ギター WEB版よろず画報番外地

日本で初のCDジャケットでAR(拡張現実)amazarashi EP「爆弾の作り方」発表

amazarashi_a.jpg

 amazarashiのメジャー移籍第一弾EP『爆弾の作り方』(2010.06.09release.)に現在話題の技術、AR(拡張現実)が採用されたCDブックレットが封入されこるとが明かされた。
 2009年後半ころから、現実空間に電子情報を重ね合わせるAR(拡張現実)の技術は、メディアに取り上げられ注目される技術で、CDジャケットにこの技術が採用されるのは日本で初の試みである。
amz1.jpg
amz2.jpg
 amazarashiは、青森県むつ市在住の秋田ひろむを中心としたロックバンドで、昨年12月に青森で500枚限定で詩集付きEP『0.』をリリース。収録曲はiTunes Storeでも配信されていたが、CD購入はできないのかとの問い合わせが殺到し、今年2月に全国販売されメジャーへの移籍が先日報じられた。

なお、オフィシャルサイトにて、収録される『夏を待っていました』のPVのフル視聴が開始され、先行で『夏を待っていました』『無題』『爆弾の作り方』の3曲の着うたが配信された。

AICL2128.jpg
amazarashi
爆弾の作り方
2010.06.09 release.
詩集+AR付きブックレット封入

1 夏を待っていました
2 無題
3 爆弾の作り方
4 夏、消息不明
5 隅田川
6 カルマ

品盤:AICL-2128  価格:1529円(税込)

着うた
「夏を待っていました」
「無題」
「爆弾の作り方」
配信中

www.amazarashi.com
www.myspace.com/amazarashi_official
posted by やまとも at 12:32 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。