ギター バックナンバー

大晦日スペシャルインタビュー!('09年12月号)

石井 康崇:Bass(a flood of circle)×谷川 正憲:Vo&G(UNCHAIN)×門田 匡陽:Vo.G(Good Dog Happy Men)THE FINAL OF 2009 第一部 〜シンジュクアクション〜 “日本のロックの夜明け”

新宿ロフトの大晦日は「日本のロック」の未来を背負う3バンドのガチンコ勝負!


 2009年、新宿ロフトが大晦日にお届けする<THE FINAL OF 2009 第一部 〜シンジュクアクション〜 "日本のロックの夜明け">。日本のロックの未来を背負う3バンドが、市松模様のステージでガチンコ勝負! メンバーの失踪・脱退を乗り越え新しいスタートを切ったa flood of circle 、今年4月から2人体制となりながらも精力的に活動を行なったGood Dog Happy Men 、初の日本語詞での楽曲発表や、この秋に上京を決意したUNCHAIN。
 取材当日には、大晦日に会場で販売する年越しそばの試作・試食会や、自らの思いを筆にしたためる書道大会(?)も敢行! それぞれに大きな転機を迎えた2009年を締めくくるにあたり、今年一年の総括と来年へ向けての抱負、そして大晦日のライブに対する意気込みをお話ししていただきました。(text:新宿LOFT 沢目千鶴子・松浦由香理)


2009年の総括&来年に向けての抱負

──今年1年を総括する言葉を書いてもらいましたが、なぜこの言葉にしたのかお一人ずつ聞かせて下さい。門田さんは「Time is on my side」でしたが。

門田:常日頃からこういう気持ちで生きるようにしているんです。GDHMは今年メンバーが脱退して2人になったり、レコーディングをやってCDを3枚リリースしたり、来年にはアルバムのリリースも控えています。今年1年を通して、考え方によってはすごくマイナスなこともあったけれど、日々努力をする理由があればマイナスもマイナスに見えなくなるんです。メンバーが2人になってネガティブに捉えず、「俺達の時が来た」って思えるのは素敵なことだと思っています。人生ってちょっとした一瞬で全てが変わる時があるんですよね。その一瞬に出会う確率を上げるために、日々努力をするんじゃないかなって。これが、今年一年がそろそろ終わるなっていう時に、自分の心を支配している気持ちなんですよ。だからきっと、そうやって来年も生きていけると思うから、「Time is on my side」にしました。

──来年はどんな年にしたいですか?

門田:何も考えてないんですけどね。今年は曲もたくさんできたし、3枚のリリースはほとんど今年になってできた曲でしたからね。だから、来年もペースを落とさず、また3枚くらいCDリリースしたいなとは思ってる。ライブの本数も増やしたいです。

──では、石井さんは?

石井:今年は色々ありましたからね。新宿ロフトで1月に初めてワンマンやらせていただいて、その後4月にファーストフルアルバムを出せて、その後フェスにも出て…。マイナスな時期もあったんですけど、3人になってからもセカンドフルアルバムを出せたっていうのは自信にもなったし、今年一番大きな事でした。今バンドがすごく良い状態になってるので、この勢いを止めたくないなって思って「勢」にしました。今の状況があるのもいろいろな経験を経て手に入れられたものだと思うし、メンバーの脱退がなかったら出来なかったことかもしれないですし。

──そして、UNCHAINは「重力」ですが、『Gravity』の作品からですかね。

谷川:そうですね。ちゃんと「重力」と読めていますか(笑)?

──大丈夫です。

谷川:僕は今まで英詞でやってきたんですけど、今年初めて日本語が入ったアルバムを出して、これが大きな転機になって、全国ツアーをやって…。そのツアーが終わったところで事務所を移籍したり、大阪から東京に引っ越して来たり。大阪は僕にとって大事な土地で、音楽を学んだ所でもあり、友達やバンドとの出会いがあり、8年間くらい育って来たので東京に来て本当にプラスになるのかとか不安があったんです。でも、これは大きなチャンスだとメンバーと話し合って東京に来る決意をしたんです。UNCHAINは中学校の時から続けているので10年以上になるんですけど、ここへ来て新たなスタートが切れるという事は、すごくいいことだと思っています。「重力」というのは、今までの環境を良い意味で振り切るっていうことで、東京で新たに頑張ろうという意味を込めて書きました。

──3バンドとも今年が転機だったようですね。 そこをポジティブに捉えて、来年が飛躍の年になるかどうか。何に対してもポジティブでいくことって、今の時代に絶対に必要なことですからね。

門田:うん。この時代だから、何かが起こった時にポジティブに考えられなかったら、音楽を続けていけないんじゃないかなって思う。90年代前半だったら、それが格好良さになったかもしれないけれど。今は退廃的な部分が、特別なことじゃなくなってますから。



音源リリースと年末のライブに向けて

──ともに音源のリリースをされたばかりだったり控えていたりするので、そのお話と年末のライブに向けて一言お願いできますか?

