ギター バックナンバー

DVD『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』発売記念スペシャル・インタビュー!! おおひなたごう('10年1月号)

DVD『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』発売記念スペシャル・インタビュー!! おおひなたごう

阿佐ヶ谷ロフトAで開催された『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』が遂にDVD化!
熾烈なプレッシャーの中で大喜利に懸けるギャグ漫画家たちの死闘をとくと見よ!!


 “ギャグ”。お笑い業界が花開く今、笑いに対してかなりシビアに評価する人が多くなっている昨今。そんなプレッシャーののし掛かる言葉を冠にする、“ギャグ漫画家”と呼ばれる人たちがいる。華やかなテレビの笑いと違い、日々締め切りと読者の反応に対するプレッシャーと向き合い、一人孤独と戦いながら、ペン一本で多くの人を笑わせるという荒波に挑む生き方。ほとんどのギャグ漫画家は息が短いと言われながらも、確固たる人気を確立した数少ないギャグ漫画家たちの中で、私がもっとも影響を受け、敬愛している「おおひなたごう」というギャグ漫画家がいる。独特のギャグセンスで多くのファンを魅了しつつも、今や伝説とも謳われている、阿佐ヶ谷ロフトAで開催された『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』の完全プロデュースを成し遂げたおおひなたごう氏に話を聞いた。(interview:佐々木理恵/阿佐ヶ谷ロフトAプロデューサー)


寺田克也のスタッフ参加で“これは行ける”と思った

──『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』はどのようにして始まったのですか?

おおひなた:最初はロフトAさんから「イベントをやりませんか」というメールが来ていて、その時はなんにも決まっていなかったのですが、その後にダイナマイト関西の出場依頼が来たんです。出るなら演習しなきゃいけないな、ということで、ちょうどイベントの要請もあるし、「ギャグ漫画家の大喜利はどうでしょう?」と返事を返したのが始まりですね。でも、ロフトAさんからのメールがなかったら、『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』はやってなかったと思います。

──そう言って頂けると嬉しいです。ただ、メールをした時は、「とにかく何かやりませんか」というような内容で、無茶振りだったかなと思ったのですが(笑)。以前より私自身が大のおおひなた作品ファンでして、おおひなたさんが漫画以外にも面白いことをいろいろやっている方だと知っていたものですから。大喜利のようなことは以前にも経験があったのですか?

おおひなた:実は2003年か4年に、『TVブロス』で『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』というのを誌面上でやっているんです。その時のメンツは、ピョコタン(第一回、第二回出場)、『サナギさん』の施川ユウキ、他に若手の漫画家を入れて6人くらいで。その時の優勝はピョコタン。だから僕、ピョコタンにも負けてるんですよね(笑)。

──ピョコタンさんは、自分でも漫画家仲間を集めて大喜利をして、毎週ニコニコ動画で配信していますね。1月7日にはネイキッドロフトで『漫画家だらけの大喜利 公開生放送!』というイベントも開催予定なんですが、ピョコタンさんも『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』への出場にかなり影響を受けているようですね。

おおひなた:本人も、“『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』で優勝するための練習”を想定してやっていると言っていました。

──第三回ではピョコタンさんが強敵になりそうですね。

おおひなた:人選もまだ未定なので、なんとも言えません(笑)。

──人選と言えば、第一回はかなりメンバー集めに苦労されたということでしたが。

おおひなた:誰もやったことがないですからね、芸人のやつを見せられて、「こうやってやるんだよ」って言われてもね(笑)。漫画家がいきなり人前に出て、ああいうことをやるっていうのはよっぽど勇気の要ることだと思いますよ。事実、二人に一人には断られましたし。断られると、やっぱり落ち込みますね。そんな中でも、田中圭一さんはすぐに「全然OK」みたいな感じで割と軽く返事をくれましたね(笑)。大体の人は、ちょっと迷ってから。でも、あんな緊張感のある闘いになることを知らないですから、その時は割と気楽に引き受けてるような感じがしました。

