ギター バックナンバー

メロン記念日('10年4月号)

メロン記念日

デビュー10周年の節目に解散を発表した真意とは──
輝けるディケイドを共に疾走し続けた4人が語り尽くした本誌ラスト・インタビュー


 2月19日のデビュー10周年記念日に解散を表明し、5月3日の中野サンプラザでのライヴをもって解散するメロン記念日の本誌ラスト・インタビューをお届けする。10年間の軌跡を演技で魅せる舞台“メロン記念日物語〜Decade of MELON KINEN-BI〜”、ハロー!プロジェクトの盟友たちが大挙ゲストとして駆けつける“LAST MELON GREETING”、我が新宿ロフトでの最後のライヴ“LOFT LAST GIGS”、そして東名阪計4公演のファイナル・ツアー“MELON'S NOT DEAD”と、残されたわずかな時間を彼女たちと共有できる機会は思いのほか多い。インタビュー中、リーダーの斉藤 瞳はこれらの機会を“卒業式”という言葉で表現している。随分と長丁場な卒業式ではあるが、できることならその式が延々と続いて欲しいくらいだと個人的には思う。思うけれど、4人の総意であるという潔い大英断の事実は変わらない。長い夏休みもいつかは必ず終わるものだ。悲嘆に暮れる時間があるくらいなら、盛大な卒業式の数々を貪欲に楽しんだほうが賢明である。いたずらに延命させるよりもカットアウトの美学を貫き通した彼女たちの極めてロックなアティテュードには喝采を送りたいし、これまで華やかに本誌の誌面を飾ってくれたことに対してはこの場を借りてありったけの感謝の意を表したい。“LONG GOOD-BYE”(とこしえにさよなら)とは言わない。それよりも『めぞん一刻』よろしく“SO LONG! GOOD-BYE”(またね、バイバイ)だ。大団円はまだこれからなのだから。僕は今、メロン記念日という類い稀なる表現者たちの優美な終幕をあなたと等しく迎えられる歓びに打ち奮えている。(interview:椎名宗之)

pix by HISATO O-MI


この4人でこそのメロン記念日

──まず、近況から訊かせて下さい。舞台“メロン記念日物語〜Decade of MELON KINEN-BI〜”(3月17日〜22日)の稽古の調子は如何ですか。

斉藤 瞳(セクシー担当):順調ですね。最後の稽古がさっき終わったところです。ざっと言えば10年間の総括的な内容で、実話を元に脚本を書いて頂いているので、自分たち自身も台本を初めて読んでキュンと来るところがありましたね。

──“MP”(萌えポイント)も多々あったり?

柴田あゆみ(ナチュラル担当):泣ける部分もあるし、“MP”よりも“NP”(泣きポイント)のほうが多いかもしれないです。

村田めぐみ(メルヘン担当):稽古が始まる前に演出家の太田(善也)さんと私たちでちゃんと話し合って、この10年の間で記憶に残る台詞を挙げたんですよ。自分たち自身が発した言葉じゃなくても、この一言がきっかけで始まったキーワードみたいなものも含めて。

大谷雅恵(ボーイッシュ担当):自分たちで自分たちを演じることになるんですけど、いつの間にか違和感なく演じられていますね。見所は全部、ですよ。

斉藤:“エッ、これも実話!?”っていう驚きもあるしね。

大谷:エピソードだけは今まで聞いたことがあっても、実際はどうだったのかを表現したことはなかったので、その辺は凄く伝わる部分があるんじゃないかと思います。

──本誌が配布される頃には閉幕していますが、楽しみにしております。で、今回のインタビューの核心に触れたいのですが…4人が解散という決断を下したのはいつ頃だったんですか。

斉藤:具体的な時期を言えば、“ロック化計画”真っ只中の、去年の夏を過ぎた頃ですね。

──それ以前にもそういった話し合いを重ねてきたんですか。

村田:4人で話し合ったことはなかったですけど、デビューして7、8年目の頃に“10周年を迎えるまではメロン記念日として頑張っていこう”っていう目標がまずあったんです。実際に10年目を意識するようになって、今後のことを個々に話し合っていくうちにみんな同じ思いなのが判ったんですよね。ファンの皆さんやスタッフさんはいろんな気持ちを抱いてると思うんですけど、誰に言われてのことではなく、この4人で決められたのが良かったと思っています。

