ギター バックナンバー

ロマンポルシェ。('10年4月号)

ロマンポルシェ。

バイク盗むんだったら、天城越えぐらいしろ!


 ロマンポルシェ。6年ぶりのアルバム『盗んだバイクで天城越え』がいよいよ発売される。日本人ならどこかで聞いたことのあるようなタイトル、世界中の人になぜか親近感を与える可愛い猫のジャケット。かつての「梶原一騎があの世から送り込んだ二匹の黒猫」は、結成13年目を迎え、今や誰からも愛されるCATSに変貌したのだろうか? いや、アルバムの内容は期待通りのロマンポルシェ。だ。底辺の生活を美しいメロディで寓話のように切り取った『THE PARK』、暑苦しいまでの男気を歌い上げた闘魂注入曲『ワルのテーマ』、そして80年代の価値観を根底から覆すタイトル曲『盗んだバイクで天城越え』など、その狂気と毒性はむしろ強まっているのだ。4/29には新宿LOFTで発売記念ライブを行うロマンポルシェ。の二人に話を聞いた。(Interview:加藤梅造)


今後のターゲットはゼロ世代!?

──ロマンポルシェ。としては本当に久々のアルバムですね。

掟ポルシェ(以下、掟) なんで今回アルバムを出したかというと、『おうちが火事だよ!ロマンポルシェ。』以降、6年間アルバムというものを出していないわけで、その間に出したものといえばシングルの4曲、ベスト盤に入れた2曲だけ。つまり6年間でたった6曲!! さすがにこれはまずいなあと。それでなんとかアルバムを作って、まだ俺達やってますよというのを世間に伝えようかと。まあ生存確認みたいなもんです。

ロマン優光(以下、ロマン) ライブでも自分たちがやる曲に飽きてるから。

──ロマンさんはライブ中いつもつまんなそうだから、飽きてるのかどうか分かりづらいですが。

ロマン 失礼だな、そんなことないよ!

掟 たばこ吸ってダルそうな態度を取るのが彼の仕事ですから。

ロマン みんな誤解してると思うけど、俺ディレイやってるから、実は忙しいんですよ!

──アルバムに取りかかったのはいつ頃からですか?

掟 去年から作れって言われてたのが、今年頭になってもまだ何もできてない状態で。一番の原因は火事で機材が燃えちゃったから。新しい機材を憶えるのが面倒臭くて。

──ロマンさんも金がなくて機材を売っちゃったとか?

ロマン それはネタの話でしょ。何台も持ってますよ!

掟 虚実入り交じりすぎでわかんないから(笑)。

──でも今作はたくさんのミュージシャンが作曲で関わってますね。

掟 自分じゃできないことは、プロの人達に全面的におまかせ!

──『全裸で書いたラブレター』作曲のサワサキヨシヒロ!さんが今回もタイトル曲を手がけてます。

掟 サワサキさんはSMAPのシングル曲も作っているコンポーザーですからね。今や日本を代表する作曲家にもう一度ロマンポルシェ。の曲を作ってもらおうと。これでCDショップのSMAPの隣にロマンポルシェ。のCDが並ぶはず。タワーレコードの店員は是非「SMAPとほぼ同じものです」というポップを付けてもらいたい。

──間違って買ったら大変じゃないですか!

掟 そしたら、ディスクユニオンに売ればいいんですよ。

──掟さんは火事以外にもお子さんが生まれたりと生活環境の変化があったわけですが、それは影響してますか?

掟 大ありですよ! なにせ家だと曲が作りづらい。打ち込み作業してるとまだ一歳未満の子供が俺にもシンセ弾かせろって泣いて仕事にならなくて。電子音って子供にウケるんですよ。ピコピコしててミニモニ。みたいで。

──じゃあ、今回のアルバムは子供にもウケそうですね。

掟 どの曲も『おかあさんといっしょ』や『みんなのうた』に使われてもおかしくないと思いますよ。おすすめは3曲目の『珍・ポタージュ』。

ロマン 一番子供に人気が出そうだよ。

掟 『チンチンポンポン』に続くチンポ歌謡の第2弾としてどうでしょうか。大人ね、あいつら物心ついてるからダメ。これからは何もわかってない子供から搾取! ロマンポルシェ。の今後のターゲットはゼロ年代生まれ!