──そういった苦労もあり、第一回目から錚々たるギャグ漫画家集団の出場が決まって、かなり話題になっていたわけですが、実は審査員席の方々もかなりの大御所でしたよね。

おおひなた:そうですね、最初審査員をどうしようかって考えていた時に、前に僕のmixiの日記に寺田克也さんがコメントを付けてくれたことがあって、その時にダイナマイト関西のことを書いてくれていて、それで、“あ、好きなんだな”っていうのが残っていたんです。あと、寺田さんが『ヤングジャンプ』で『マンガOOGIRI』という連載を持っていて、それは寺田さんが4ページの元の漫画を描いて、吹き出しの部分だけいろんな芸人さんやタレントさんがセリフを入れていくっていう。その辺のことからも、大喜利に関しては詳しいんだろうなと。それでやって頂けないかと連絡してみたんです。ご本人は、ちょっと責任重大だということでかなり迷っていましたが、最終的には引き受けて下さいました。凄く安心したと言うか、寺田さんにスタッフになってもらえたことが支えになりましたね。それで“あ、この企画は行けるんじゃないか”という感じがしました。

──ロフトAでも、審査員席の重要さを感じまして、楽屋でしっかりフリップが見えるように大きいモニターに買い換えました。それは当日の様子を見ても、本当に良かったと思います。3人モニターに釘付けになって見ていましたので。

おおひなた:ありがとうございます。ロフトAさんのお力添えあってのイベント成功でもありましたね。審査員席も、相当集中してやっていましたから、かなり疲れる中でもやりやすかったと思います。

イベントの企画者と出場者としてのWプレッシャー

──大喜利のスタイルにもかなりこだわっていましたね。

おおひなた:ダイナマイト関西そのまんまですね。10年くらいやっているイベントなので、完成しているじゃないですか。そのフォーマットをそのままお借りしてます。一応、ダイナマイト関西出場を想定してやっているので、ルールが違うと意味が無くなってしまうというのがあって。そこは、バッファロー吾郎さんにも「お借りしてすみません」ということは言っておきました。

──おおひなたさんはイベントが決まってからもかなり準備に熱心でいらっしゃいましたね。ロフトAでも大喜利イベントはいくつかやっていますが、『第一回ギャグ漫画家大喜利バトル!!』の前にはせきしろさんの『大喜利寺子屋』を見に来られていましたね。

おおひなた:そうですね。やはり初めてなので、他の大喜利イベントがどういうものなのかと。他にロフトAでも大喜利イベントをされている業務用菩薩さんのイベントにも出たりしました。

──ロフトAでよくやっている大喜利スタイルは、平机に大勢並んで、挙手制で答えるというスタイルがほとんどですが、それは下手すると隣りの答えが見えてしまうところもあったりするので緊張感の違いは相当あると思いました。『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』は一対一のバトルで、お互い両端に分かれて一問一問で勝負するスタイルなので。

おおひなた:『大喜利寺子屋』を見させて頂いたのですが、司会が南海キャンディーズの山ちゃんだったので、司会の面白さもかなり前面に出ていたというのがありまして。司会があんまり面白いと、持っていかれちゃうなと思ったので(笑)、『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』のほうは、司会はもう裏方に徹してもらって、どんどん進めてもらうというふうにお願いしていたんですよ。でも本番の時はね、ホントに淡々とやってくれるので、“もうちょっと面白いこと言ってもいいのに”と思ったりはしましたが(笑)。その辺は僕が徹底してしまったんですね。「ホントにもう、なんにも言わなくていいですから」って(笑)。「回答者が集中してできるように」って伝えてあったので。だから余計、緊張感が出てしまったのかもしれませんね。

