ギター バックナンバー

NUMBER.42('10年6月号)

NUMBER.42

“ENJOY PUNK ROCK”を貫くために心がけていること
パンクロックの伝道師・DJ-namijinの秘められた思い


 DJ-namijinが42歳で始めたカバーパンクバンドNUM42を封印し、オリジナル曲を聴かせるNUMBER.42を結成した。そしてついに1st.アルバム『PUNK ROCK NEVER DIE』がロックの日である6月9日にリリース!! 敬愛して止まないラモーンズの新曲を作っている気分で、8ビートのシンプルなパンクロックチューンを聴かせる本作。
 常にポジティブシンキングを心がけるDJ-namijinから放たれる歌詞は、照らし続けてくれる太陽のように明るく、DJ-namijinそのもののようで聴いていて気持ちが良い。不況だのなんだのと暗いニュースが流れる中、実はこういう音楽って必要とされているんじゃないかと思う。  今回は、バンドのベース&ボーカルで全曲の作詞&作曲を手がけるDJ-namijinにお話を伺った。パンクロックの伝道師として生きる彼は、今どんなことを考えながらバンドに取り組んでいるのだろうか。(interview:やまだともこ)


年齢関係なく好きなものをやり続けよう

──アルバム『PUNK ROCK NEVER DIE』の対訳を読みながら聴かせて頂いたんですが、言いたい事が一貫してますよね。それがいつものnamijinさんらしいというのはすごく感じたんです。私、英語が得意ではないんですけど、聴こえてくる“ENJOY”とか“PUNK ROCK”とか単語もわかりやすいですし、トータルとしてnamijinさんのポジティブさがすごく出ている作品だと感じましたよ。

「2曲目に入っている『LET'S GO ENJOY PUNK ROCK』がNUM42の時からある曲で、言いたい事はこの1曲に詰め込んであるから、本当はこの1曲だけがあれば良かったぐらいなんだけど、それをちょっと広げてアルバムにしたんだ。NUM42時代の唯一のオリジナル曲が『NUM42のテーマ』で、アルバム出す毎に『〜テーマ1』『〜テーマ2』ってなって、メロディーが変わったり英語になったり日本語になったり、その続きとなる予定だったのが『LET'S GO ENJOY PUNK ROCK』。だけど『NUM42のテーマ』とは違うオリジナル曲にしたいなと思って。だからこの1曲がNUMBER.42というバンドの原型になったと言っても過言ではない。これが俺がやるべきオリジナルのスタイルなんだと思えて、こういう曲ばっかり作ろうと思ったんだよ」

──確かに近い雰囲気の曲が多いですよね。歌詞には、“パンクロックは永遠”や“パンクロックを楽しもうぜ”というフレーズが多く見られましたが、年齢とか関係なくこれだけ楽しいことをやれてるよということを提示したいというのはありますか?

「それが一番だね。やっぱり自分がHEADROCKのイベントをやっていて一貫して伝えたい事は、実年齢に関係なく好きなものをやり続けようよってことなんだよ。人に言ってるようで、自分に言ってることでもある。好きなものを続ける、好きなものが見つかったらチャレンジする、それはいくつになってもやるべきだろうって。自分にとってはその生き方を集約した言葉が“ENJOY PUNK ROCK”であり“HEY HO LET'S GO”なんだよ。“HEY HO LET'S GO”はラモーンズの借り物だけどね。僕はパンクロックのDJとして、オーガナイザーとして、パンクロックの伝道師として生きていくという使命を自分自身に課したんだよ。ラモーンズが1975年ぐらいに作ったパンクのスタイルに感化されてバンドを始めた人間なので、人生をかけて伝えたい。NUMBER.42はオリジナルバンドではあるんだけど、ラモーンズだったり、初期パンクロックの功績であったりを、自分を媒体として世の中に伝えたいと思ってる。『1974』という曲でも歌っているけど、自分にとってパンクロックの一番大きな役割は、簡単な3コードさえ弾ければ誰でも表現者になれたってこと。ステージとフロアの間にあった垣根をぶっ壊してくれたのがパンクロックだったんだよね。で、一番わかりやすいスタイルをやっていたのが、自分にとってはラモーンズだった。ギターソロがないというのは大きかったよ。それまではギターソロって必ずあったんだけど、楽しくなかったから(苦笑)。だからこそ、パンクってパーティーミュージックだと思うし、みんなで楽しもうぜという音楽だと思うんだ。俺もテクニックよりはどっちかと言うと人間性とかメッセージ性とかを強く見たいと思うので、技術者みたいなところを見せられても…。だから、このアルバムでは、いろんなリズムパターンとか曲調はできるけど、敢えて絞ってやりたかったんだよ」

