ギター バックナンバー

しりあがり寿PRESENTS 新春!(有)さるハゲロックフェスティバル2010('09年12月号)

さるハゲロックフェスティバル2010

祝!唯一無比のロックフェス「さるフェス」が今年も新宿ロフトで開催決定!!


そもそもは、マンガ家しりあがり寿の事務所「有限会社さるやまハゲの助」の福利厚生行事として始まった「(有)さるハゲロックフェスティバル」(以下、さるフェス)が、昨年よりさらにパワーアップして新宿ロフトでの開催が決定した。国内外に大小様々なフェスは数あれど、プロも素人も渾然一体となった「さるフェス」ほど一体何が出てくるかわからないフェスは他にないだろう。今回、さるフェス2010開催を記念して、首謀者しりあがり寿と幹事の河井克夫、村山章、そして前回に引き続いての出演となる安斎肇に集まってもらい、さるフェス2010の展望を語っていただいた。(構成:加藤梅造)


音楽に乗るんじゃなくて、図に乗るかどうか

安斎 いきなりですが、今回ギャラを払って呼ぶ人いるの?

しりあがり いないです。すべてノーギャラ。

安斎 カッコいい! 『ガロ』スタイルだね。でも中には期待している人もいるんじゃないの?

河井 まあ、そのへんはムニャムニャ言って。アマチュアとプロの境界線をたゆたうようなイベントなので。

安斎 そもそもこのイベントでギャラがどうのこうの言ったらダメでしょう(笑)

しりあがり 今日こんな話でいいの?

──じゃあ、まずは前回の「さるフェス'09」を振り返って下さい。安斎さんはOBANDOSで参加してますが。

安斎 さるフェスには去年初めて出させてもらったんですが、実はあの日のステージがOBANDOS史上一番よかったんじゃないかと言われてるんですよ。しりあがりさんは叩いていたドラム(というかポリバケツですが)を、キース・ムーンのように倒すわ、パラダイス山元さんは、カズーのついた盆栽(?)を吹いてるうちに床に落とすわ、演奏中どんどんモノが壊れていって、まさにThe Whoのステージのようでした(笑) 俺は俺で、ミュージシャンっぽくステージで飲もうとしてたお酒を、一口も飲んでないうちにこぼして、床をびしゃびしゃにしてしまった(笑) 後ですごい謝ったから。

しりあがり でもOBANDOSはさるフェスにぴったりでしたね。他のフェスに出るとちょっと浮くんだけど……

安斎 さるフェスの次に出たのがサマソニですから、さるフェスが完全に踏み台だった(笑) だから今回のライブは凱旋公演ですね。

しりあがり お客さんの食い付きはめちゃめちゃよかったですよ。

河井 ちなみにOBANDOSのライブの善し悪しは何が基準なんですか?

しりあがり 自分たちはどんな音が出てるのかわからないからなぁ。だからお客さんのノリ? 客席が盛りあがるとこっちも図に乗るから。

安斎 音楽に乗るんじゃなくて、図に乗るかどうかだ(笑)

──客席の反応が重要なんですね。

しりあがり ある意味、お客さんを試してますから。これでも乗れるのか、と(笑)

一番試されるフェス

しりあがり この前もOBANDOSで大阪のレインボーヒルというフェスに出たんですが、これぞフェスという感じで、すごくいい雰囲気でしたね。

安斎 本当に手作りのフェスで、楽屋弁当は手作りのおにぎりだったり、ケーキはみんなカンパして下さいみたいな。スタッフもほとんどボランティアで。一方、さるフェスの場合は、手作り弁当すらないという(笑) 楽屋すらないから。ある意味、一番試されるフェスだね。

しりあがり 何が試されるんだろう…… 人のよさとか?

