ギター バックナンバー

TEEN'S MUSIC CAMP('10年3月号)

TEEN'S MUSIC CAMP

理想は10代のバンドから信頼を得られるようなイベント


 ここ最近、10代のバンドがアツイとはよく言われていることで、現にメジャーデビューを果たしたり、大きな舞台に飛び込んでくる10代のバンドをよく見かけるようになった。まだ青さが残る10代ならではの衝動は大人とは比べものにならないほどで、若さ故に突っ走ることができる情熱や、吐き出される言葉やサウンドは、きっとこの年代の彼らにしか表せないものだろう。
 そんな10代のバンドが出演するイベント“TEEN'S MUSIC CAMP”が、主に下北沢シェルターで定期的に開催されている。そして、3月29日には“TEEN'S MUSIC CAMP SPECIAL spring2010 U_22”と題され新宿ロフトにて開催。このイベントの首謀者であるロフトプロジェクトの樋口寛子女史を緊急直撃!!(interview:やまだともこ)


10代にライブを身近に感じてもらいたかった

──10代のバンドが出演するイベント“TEEN'S MUSIC CAMP”をやろうと思ったきっかけはなんですか?

「10代からしたら新宿ロフトや下北沢シェルターは、そうそうたる出演者、キャパシティ、新宿ロフトに至っては歌舞伎町という場所に足が遠のいてしまうと思うのです。だったら、こちらから積極的に10代に向けてアプローチしていけたらと思いました。また10代のみんなにライブというものをもっと身近に感じてもらい、ライブハウスに遊びに来てもらいたい! という強い思いがあったからです」

──そういった若いバンドとはどうやって知り合うんですか?

「高校生バンドが沢山出演しているようなライブハウスや、リハーサルスタジオに出演者募集のフライヤーを設置させてもらったり、mixi等ソーシャルネットワークの利用、彼らからの口コミです」

──樋口さんは、10代のバンドのどんなところに魅力を感じますか?

「“楽しいから音楽をする。バンドを組む”という、至ってシンプルな思いに魅力を感じます。何も知らない強さと純粋に音楽に触れている姿にも魅力を感じます」

──今、いろいろなところで10代がアツイと言われていますが、彼らが出てくることによって、今後音楽シーン・ライブハウスシーンは変わっていくと思いますか?

「新しい世代の勢いが入る事によって、よりライブハウスは活性化し、様々な世代同士の交流が音楽を通して取れると思っています」

──10代のバンドのアツさって、どんなところだと思いますか?

「音楽に純粋に向き合っているところです」

──10代のバンドに接して、ワクワクする部分ってどんなところですか?

「感性が敏感な時期だと思うので、その感性で受けたものをどう自分達の中で消化し、曲やライブで表現するのか、とてもワクワクします! あとはどんな大人になるのかなって(笑)」

──親御さんの気持ちですね(笑)。では、10代の方に接して、どんなことを感じますか?

「若いなぁー(笑)! あとは元気だなって思います」

──10代のバンドは、どんな時に勢いを感じますか?

「楽しそうにライブをしている時。またライブが終わった後に“自分達のライブはどうでしたか?”って、積極的に意見を求めてくる時」

10代のリアルがここにある

──ところで、10代のバンドが聴いてる音楽って、どんなものが多いんですか?

「私が耳にする範囲だと、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ストレイテナー、BUMP OF CHICKEN、RADWIMPS、フジファブリック、9mm Parabellum Bulletの名前を聞く事が多いです」

──また、そういうバンドに影響を受けた世代のバンドは、どんなジャンルをやっていますか?

「やはり、ロック全般ですね」

──ご自身が10代だった頃と、今の10代と比べて音楽的な部分、カルチャー的な部分、どんなところが違うと感じますか?

「音楽をダウンロードして手にいれたり、携帯で聴くこと。それと、演奏が上手なところですね」

──20代以降のバンドと、10代のバンドとの決定的な違いってどんなところだと思いますか?

