ギター 編集無頼帖

親愛なるアレックスさんへ

SN3F0651.jpg
 あっちゅう間の1月でありました。「あと11ヶ月で今年も終わりですね」とボケるMCをテレビで数回聞いた。家にいる時はラジオが主流だし、ニュース以外に希少価値ナシだな、テレビは。
 正月気分もそこそこにヘヴィな原稿を書き上げて、旧渋公でオトナの素晴らしさを学ぶ面白ゼミナールを受講した翌日にその補習でシェルターに留学して、紙資料に拙文を書かせてもらったバンドのワンマンをしかと見届けて、江戸川橋のスタジオで文字通り心の名作のマスタリング作業を目の当たりにして、地獄から生還した男の凄味に満ちた剥き出しの歌に心底打ち奮えて、命からがら校了を迎えたらもう2月だ。ぼやぼやうかうかしていられない。己の立脚点を見極め、両目をカッ開いて今この瞬間の現実と向き合うことに腐心しなければ、日常はのんべんだらりと弛緩していく。生の実感を得るためにも、ただひたすらに疾走を続いていくしかない。疾走と悲喜こもごもの物語は無情かつ無常に続く。ふんどし締め直して行くぜ。
 写真は、本日から配布開始となる本誌2月号の表紙巻頭の方々。明日19時半からロフトプラスワンで『キノコホテル・アルバム発売前夜祭〜女のコはキノコが大好き〜』なる座談と演奏の実演会が行なわれます。僭越ながら久々に司会業するです。ステキ女子を前にするといきなりぎこちなくなるが、プロデューサーのサミー前田さんも一緒だから何とかなるだろう。親愛なる読者諸兄、お時間があれば是非足を運んで下さい。マリアンヌ支配人が皆さんの悩みに応えるリアルな“悦楽酒場”になりそうなので、ドMのキノコ感染者はマスト参加の方向で!(しいな)
posted by Rooftop at 13:01 | Comment(0) | 編集無頼帖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。