ギター バックナンバー

扇 愛奈('09年6月号)

扇 愛奈

“ザ・パンク歌謡歌手”の一挙一動を実況生中継したもうひとつのデビュー・アルバム


 日本の古き良き歌謡曲とパンク・ロックのハイブリッドによる異色の音楽性、七転八倒しながらも一縷の希望に喰らいつこうとする省察的な詩の世界、ひたすらに叫び狂い踊り狂う破天荒極まりないライヴ・パフォーマンス。“ザ・パンク歌謡歌手”を自称する扇愛奈の魅力はあまたあるが、前作『海鳴りライダー』以来2年振りとなるオリジナル・アルバム『ハッキン・チューニン』を聴くと、そうした扇の魅力が深みと強度を更に増したことを痛感させられる。ザ・セクターズを名乗る猛者たち──杉本恭一(g:レピッシュ)、内田雄一郎(b:筋肉少女帯)、矢野一成(ds:ザ・ドミネーターズ)という鉄壁の布陣による助力を得たことで、扇は遂に自身の音楽性が何たるかを掴み取った。それは、『ハッキン・チューニン』で聴かれる凡俗を超絶する彼女の歌声が格段に説得力を増したことでもよく判る。本作こそが新生かつ真生・扇愛奈の船出を飾る号砲一発であり、今後発表され続ける良質な作品が乗り越えるべき壁としていつまでも立ちはだかることだろう。(interview:椎名宗之)


自分が理想とする音楽の軸を貫けた

──この2年は以前にも増して精力的にライヴ活動を行なってきたと思うんですが、ライヴの経験値が着実に上がった手応えがあるのでは?

扇:そうですね。2年前と言えば、ザ・セクターズの面々…恭一さん、内田さん、矢野さんという顔触れが固まって一緒にライヴをやってもらうようになった頃なんです。ザ・セクターズっていう名前もまだ付いてなくて。当時はこんな青二才のために演奏してもらうなんて大御所の方々すいません! って感じだったんですけど(笑)、今はようやくひとつのバンドになれた気がしてますね。扇愛奈とザ・セクターズというバンドのライヴをちゃんとできるようになったと思うし、そのために必要な2年間だったと言うか。そういうバンド感は今回のアルバムにもちゃんと反映されてると思っております。

──並み居る大御所に混じって演奏するプレッシャーは相当なものだったんじゃないですか。

扇:凄かったですね。最初に恭一さんに入ってもらったライヴは大阪の“ミナミホイール”だったんですけど、恭一さんの激しいアクションに思わず後ずさりしちゃったんですよ。自分がフロントマンなのに、ステージのセンターを明け渡してしまって(笑)。最初はそんな感じで凄く萎縮してたし、でもそこで私も頑張らなきゃ…っていうところで随分と空回りしてました。どんな立ち位置でいればいいんだろう? っていう不安や焦りもあったんですけど、今ではドーンと構えられるようになったし、心置きなく従えさせてもらってます(笑)。

──パーマネントなバンドとして稼動するようになって、新曲の作風にも変化が生じたんじゃないかと思うんですが。

扇:デビューしてからの2年間はシンガー・ソングライターとして好き勝手にやってた部分もあったんですけど、当時と比べて自分のやりたい音楽の方向性がだいぶ絞れてきたと思うんです。ザ・セクターズと一緒にライヴを積み重ねていくことでお客さんの反応も掴めてきたし、今回のアルバムはライヴで育てた曲を詰め込みたかったんですよね。結果として理想とする音楽の軸を貫けたとも思うし。

──2年振りとなる新作『ハッキン・チューニン』は、徹頭徹尾バンド・サウンドにこだわった作品ですよね。

扇:もともといろんなことをやりたがる質なんです。歌謡曲とパンク・ロックの融合が自分の軸としてあるんですけど、それでもデビューして2年間はずっと揺れ動いてた部分もあって、私が本当にやっていきたい音楽とは何なのかを絶えず考え続けていたんです。それが2年前に出した『海鳴りライダー』という作品でようやく見えてきたんですよ。それ以降、ライヴの武者修行を2年間続けてきて、今回の『ハッキン・チューニン』で自分のやりたい音楽をやっと確立できた自負があるんですよね。

