ギター 編集無頼帖

カミナリみたいに掻き鳴らせ!

ファイル0003.jpgファイル0002.jpg
 全国1億3千万人のOHZZYファンの皆さん、次号の『月刊・怒髪天』は“OHZZYの耳”です。前回の取材時(室内打ちっ放しの回)に「次の回の頃は夏だからマリン・スポーツをやろう」なんて友康さんと話していたのですが、ご承知の通り超過密スケジュールを日々過ごしていらっしゃる怒髪天の皆様はツアー終了直後からレコーディングでスタジオに籠もる毎日。取材に割く時間が一切ないということで、僕がスタジオに訪問して新曲の制作状況を現場主幹である友康さんに伺うことにしました。あの連載枠はなるべく本業から懸け離れたことをやりたいと思っているのですが、まぁあれだけの激務じゃ致し方なしですねぇ。
 取材自体は、コントロール・ブースでギター・ダビングをする様を写真で押さえて、タイトル周り用にサンバーストを弾く様を決め写真として撮らせてもらって(上の写真みたいな感じ)、待合室に移動してインタビュー。途中、たまたま隣のスタジオでレコーディングしていたビート・クルセイダースの面々が乱入して「突然なんですけどコーラスを入れてもらえませんか?」と怒髪天の皆さんに依頼。そんなやり取りの声も音声データにはしっかり残っていましたが、当然カット(笑)。と言うか、狭い待合室の中にアラフォーなメンズが両バンド合わせて9人、「あ、取材やってたんすか!?」「椎名さんどうも!」「テレコ回してるから何か言葉入れちゃえ! オマ○コ!」…等々、ガヤガヤとうるさいったらありゃしない(笑)。メインで録っている新曲2曲、友康さんを始めメンバー一同かなりの手応えを感じているようで、後日友康さんから原稿チェックの戻しがあった時も「次シングル用の曲かなりイイ仕上がりになってきましたよ〜」と付記されていました。楽しみですね。
 友康さんとは取材後に呑みに行くことが多くて、それが楽しみで取材に行くみたいなところがあるんですが、今回は取材が終わったら即退散。友康さんが落ち着いたらゆっくり呑みたいです。まぁ、あの過密スケジュールじゃ当分はムリだろうけど。でも、今の上り調子な感じは実に喜ばしいことだし、「余りに忙しくて、あんなユルい企画はやってられません」といつか事務所サイドから申し渡されるのがバンドにとってはベストなんじゃないかと個人的には思ってます(笑)。(しいな)
posted by Rooftop at 15:30 | Comment(2) | 編集無頼帖
この記事へのコメント
しいなさん、こんにちは。

「どうしようもなく忙しそうなのにrooftopだけは、こんなユルイ企画…いつまでやるの!笑」

が、個人的にはベストです。笑

北海道なので、1日にゲットは出来ませんが毎号楽しみにまっております!!
Posted by m at 2009年07月30日 22:46
mさん、どうもありがとう。
道内は発送にズレがありますが、ピヴォのタワレコ(吉田さん元気してますか?)やカウンターアクション(洋平くん元気?)やスピリチュアルラウンジ(秀樹さんお元気ですか?)にガッツリと置かせて頂いているのでどうぞよろしくお願い致します!

怒髪天に限らず、昔の少年ジャンプみたいに「○○先生の連載が読めるのはジャンプだけ!」という、そこでしか読めない感をこれからも打ち出していきたいです。
今後ともご贔屓のほど何卒!
Posted by しいな at 2009年07月31日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。