斉藤:10周年を迎えた後のことを話し合った時にみんなが同じ意見で、それを受けて私が「じゃあ、事務所に言うよ? いいね?」と。みんなは「うん」と。そんな感じですかね。ただ、最初は2月19日にピリオドを打とうと4人で決めていたんですよ。だけど、10周年をお祝いする日に解散するのは果たして正しいのか? と思うようになって。私たちの意向だけで2月19日きっかりに解散できるものじゃないし、事務所に伝えてすぐそうなるものでもないし、その先々のスケジュールのこともあるし、時期的にそろそろ伝える頃だと思ったんです。2月19日をちゃんとした決断の日にしたかったので。

──事務所サイドはどんな反応だったんですか。チーフ・マネージャーのI氏は「4人の勇敢な決断だったし、ちょっと愚痴ったけど引き留めなかった」とスタッフ・ブログに書いていましたけど。

斉藤:Iさんには「凄く残念だよ」って言われましたね。「近々、話し合いの場を設けさせてもらっていいですか?」ってIさんに話したら凄く怪訝そうな顔をされて、「どんな話?」って言われたので「爆弾は落とします」って予告をしておいたんですけど。でも、会社の方の大半は「遂に来る時が来たか」と冷静に受け止めて下さったんですよ。古くから関わりのある方は特にそうでしたね。「いいと思うよ」と言って下さった方もいましたし。

大谷:Iさんはここ数年関わって下さった方だし、自分から発進させた“ロック化計画”の真っ最中に何を言ってるんだ!? って感じだったんですよね。

柴田:ただ、ヘンなふうに捉えないで欲しかったんですよ。私たちとしては、早めに伝えておいたほうが会社の皆さんにとってもいいんじゃないかと思ったんです。最終的にはIさんも「誰か1人が“辞めたい”と言うんだったら引き留めたけど、4人全員の意見だったら承諾するしかない」と言ってくれましたね。

──あくまでも4人の総意であるというのが、最後の最後まで結束力の強いメロン記念日らしいなと思ったんですよね。

斉藤:個々人がやりたいことを見つけるようになったり、4人がバラバラになるのはイヤだったし、そうなる前にちゃんとした決断を下したかったんですよ。私たちはこの4人でこそメロン記念日だという意識が強かったし、最後まで4人のままでいたかったんです。

いつまでも緊張の解けない『香水』

──ここ数年で各人の極めていきたい方向性が違ってきたりとかは?

斉藤:メロンとしての方向性はずっとブレてませんね。ただ、7、8年目くらいまでは無事にデビュー記念日を迎えられたけど、それ以降が結構険しかったんですよ。CDも満足に出せなかったし、このままの状態で果たして10周年を迎えられるのか!? っていう不安もあって。そこへ浮上した“ロック化計画”によって助けられた部分が凄くあったんですよね。先が見えなかったところを、このままなら10周年を迎えられそうだと。でも、“ロック化計画”はいろんなバンドの力を借りてのことだったし、10周年を迎えた後に自分たちの力だけで動いていくにはどうしたものかと。そういう部分の話し合いを含めて行き着いた決断だったんですよ。

──これまで応援し続けてくれたヲタモダチに対して申し訳なく思う気持ちがあった上での決断だったんでしょうし、苦渋の選択でしたね。

大谷:絶対悲しむだろうし、ショックだとは思うんですけど、いつかそういう日が来るのは判っていて欲しかったし、私たちが決めたことならきっと受け入れてくれるとは思ってましたね。

──そうして迎えた2010年2月19日の10周年記念ライヴ“生誕3654日感謝祭”ですが、1曲目の『かわいい彼』から凄く張り詰めたテンションでしたよね。10周年の重みを噛み締めていると言うよりも、必要以上に表情が強ばっていたような…。