安斎 でも観に来ている人もプロのミュージシャンがいたり、結構すごい人多かった。でも、なんだかんだで一番面白かったのは、小坊主ユニットのチンネンマンネン。

しりあがり チンネンマンネンみたいなのも生きていけるというのが大事です。水が澄んでる川じゃないと生きていけない人達だから(笑)

安斎 楽屋とかあったら死んじゃう。弁当があったら食って寝ちゃいそうだし。

しりあがり チンネンマンネンは飼育するのが難しいんですよ。

安斎 出てるバンドはどういう基準で選んでるの?

河井 もはやわからないですね。ちゃんと演奏のできるミュージシャンをわざわざ外してド素人をキャスティングしたり。まじまんが、とか(笑)

安斎 まじまんがってどんなのだっけ?

しりあがり 必ずさるフェスの最初に登場してフォークギター1本で歌うマンガ家さんがいるんですよ。

河井 もはや、さるフェスを象徴する存在ですね。

安斎 じゃあ、当然ファンもついてるわけですよね?

河井 どうかなあ(笑) というか、なんか出さないといけないような気にさせるんです。もはや出すことに意義がある。あと、のぐおっていう人がいるんですが、こっちが出るなって言わない限り、毎年出るつもりでいますから(笑)

安斎 のぐお枠になってるんだ。そのうちフェスの主(ぬし)みたいになるんだろうなあ(笑) 主催者より大きい顔してる存在に。

ラインナップは「B級のベスト盤」!?

──他にさるフェスを象徴するバンドは何ですか?

河井 さっき話に出たチンネンマンネンもそうですよ。ステージ立ちたいとか思ってない人たちを無理矢理出してる。

しりあがり 後は、赤い板前と人魚もいいですね。現代美術の画廊のオヤジがやっていて前衛的なんです。本格的な所では、パンチの効いたブルースや、パラダイス山元と東京ラテンムードデラックス Featuring 園田ルリ子が出ます。

安斎 めちゃめちゃ豪華じゃないですか! B級のベスト盤みたいな(笑)

──これは完全にA級ですが、谷川俊太郎&谷川賢作というのがスゴイですね。 村山 谷川俊太郎さんが、息子さんでピアニストの賢作さんをバックに詩の朗読をするというユニットですね。

安斎 ああ、詩のボクシングでもやってましたね。しかし、谷川さんもそうだけど、さるフェスに出てる人達ってロックフェスなんかに出てないで原稿書いて1冊本作った方がいいよね(笑) なんでこういう商売の人は音楽をやりたがるんだろう?

しりあがり なんか幻想があるんですかねえ。バンドに。

──十代だったらバンドでモテたいという動機が大きいですが。

安斎 この歳になるとモテたらめんどくさいことの方が多いから。

河井 でも女の子にキャーキャー言われるのはやぶさかではないんじゃないですか。

安斎 そうだけど、まずキャーキャー言われませんから。なんか文化祭みたいに発表したいっていう気持ちがあるんじゃないのかな。

しりあがり 僕は苦楽を共にしたいです。お客さんも含めて。だって深い時間になると結構ふらふらになるよ。

安斎 そうそう。かなり飲んだからなあ(笑) ベロベロだった。意外と飽きないよね。

しりあがり 2ステージあるから、行ったり来たりできるのがいいよ。

安斎 扉一枚しか隔ててないからね(笑) 普通のフェスだと結構歩かなきゃいけないところを。

しりあがり ウロウロしながら酒飲むのがいいんですよ。

安斎 フィルモアを作ったビル・グラハムの気分ですね(笑)

しりあがり あんまり演奏観てないんだけど……。バーの奥のエリア(深海エリア)があるじゃないですか。あそこでまったり飲んでる人多いんだよね。

河井 でも、今年はあのエリアでも何かやろうと計画してるんですよ。逃げ道なくす方向で。

──おお、ついに3ステージに! 何やるんですか?