──8ビートが多いのもそういう理由で?

「そう。世の中いっぱいバンドがいるし、自分は原点回帰じゃないけど、いろいろやってきて自分が一番好きなのがこれだなとしつこいぐらい出して、1枚でもうたくさん!っていうぐらい押し通したいって思ったんだ。まあ、その割にはバリエーションに富んだ気はするけどね」



ポジティブに生きるには努力がいる

──音を重ねたりするバンドって多いと思いますけど、そうではなくて3人でやれる音で作っていったんですか?

「ポップでラウドなロックンロールを追究していくなら、必要最低限の音数で、これだけできるだろうって」

──ということは、レコーディングは意外とすんなりできたんですか?

「昨年の夏に4日間でレコーディングとミックスとマスタリングまでやっちゃった。みんなバラバラで録ったんだけど、ドラムもベースもギターも歌もほとんど一発」

──でも出来上がってからは、だいぶ時間が経ってますよね? 確か、一度聴かせて頂いたのが1年近く前だったような気がしますが。

「一旦完成して1年間寝かしといたの。発売のタイミングを伺っていたのと発売元を探していた。そしたら、KANちゃん(株式会社アンダーフラワー・アパートメント代表取締役・田中謙次氏)が“良かったら出しましょう”って言ってくれて、それなら“プロデューサーになって、ミックスからやり直してくれない?”って。1回ミックスまで戻って作り直してもらって、ミックスとマスタリングをKANちゃんスタッフにやってもらって完成した」

──けっこう直したんですか?

「元よりも音が荒々しくなったかな。KANちゃんには、かなり安心して任せられたね。だから立ち会ってなくて完全にお任せ。前は自分がレコード会社のディレクターで、KANちゃんは出入りしている事務所の社長だったから、まさかこういう形で一緒にできるとは思ってもいなかった。ジャケットもイメージを伝えて、あとはKANちゃんに作ってもらったし、本当にコラボという感じで楽しかったよ。だから、あの時に焦って出さなくて良かったなって。ヘッドロックカフェ(高田馬場にあるnamijinさんが経営するバー)を開くタイミングだったから、開店前にレコーディングしておこうという発想で急遽夏にレコーディングして、リリースのタイミングはゆっくり考えようって。今は市況が良いわけでもないからね」

──世の中的にも状況は良くはないですけど、このアルバムでは楽しいことを楽しいってストレートに伝えられるから、すごく響きますよね。

「まあ、決意表明かな。『PUNK ROCK NEVER DIE』はパンクは死なないという意味もあるけど、俺達くたばらねえぞって意味も含んでる。でも、楽しく居続けるとか笑顔で居続けるって大変なことなんだよ。ポジティブに生きるというのは努力がいること。そういなければと自分も鼓舞してるんだよ。ENJOYとか笑顔とかって言うから、ちゃらちゃらした感じと取る人もいるけど間違いで、心が強くなければできないんだよね」

