ギター 編集無頼帖

ぐりぐらぐりぐら

SN3F0438.jpg
 「g」を「c」に“変えた”だけで「change」が「chance」に“変わる”。“変化”は“好機”なのである。ピンチはチャンス バカになろうぜ、なのだ。
 「ぐり」と「ぐら」が「このよでいちばんすきなこと」は「おりょうりすること、たべること」だったが、自分にとって「このよでいちばんすきなこと」とは…煩悩の塊のような男ゆえ、とてもひとつには絞り切れない。ただひたすら音楽に淫し、それを活字にしたものを貪るように読み干すことが昔から好きだった。有難いことに、今はそれを生業にできている。与えられた好機は精一杯、全力を懸けて向き合わなければバチが当たる。
 辛いし、しんどい思いも散々するけど、やはり俺はこの仕事が好きなのだろう。…はて、何でそんな当たり前のことを今更綴っておるのだろうか(笑)。
 どんな場所にいたって、俺は自分にできることしかできない。ヨレヨレと徒手空拳のまま行くだけだ。やったるぜ。(しいな)
posted by Rooftop at 21:04 | Comment(2) | 編集無頼帖
この記事へのコメント
「ぐりとぐら」は大好きな絵本でした。食べ物系の絵本が好きだったので(笑)
この絵本がしいなさん所有のものなのがどうかが若干気になりますが(笑)、一字変えただけで『変化』が『好機』になるんですね。すごい!
私も好きなものだらけですが(笑)、煩悩背負って楽しみながら歩いて行きたいと思います。
Posted by smica at 2009年10月22日 00:53
>smicaさん
『ぐりとぐら』は近所のお医者さんにあったなぁ、子供の頃。

ちょっとした視点の変化で物事が変わって見えたりするのを忘れたくないですね。ズンドコな時は特に。
射し込む陽の光によって海の色が変わるように、移ろいゆく毎日を楽しみたいですね。
Posted by しいな at 2009年10月22日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。