しりあがり 手品とか。今回は手品ができる人を仕込んでますから。

河井 占いブースはどうかな。占いできる人も結構いるから。

安斎 暗いから占いはいいよね。指圧もいいんじゃない。足ツボだけでもいいけど。素人足ツボとか。

しりあがり それいいね! 「素人足ツボの店あります」って(笑)

安斎 「いや、素人なんでちょっと痛いです」みたいな。

しりあがり バンドも素人が多いからいいんじゃないですか。

安斎 素人針はさすがにイヤだけど。

しりあがり 鏡割りとかできないかな。新年会だし。オープニングに鏡割りをして中から人が出てくる。

安斎 頭打って気を失ってそうだけど。

しりあがり まあ結局は、最後に打ち上げがしたいだけなんです。

安斎 打ち上げってどこでやるの?

河井 そのまま同じ場所でやるんですよ。机と椅子を出して。出演者と残ったお客さんも一緒に。

安斎 すごいね。打ち上げ付きのフェスなんだ。

しりあがり みなさん是非最後まで残って打ち上げに参加して下さい。


[出演者予定](五十音順)


アーバンギャルズ(Vo.河井克夫)
[エレクトロフォーク]
河井克夫(Vo,G)、鳥羽ジャングル(micro KORG)、サイモンガー(micro KORG)。2003年に結成。地道にライブ活動を続け、「これからのアーバンギャルズ」「さらにこれからのアーバンギャルズ」の2枚のアルバムを自主制作。2007年にはロフトプラスワンでの単独ライブを敢行、成功を収めた。以後も、毎回のライブごとに変化を見せる彼らだが、今回はさらに新たな方向性が!!


赤い板前と人魚
[電撃テクノパフォーマンス]
キムラ芳幸(魚解体)、コバヤシマサコ(人魚)。音楽として期待して見ないでください。箸休めです。長丁場でみんな疲れるだろうし、たまにはこんなのも良いかもね・・・と、温かく見守ってください。キムラの唯一の得意技である「魚の三枚おろし」を、ご披露します。ついでに人魚もさばいちゃうかも。


エレキコミック
[お笑い]
やついいちろう、今立進。97年結成。やついの濃いキャラと今立の軽快な突っ込みで爆笑コントを生み出す人気コンビが“さるフェス”に参戦!


OBANDOS(安齋肇&工作員)
[工作音楽]
安齋肇(イラストレーター、ソラミミスト)、朝倉世界一(漫画家)/白根ゆたんぽ(イラストレーター)/しりあがり寿(漫画家)/高橋キンタロー(イラストレーター)/薙野たかひろ(イラストレーター)/なんきん(漫画家)/パラダイス山元(マン盆栽作家)/ミック・イタヤ(ビジュアルアーティスト)。日本を代表するアーティストが手作り楽器を持って集まった! 人気の工作展から飛び出た超ジャンルバンドが、音楽?シーンを震撼させ、2009年サマーソニック、レインボウヒルを制覇!フェスにOBANDOSあり(笑)


顔田顔彦(大人計画)
[手品]



御当地アイドル!! キンジョリーナ♥セピア
[電子アイドル歌謡]
ユキユキロ(Key/Perc/Vo)、純メンバー(正式メンバー)。※お知らせ初春の候ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。毎年御愛顧頂いております「御当地アイドル!! キンジョリーナ♥」ですが、リーダーのホンマチナツ(Key/Vo)が故郷の星の徴兵制により宇宙スペース軍団に入隊し星間戦争に出征する事となりました。そのため今回の出演は当該メンバーを除く2名による「キンジョリーナ♥セピア」での出演となりますので御了承下さいますようお願い致します。


COSMIC7
[ロック音楽]
村山章(Vo,G)、武藤羊修(Dr)、小池伊織(G,Vo)、nao-com(Violin,Vo)、あきやまみみこ(B,Vo)。06年「まぼろち」に所属する村山章、しりあがり寿、nao-comの3名に武藤、小池を加えた新バンドとして結成。「さるハゲ歌合戦」やメンバーの結婚式などで経験を積む。07年にベースがしりあがり寿から元erosのあきやまみみこに交代し「さるフェス‘07」において本格的に再始動。オルタナな精神を守りつつ“決して威勢のいいことは歌わない”ロック音楽を追求中。