──第一回はそういったプロデュースも初めてで、かなり大変だったと思いますが、そんな中ご自分も出演されるということで、もの凄く複雑な心境だったのではないかと思います。他の出場者のみなさんも相当緊張して挑んでいらっしゃいましたが、おおひなたさんはイベントが成功するかということも心配しつつ、勝負をするという。

おおひなた:そういうの、好きなんですよね。なので、その状況を楽しんでやっていたというのはあります。ただ、“絶対勝たなきゃいけないな”というプレッシャーは凄く感じていました。これで負けたら超恥ずかしいなー、と。思いっきり負けてますけど(笑)。

──田中圭一さんと一回戦で当たったんですよね。田中さんはあの日一番勢いがあったように思います。得意の下ネタが凄くて(笑)。

おおひなた:振っちゃったんですよね、下ネタの話を。開始前のインタビューで「下ネタをOKにしてしまったことを後悔しています」みたいなことを言ってしまいまして。田中さんの流れを自分で作ってしまったなぁと。あれは失敗だったと思います(笑)。

──そういう意味で言うと、出場者それぞれのキャラクターは凄く濃かったですね。第一回から相当面白いものになったと思います。最後の辛酸なめ子さんとうすた京介さんの一騎打ちは今思い返しても、凄い試合でした。最後の優勝の決め手になったうすたさんの答えはちょっと寒気が立つくらいでしたし。また、お題を考えられる方もかなり凝って作っていると感じました。

おおひなた:お題も一応、元芸人とか、現役のギャグ漫画家とか、お笑いをわかっている人に依頼しています。

──おおひなたさんの周りにはお笑いが好きな人が多いんでしょうか。

おおひなた:そうですね、僕の漫画が好きだと言ってくれる人はお笑いが好きだったりしますし。

──おおひなたさんのギャグ漫画のセンスもさることながら、漫画以外でも面白いことに多々挑戦されているので、おおひなたさんが何かやろうと声を掛けられたら、面白そう! と思って集まってくる人は多いでしょうね。このイベントの成功もそこにあると思います。

おおひなた:ありがたいことです。


対戦相手のくじ引きで大喜利の神に背かれる

──第一回が終わって、イベントのエンディングにはすでに第二回の開催を約束されていましたね。一年後にまた、ということになりましたが、来場者からは「半年に一回やって欲しい!」という声もありました。第二回までの期間はどう感じられましたか?

おおひなた:ちょうどいい感じがしました。一年ってあっという間な感じがするじゃないですか。だけどイベントを開くには、それくらいの期間が必要かなと思いました。半年に一回は多すぎるような気がしますし、ちょうど一年に一回くらいがゆっくり人選もできるし、アイデアもその間に思いつきますし。

──第二回は出場人数も増え、第一回以上に錚々たるメンバーが集まりましたね。第一回を終えての反響があったのでしょうか。

おおひなた:第一回に出た人はみんな、「次回も出たい」って言うんですよ。でも、第二回も同じメンバーでやってもしょうがないじゃないですか。かと言って、誰かを削るわけにはいかないし。田中圭一さんは仕事の関係で辞退されたんですけど、せっかく出たいと言ってくれている前回のメンバーを入れない理由が無いと言うか。嬉しいじゃないですか、そう言ってくれると。だから、その7人と、プラス何人かを入れてやるしかないなぁと。それで、第二回までの間に、仕事で何人かの作家さんとお会いする機会があったんですね。最初は喜国雅彦さんと仕事でお会いして、「『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』に出ませんか」って聞いてみたんですよ。そしたら喜国さんは大喜利が大好きだということで、二つ返事でOKしてくれたんです。その後、また仕事でしりあがり寿さんとお会いすることがあって、喜国さんとしりあがりさんは仲良しなので、「喜国さんも出るんですが、どうですか?」みたいな(笑)。そんな感じで、会う人にどんどん打診するという感じで決めていったんですが、気づいたら50代ベテランが4人出ることになっていまして(笑)。かなりびびりました。