──収録曲で一番古いのは『主役!現る』ですか? 去年、BS日テレのボウリング番組『P★League』の主題歌になっていましたよね。

扇:いや、一番古いのは『コレクター』なんです。『海鳴りライダー』に入ってた『ココロジュース』とほぼ同時期に出来てた曲なんで。『主役!現る』は『P★League』の主題歌として書き下ろした曲で、私にしては珍しく乙女路線だったりもするんですけど(笑)。

──本作のカギを握るのは、やはりプロデューサーである恭一さんの存在ですよね。

扇:そうですね。恭一さんにはデビュー前からいろいろと手伝ってもらってたんですよ。かれこれもう4、5年はお世話になりっぱなしで。恭一さんもずっとソロ活動をされているじゃないですか。そこで聴かれるギターの叫びが私は凄く好きなんですよ。扇愛奈の楽曲には恭一さんのギターが不可欠だと思ってるし、今回はプロデュースまでお願いできたのでとても心強かったですね。

──ラジオ番組を意識した効果音を随所に組み込んであるのがユニークですよね。

扇:それは恭一さんのアイディアなんですよ。今回はライヴ・アルバムみたいな感じにしたくて、1本のライヴを架空のラジオ番組から発信するような構成にしようと恭一さんが提案してくれたんです。それでラジオ・ノイズを要所に入れてみたんですよ。これは後付けですけど、『実況生中継』っていう曲もありますしね(笑)。

現在の扇愛奈を“生中継”するアルバム

──扇さんは普段からよくラジオを聴いたりするんですか。

扇:私自身はそれほど聴かないですね。父親がラジオ局のアナウンサーではあるんですけど(笑)。私も以前、何度かラジオ番組のパーソナリティを務めたことがあって、ラジオで喋るのは好きなんですよね。

──ラジオで喋る行為は、どことなくライヴに近い感覚がありますよね。

扇:ライヴに似てますね。唄ってる時の自分に近い感じで喋り倒すって言うか(笑)。

──アルバムをラジオ仕立ての構成にしたのは、現在の扇愛奈を生中継するという意図があるとブログに書かれていましたね。

扇:そうなんです。今私がやってる音楽を生で人の心に届けたくて。

──ライヴで場数を踏んでから楽曲を音源にするのは初めてですか。

扇:全部の曲をライヴで何度もやってからレコーディングしたのは今回が初めてです。やり慣れた曲だからゆとりもあるし、レコーディング自体が凄く楽しかったですね。いつものライヴと全く同じやり方だったし、今回は私もほとんどの曲でギターを弾かせてもらったりもしたので。まぁ、まだまだ拙い演奏なんですけど。

──勝手知ったる楽曲ばかりだから、録りもかなり早かったんじゃないですか。

扇:凄く早かったですよ。ちょうどWBCで日本と韓国が決勝戦をやってた頃にレコーディングに入ってまして、恭一さんと矢野さんが大の野球ファンなので、レコーディングが始まるのに2時間ほど押したりもしました(笑)。韓国に逆転された時点で「レコーディングしようか…」ってことになって、スタジオに入ってたら日本が勝ち越したとマネージャーが教えてくれて、そこでまたレコーディングが中断になって。結局、日本が優勝するのを見届けるまでずっとテレビを見てたんですよ(笑)。

──だいぶWBCに翻弄されましたね(笑)。

扇:でも、日本が優勝した時の昂揚感がレコーディングに反映してるような気もします(笑)。

──レコーディングにあたって、プロデューサーである恭一さんからはどんなアドバイスを受けましたか。

扇:特にギターに関していろいろと貴重な助言を頂きましたね。『コレクター』で初めてギター・ソロを弾かせてもらったんですよ。最近Macを購入して、プロ・トゥールスを入れたりしたので、家で気が済むまで何度も弾いたんです(笑)。そのデータを恭一さんに送って重ねてもらったんですけど、それを恭一さんが手直ししてくれました。実際に弾いてみると凄く格好良くなっていて、もっとギターを練習しようっていう気持ちにもなりましたね。