是枝みきと佐藤美由紀
[タンゴ]
是枝みき(Vo)、佐藤美由紀(Pf)。タンゴといっても黒猫でも兄弟でもありませんぜ。バラ咥えて踊ったりもしませんぜ。バンドネオンもいませんぜ。しかも歌ですぜ。だからリベルなタンゴはやりませんぜ。でもタンゴですタンゴなんです、タンゴったらタンゴです。本気で真面目にタンゴやってます。タンゴ歌手なりたいです。いや、てゆうかタンゴ歌手です。不況だとタンゴ流行るらしいといわれて幾年月。流行らなくてもタンゴ愛してます。タンゴラヴ。


サイモンガー・モバイル
[最小規模ファンク]
サイモンガー(KORG DS-10、KAOSSILATOR、学研SX-150ほか)。ニンテンドーDSをシンセにするソフト「KORG DS-10」で打ち込んだオケをバックに、大声で歌います。


サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース
[ニューウェイヴロック]
サエキけんぞう(Vo)、makojet(G)、sallycat(Syn)、tsubaking(Dr)。1980年1st「ハルメンズの近代体操」でデビューしたサエキけんぞう(現パール兄弟)は、Boogie the マッハモータースのオファーによる出会いより、たくさんのイベント で、ハルメンズの完全コピーを披露してきた。ベース不在、シンセベースでラウドなロックを演じるBoogieは「ロマンティックなロボットヴォイス・飛び交う電子音・たたみかけるヤクザなビート」といううたい文句でニューウェイヴ指向の超絶サウンドを特長とする。彼らの詳細な分析と、ダイナミックな音量により、「レーダーマン」「昆虫軍」など、時空を超えたハルメンズサウンドを完璧なパワーでお送りする。


THE CLEARASILS(G,Vo.平川雄一)
[マージービート]
平川雄一(G,Vo)、神野敦史(B,Vo)、島田一樹(Dr)。もう破裂寸前!!ビートバンド界の蒼き新星、クレアラシルズ!!


死顔
[ロック]
ユキユキロ(Vo)、飛鋭78式改(G)、PCヒラカワ(B)、蒸し鶏(Dr)、妹ドラゴン(看板)、ペイズリー(テルミン)。生まれてから死ぬまでの一瞬をロックするバンド「死顔」。


親戚(Vo.しりあがり寿)
[宴会パンク]
紺屋町コトブキ(Vo,G)、比叡山アキラ(G)、長岡京みみこ(B)、子煩悩ユウイチ(Dr)。親戚パンク好きオヤジが披露宴の余興で大迷惑バンド!「てんとうむしのサンバじゃねぇだろ!」OI!OI!OI!


Slash-Bunches
[メタル]
今井(G)、内海ブラザーズ(兄・G、弟・B)、田中シスターズ(姉・Vo、妹・Key)、菅沼(Dr)。どこの馬の骨かわからないをテーマに、野盗のごとく野ざらし雑草メタルを目指してみようと思います、どうか暖かな目で見守ってください。

谷川俊太郎&谷川賢作
[ポエトリーリーディング]



チンネンマンネン
[楽器演奏]
チンネン(リコーダー)、マンネン(リコーダー)。しりあがり寿プロデュース! 善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。今宵みなさまを極楽にいざなう至福の小坊主ユニット、またまた合掌。


剛連合
[長渕剛]
高田昌裕(Vo,G)。河井克夫監督作『徳川綱吉』では五代将軍綱吉を演じたスーパー素人・高田昌裕(27歳)が、オノレの全存在を賭けて歌い上げる“魂の弾き語り”。演目はもちろん小学生時代から愛し続ける“長淵剛”。伝説のイベント「さるハゲ歌合戦」のベストアクトと激賞され、「さるフェス’09」ではメインステージを沸かせた男が「剛の魅力をもっともっと伝えたい」との想いから今回も登場。本人の意図はともかく、普段はおとなしい好青年、高田くんの魅力と情熱は間違いなく伝わります!