柴田:それもありますし、ステージに出る前に会社のいろんな方たちが楽屋に駆けつけてくれたんですよ。

大谷:社内的には、前の日に一斉メールで通達があったんです。

柴田:そのスタッフさんたちの顔を見ていたら泣けてきたし、ステージへ行く前から涙腺がかなり緩みそうだったんです。

斉藤:開演前はあまり人と多く会話をしないように心懸けましたね。会話をすると胸に来てしまいそうで、自分から殻に閉じ籠もってしまったと言うか。とにかく、リハの時から全然落ち着かなかったです。

──あの日、中盤の『香水』で柴田さんが感極まって歌を詰まらせたりしましたね。

柴田:いや、感極まったと言うよりも緊張してたんですよね。皆さん誤解してらっしゃるんですけど…でも、そこはあえて多くは語りません。

──『香水』は胸を締めつけられる楽曲独自の世界観もありますし…。

柴田:そうですね。だいぶ強ばってましたと思います。

斉藤:それ、だいぶ日本語がおかしいよ(笑)。

──未だに緊張していらっしゃるんですかね(笑)。

柴田:思い出すと、まだやっぱり…。最初のほうは歌詞を飛ばす曲も多かったし、1曲唄い終えるごとに“ああ、終わった…”、“次はMCだ…”って絶えず緊張が続いていたんですよ。

村田:『香水』の緊張じゃなくて、後半の発表を控えての緊張みたいな? …何故か私がインタビューしてますけど(笑)。

──どうぞどうぞ、むぁた編集長(笑)。

村田:今までも何回か『香水』で泣いてたもんね。

柴田:『香水』は緊張するんです、いつまでも。『香水』を唄う時って、当時の思いが今でも消えないんですよ。あの時感じていた緊張とかが。私がメインに立つプレッシャーが良くも悪くもありましたし。

斉藤:『香水』であゆみがグッと詰まらせて唄えなくなったステージもこれまで何回かあって、ファンの人たちがその姿を温かく見守る曲なんですよね。あゆみに何かあったらサポートしようっていう気持ちが凄く強い曲だし。そういう記憶が蘇ったんだろうし、私たちも蘇るし…。ファンの人たちは解散する事実を知らずに純粋に10周年をお祝いしてくれて、その気持ちに対して“ごめんね”と“ありがとう”の感情が入り混じっていたんですよ。ノリで行けちゃう曲もあれば、ふと過去の記憶が蘇ると顔が強ばる曲もあったし、気持ちの上では凄く忙しい1日でしたね。

──『かわいい彼』から胸がいっぱいだったと、柴田さん仰ってましたよね。

柴田:いや、ホントに。今でも地に足が着いてたのかな? って思うくらい、あの日はふわふわしてましたね。

──まさに『ふわふわふー』ですね。

柴田:そう来ると思った(笑)。

村田:読まれてましたね、局長(笑)。やっぱり最後の発表をずっと心に留めてたし、いつも唄ってる曲でも“あと何回唄えるんだろう?”っていうのが頭をよぎると、どんなに激しい曲でも泣けてくるんですよね。




悲しい発表にはしたくなかった

──アンコールでの斉藤さんによる解散発表は、リーダーらしく堂に入った宣言で、圧巻でしたね。あらゆる感傷を振り切るように息つく間もなく言い放ったのが凄く印象的で。

斉藤:「リーダーから発表して欲しい」っていう3人の思いを受け継ぎつつ私が言うことになったんですけど、凄い大役を任されたわけだし、そこは責任を持ってやらなくちゃと思いましたね。でも、自分たちで決めたことだから、決して悲しい発表にはしたくなかったんです。野次を入れられないように「私たちは解散します」と言い切るように気を留めたんですよ。私の前に3人が挨拶したんですけど、みんな泣こうと思えばいくらでも泣けたと思うんです。だけど、最後の私の言葉が4人のものだという気持ちがあったから、みんな自分の挨拶を明るく締めてくれたんですよね。その気持ちは凄く伝わってきてたし、ここで私もちゃんと話さなくちゃと改めて思ったんですよ。