──ギタリストとしての表現欲求もだいぶ高まってきたということですね。

扇:最近、ひとりで弾き語りライヴをやることも増えてきて、そこではピアノを弾いてるんです。ギターもピアノも弾くのはどっちも好きなんですけど、何となく対極にある楽器のように思えるんですよね。ギターは歌に寄り添ってくれる楽器だし、ピアノは歌を深く包み込んでくれる楽器と言うか。そういう性質の異なる楽器を両方弾くのは凄く楽しいんですよ。

──弾き語りライヴをギターでやってみたりとかは?

扇:もうちょっと巧くなってから、ですね(笑)。ギターよりもピアノのほうがまだ弾けるんですよ。ひとりのライヴはまだ4、5回しかやってないんですけど、バンド形態とはまた違った面白さがありますね。ひとりのライヴではバンド以上に自分の歌と向き合わされる感じがあるし、バンドの時は歌だけじゃなくて、その場の空気感やビート感をトータルで見せられる楽しさがありますね。

──扇さんのアグレッシヴなギター・ソロが聴ける『コレクター』は、世のコレクターと称されるヲタク層に「目ぇ覚ませ!」と訴えかける挑発的な楽曲ですね。

扇:私自身、ゲームも漫画も大好きなヲタクなんですけどね(笑)。そういうヲタク的な意味でいろんなものを溜め込んでいるコレクターでもあるし、言いたいこともろくに言えない憤りや葛藤を溜め込んだコレクターでもあるわけです。そのストレスが臨界点に達すると、ダムが決壊するように爆発してしまう。そんな若い人も多いと思うし、私自身もそうなんですよ。だったら負のエネルギーを溜め込まないで言いたいことを言えばいいし、やりたいことをやればいい。そんなことを叫んでる歌なんです。

──不甲斐ない自分自身へ向けた曲でもあるわけですね。

扇:私の曲は自分自身に向けて唄ってるものがほとんどですね。

──扇さん自身が“片付けられない女”であると?(笑)

扇:はい。未だに片付けることが苦手です(笑)。


心の声を伝えるには“実況”しかない

──『コレクター』に限らず、躍動感に満ちたサウンドとは裏腹に内省的な歌詞の楽曲が多いですよね。でも、だからこそ聴き手は深く共感し得ると思うんです。思春期に開けたピアスの穴に今は塞ぎようのないすきま風が吹いているという『ピアスホール』の描写も見事だと思いますし。

扇:『ピアスホール』も自分のことを唄ってるんです。まだ23の青二才が言うことじゃないかもしれないですけど、“昔は良かった”みたいな感覚もあったりするんですよ。10代の頃は夜通しギターを弾きまくって曲作りをしていたのが、今はすぐに疲れが出てしまうとか(笑)。でも、そうやって過去を振り返ってみたところで戻れるわけでもないし、いつの時代でも私は私だし、高校時代の私だって今の私なんだから、昔を思い返してないで今やるべきことをちゃんとやれ! っていう曲なんですよね。今持ち得る衝動をちゃんと貫きなさいって言うか。

──ジャングル・ビートを採り入れたリズムは、恭一さんの得意とするところでもありますよね。

扇:アレンジは恭一さんにアイディアを頂きましたね。ライヴでやってる曲は早い曲が多いので、ちょっと溜めの効いたタテ乗りの曲も作りたかったんですよ。この『ピアスホール』がアルバムの中で一番新しい曲なんです。

──『実況生中継』で自身の偽らざる胸の内を文字通り“実況”するというのは斬新なアイディアですよね。

扇:歌の中で心の声をこんなに実況してるのも私くらいでしょうね(笑)。これは葛藤の歌なんですよ。普段はろくに頭が回らないくせに、心が葛藤する場面になるともの凄い勢いで妄想がフル回転するんです(笑)。その頭の巡りの速さをどうやって音楽で表現すればいいかを考えて、思いついたのが“実況”というキーワードだったんですよ。