脳天気商会(下関マグロ、北尾トロ)

のぐお&メホソ兄弟(のぐお、鳥羽ジャングル)
[お笑い&映像パフォーマンス]
おもしろい事を日々追求するユニットです。目が細いからメホソ兄弟です、しりあがりさんが飲んでる時に付けたけど本人覚えてないみたいです。


NLUKA SORCA(野宮真貴、湯山玲子)
[ロック]
サンディ野宮(B)、キャロライン湯山(Dr)、MOMOKOMOTION(G)、NOEMI(Vo)。クリス・ペプラーの誕生日で、楽器を100万年ぶりに触っちゃったが運のつき。「やっぱ、バンドは止められねぇぜ」(アンヴィル風)ということで、誕生したガールズバンド。一夜限定予定のバンドでしたが、、、楽しくなってしまい未だエンドレスな一夜が続いております。現代版80'sロック!!!のるかそるかはあなた次第。!!


ハギヌン
[エレクトロニック・ヴァイオリン]
萩原佳明(ハギ)、小松ヌンチャク(ヌン)。約10年前、萩原佳明(ハギ)はとある編集部を退職した。そのひと月ほど後、小松ヌンチャク(ヌン)がその編集部で編集者として働きだした。ニアミスした編集者同士として、鬼才しりあがり寿氏を介して知り合ったふたりではあったが、特に目立った交流もないまま10年の時が流れた。そして一昨年、さるフェス'07で「さるハゲ・ベストヒッツ」として共演。しかし、やはり交流は深まらない。ところがそんなある日、駅でバッタリ。「さるフェス'09出ないの?」→「じゃあ何かやりますか」というわけで意気投合、すれ違いから始まったふたりが、ロック、エレクトロニカ、クラシックを交錯させる。

爆音戦隊スンプレンジャー・根性丸!
[ハードロック]
スンプレッド(G,Vo)、スンプブラック(B)、スンプグリーン(Dr)。静岡市内のせまーいエリアで、幼稚園児を中心にかなり有名で人気のある(ホントだよ)爆音戦隊スンプレンジャーのスンプレッド・スンプブラック・スンプグリーンの3人のプロジェクト爆音戦隊スンプレンジャー・根性丸! 気合と根性バリバリで、愛と勇気をお届けします。


バナナシスターズ
[レトロ楽隊]
ミミー(あきやまみみこ)(Vo,Uke,Kazoo)、マリー(上海マリー)(Vo,Maracas)、ミリー(まつもとみみり)(Vo,Uke,Kazoo)、阿部悟郎(Vo,Uke,Andes25F,Vc)、村山章(G)。ウクレレ抱えた3人娘が歌い踊り、懐かしの曲をアコースティックでアレンジ。メンバー全員が京都出身or在住のFrom KYOTOなバンド。元々は、あきやまみみこと阿部悟郎が"ウクレレを買った"のをきっかけに『バナナスターズ』を結成。「さるハゲ歌合戦」「さるフェス'07」に出演し、アロハ姿でゆるく似非ハワイアンを披露していた。「さるフェス'09」からは、ボーカルに上海マリーとあきやまの実妹まつもとみみりが加わり、またギターに村山章を迎え、メンバーも新たにアロハは着ないレトロ楽隊として再編成。名前も『〜シスターズ』と改め、今回の「さるフェス2010」では『バナナシスターズ』として3回目のステージとなる。