──歌詞に出てくるスケベ椅子は大丈夫ですかね?

掟 そういえばサワサキさんから「自分の娘に聴かせられないから、『スケベ椅子』とか『顔面騎乗』とかいう言葉を使うのはやめてくれないかな」って懇願されました(笑)。

──ジャケットがまたすごいことになってますが、何で『CATS』なんですか?

掟 えっ、これただの猫ですよ。猫ロマンと猫ポルシェ。

ロマン どっからどう見ても普通の猫。

掟 俺達バカな格好はやり尽くしちゃって、全裸とか全身銀粉とか、それを超えるものはないかとネットでいろいろ検索したんですよ。そしたらね、ブロードなんとかっていう所でいい大人が猫の着ぐるみを着て必死にダンスしている画像があったんです。すごい自信満々な顔でね。これはバカだなあと。

ロマン しかもあの格好で人を感動させようとしてるんだよな。

掟 これには俺たちも負けてるなと思って、是非取り入れたいと。なんていうのこういうの?オフブロードウェイ?

──結局『CATS』じゃないすか!

掟 違いますよ(据わった目でとことん否定)。ネットで見つけた猫のダンスと楽しい歌のお芝居です。子供は動物好きですからね。うちの子供も『志村どうぶつ園』大好きですから。

──志村どうぶつ園もねらってるんですか?

掟 ええ、チンパンジーのパンくんの次は猫ポルシェですよ。今回はいろいろなタイアップが付くような作りにしてますからね。まあ訴訟を恐れてどこも使わないでしょうが…。

なんか売れそうな感じになってるでしょ?

──せっかくなんで収録曲について解説して頂きたいと思います。まずは1曲目の『ハイスクールララバイ』。'81年に大ヒットしたイモ欽トリオのカバー曲ですが。

掟 事情を話すと、CDを作る前段階で事務所の社長から「ぶっちゃけ今回予算厳しいんだよね。なんかさ、売れることやってくれない?」って言われて、じゃあどうしたらいいんですかと尋ねたら、「うーん、ヒット曲をカバーしたらいいんじゃない」っていう話になって、じゃあもうベタベタな所でいこうかと。ただ『ハイスクールララバイ』と言ってる以上、さすがにまずいでしょ? 俺たち41歳と37歳ですよ。全然ハイスクールじゃないよね。当時(イモ欽トリオの)山口良一は学生服を着ていたとはいえ26歳ぐらいでしたが、それより一周り以上も上ですから。だから年齢問題をごまかすためにバニラビーンズというアイドルに参加してもらって平均年齢を下げました。

──原曲に忠実ですが、かなりいい雰囲気に仕上がってますね。

掟 それは何故か! そう、俺がトラックを作ってないからですよ(開き直った顔で)。ロマンポルシェ。は80年代リバイバルとしてずっとやっていますが、海外でそのジャンルは「エレクトロクラッシュ」と呼ばれるシーンとしてアップデートした形で結実しているわけです。でもロマンポルシェ。には技術力がないから、どうがんばってもエレクトロクラッシュになれない。そこで今回、エレクトロ制作の得意なNEWDEALの力で、無理くりエレクトロクラッシュにしました。なんか売れそうな感じになってるでしょ?

