という中華屋はバンドの人たちはけっこう行きますね。四国だと高知は、かつおのたたきとか豪快でおいしいものがある。福岡もおいしいものがたくさんありますね。札幌と福岡を嫌いな人はいないですよ。

──でも、それだけ全国各地に行かれていると、1年のうちのほとんどは家にいないんじゃないんですか?

マツキ:年間で日本を何周かはしていますからね。3分の1ぐらいは家にいませんね。

──今回も8月から年末までビッシリとツアーが決まっていて、1年があっという間に過ぎそうですが、これだけライブやツアーをやって、よく曲が作れますね。

マツキ:曲は日常生活の一部みたいな感じで、時間があったらギターを触ってなんとなく断片だけでも作ってるような感じなんです。常に曲を作るという気持ちでいるというのが自分には大事で、そうするといつか出来るんです。すでに次の曲もいろいろ作ってはいるんですけど、なかなかできないですね。このアルバムに入らなかった曲も何曲かあるし、これから作る曲もあるし。自分の気持ちの貯金は増やしていこうと思っています。

──最後の曲が『イキガイ』だったので、次はこんな感じになっていくのかなという思いもありつつ…。創作欲求は常にあります?

マツキ:CDや昔のレコードを聴くのが好きなんです。そうするといろいろと発見があって、最近はその中にちょっとでも俺が好きなものってないかなって思って探して聴いているから、出会えた時に感動があるんです。こういう曲があるんだって。それで、じゃあ俺ももっと良いって思われる曲を作りたいって思いますし、それができた時の感動を味わいたいんです。曲を聴いて味わった感動が自分のツボの部分だと思うんですけど、そのツボをもっと探りたい。それで自分が良いなと思う曲ができた時ってすごく嬉しいし、それを聴いてくれた人も同じように感動してくれればもっと嬉しい。そういうことの繰り返しのような気がしています。お客さんから、こういうものを聴きたいというのもあるし、その期待に応えようと思っているけれど、需要の部分だけで曲を作るのは嫌だなと思っています。考えてみるとそうやって作った曲ってないんですよ。メジャー時代も含めて。自分が納得した曲しか結局やってなかったかな。それもバンドの性なのかという感じもしています。

──では、メジャーを離れたりして、今はさらにやりやすくなった感じってありますか?

マツキ:メジャーはリリースのレールにある程度乗らないといけないし、こういう曲を作らないと…というのもあるんです。でも、自分としては良いと思ったものだけを出し続けていくのがベストだと思うから、そういう意味ではリリースが1年に1枚というのはやりやすいと言えばやりやすいですね。結局は自分で判断していけるから、今はすごく良い形で出来ていると思います。今年、何かしらの形でもう1枚出せたらと思っていますし。



何度も恋をする

HICC-3008 / 2,625yen (tax in)
7.07 IN STORES

★amazonで購入する
★iTunes Storeで購入する icon

Live info.

『何度も恋をする』レコ発ワンマン
7/15(木) 名古屋OYS
7/17(土) 十三FANDANGO
7/19(祝) 下北沢CLUB Que

イヴェント
7/25(日) 清水ark soundshower
7/26(月) 宇都宮Heaven's Rock
7/28(水) 高崎CLUB Fleez
8/06(金) 「ROCK IN JAPAN FES 2010」
8/19(木) 新宿Red Cloth
8/21(土) 青森「夏の魔物」

TOUR「Funk-a-lismo! vol.6」
8/04(水) 千葉LOOK(ワンマン)
9/12(日) 代官山UNIT「Root & United vol.14」
9/17(金) 旭川CASINO DRIVE
9/18(土) 帯広REST
9/20(祝) 函館Cocoa
9/22(水) 青森QUARTER
9/23(祝) 秋田CLUB SWINDLE
9/25(土) 盛岡CLUB CHANGE
9/26(日) 福島Out Line
10/02(土) 浜松メスカリンドライブ(ワンマン)
10/03(日) 福井CHOP(ワンマン)
10/08(金) 長崎DRUM Be-7
10/09(土) 熊本DRUM Be-9
10/11(祝) 鹿児島SRホール(ワンマン)
10/13(水) 大分T.O.P.S(ワンマン)
10/15(金) 松山SALON KITTY
10/16(土) 岡山Crazy Mama 2nd Room
10/27(水) 横浜CLUB Lizard
10/30(土) 京都磔磔(ワンマン)
10/31(日) 高松DIME(ワンマン)
11/02(火) 福岡DRUM SON(ワンマン)
11/03(祝) 広島Cave-Be(ワンマン)
11/06(土) 金沢VanVanV4(ワンマン)
11/07(日) 長野LIVE HOUSE J(ワンマン)
11/13(土) 仙台PARK SQUARE(ワンマン)
11/14(日) 新潟CLUB RIVERST(ワンマン)
11/21(日) 名古屋CLUB QUATTRO(ワンマン)
11/23(祝) 大阪・梅田Shangri-la(ワンマン)
11/27(土) 東京・LIQUIDROOM(ワンマン)
12/05(日) 米子laughs
12/11(土) 札幌cube garden(ワンマン)


年内にトークライブ第二弾が阿佐ヶ谷ロフトAで決定!! 詳細はオフィシャルサイトにて。

SCOOBIE DO official website
http://www.scoobie-do.com/

posted by Rooftop at 12:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。