──お世辞でも何でもなく、あの解散声明は見事でしたよ。

村田:私もひとみんを尊敬しました。ただ、最後にみんなでお辞儀をした時に、ひとみんが(甲高い声で)「じゅっしゅうねんっ…」って凄い涙声を発したのはひとみんらしくもあり、微笑ましたかったですね(笑)。

斉藤:自分でもあんな声が出るとは思いませんでしたよ(笑)。

──解散発表直後に会場が一瞬静寂に包まれたじゃないですか。人間って本気で驚くと声を失うものなんだなと思って。

斉藤:私が言い切って、「エーッ!」なのか“シーン…”なのかある程度反応を予測していたものの、あれは予測しきれなかったですね。これまでも「今まで本当にどうもありがとう」ってMCで言うと、それだけで「やめないで!」「解散!?」って声が上がることがあったし、ファンの人は“またどうせウソだろ?”みたいに感じたと思うんです。この後に「ウソだよ!」って言ってくれるんじゃないか? って。でも、そのまま報告が続くものだから、解散を受け入れなくちゃいけない空気が出来つつあり…。

大谷:1人、すぐに拍手をしてくれた人がいたんですよね。いつもならそこから他の人も賛同してワーッと拍手が起こるんですけど、あの日は誰も賛同しなかったですね。1人の拍手がパラパラになっていくような感じで。

──ステージを降りた直後はどんな感じだったんですか。

柴田:ぼろ泣きでした。

斉藤:裏で4人でワーッと泣きまくってましたね。

大谷:ひとみんの「じゅっしゅうねんっ…」だけが唯一の救いでした(笑)。

村田:あれで何とか緩和されましたからね(笑)。

──間もなく発売となるカップリング・ベスト『URA MELON』にはあの日のライヴの模様を収めたDVDが収録されていますが、やはり客観視はできないものですか。

斉藤:チェックはこれからなんですよ。今まで自分たちのライヴDVDは必ずチェックしてきたんですけど、自分の表情がどんなに険しかったのかとか、どういう表情で解散を伝えていたのかとか全く想像がつかないから、見るのが怖い部分はありますね。

──ヲタモダチは皆さん以上に怖いと思っているのでは?

斉藤:確かに、そうかもしれない…。

村田:私たちが決意を抱えていることを本番中は知らなかったわけですからね。

──でも、潔く解散を決意した皆さんに温かい拍手を送っていたファンもたくさんいたように思いますけど。

斉藤:10周年ということもあって、古くからのヲタモダチが久し振りにライヴに来てくれたんですよ。そういうメロンと一緒に歳を重ねてきてくれた人たちは笑顔で拍手をくれたんです。最後に『ALWAYS LOVE YOU』を唄ってる時もそれがちらほら見受けられて、そういう人たちがファンで良かったなと心から思いましたね。

──『ALWAYS LOVE YOU』はメロン記念日にとってのスワン・ソングになるわけだし、皆さんからビート・クルセイダースに対して“こんな楽曲にして欲しい”と事前にリクエストをしたんですか。

大谷:事情を話して、「これがラストの曲になります」とお願いして。

斉藤:『ENDLESS YOUTH』のロック・ヴァージョン的な曲が欲しいと。でも、あまりロックっぽくしすぎると気持ちが伝わりづらくなるし、ヒダカ(トオル)さんがそのバランスを上手いこと汲み取ってくれまして。

──最後のレコーディングということで、万感の思いで臨まれたんじゃないですか。

斉藤:でも、あまり張り詰めた感じではなかったですよ。タイトなスケジュールだったから、完成に漕ぎ着けることに気が焦るばかりで。

村田:これが最後のレコーディングだというのに、私が喉を患ってしまったんです。4人で一緒にサビを唄えないかもしれないと思ったら凄く落ち込んだんですけど、年が明けてから私のレコーディングがあって、その時にもう一度4人で唄えることになったので凄く嬉しかったですね。