──次に2曲目の『THE PARK』。COALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKIさん作曲です。

掟 これは80年代というよりは90年代初頭にソフトバレエがやってた類の音楽ですね。俺ソフトバレエ大好きですから。ロマンポルシェ。の中にはそういった要素が山ほど入っていて、この曲はその集大成みたいなものです。歌詞書いてる段階からもう遠藤遼一になりきってやってますから。NARASAKI君からも「いい男風に歌ってくれ」という指示があったんですが、いい男と言えば俺の中では遠藤遼一ですからね。

──それにしても歌詞の内容とのギャップが・・・

掟 さすがに遠藤遼一が公園に住んでいる人の歌は歌わないでしょう。メロディラインが美しいから、普通にいいことを歌ってるように聞こえるんですよ。「青いこの星の魅力を 必要以上に 受け止め」なんて。環境問題に対する警鐘にも取れますよね、その後の「たまに拾ったものを汚れを落として食べてる」って部分さえなければ。ま、拾ったものをちゃんと食べるのもある意味地球に優しいですが。

──そして3曲目は掟さん作曲の『珍・ポタージュ』。

掟 今回のアルバムは特にゼロ世代、幼児層をターゲットにしているといいましたが、子供が好きなものといえば二つしかない。チンポとポタージュ。その二つが一曲に集約されてる。もう無敵ですね。

──歌詞はともかく、曲調はまさに80年代初頭のシンプルな電子音楽ですね。

掟 あくまでシンセは音階を弾くための道具ではないという前提で作ってますね。初期ジョン・フォックスっぽい音響作りというか。ジョン・フォックス大好きなんですよ。2年前の来日公演もバカみたいに二日間とも行きましたしね。

ロマン ジョン・フォックスはDOLLのインタビューで「ピストルズは俺たちの客だった」って自慢話してたな。まあ、あの世代の人はみんな同じ事言ってるけど。

掟 SEAMOになる前のシーモネーターが、股間に天狗のお面をつけて「将来はロマンポルシェ。みたいになりたい」って言ってたみたいな。でもどっかで気付いたんだろうね、これじゃダメだって(笑)。だからピストルズもジョン・フォックスを見てこれじゃウケないって思ったのかもね。

──4曲目『ハガキスターの悲劇』。

掟 ネタ元としてはバットホール・サーファーズとスピッツ・エナジーという、ニューウェーブというよりはもう一本別の潮流にあるオルタネイティブのバンドへのオマージュですね。

──歌詞については誰かモデルがいるんですか?

掟 『kamipro』という雑誌で富田里奈さんという女子格闘家にインタビューしたんですが、彼女は今まで付き合った3人の男性が全員、伊集院光か爆笑問題のラジオのリスナーで。自分もヘビーリスナーだから、ラジオの話をしてるうちに好きになってしまうらしくて。そこから発展させて、じゃあハガキ職人が好きな女の子がいてもいいだろうと。

──掟さんの歌詞には、ちょっとヘンな女とそれに振り回される男っていうモチーフが多いですよね。

掟 そもそもサブカル的なジャンルの男を好きになるような女はキ●ガイばっかりですからね。でも、その手の女とつき合って振り回されるのも案外楽しいもんですよ。今はもういいですけど(笑)。



青春時代は何でも許されるのか?

──5曲目はタイトル曲でもある問題作『盗んだバイクで天城越え』です。

掟 ちなみに特定の楽曲とは何の関係もありません(明らかにウソをついている顔で)。ただ、昔からおかしいなと思っていたのが、若気の至りと言い張れば何でも許されるのかと。盗んだバイクで走り出したら、盗まれた人はどうなるの? 校舎のガラスを全部壊して回ったらそのガラスは誰が弁償するの? 青春の過ちで許してたまるかと。窃盗は犯罪!! 窓割るのは器物損壊!! そういう怒りを常に持ち続けてましたからね。

──確かに今までは被害者の視点がごっそり抜け落ちてました。

掟 せっかく盗むんだったら、近所を走り出すぐらいじゃ許さないよ。天城越えに使うぐらいじゃないと。モチベーションの問題なんですよ。やさぐれた欲求不満を解消するぐらいの気持ちで盗まれちゃ、こっちも困るんだよ。盗むなら盗むなりの理由を述べよ! 天城越えぐらいの理由があれば俺も許すぞと。

ロマン これって、そんな歌じゃなかったんじゃないの?

掟 そういう歌です。今決めました。

──例えば、80年代の尾崎豊に代表される「反抗する若者は美しい」といった風潮に対するアンチみたいなものもあるんですか?

