ギター レギュラーコラム

遊星横町 vol.10('09年10月号)

遊星横町 vol.8

遊星横町的:ヴィジュアル系バンド 其の参


 本当に実現するとは…と、ライブを見ながら何度も思いました。ヴィジュアル系バンドを結成してから3ヶ月間、1人1曲ずつ曲を書いたり、スタジオに何度も入ったり、メイクの練習をしたり…と、オーディションライブのために全員が一丸となって取り組んできました。ライブ当日は、とにかく緊張していたご様子で「こんなにリハから緊張したのはバンドを始めた時以来だ」と言っていたぐらいです。しかし、ステージに立てば長年バンドをやってきたという歴史を感じることもでき、お客さんにも楽しんでいただくことができ、遊星横町の底力を見せつけられました。ヴィジュアル的にはどうなんだという気持ちは最後までぬぐえませんでしたが、ライブ後は少年のように目を輝かせながらお話をしてくれましたよ。

遊星横町

9月14日(月)池袋サイバー
“CYBER VISUAL MODE”
出演:遊星横町/Trigger/Ziggrat/LEON HEART/flairscent/etc

Live photo by:クラカタ レイコ


点数を付けるとしたら何点ぐらい?

遊:今日のライブは個人的な反省点とかを引いて、100点満点中であれば85〜92点ぐらいですね。

町:僕は昨日徹夜でギターの練習したわりには凡ミスが多かったから、自分のプレイ的には60点ぐらいだったけれど、ライブの完成度としては限りなく100点に近い。それに、この企画を通して勉強になったことが多かったから、やれて良かったな。リハからすごく緊張したけど、それがすごく新鮮でした。

マッチョ:僕はサポートという立場だったので、一番純粋に楽しめたと思うんです。100点をあげて満足しちゃうのは良くないので99点ですね。

星:僕は75点かな。自分の気持ちも会場の盛り上がりも考えたら100点に近いですけど、終わってから考えてみると、演奏をもうちょっとうまくできたんじゃないかとも思うし、もっともっといけるんじゃないかという欲が出てくるんです。

横:考えるよりも飛び込んでみてわかることっていうのはいろいろあったし、こういう企画がなければ池袋サイバーに出られるチャンスもなかっただろうし、自分たちがどれだけ楽しめたかということが一番大事だと思うから、僕は100点をあげたいですね。

遊:でもさ、ヴィジュアル系が俺たちにとってここまで刺激になると思ってなかったよね。だから、星野が付けた75点は大きいよ。真剣だなって思う。

星:これまでやってきたスケートや卓球と違って、音楽になるとどうしても心の底からOKにできないという部分がある。そういうのも含めて。だから、次はもっとがっちり。

遊:このバンドでどこまで行きたい?

星:あいつら面白いぞって、フェスのサブステージに呼ばれたいな。


まさかここまでのステージを魅せてくれるとは…

横:今までバンドを10年以上それぞれのスタイルでやってきたけど、この5人でビシッと息が合ってこれだけの ものが残せたというのは充実感があるね。

星:充実感はすごくあるし、思いの外やれたなというのはありますよ。普段は全員ボーカリストですからね。

遊:フロント4人のキャラが普段とほとんど変わらなかった気がしたけれど(笑)。

横:なんとか逸脱しようとやったんだけど、出ちゃうね(苦笑)。

遊:町田くんが最初に出て行ったのを見ながら、これは、RedShujiじゃなくて町田くんだなって思った。でもさ、今日はやることに意味があったよね。

横:見に来てくれた人にも感謝しないとだよね。

町:お客さんに助けられた感じがした。俺たちと同じぐらい今日を楽しもうという気持ちで来てくれたから。

星:ガチで楽しんでるのが良かったよね。

遊:マッチョもこの企画のためにいきなり呼び出されたけど、すごく頑張ってくれたね。

マッチョ:心から安心してやれましたよ。純粋にどのバンドでもトップを担っているメンバーだから、そのバックをやるというのは心地良かったです。


ヴィジュアル系は奥深いですね

遊:かっこつけるって大変なんだなって思いましたよ。学ぶことが多かった。他のバンドとか、すごくかっこよかったし、俺たちにもすごく親切にしてくれたよ。髪の毛のセットの仕方も教えてもらったし。今までのイメージが覆った感じがした。