パラダイス山元と東京ラテンムードデラックス Featuring 園田ルリ子
パラダイス山元、園田ルリ子、他。


パンチの効いたブルース(長見順、かわいしのぶ、GRACE)
[熟女(最先端)]
巻き舌は使いません、ギターのチョーキングは延びません、ドラマーのブラシはこわれます、ベースのオトは濁ってます。パンチのきいたブルースです。よろしく。


PEVO
[テクノポップ]
pevo1号(G)、pevo3号(Voice)、pevo5号(Dr)、セイジ(DJ)。最近3rd『NON-STOP PEVO』を発売(ショップメカノで絶賛発売中!)DRIVE TO 2010平沢進プレゼンツDAYに出演と飛ぶ鳥(スズメとか)を落とす勢いの宇宙人3人と地球人DJによるテクノバンド。自分たちの設定をあまり語らないのが特徴。


Poolside(Vo. 町田とし子)
[ポップロック]
道源伸丈(Vo,G)、守屋智博(G,Cho)、佐久間珠理(B,Cho)、矢代拓也(Dr,Cho)、草野千恵美(冷やかし、Vo)。ボーカル&ギター1名、ギター1名、ベース1名、ドラム1名と不思議な漫画家1名から成る5人組。「プールサイドはあまり頭の良くない5人が集まったバンドです。頭が良くないなりに、頑張ってポップなロックをプレイしています。ライブではお客さんを楽しませて、驚かせて、感動させて、笑わせて、笑われて、それを目標に精進しています。2枚目から3枚目まで任せていただきたいです。たくさんの人に届く、いい曲をたくさん作っていきたいと思っています」


BLACK CRIMSON(Vo.中里順子)
[へヴィーメタル]
キャサリン(Vo)、エクスプローラー(G)、デリンジャー(G)、ワーロック(B)、パール(Dr)。今世紀最大の衝撃!僕らはこの音(サウンド)を待っていた!ついにそのヴェールを脱ぐ次世代正統派ヘヴィーメタルバンドが、この「BLACK CRIMSON」、既に海外のキッズの間では奴らの話題で持ち切りだ。各界からも、驚きと絶賛の声が上がっている。
「奴らは最高さ!ワイフまで夢中になってるぜ。え?俺?奴らに任せて、引退でもするかな。HaHaHa!」(Oジー・Oズボーンさん)
「神である俺が認める、唯一のバンドだ・・・何?奴らが神の座を狙ってるって?・・・ったく、最高のファック野郎だぜ!」(Rブ・Hルフォードさん)
「まあ、お上手」(K柳T子さん)


まじまんが
[フォーク]
マジマンガ・サディスティック・ピンク(Vo,G)。花の東京砂漠で愛と希望を奏でる旗本退屈吟遊詩人=マジマンガ・サディスティック・ピンクが正統派フォークで聴かせます。ご近所お誘いあわせのうえ、是非ともご覧下さい。宜しくお願いします〜。


安彦良和vsササキバラ・ゴウ
[トークショー]
<安彦良和> マンガ家、アニメーター、機動戦士ガンダムの生みの親
<ササキバラ・ゴウ> マンガを中心にした編集、評論で活躍。著書に 『〈美少女〉の現代史 「萌え」とキャラクター』(2004年、 講談社現代新書)」等


Richard Hendrix Band
[フュージョン]
Jaermulk Manhatan×蒸し鶏 plays neo fusion music. swing swang swingin'!!!

その他豪華出演者、続々発表予定!シークレットゲストあり

[INFORMATION]

新春!(有)さるハゲロックフェスティバル 2010
開催日:2010年1月10日
開場:新宿LOFT
15:30open/16:00start/27:00(AM3:00)頃終演予定
前売 3,000円/当日 3,500円(+ワンドリンク500円)
チケット:チケットぴあ(Pコード:341-542)、ローソンチケット(Lコード:73483)、イープラス、新宿ロフトで発売中。
公式ホームページ:http://www.saruhage.com/sarufes/

posted by Rooftop at 12:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。