──だから、namijinさんがいつも明るく振る舞う感じは、尊敬しているところでもあるんですよ。

「ありがとう(笑)。もともとそういう人間だというのもあるけれど、正直、頑張ってるよ。悩む時もあるけど、ここで笑顔を出さなければ自分が負けだと思うんだよね。右手の甲に太陽のタトゥーを入れたのも、これからの人生を太陽として戦い抜くって思っているからなんだ。太陽はギブ&ギブでしょ。そういう存在であり続けたい。HEADROCKというブランドを背負ってるのも、ENJOY PUNK ROCKって言葉を掲げて活動しているオーガナイザーも世の中に俺一人だから、自分しか背負えない使命感を背負ってるという感じはあるかな」

──そんなnamijinさんでも、『THE SONG ABOUT HATERS』では、けっこう毒づいてると思いましたけど。

「この曲はどうしても入れておきたかった。元々パンクロックって、怒りや不満をぶちまける音楽ジャンルだったし、1曲ぐらいはこういう曲があっても良いんじゃないかなって。誰にでも許せないヤツって、1人や2人はいるでしょ? 俺はね、殺人、強姦、暴力、詐欺とか、非人道的な事を平気でできる人間はもちろん許せないんだけど、人の噂話とか陰口ばかり言いまくる人種がとにかく大嫌いなんだ。陰で言ってる事って、大体本人の耳にも入ってくるもんだしね。『LET'S GO ENJOY PUNK ROCK』も実は、ある怒りをぶつけた曲なんだけど、多分歌詞からはわかりづらいから、この曲ではとにかくわかりやすいように。生きていればいろいろあるだろうということを、この曲では素直に出してみたんだ。ただ、怒りの気持ちばかり出したら俺の趣旨に反することになっちゃう。こういう曲がバランス的に12曲中1曲ぐらいあっても良いかな。まあ、これが俺の人間としてのバランスだとも思うんだよね」

──9:1ですね。

「ほんと、そんな感じ。でも実際は怒りの気持ちのバランスは1よりももっと少ないと思うけど」

──namijinさんでも怒るんだなという感じはありましたね。

「俺、どこかで聖人君子みたいなイメージを持たれてるみたいですけど(笑)、人間だから完ぺきじゃないところもあるよということもあって入れた。『THE SONG ABOUT HATERS』はリアクションが楽しみなんだ。その次の『WHERE'S MY BOOZE?』はまたオバカな曲になるでしょ? そういうバランス。この曲のイメージは打ち上げ会場で“ナミジンもう飲むなよ”って言われて、ビール隠されて探している場面。最近記憶なくすぐらい飲む事があって、ちょびっと反省してるんだよね(苦笑)」



悔いのない作品ができた

──そういえば『PUNK ROCK NEVER DIE』は、『ワールドプロレスリング』のテーマ曲として流れているんですよね?

「プロレス中継って、今や地上波では新日本プロレスしか放送されてないんだけど、そこにこっちから売り込んだの。僕は高校生の頃からプロレスとパンクロックが大好きで、当時の自分がまさか30年後にパンクバンドを組んで、自分で曲も詞も書いて、ベース弾きながら歌って、それがCDになって、新日本プロレスの番組のテーマ曲になるなんて夢にも思ってなかった。人生、何が起こるかわからないよね。こうしてステージに立ってたりとか、ましてや、自分の店を持つなんてことも。この店だって、SHON(ex.ニューロティカ/30% LESS FAT)との出会いがなければなかったわけだし。昨年SHONと“PUNK-A-HOLiC”というコラボイベントをやった時に“『PUNK-A-HOLiC』という曲を書こう!”って思い始めて。で、NUMBER.42組んで一番初めに書いたのが『PUNK-A-HOLiC』。当時SHONがやっていた五六という店名も歌詞に出てくるし、まさに、『SHONそして五六ありがとう!』という曲だね」

──あと、『THE HOLLY NIGHTS』は、“ジョーイが歌うラモーンズの新曲”をイメージして書いたんだと驚きましたが…。

「基本的には全曲ラモーンズに新曲を書くつもりで書いているんだけど、特にこの曲はジョーイのあの声で歌ってくれたら素敵になるんだろうなと思って書いているから、自分が歌ってるバージョンを聴いて本当はちょっとまだ不満…(苦笑)。俺の中でこの曲は常にジョーイが歌ってるイメージだから、俺が歌ってるバージョンはイマイチ(笑)。唯一この曲だけボーカルを何度か録り直した。当たり前だよね、ジョーイが歌ってるイメージしか頭にないから。だからジョーイ・ラモーンの歌マネが得意ですって人がいたら、ぜひ歌って欲しい」