門田:さっきの話しと重複してしまうかもしれないけれど、新しいアルバムのタイトルが『The Light』なんです。例えばevergreenってずっと続くものだし、STAY GOLDは輝き続けるって言葉でしょ? だけど“The Light”ってのは瞬間なんですよ。瞬間のパッと眩しい光。刹那主義的な見方ではなくて、人生はよくも悪くもふとした瞬間で変わるから、何か一つの物事に対して気持ちをネガティブにする必要はないし、変に楽観的になる必要もないって思って生きてるのね。人生は線だけれども、そこに点がつく時に、自分がどう感じる事が出来るかっていうことをすごい考えてて。

──その点が「Time is on my side」になる?

門田:そう。その点が自分にとって“The Light”であるように。今までの人生の中でも、この瞬間が“The Light”だったなみたいな、そういったことを集めた瞬間の音楽になっています。

──年末のライブでは聴かせていただけるんですか?

門田:どうなるかわからないですが、いつもとは違うライブをする予定でいます。

──石井さんは?

石井:11月に出した『PARADOX PARADE』は、メンバーそれぞれの個性がものすごく出てるアルバムなんです。前作以上に今自分達が出来ることの全てを入れられたと自信を持って言えるので是非聴いてほしいですね。年末のライブは、12月にもたくさんライブがあるので、日本一周して二回りくらい大きくなって、今年一番良いライブをして締めくくろうと思ってます。

──谷川さんは?

谷川:はい。僕たちは来年1月にシングルをリリース予定なんですけど、すでにその次のアルバムに向けてどんどん考えが定まってきているところです。この前出たシングルの『Gravity』もそうなんですけども、環境が変わって再スタートを切って思う事が、これって昔、10代の頃に地元の京都から大阪に出て来た状況と気持ち的に少し似てるなあって。もちろん当時と今とでは考え方が全然違うんですけど。若かったというか(笑)。それが今は足りなくなってきているというか、元気がなくなってきてるんじゃないか? って思うんですよ。

──落ち着いてきたと?

谷川:昔は、すぐに凹んだり、ちょっとしたことで嬉しくなってすごいハイテンションになったり、それを大人になろうと思って抑えて来てるのが自分でもあったし。でももったいないなって最近思うんです。もっとグラグラしている気持ちがあっても良いと思うし、それをUNCHAINの曲で表現しても良いんじゃないかって。『Gravity』でもそういうところを結構意識して作ったんですけど、その来年出るシングルは、インディーズ時代にリリースした『myself』って曲のリテイクも収録されるんです。『myself』という曲が4〜5年経った今どうなるのか。あと、高校の時からコピーしていたREACHってバンドのカバーテイクも入れようかなと思って。REACHの曲を最近聴き直して、やっぱりかっこいいなと心から思いましたし、そういうワクワクドキドキする感じとか、気持ちがギラギラして、天下獲ったるぞみたいな気持ちをもう一度曲で表現したいんです。今まさに作っている最中で、UNCHAINにしか出せないものになればといいなと思ってます。ライブも今年はどんどん変わっていってた年で、目標としては自分の心をステージでどれだけさらけ出せるか。それをお客さんにどう伝えるか。最近では、そういう部分が見せられるようになってきたと思うので、ロフトのライブでは、裸のUNCHAINを見せたいなと思います。大晦日はクアトロとダブルヘッダーなんですが、全く違う選曲でやると思いますよ。

──楽しみです。それでは年末、よろしくお願い致します!

一同:よろしくお願いします!!



Live info.

12.31(thu)新宿LOFT
<THE FINAL OF 2009 第一部 〜シンジュクアクション〜 "日本のロックの夜明け">

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV ¥1000 / DOOR 未定
a flood of circle / UNCHAIN / Good Dog Happy Men

a flood of circle
『TOUR メPARADOX PARADE』
2010.02.06(sat) 仙台PARK SQUARE
2.14(sun) 新潟CLUB RIVERST
2.18(thu) 名古屋CLUB UPSET *ワンマン
2.25(thu) 広島NAMIKI JUNCTION
2.26(fri) 福岡graf
2.28(sun) 十三FANDANGO *ワンマン
3.05(fri) 恵比寿LIQUIDROOM *ワンマン
【OTHER EVENTS】
12.3(thu) 新潟CLUB JUNK BOX mini
12.8(tue) 松山サロンキティ
12.9(wed) 周南TIKI-TA
12.10(thu) 福岡DRUM SON
12.12(sat) 長崎DRUM Be-7
12.13(sun) 大分T.O.P.S
12.15(tue) 高松DIME
12.17(thu) 千葉LOOK
12.19(sat) 仙台HOOK
12.21(mon) 青森Quarter
12.26(sat) 横浜F.A.D
12.28(mon) 幕張メッセ国際展示場1〜8ホール
2010.01.17(sun) 新木場STUDIO COAST
02.11(thu) 渋谷AX

UNCHAIN
12.09(wed) 心斎橋OSAKA MUSE
12.21(mon) 千葉LIVE SPOT LOOK
12.28(mon) 幕張メッセ国際展示場1〜8ホール
12.31(thu) 渋谷CLUB QUATTRO ”VINTAGE × DI:GA 2010”

Good Dog Happy Men
12.22(tue) BASEMENT BAR
12.30(wed) SHIBUYA O-WEST
『The Light TOUR』
10.2.19(fri) OSAKA MUSE
10.2.21(sun) 名古屋アポロシアター
10.2.28(sun) Shibuya O-WEST

posted by Rooftop at 12:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。