──誰かに何かを話しているのと並行して、頭の中では全く別のことを考えていたりするようなことってありますよね。

扇:ありますね。頭の中で考えてる言葉がうまく口にできないこともよくありますし。

──実況の部分はライヴによって内容が変わったりするんですか。

扇:そこまでやれたらいいんですけど、如何せん口が回らないもので(笑)。ただ、この曲もライヴを重ねるごとに歌詞もどんどん変わっていって今の形に落ち着いたんですよね。最初はもっとくだらないことを実況してたんですよ、“今日のご飯は何にしよう”とか(笑)。まぁ、歌入れは凄く難しかったですけど、こういう趣向も新境地ですね。ライヴでもうまく実況できるように、もうちょっと滑舌を良くしたいです(笑)。

──『主役!現る』は軽快でダンサブルなナンバーだし、本作の収録曲の中でもとりわけ親しみやすい1曲ですね。テレビ番組の主題歌だけあってシングル向きと言うか。

扇:主題歌に起用してもらった『P★League』は女性ボウラーがトーナメントで対戦する番組で、実際に収録現場も見せて頂いたんですよ。女性ボウラーはお決まりのユニフォームを着るんじゃなくて、お洒落に着飾っていて綺麗な方も多いんです。ただそれでも、ボールを持ってレーンの先のピンを見つめる視線が凄く鋭いんですよね。その眼差しは、ステージに立って歌を伝える時の目とよく似てるなと思って、私はどことなく共感できたんですよ。それであんな曲を書かせてもらったわけなんです。

──過去には映画『輪廻』の主題歌を清水崇監督から直々に依頼されたこともありましたけど、依頼を受けて曲を作るのは得意なほうなんですか。

扇:得意ではないでしょうね。『主役!現る』も何度も書き直しましたし。ただ、どれだけボツにされても先方の意向に喰らいつく能力は高いと思いますよ(笑)。『輪廻』の時は1週間しか時間を頂けなかったんですけど、そこでも何とか喰らいつきましたからね(笑)。

──扇さんはやむにやまれぬ衝動に駆られて表現に向かうタイプの唄い手だと思うので、相手の求めに応じて曲を書くのはどちらかと言うと不得手な気がするんですよね。

扇:仰る通りなんですけど、自分のほうへ引っ張っていくのは割と得意だと思うんですよ。絶対に擦り寄りたくはないので、自分の境界線の内側へ何とか引き摺り込ませるって言うか(笑)。その力は強いと思ってます。


過去の自分の歌が再起動スイッチだった

──『真冬の花火』には古き良き歌謡曲の持つ憂いを帯びた情緒を感じますね。

扇:これもかなり前に書いた曲で、故郷の藤沢へ帰った時に江ノ島のほうへ遊びに行ったことがインスピレーションになってます。ちょうどクリスマスの前後で、浜辺で真冬の花火大会をやってたんですよ。その時の私は凄く落ち込んでいて、心が真っ暗な状態で見た真冬の花火が心に激しく突き刺さったんですよね。澄みきった空に放たれるその花火の刹那に凄く救われた思いがして。もの凄く寒かった夜だったんですけど、その寒さすらもオプションとして良かったと言うか(笑)。真夏の花火とはまた違った情緒があるし、その空気感を曲にして留めておきたかったんですよ。

──恋人を失って悲嘆に暮れながらも、最後は“また歩き出すよ”と前向きなところがいいですよね。

扇:そうですね。真夏の花火を見て救われた自分の心が反映されてると思います。

──日常を生きる中でショボクレることも多々あると思うんですが、扇さんはどんなことに心が救われますか。

扇:やっぱり音楽ですね。誰かのライヴを見に行って救われることが多いです。“まだ頑張ってみてもいいんだな”と思えるし、気持ちを奮い立たせることができますね。あと、普段の自分が余り好きになれないことが多いんですけど、ステージに立って歌を唄う自分は大好きなんですよ(笑)。そこでまた自分自身を見つめ直すこともできるし、ライヴは私にとって大きな活力源ですね。