──しかも、そのレコーディングの遅れがあったから2コーラス目の歌詞が出来たそうで。

村田:まさにケガの功名ですね(笑)。

この10年間、後悔は全くない

──2月19日に『ALWAYS LOVE YOU』を生で初披露した時の記憶は残っていますか。解散発表の後だし、とても冷静ではいられなかったような気がするんですけど。

大谷:私は意外に覚えてますね。泣いてる顔を見つけると見ないようにして、大丈夫なところを探してましたから。“ワッ、めっちゃ泣いてるわ、ここ!”って思うと、こっちも泣いちゃいますしね。

柴田:私は泣いてる人と目が合っちゃって、それからはもう感情がコントロールできなかったですね。“アー、ウォウウォウ”のところが泣いて声が伸びないんですよ。口が開かないんです。

斉藤:あゆみのソロのところは来てるのがよく判ったし、顔を見れてるわけじゃないんだけど、いつものあゆみの唄い方とは違うなって感じたよ。

柴田:“忘れかけた 幼き日の”っていう歌詞だけでも小さい頃の記憶が浮かんできて、もうダメで…。その前に『赤いフリージア』をアンコールで唄ったんですけど、ここはしっかりと唄い切らなくちゃ、発表前だから絶対に泣いちゃダメだっていう意識が強かったんです。何とか唄い終えて、そこでホッとしたのもあると思うんですけどね。

村田:私は、あまり記憶がないんですよ。思い出そうにも、違う世界に入っちゃって…。

斉藤:意外にもむーちゃんが割と泣いてたんだよね。

村田:『ALWAYS LOVE YOU』のデモCD-Rを頂いた時から泣いてましたからね。

──そんな中、博士のコントを中盤でしっかりやり遂げたのはご立派です(笑)。

村田:ありがとうございます(笑)。確かに、前半はコントの緊張もありましたね。

──解散発表から2日後に行なわれた大阪でのライヴは、吹っ切れた感じで臨めましたか。

大谷:そうですね。お客さんも気を遣ってくれたのか、せっかくのライヴなんだから盛り上げようぜ! っていう気持ちが凄い伝わってきました。

村田:いつも以上に声を出してるんじゃないかな? って思うくらいだったし、そこがグッと来ましたね。

大谷:初期の曲は振り付けを起こしてたので、その緊張もありましたけどね(笑)。

──現時点で解散まであと1ヶ月、今はどんな心境ですか。

大谷:舞台が終わった後はライヴが続くので、しっかりやりたいですね。

斉藤:稽古の間に仙台と千葉で公開ラジオの仕事があったんですけど、数少ない時間を共有したいとファンの人たちが一生懸命集まってくれてる感じがあって、そういうのはじんわり来ますね。5月3日までに急遽仕事が入るのは私たち自身も望むところだし、ファンの人たちも負担にならない程度に付いてきて欲しいです。

──解散日を5月3日にしなければならないのは何故なんでしょう? 12月いっぱいまで活動を続ける選択肢はなかったんですか。

斉藤:なかったですね。それだとズルズル行っちゃいそうで。5月3日にこだわったわけではないんですよ。最初、私たちは2月19日にこだわったので。ただ、ファンの人たちとちゃんと別れの時間を作れるという意味では、2月19日をXデーにしなくて良かったなと思ってます。

──活動全般に悔いはありませんか。たとえば、皆さんが熱望していた野外フェス単独出演も果たせないままじゃないですか。

大谷:でも、野外フェスにこの4人で出るにはまだ時間が掛かると思うんです。“楽器を持たないロック・バンド”って言われるのは凄く有り難いことなんですけど、バンドがいない状態で4人が野外フェスで表現できることは限られている気がして。それは去年、ビークルさんのゲストとして何曲か唄わせてもらってよく判ったんですよ。

──最後にもう1枚、記念碑的なシングルを単独で発表したいとは思いませんでしたか。

斉藤:アルバムの収録曲ではありますけど、それが『ロマンチックを突き抜けろ!〜Break it now〜』や『ALL AROUND ROCK』、『愛だ!今すぐROCK ON!』だと捉えてますね。