掟 まあ、当時『卒業』とかのシールをカンペンケースに貼ってるようなやつは大抵ブスでしたから。

ロマン というか、だいたいバカが聴いてた音楽でしょ。

掟 バカとまでは言いませんが…、でもブスでしたね〜。

ロマン 俺は男子校だったからブスはいなくてバカばっかりだったんだよ!

掟 そういえばロッキンオンっていうクソ雑誌があるんですけど、あいつら広告費でページを買わせるくせに原稿の直しには一切応じないんですよ。以前ロマンポルシェ。でインタビューを受けたんですが、取材に来たのが学生あがりみたいなアンちゃんで話全然理解出来てないし、写真撮影は使い捨てに毛が生えた程度のカメラでやってるしで、あきらかにナメられて。どんな記事になるのかすごく心配だったので、ゲラ(※入校前の原稿のこと)がどうなったか当時のマネージャーが編集部に電話したんです。そしたら「うちはゲラチェックとか基本的にやってないんで」、「うちは尾崎がゲラチェックさせろって時もさせませんでしたから」って、平然と言われたらしくて。いやいやいや、お前ら今、尾崎豊が俺達よりも遥かに上の人みたいに言ってるけど、俺は尾崎より自分を下だと思ったことはないし、第一そんなもん理由になんねえから。ふざけた会社だなと。それ以来、ロッキンオンの印象と共に、尾崎豊の印象も悪くなったんです。その時の怒りがすべて尾崎豊に行っちゃったんですね。尾崎ファンの皆さんすいません。これはすべてロッキンオンが悪い!

──6曲目の『尿素配合』は、ロマンポルシェ。の得意分野とも言える、脅迫観念をそのまま歌にしたものですね。

掟 だって思うでしょ? 「尿」なのになんでみんな普通に買ってるの? なんで尿で化粧してるの? おかしくない?って。その疑問は前からずっとあって。あれ、誰の尿なんだろうって。

──それが●ィナ・ターナーの尿じゃないかと?

掟 いやいや、ティ●・ターナーなんて一言も言ってませんよ。でも仮に●ィナ・ターナーの尿からできてたとしたらイヤでしょ? 具志堅ティナかもしれませんが。

ロマン そっちの方が失礼だろう!

掟 いや、具志堅ティナの尿だったらOKです。カワイイから。

──ここから後半。7曲目は真樹日佐夫原作の映画『非情学園ワル』の主題歌『ワルのテーマ』です。

掟 1曲目の『ハイスクールララバイ』はロマンポルシェ。を可愛く見せるための表の顔なんですが、それでナメられちゃいけない。1枚のアルバムの中で硬軟のバランスをとるのに必要なのが真樹日佐夫先生のような本物の男らしさだろうと。ロマンポルシェ。の言ってることって理不尽で間違ってるんだけど、聞いてるとなんとなく正しく思えてくるじゃないですか。この歌詞も構造が一緒。「おれはワル ワル ワルがなぜ悪い」って。自分で言ってんじゃねえかって(笑)

ロマン おかしな話だよね。

──ある意味、一番ロマンポルシェ。らしい選曲ですね。

ロマン ロマンポルシェ。として初めて真面目な曲をやりましたよ。

ウーパールーパーってすごい

──そして8曲目『一杯のかけそば』。これも有名な題名ですが。

掟 昔から「一杯のかけそば」を歌にしたいと思っていて、「2杯目のかけそば」とか歌詞を書きかけては潰してて。そこで、1じゃない、2じゃない…100だなと。一杯のかけそばを100人で分けたら、なんとか数の力で誤魔化せるかなと。