──第一回とは違った緊張感が生まれましたね(笑)。でも、ベテランのみなさんも本番はかなり楽しんでいらっしゃいましたね。

おおひなた:そうですね。ベテランが一人だとプレッシャーもあったかもしれませんが、4人も同世代がいるということで、やりやすかったのではないかと思います。

──第二回の決勝はとり・みきさん vs しりあがり寿さんというベテラン同士の対決になり、イベントとしてもかなり盛り上がりましたね。

おおひなた:前回のベスト3がことごとく敗れ去って、初出場の2人が決勝で戦うという、予想のつかない展開になりました。くじ引きも、ホントに仕組まれているかのように絶妙な組み合わせになりましたね。50代4人が一回戦で激突することになりましたし(笑)。あと、第一回の第一回戦と同じ組み合わせがひとつもなかったんですよね。それに、第一回で一回戦負けした3人、ピョコタン・見ル野栄司・上野顕太郎が同じブロックに固まっていたり、大石浩二と朝倉世界一の草食系男子対決とか(笑)。ホントにこちらで仕組んだかのような面白い抽選結果だったんですよ。

──時間の関係で、リハーサルでくじ引きをしていたのですが、ホントに偶然でしたね。

おおひなた:それで、僕は抽選の時に「ホントに一番最後だけはイヤだっ!」て、ホントにそれだけだったんですけど、思いっきり最後の枠の12番を引いてましたからね(笑)。以前、ダイナマイト関西で、予選で連続K.O.勝ちで進んでいった東京ダイナマイトのハチミツ二郎さんが、本戦で最後のブロックになってしまって、待ち時間が相当長くて、その間にテンションが下がったということもあったそうなので。それで、これまでの勢いがウソみたいに、対戦相手の和田ラヂヲ(漫画家)に一回戦で負けてしまったんですよ。そういう話を聞いていたので、最後の枠だけは絶対イヤだと思っていたんですよ。最後のブロックのシード枠なので、最初の試合が8試合目ですからね。待ち時間が相当長いわけですよ。できれば第一回戦からたくさんやりたいと思っていたので、あそこだけは! と思っていたんですがね。なんじゃこれは!? と。大喜利の神に背かれました(笑)。

──そう言えば、おおひなたさんは第一回も最後の枠でしたね(笑)。とは言え、第二回では前回の第3位である朝倉世界一さんに勝利していらっしゃるので、そのプレッシャーにも打ち勝っていらっしゃいますね。ところで、今名前の出た、和田ラヂヲさんとは別のイベントで大喜利をされていましたよね? 私は和田さんにも是非ご出演して頂きたいです。

おおひなた:そう、『第二回ギャグ漫画家大喜利バトル!!』に誘っていたんですが、スケジュールが合わなくて。ちょうどその時って夏休みじゃないですか。だから、家族旅行に行く人が多いみたいで。「家族旅行だから、ごめんね!」ってなぜか嬉しそうに断る人もいました(笑)。でも、僕はこのイベントが夏休みの間にあるのっていいと思うんですよ。地方からもイベントに来られるし。まぁ、チケットはあっという間になくなっちゃいますけど(笑)。

第三回が本格始動するのはDVDが発売されてから

──第一回、第二回と、ご自分が主宰である『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』が異常な盛り上がりとなったわけですが、おおひなたさんにとってこの二つの大きな出来事によって、私生活に何か影響が出てくることはありましたか? たとえば、あらゆる発想が大喜利的な考え方に変わってきたりとか。

おおひなた:それはありますね。たとえば、面白い言葉を見つけたら携帯にメモったり、ちょいちょいやってます。結構溜まってるんですよ。(おおひなたさんの携帯メモから「アイフォーンと言うか、アイフォンと言うか、もめる」「夏場の化粧崩れ」「物産展」などのキーワードのメモがあり、一同爆笑)でもね、その“大喜利キーワード”は全然本番で使えないんですよ(笑)。出てこないですね、忘れちゃって。

──本番ではプレッシャーで頭が真っ白になったりしましたか?