村田:“ロック化計画”がもしなければ、尻切れトンボみたいに終わってたかもしれないんですよ。“ロック化計画”の達成感があった上で10周年を迎えられたことが凄い良かったなと思ってます。夏フェスに単独で出るとか、やりたいと思いつつもやれなかったことはいろいろあったかもしれないけど、この10年を振り返ると後悔は全くないですね。心に残ってるライヴもたくさんあるし、いろんな人たちに支えられてきた感謝の気持ちもあるので。




満足にCDを出せないことの不安

──確かに、これだけ濃厚で濃密な10年間はなかなか過ごせるものではないですよね。

村田:幸せですね。人生でもまだ最初のほうだし、この10年で得たことが第二の人生でプラスの作用をもたらしてくれると思いますし。

斉藤:これからの人生がより濃くなりそうですよね。この10年を上回るものがない限りは幸せを感じられないだろうし、さらにその上を目指そうとするから、私たちは相当濃い人生を送れるんじゃないですかね。

──そう思います。各人、5月4日以降の予定は漠然と決まっているんですか。

斉藤:個々にいろいろと。今後のことはゆっくりと考えたいです。今は“これをやります”っていう感じではないし、これからですね。

村田:私自身、解散を決めたグループが個々に何をやっていくのか凄い気になる性格だったんですけど、いざ自分たちがそうなると、そうそう出てこないんだなと判りました(笑)。

──ちなみに、この10年、解散の危機は何度かあったんですか。

大谷:まぁ、よく解散しないなぁ…とは思ってましたよ。こんなにCDも出ないし、ライヴでも同じ曲しか唄ってないのに、よく会社から何も言われないなぁ…って。

斉藤:「お前たちはもう要らない」っていつ言われるんだろうってビビッてたよね。

大谷:そこはやっぱり、ライヴを認めてもらえてるのかなって。それは大きな自信でしたね。

柴田:CDが出ない時は、セットリストを組むのに試行錯誤していたんです。で、ファンの方からお手紙を頂いてダメ出しされたり…。「こうやって言ってくれてるうちはまだいいんだよ」って。

──インディーズで『お願い魅惑のターゲット』を出すまでは忸怩たる思いもあったんでしょうね。

大谷:いや、私はあまり。

斉藤:『〜ターゲット』は“まだメロン記念日を終わらせるわけにいかない、どうにかしたい”っていうファンの人たちの思いが強かった曲なんです。それでライヴの盛り上がりがさらに強まったくらいだし、不安に感じていたのは『〜ターゲット』を出す前ですかね。あと、『アンフォゲッタブル』の前もリリースの予定がなかったし、その後もまた見通しがつかなくて…。結局、CDを出せない時期が不安で不安でしょうがなかったんですよ。

──ただ、発表されてきた楽曲のクオリティはどれも高いし、それは10年間一貫していると思いますよ。待たされた甲斐はちゃんとあったと言うか。

柴田:確かに、カップリングの曲もかなり恵まれてますよね。

斉藤:だけど、セールスは芳しくなかったんですよねぇ(笑)。

大谷:おかしいなぁ…(笑)。

──皆さんの場合は、セールスよりも1曲でも多くいい歌を唄いたい気持ちのほうが強かったのでは?

柴田:でも、初期はランキングのことしか考えられなかったですよ。

大谷:うん。できれば1位を獲りたかったですよね。

柴田:会社内で同じ日にリリースがあったりして、その人のランキングが私たちよりも遙かに上でガッカリしたし、何でこんなに差が付くんだろう? 何が違うの!? って思いました。

──初のオリコン10位入りを果たした『赤いフリージア』以降は、そんな気持ちも払拭されたんじゃないですか。

大谷:その後に不安があったんですよ。『さぁ!恋人になろう』とかでメジャーな番組に出られるようになって、登り調子で『〜フリージア』、『チャンス of LOVE』と来て、それ以降に“あれ!? 歌番組の露出が減った? おやおや〜!?”っていう(笑)。