「若さ(笑)。それと、変な計算がない」

──樋口さんがおすすめする10代のバンドを挙げてください。

「私が最近好きな10代のバンドは、Galileo Galilei、OKAMOTO'S、ねごとです。イベントを通して応援しているのは、MOL sience fiction、DEEP BLUY SKY、Strange Machine等です」

──では、“TEEN'S MUSIC CAMP”は、今後どのような形にしていこうと思っていますか?

「ライブハウスを中心に、もっと色んな人を巻き込んでのイベントにしたいです。イベントと通して色んな10代バンドを輩出させ、10代のバンドから信頼を得られるようなイベントが理想です。ティーンエイジャーのたまり場のような場所にしたいです」 ──“TEEN'S MUSIC CAMP”の一番の推したいポイントといったらどんなところですか?

「10代のバンドがオリジナル楽曲でライブをする事。10代のリアルに触れられるとこです」

──このイベントへの出演方法を改めて教えて下さい。

「メンバー全員が10代であれば、誰でも応募可能です。まずは直接新宿ロフトまで音源を持参してもらうか郵送する方法になります。そして特設ホームページからの応募があります。詳しくは特設ホームページまでお願いします」

──これからライブハウスシーンに飛び込んでいこうと思っている10代のバンドにアドバイスをお願いします。

「ライブに関してのノウハウがないのは当たり前です。皆さんの熱い思いがあれば十分です! 色んなライブを見たり、いろんなバンドの音を聴いたりして、自分達の人生の糧にしてください。ライブハウスには毎夜いろんな大人達が出入りしていますが、皆さんと同じように音楽が好きな人達ばかりですから。同時に人を見る目も養えますよ(笑)」

──では、最後に3月29日に向けてひと言お願いします。

「“TEEN'S MUSIC CAMP SPECIAL spring 2010 U_22”として大きく開催します。イベントを立ち上げからようやく1年が経ち、沢山の10代の感性に触れる事が出来ました。そんな10代バンドが7バンドも集結した一夜。もしからしたら新たな歴史の証人になれるかも!? です。みんな今年の夏にある様々なコンテストに応募するつもりで頑張っています! スペシャルゲストには、私が思う“こんな大人バンドを10代に見てもらいたい!”というバンドの出演が決定しています! これを読んでいる10代の皆さんには是非遊びに来てもらえたらと嬉しいです。今年の新宿ロフトは、今までのノウハウを生かしてティーンズ世代も積極的に応援出来たらと思っています。特に私はそんな意気込みです!」


Live info.

『シンジュクアクション TEEN'S MUSIC CAMP SPECIAL spring2010 U_22』


3月29日(月)新宿ロフト
OPEN 15:00 / START 15:30
ADV ¥1000 / DOOR ¥1500(ともに+1ドリンク)
アイマイミー / THE IMMIGRANTS / THE call / Strange Machine / DEEP BLUE SKY / フタバテイ フラッシュバック / MOL science fiction
※スペシャルゲストあり!!
(問)新宿ロフト 03-5272-0382


『TEEN'S MUSIC CAMP』
3月27日(土)下北沢シェルター
OPEN 12:30 / START 13:00
ADV ¥ 500 / DOOR ¥800(ともに+1ドリンク)
さとひか【∵`】/ Red Ash Grow / Blanc-Bec / ゲストバンドあり
*さとひかに関しては顔のマークまでがバンド名です。

4月3日(土)下北沢シェルター
OPEN 12:30 / START 13:00
ADV ¥ 500 / DOOR ¥800(ともに+1ドリンク)
ぴえろ / クレイマン・クレイマン / Golden Hair Pig / ゲストバンドあり

4月4日(日)下北沢シェルター
OPEN 12:30 / START 13:00
ADV ¥ 500 / DOOR ¥800(ともに+1ドリンク)
RoseBullet / VainAct / LADYJOE / ゲストバンドあり

次回『TEEN'S MUSIC CAMP』出演者大募集!!
5月8日(土)、9日(日)下北沢シェルターで開催決定!!

http://www.loft-prj.co.jp/tmc/(PC/携帯共有)

posted by Rooftop at 12:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。