──ライヴをやっている時の自分自身は客観視できているものなんですか。

扇:唄ってる最中は無我夢中ですね。気分が最大限に昂揚してますし。ただ、“これが私なんだ!”って自分自身を信頼できる瞬間が唄ってる時にはあると思います。

──そんなステージの上では華やかに見える扇さんでも、根は『チキンガール』だという。

扇:そうなんです(笑)。『チキンガール』は自動車の教習所に通ってる時に書いた曲なんですよ。ライヴをやってる時は散々暴れて叫び狂うワタクシなんですが、ステージを降りれば小心者なんです。教習所の車に乗ってる時に時速10キロくらいで小回りをしたり、すぐにブレーキを踏んでノッキングしたり、先生に怒られてビクビクしたり、ほとほと自分がイヤになったんですね。そんな時に、自分のケツを叩きたいという思いで書いた曲なんです。“自分、だっせぇな!”って感じで(笑)。

──“チキンガール”である反動があの破天荒なステージ・アクションを生んだとも言えませんか。

扇:もともと弱くて自己嫌悪だらけの人間なので、もっと強くなりたいし自分を好きになりたい欲望が常にあるんですね。だから生み出す曲が猛々しいものに昇華されていると思うんですよ。自分自身をイヤになることばかりなんですけど、結局は自分のことが大好きなんです(笑)。そんな矛盾が音楽をやる上で大きな力になっていたりもしますね。

──ライヴでのキラー・チューンでもある『再起動スイッチ』ですが、何事も安直にリセットしようとするゲームと現実を混同した風潮についてはどう思いますか。

扇:以前発表した『レベルアップ』という曲があって、現実の社会にはレベル機能なんてないんだから、回り道をしながらこの意地悪なうねり坂をコツコツ歩いていこうという内容だったんです。『再起動スイッチ』はそれに似た部分もあるのかもしれないですけど、この曲を書いてた時の自分は酷く八方塞がりだった時期で。何もする気が起こらなくて、人間もパソコンみたいに再起動できたらラクだよなぁ…なんて考えていたんですよ。そんな時に音楽を垂れ流していて、昔書いた自分の曲がふと流れてきたんですよね。それが私にとっての“再起動スイッチ”だったんです。自分の曲を聴いて本来の夢を思い出したと言うか、昔の自分はがむしゃらに頑張っていたのに、今の私は一体何をやってるんだろうと思って。

──過去の自分が今の自分に叱咤激励したような感じですね。

扇:そうですね。夢を追い続けるポジティヴな歌を作っておいて、こんなダメ人間でどうする!? っていう。そこでようやく再起動できたんですよ。まぁ、再起動は日々繰り返してますけどね(笑)。

──ご自身の曲は冷静に聴けるほうですか。

扇:聴けますね。よくもまぁこんなことを平気で唄ってたなと感心することもありますけど(笑)。

“ハッキン”=“現状打破”が今のテーマ

──今は人間としても表現者としてもひと回り成長して、自分自身をある程度俯瞰できるようになったのでは?

扇:扇愛奈の音楽とは何なのか、扇愛奈としてのロックとはどんな形なのかをやっと確立できてきたとは思いますね。昔はただロックが好きな衝動だけで突き進んでいたんですけど、何がロックなのかをちゃんと具現化できていなかった気がします。あれもやりたい、これもやりたいという欲求が強くて、軸がブレていたこともあったし。でも、ここ2年はライヴを積み重ねたことで人に何が伝えられるのかを理解できてきたし、自分の音楽性の中に太い芯を貫けるようにもなったんですよね。

──伝えたい意志が強まったことで、歌に対するアプローチも変化してきましたか。

扇:ウワーッと叫び散らすのは得意なんですけど、もっと押し引きのサジ加減を覚えたいんですよね。それはきっと永遠の課題だと思うんですけど。ありったけの力を歌にぶつけるだけじゃなく、ふと引き戻す術も身に付けられたらなと。特に力を込めて唄わなくても暑苦しいですからね(笑)。それができればもっといろんなタイプの曲を書けるだろうし、表現の幅が広がると思うんですよ。