星:俺は、ごちゃごちゃ考えないでやってお客さんが盛り上がってくれたというのは、原点回帰したところはあったな。自分のバンドだとうっかり真面目に考えすぎちゃうから。

横:自信にもなったよね。自分たちが楽しんでやれば伝わるんだって。原点をもう一回感じたからお互いバンドにも反映できそうだね。

星:自分たちのバンドでももっと楽しめるなと思いました。今日はギターでテンパってたのもありますけど(苦笑)、自分が歌う時以外は前に出ていかない感じでやろうと思っていて、後ろからみんなを見た時にすごい楽しそうだったし、楽しそうにしているからお客さんもアガるんだなっていうのが見えたんです。これって自分がバンドを始めた時もこうだったんじゃないかなって。ライブってもっと楽しいものなんだって再認識できました。

遊:だからこそ、1回だけで終わるのは残念ですよね。対バンしたバンドにも「次いつ対バンしてくれるんですか?」って言われたよ。俺としては何かしら次の段階に進みたい。もともとヴィジュアル系じゃないから、身の程をわきまえつつ楽しく続けていきたいんです。今日のステージは、若くて全然冴えないヤツに勇気を与えた気がするよ。俺たちがワーキャー言われたんだから(笑)。

町:10年以上バンドをやってきて、今日が一番キャーキャー言われた(笑)。ライブが終わって、客席に行ったら、「キャー! レッシューさん!」ってひそひそ言ってるのが聞こえましたよ。

遊:うん。やったということに意味はあったんだよ。そうすると、CDとか出したくなるよね。レコーディングとかしてワンマンになるとベストだよね。

横:次はこういうことも考えて動きましょう。ここまでやったから。今後の僕たちも楽しみにしていてください!


遊星横町 INFORMATION

■植木遊人
植木遊人(ソロ)
10.16(Fri)新宿Naked LOFT ※植木3番勝負!
10.17(Sat)渋谷LUSH
10.30(Fri)下北沢Club Que ※DJとしての出演
11.20(Fri)新宿ネイキッドロフト ※植木3番勝負!

植木遊人(ワイ・ユー・ジー(植木遊人GROUP))
10.19(Mon)下北沢Club Que
11.03(Tue)新宿レッドクロス

ワイ・ユー・ジー(植木遊人GROUP)ファーストアルバム『ネヴァーエンディングストーリー』11月25日全国発売決定!

http://ameblo.jp/yujinsha/


■ストライカーズ
10.09(Fri)新宿 RED CLOTH
11.06(Fri)名古屋 ell. FITS ALL 
11.15(Sun)shomokita round up
12.04(Fri)下北沢CLUB Que「配信シングルリリースワンマン!!!!」

http://www.the-strikers.com/


■横山マサアキ(テルスター)
オフィシャルサイトをご確認下さい

GRAPEFRUITS:Vo.G 柳井 良太(ex.LINK)、G 熊 智弘(RYOJI AND THE LAST CHORDS)、B 横山マサアキ(テルスター)、Dr キャプテン(ex.WiTH MY FOOT)
10.17(Sat)渋谷LUSH
10.28(Wed)東高円寺U.F.O.CLUB

http://www.badnews.co.jp/telstar/


■町田直隆
オフィシャルサイトをご確認下さい

http://www.machidanaotaka.com/

■ハミリーコンプータ
10.16(Fri)新宿JAM ※解散ワンマンライブ

http://www.hamicon.com/

posted by Rooftop at 12:00 | レギュラーコラム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。