──9曲目『愛の面白半分実験料理』。

掟 これも基本的には男が女に振り回される歌なんですけど、最近俺、「ウーパールーパーってすごいな」って思い始めて。というのも、ここ半年ぐらいの間に、ウーパールーパーに関する情報が立て続けに入ってきた。犬の散歩をしてる時によく公園で会う、犬を5匹飼っているユニークなおばさんがいるんです。実は某有名女優さんのお母さんなんですが、5匹を手で持つのが大変だから、リードごと胴体にくくりつけて歩いてる(笑)。その方と話している時に「うちで飼ってるウーパールーパーがつがいだったらしくて、今何百匹に増えちゃってね、誰か欲しい人いないかしら?」って相談されたんです(笑)。それとは別にニュースで見たのが、日本国内でペットとして人気がなくなったあとも増殖して処分に困ったウーパールーパーを、中国に食料として輸出するっていう話で。中国のある省では昔から食べられてたらしいんですけど。で、その出荷方法がまたひどくて、一度干物にしてから輸出するんだって。ってことは、食べるときにまた水で戻すってことでしょ? もう想像したら気持ち悪くなってきて、これが料理に入ってるのかって考えたらだんだん具合が悪くなってきた。それで食用のもので一番食べられないものってなんだろうって考えた時に、思いついたのが生煮えのウーパールーパーだったんです。

──10曲目『100%他力本願宣言』ですが、これって…

掟 このアルバムを象徴する曲ですね。自分で曲を作ると1曲作るのに2ヶ月以上かかるからアルバムなんか作れない。いや、本当にね、自分で作った曲は大好きなんですが、とても人には薦めたくない。だから専門のプロが作った方が良いなと。次作は全部久保こーじに作ってもらいたい。面識ないけど。

──11曲目は『24時間プロレスショップ』。

掟 純プロレスファンって、これだけ人気のないジャンルを支えている人達だから、もう相当頭の中がこじれちゃっておかしなことになってる。ねじ曲がった愛情というか、並の愛情ではもう守りきれなくなっているのが現代のプロレスだと思うんです。いまでも年中マスカラスのことだけ考え続けている、頭のおかしなプロレスヲタがもっと増えたらいいなと思って作った曲です。

──12曲目の『男は薄着』はロマンさんの作曲ですが、勢いがあっていい曲ですね。

ロマン いや別に。いつもプンクボイで作ってるような曲ですよ。いまさらいいと言われても…。

──これがアルバムの最後を飾っているのがいいんじゃないかと。

掟 1曲目がこの曲だったら、そのまま停止ボタン押させるだけの力のある曲ですからね。それこそ俺は好きなんだけど人に薦めるには無理がある。非常にロマンポルシェ。らしい曲です。ロマンポルシェ。の一つのフォーマットとして、ハードコアパンクをテクノでやるというのがあるんですが、ただハードコアテクノにはせずに、もっとスカスカした感じの音にしている。今回も最終的に全部リバーブをかけてるのは、80年代中盤のパンクのソノシートの音質を参考にしているからなんです。とりあえずリバーブかけときゃごまかせんだろ、的なね。80年代の音響処理に敬意を払った一曲。

──以上、全曲解説してもらいましたが、6年振りのアルバムとしては期待以上の充実したアルバムになっていると思います。これを機に今年はロマンポルシェ。の活動も忙しくなりそうな感じでしょうか?

掟 まあ今も昔も、来た仕事を受けてるだけだからね。

ロマン 自分たちで開拓とかしないですから。

──まあそう言わず、唯一無比のバンドですからもっと活動して下さい。

掟 かつてニューウェーブ・リバイバルと言われていたバンドは、みんなどんどん音質がよくなって違うものに進化してますが、そんな中、ロマンポルシェ。はいつまでたってもチープな音色だけを作り続ける唯一のバンドでいようと思います。次回作はカセットテープで出すぞ!



盗んだバイクで天城越え

IDCA-1044 2,700yen (tax in) / 4.21 IN STORES
※初回特典DVD付き

★amazonで購入する

Live info.

『盗んだバイクで天城越え』発売記念ライブ

2010.4.29(木・祝)@東京 新宿LOFT
OPEN 18:00 / START 19:00
ADV ¥2500 / DOOR ¥3000
【出演】ロマンポルシェ。/バニラビーンズ/他

2010.6.20(日)@大阪 十三・ファンダンゴ
詳細近日決定

posted by Rooftop at 12:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。