柴田:そのうち、つんく♂さんのプロデュースからも離れるようになりましたし。

──でも、初期の代表曲である『This is 運命』もつんく♂さんと言うよりは新堂敦士さんのテイストが強いし、ハロー!プロジェクトの中でも皆さんはつんく♂さん色の薄いグループだという印象がありますけどね。

大谷:うん、確かに。

──松浦亜弥さんのバック・ダンサーとして『NHK紅白歌合戦』に出場するのはどうなんだろうと当時は思いましたけど。

大谷:でも、ハロー!でライヴをやってたせいか、誰かしらの後ろで踊るのはもう馴れちゃってるんです。逆に、“やった、紅白出れるぜ!”って感じでしたよ。“お母さん、見てね!”みたいな(笑)。ウチらもそんなにプライドが高いわけじゃないから、“全然行きまっせ!”って感じで。

斉藤:そういうのが良くないんだろうけどね(笑)。

柴田:ごっちん(後藤真希)のバック・ダンサーをやらせてもらった曲もありますけど、それでテレビ番組に出られるなら“ラッキー!”って感じでしたから。

ずっとメロン記念日で在り続ける

村田:そういうコバンザメ的なところはありましたね(笑)。あまりガツガツしてなかったからこそ10年続けられた気はします。ただ、今この状態でテレビの歌番組に出たらどうなるんだろうな? とはちょっとだけ思いますね。

大谷:今だったらあまり緊張もせずに伸び伸びできそうだしね。

村田:『〜運命』とか、今の勢いでドーン!と唄いたいよね?

柴田:唄いたいねぇ…。

──今、皆さんの熱視線がチーフ・マネージャー氏に注がれていますが(笑)。

斉藤:ただ、言うほど寂しいスケジュールじゃないじゃないですか。舞台があってちゃんとお芝居のピリオドも打てるし、“LAST MELON GREETING”でハロー!の仲間に見送られる場も設けてもらえたし、ロフトさんでもお世話になるし…そうやって私たちの卒業式をやってもらえる場がいくつもあるので、逆に贅沢すぎるとすら思うんですよ。

村田:ファンクラブ限定ではありますけど、沖縄への卒業旅行もありますからね。

──ファイナル・ツアーのセットリストは困難を極めそうですね。

斉藤:現時点では5月3日のセットリストは決まってません。ホントは決めるはずだったんですけど、やっぱり思いのほか時間が掛かってしまって、まだ決められてないんですよ。

──東名阪の4公演で内容も若干変わったり?

斉藤:ベースがある上で変化は欲しいですよね。全部が全部っていうわけには行かないだろうけど、唄い切らずに終わるには惜しい曲もありますから。

──とても名残惜しいですが、最後に本誌の読者へ向けてラスト・メッセージを頂けますか。

村田:メンバーはこの4人ですけれども、メロン記念日はファンの皆さんやスタッフの皆さんも込みで形作っているものだし、全員がメロン記念日みたいな部分もあると思うんですよ。全員がライヴで締められるのも凄く嬉しいし、私たちらしいものを最後にガツン!と見せたいですね。ファンの皆さんも、ヲタモダチとしてのプライドを懸けたライヴを見せてもらいたいです。

柴田:“ロック化計画”をやったことで出会えたルーフトップ読者の皆さんもいらっしゃると思いますし、ルーフトップさんやロフトさんにはたくさんお世話になり、かわいがって頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。10年間、自分たちだけではここまで来れなかったし、支えてくれた皆さんのお陰で5月3日を迎えられると思うんです。悔いは全くないし、5月3日は湿っぽくならずにやり切りたいですね。今はその気持ちだけです。

大谷:何かを10年続けるのって純粋に凄いことですよね。私たちはホントにいい人たちに恵まれてたからこそ10年続いたと思うし、この4人だったからこそここまで来れたのを実感してます。私自身、ひとつのことを長く続けることが苦手として育ってきたんですけど、4人のメンバー愛に支えられましたね。10年間ずっと4人で一緒にいることは、これから先経験しようと思ってもできないことだし、人との関係が10年続いたことは家族以外でないですから。こうしてメンバーと共に10年過ごせたことは私の自慢だし、自信に繋がりますよね。しかも、無理をせずに一緒にいられたことが凄く大きくて、何かあればみんなで話し合って解決してこれたので良かったなと。