──『AMAZING GRACE』が、まさかこうなるとは! とも思いましたけど。

「ちょっとサーフパンクみたいな単弦のギターソロを入れてみたいなと思って。ギターソロは単弦以外は弾かない。僕らのアレンジって、ラモーンズだったらここまでしかやらないでしょというのが一応の目安。後期のラモーンズはギターソロが入っていたけど簡単な単弦ソロだったから、たとえ弾けるとしてもそれ以上は弾かない。俺のバンドをラモーンズだと言われたら、それは最大なる褒め言葉。これを、ラモーンズを知らない人に聴いてもらいたいんだよ。知ってる人も、こういう解釈もあるかって。俺たちは、もっとおバカなことやってるし、90%脳天気なおバカって思ってもらって良いんだ。でも残り10%に、言いたい事はビシッと入ってる。俺的には今回のアルバムはアンセムソングだらけだと思っていて、『PUNK ROCK〜』『LET'S GO ENJOY〜』『IDIOT SAVANTS』『PUNK-A-HOLiC』は、定番のパンクアンセムを書いたという感じなんだよね。アルバムに1曲しか入らないテーマ曲を、4曲も入れちゃったというイメージだから」

──となると、このアルバムでかなり出し切った感はありますよね。今後はどうなっていくんですか?

「NUM42を組んだ時に英語のカバーを2枚、日本語のカバーを1枚を出したいと思っていて、そこまでは出来たんだよ。で、実はNUM42名義でオリジナルアルバムを出したかったんだけど、活動を封印しちゃったので形を変えてこうなったけど、本当に思い描く通りの展開なんだ。NUM42で楽器を持ってバンドマンとして人前に立とうという時に、思い描いた青写真がここまでで、ここから先のことはまだ考えてない」

──そこで想像したところまでは来たということですからね。

「パンクアンセムを何曲も作って、ライブで絶対にはずせない曲が何曲もあって、今の自分の生活パターンで行くと、ライブを年間に何十本もできないし、俺としてはこの1枚を大事にやり続けていきたい。ラモーンズだって、デビューしてから30年『電撃バップ』をやり続けたわけだし、それで良いかなって。アンセムソングって人生で何曲も書けるわけじゃないし、まあでも、無理して量産しようと思えばいくらでも作れるけど、今は相当満足していてやりきった感がある。よっぽど新しいテーマが出てきたら曲を作るかもしれないけど、今はこれを歌っていきたい。これ以上のことは今のところ思い浮かばない。無理に作らなきゃって思って、密度の薄いものを作りたくはないので。HEADROCKを始めてから、最初はイベントのオーガナイザーだけだったのに、DJやってバンドやって、レーベルを始めて、NUM42とTORNADOが同時に活動している時期があって、これ以上広げようがないと思ってたのに、お店が始まって、NUMBER.42を組む事になって、良い意味でこれから先の展開が全く見えない。NUM42とTORNADOをやってる時に、さすがにこれ以上の展開はないだろうと思っていたんだよ。でも、まさかの出来事は、きっとこれからもバンバン起きるんだろうね。少なくともこの1枚に関して言えば、曲、歌詞、伝えたい事、ジャケットの世界観を含めて、やりたいことをやり切ったよ」

──唯一『THE HOLLY NIGHTS』だけは…(笑)。

「そう(笑)。俺ね、自分の声は決して嫌いではないし、むしろ自分自身、個性的なボーカルだなとも思うし、割と自分で自分のボーカルが好きなんだけど、でもその反面、NUMBER.42のボーカルとして、俺以上に上手く歌えるヤツが現れたら、ボーカルで入れても良いと思ってる。俺は、別に自分一人だけ目立ちたいというわけでもないし。使命感で立っているだけだし。あと、自分がバンドでやってる姿を録画して見ると、ボーカルやらずにベーシストでやってる自分はかっこつけられるし、けっこう好きなんだよね(笑)」