──でも、甘っちょろいバラードを唄うのは抵抗がありませんか。

扇:甘いだけのバラードは好きじゃないんですよね。凄いひねくれ者なので、ただのラヴ・ソングは唄いたくないんですよ。せっかく書くのなら、ひねくれたラヴ・ソングを書きたいですね。

──曲作りにおいて今後試みたいのはどんなことですか。

扇:もっと声で遊んでみたいですね。楽器で遊ぶのは大御所の方々に任せて(笑)、私はもっといろんな唄い方をして遊べる曲を書いてみたいです。

──歌謡曲とパンク・ロックをハイブリッドした独自の音楽性は、この『ハッキン・チューニン』で揺るぎないものとして確立したように感じますね。

扇:根っこには拭っても拭いきれない昭和の歌謡曲があって、そこにロックの遺伝子をどう組み込むかがデビュー当時からの課題だったんです。そのバランスが凄く難しかったし、どちらに寄りすぎてもダメなんですよね。歌謡曲とロックの両面があってこその自分ですから。

──歌謡曲に寄りすぎると色物に見られがちにもなるでしょうし。

扇:そうなんですよね。だから結局、歌謡曲の部分を余り意識しなければいいんだという答えに行き着いたんですよ。殊更意識しなくても、根っこにあるものは自分の書く曲に滲み出ていると思うし。

──何よりも扇さんの歌声に古き良き昭和歌謡の匂いがあるように思いますけど。

扇:ビブラートしまくってますからね(笑)。意識しなくても自分らしさは出てるものだし、意識しないくらいがちょうどいいんだなと思えるようになったんですよ。『ハッキン・チューニン』の“ハッキン”は“打ち破る”っていう意味なんですけど、このアルバムに入ってるのはどれも現状を打ち破りたいっていう曲ばかりなんですよね。現状を打破するのが今の私のテーマだから、まさに言い得て妙なタイトルだなと思って。

──いち表現者として、この『ハッキン・チューニン』で本当の意味でスタート・ラインに立てた感もありますよね。

扇:そうですね。これは“ザ・パンク歌謡歌手”扇愛奈としてのデビュー・アルバムと言っても過言じゃないと思ってます。…うわ、何か今クサいこと言った。恥ずかしい!(笑)



ハッキン・チューニン

01. ハッキン・チューニン
02. コレクター
03. ピアスホール
04. 実況生中継
05. 主役!現る
06. 真冬の花火
07. サウンド・ロゴ
08. チキンガール
09. 再起動スイッチ
10. ステーション・ブレイク
iLHWA RECORDS DQC-249
1,700yen (tax in)
2009.6.24 IN STORES

★amazonで購入する

Live info.

ハッキン・スカイ・スペシャル
7月5日(日)下北沢CLUB251
出演:扇愛奈とザ・セクターズ(ワンマン)
OPEN 18:30 / START 19:00
adv. ¥2,000 / door. ¥2,300(共にDRINK代別)
info.:CLUB251 03-5481-4141

OTHERS
6月28日(日)名古屋ell. SIZE
出演:扇愛奈とザ・セクターズ / ザ・パンチラーズ / Sumeer Caset / 蒼りing贈答 / iam
OPEN 18:00 / START 18:30
adv. ¥2,000 / door. ¥2,500(共にDRINK代別)
info.:ell. SIZE 052-211-3997

それが私の生きる道 vol.1
6月29日(月)大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
出演:フーバーオーバー / 扇愛奈とザ・セクターズ / BEAN BAG / the denkibran / ヒツジツキ
OPEN 18:00 / START 18:30
adv. ¥2,300 / door. ¥2,800(共にDRINK代別)
info.:LIVE SQUARE 2nd LINE 06-6453-1985

インストア・ライヴ
7月4日(土)HMV新宿タカシマヤタイムズスクエア
START 14:00
ミニ・ライヴ&サイン会・入場無料
info.:HMV新宿タカシマヤタイムズスクエア 03-5361-3060

扇 愛奈 official website
http://www.ougiaina.jp/



posted by Rooftop at 00:00 | バックナンバー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。