おおひなた:しますね、やっぱり相手の回答がウケたりすると極度に焦りますね。“やばい!”って。第一回の田中圭一さんとのバトルの時なんか、もう残りの一分の頃はなんにも考えられなくなって、“ここでいい回答出さないと負ける!”っていう状況になって、でも何も出てこなくて。「もうやめろー!!」っていうフリップを書いていました(笑)。出しませんでしたけど。極限状態でしたね。

──この度、イベントのDVDが発売されることになりましたね。そんな『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』の裏事情を踏まえつつ(笑)、再び見ることができて嬉しいです。イベント入場券は発売開始3分で売り切れるという、かなりの競争率だったので、涙を呑んで悔しがったファンのみなさんにとってもかなり喜ばれると思います。

おおひなた:自分でもこんな大きなイベントになるとは思っていなかったですね。DVD化のお話を頂いた時も嬉しかったですよ。DVDは年明けには発売されるので、それをいろんな漫画家の人に見てもらって、それからかな。第三回に向けて本格的に始動するのは。

──DVDも発売されて、『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』の存在を知る人は相当多くなりますね。以前出場を断られた漫画家のみなさんも、気持ちが変わって参加したくなるのではないでしょうか。

おおひなた:そうですね。DVDは内容もいいのですが、初回封入特典のブックレット(全出場者描き下ろし!『ギャグ漫画家大喜利BOOK!!』カラー20P)がかなりしっかりした作りになっていて、メジャー感が凄いありますね。B級感じゃなくて(笑)。これだったら出たいって思ってくれるんじゃないかなと思っています。

──凄い豪華ですね。みなさん凄い力を入れて描いていらっしゃいます。『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』への愛が感じられます。このブックレットだけでも相当価値がありますね。

おおひなた:みんなね、凄い気合入れて描いてるんです。大喜利の時はね、急いで描くからみんなヘタクソなんですよ(笑)。誤字脱字も結構あるし…。

──イベント当日は、フリップを出すのは一瞬なので、間違いまでは気づかなかったです。せっかく絵も描いてあるのだから、ゆっくり見られないのがもったいないと思っていたので。そういう意味でもDVD化は嬉しいですね。会場に来ていた人も、DVDで改めてそういう楽しみ方もできますから。

おおひなた:発売に合わせて、新宿のタワレコでミニ大喜利イベントも2月の末にあるので。それはいしかわじゅんさん、喜国雅彦さん、大石浩二さんと僕で4人並んで、通常の『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』とは違った形でイベントをやりますので、是非遊びに来て下さい。

──DVD、楽しみにしています! 第三回も凄く待ち遠しいです。『ギャグ漫画家大喜利バトル!!』がますます広がっていくことを期待しています! 本日はどうもありがとうございました。



ギャグ漫画家大喜利バトル!!

【Disc1 収録内容】
◇第二回ギャグ漫画家大喜利バトル!![収録時間:約158分]
【Disc2 収録内容/映像特典】
◇第一回ギャグ漫画家大喜利バトル!![収録時間:約92分]
◇ギャグ漫画家大喜利座談会(おおひなたごう、うすた京介、とり・みきによる対談)[収録時間:約27分]
◇初回限定封入特典:全出場者13名描き下ろし!『ギャグ漫画家大喜利BOOK!!』(カラー20P)
◇おおひなたごう描き下ろしジャケット
◇タイトル・ロゴ:寺田克也

発売元:株式会社デイライト
販売元:アミューズソフトエンタテインメント株式会社
価格:3,990円(税込)

(C)ギャグ漫画家大喜利バトル!! (C)Go Ohinata All Rights Reserved.

★amazonで購入する


posted by Rooftop at 10:00 | バックナンバー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。