──なるほど。でもこうやって話を聞いて、本当に満足のいく作品になっていることはちゃんとわかりました。

「本当に、何一つ悔いはない。だからもしこのアルバムを聴いてイマイチと言われても逆に諦めがつく。パンク好きには刺さると思うんだけど。パンクはこうだろって、頭が固い人には受け入れてもらえないかもしれないけどね。でもホントに悔いはないよ。メッセージ性から曲からバランスのあり方から、完ぺきなものができたぐらいに思っている。何回聴いても飽きないし、自分で聴いても楽しいし、愛着ありまくりだね。だから、満足しすぎてしばらくは曲を作らないと思う。NUM42は、自分がDJでかけられる音源を作れたという意味では悔いはない。今NUM42を封印しているとしても、DJ-namijinがNUM42が残した音源をDJでかければ済む話で、NUMBER.42はバンドでやりたいからDJではかけない。DJでかけて盛り上がる曲調でもないだろうし」

──今までやって来た事が全くムダになってない感じがしますね。

「ないね。NUM42がやれて本当に良かったと思っているし。こんなに楽しくて良いのかなって思うよ。ただ、唯一思ったほど売れてはないんだけど(苦笑)」

──でも本人が一番楽しんでやっているところが良いと思いますよ。自分が満足しないと人には伝わらないですから。

「“ENJOY PUNK ROCK"を貫き通すのは本当に大変なことだからね。そこに男気を感じてもらえたらと思う。そりゃ人間、落ち込むこともあるけれど、心に笑顔を持つ事が大事だよ。でも、だからと言って、頭に来る事を秘めすぎるのもよくないと思う。このアルバムは、俺なりの、ENJOY PUNK ROCKな生き方の提案なんだ。是非みんなに聴いてもらえたら!」



NUMBER.42
PUNK ROCK NEVER DIE

HRUF-001 / 2,100yen (tax in)
HEADROCK records / UNDER FLOWER APARTMENT
6月9日 全国のタワーレコードにて発売
※CD通販サイトPOSCAにて5/15、先行全世界発売!
予約受付中(送料無料)

01. PUNK ROCK NEVER DIE
02. LET'S GO ENJOY PUNK ROCK
03. GIMMIE GIMMIE SOME FUN
04. IDIOT SAVANTS
05. LET'S GET SUMMER FUN
06. RUN WILD FLY FREE
07. THE HOLLY NIGHTS
08. 1974
09. THE SONG ABOUT HATERS
10. WHERE'S MY BOOZE?
11. AMAZING GRACE
12. PUNK-A-HOLiC

Live info.

NUMBER.42デビューアルバム「PUNK ROCK NEVER DIE」発売記念!
ヘッドロックナイトVOL54

6月27日(日)高田馬場CLUB PHASE
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV.2000+D / DOOR 2500+D
http://head69.com

【BANDS】NUMBER.42 / FROM YOUTH / usual O.K. / PRINCE ALBERT / IDOL☆FREAKY / SETAGAYA BEACH DUB ALLSTARS
【HEADROCK DJ TEAM】DJ-namijin (HEADROCK/NUMBER.42) / 春太郎DYNAMITE (RUDE NITE) / YAMA-CHANG (696 addict/STINKY TRASH)
【FOODS】沖縄タコスター

ローソンチケット:0570-084-003(Lコード 70730)発売中
メール予約(info@head69.com) 6/26深夜24時まで受付

8月21日(土)渋谷LUSH
9月26日(日)新宿ACB HALL
10月11日(月/祝)新宿LOFT
11月23日(火/祝)CLUB CITTA'

HEADROCK official website
http://head69.com

posted by Rooftop at 12:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。