斉藤:最後に言葉にするならば、“私たちメロン記念日を見つけてくれてありがとう”ですね。他にもいっぱいアイドルがいる中からメロンを見つけ出してくれたこと、メロンを応援してくれたことに対して感謝だし、椎名さんが『MELON'S NOT DEAD』のライナーで“メロン記念日という楽器を持たない至高のロック・バンドと同時代に生きている幸運を改めて感じている”って書いて下さったじゃないですか。

──はい。恐れ入ります。

斉藤:私はその言葉がもの凄く嬉しくて、5月3日に中野サンプラザにいてくれるファンの人たちにもそう感じてもらえたら嬉しいし、そう感じてもらえるようなライヴをしたいですね。私たちは誰かが欠けることなく4人一緒にメロン記念日というステージを降りるので、これから先もメロン記念日で在り続けられるんですよ、私たち自身が。ファンの皆さんにとっても、メロン記念日はこの4人であることに変わりはないと思うし。姿はちょっと見えなくなるけど、“MELON'S NOT DEAD”だし、メロン記念日という存在自体は在り続けるものだと私たちは思っています。



URA MELON

zetima EPCE-5702〜3[CD+DVD]
5,000yen (tax in)
2010.4.21 IN STORES
 メジャー発売の全シングルのカップリング17曲に加え、ボーナストラック『Crazy Happy!』も収録したコンピレーション・アルバム。DVDには2月19日にSHIBUYA-AXで行なわれた10周年記念ライヴを収録(解散発表の模様もあり)。さらに特典映像として、『ALWAYS LOVE YOU』のMusic Videoまで収録されている豪華パッケージ。

★amazonで購入する
★iTunes Storeで購入する icon

Live info.

LAST MELON GREETING
4月4日(日)Shibuya O-EAST
ACT:メロン記念日/飯田圭織/安倍なつみ/保田 圭/矢口真里/石川梨華/吉澤ひとみ/前田有紀/松浦亜弥
OPEN 17:00/START 18:00
前売 ¥4,000(ドリンク代別途 ¥500)
問い合わせ:オデッセー 03-5444-6966

ROOFTOP PROOF 2010 〜MELON KINEN-BI LOFT LAST GIGS〜
4月11日(日)新宿LOFT
ACT:メロン記念日
GUEST:ニューロティカ/森 純太/ストライカーズ
OPEN 17:00/START 18:00
前売 ¥4,000(ドリンク代別途 ¥500)
当日、会場にてRooftop増刊号『MELON KINEN-BI ROOFTOP YEARS:2007〜2010』販売有り
問い合わせ:新宿LOFT 03-5272-0382

メロン記念日 FINAL TOUR“MELON'S NOT DEAD”
4月24日(土)大阪:Zepp Osaka
OPEN 17:00/START 18:00
問い合わせ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

4月25日(日)愛知:名古屋ダイアモンドホール
1回目:OPEN 14:00/START 15:00
2回目:OPEN 18:00/START 19:00
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

メロン記念日 FINAL STAGE“MELON'S NOT DEAD”
5月3日(月・祝)東京:中野サンプラザ
OPEN 18:00/START 19:00
問い合わせ:オデッセー 03-5444-6966

◇チケット料金(大阪&名古屋):1Fスタンディング・整理番号付 ¥6,300(消費税込・1ドリンク付)、大阪会場は2F指定席有り ¥6,300(消費税込・1ドリンク付)
◇チケット料金(東京):全席指定 ¥6,300(消費税込)
入場制限:6歳以上チケット必要、6歳未満入場不可

メロン記念日 official website『メロン記念部』
http://www.up-fc.jp/melon

メロン記念日 official blog『MELON LOUNGE』
http://blog.oricon.co.jp/melonlounge

メロン記念日 ロック化計画スペシャルサイト
http://www.up-front-works.jp/melon

posted by Rooftop at 12:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。