ギター 今月のRooftop

ウェブルーフトップ移転のお知らせ


移転のお知らせ

2010年10月10日PM10:10、フリーペーパー「Rooftop」のウェブサイトがリニューアル致しました。

これに伴いアドレスも新しく
http://rooftop.cc/
となります。

ブックマークやRSS登録をされている方にはご迷惑をおかけする事になりますが、アドレスの変更をよろしくお願い致します。
posted by Rooftop at 22:10 | 今月のRooftop

ギター WEB版よろず画報番外地

『REVOLUTION ROCK』最終ライブ審査が開催

index_img.jpg株式会社EMIミュージック・ジャパンが2010年10月1日に設立50周年を迎えることを記念して開催するオーディション『REVOLUTION ROCK』。このオーディションの決勝ライブ『“FINAL REVOLUTION”最終ライブ審査』が10月15日(金)に開催される。
当日は『REVOLUTION ROCK』審査委員長であるクリエイティブ・ディレクターの箭内道彦、審査員・亀田誠治(音楽プロデューサー)らが参加。ゲスト・バンドとして水中それは苦しいも出演する。
なお、ファイナリスト 5アーティストの中から選ばれた1アーティストが11月6日(土)にさいたまスーパーアリーナで行なわれる『EMI ROCKS』(9mm Parabellum Bullet、ACIDMAN、ストレイテナー、東京事変らが出演)のオープニング・アクトとして起用される。音楽界に新たな“革命”を起こすアーティストの誕生に立ち会えるチャンスかもしれない。

Live info.
“FINAL REVOLUTION”ファイナリスト・ライブ・バトル
■日時:2010年10月15日(金) 開演 18:30
■会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
http://www.pleasure-pleasure.jp
■出演:REVOLUTION ROCK ファイナリスト 5アーティスト(airezias/けもの/the rooms/田中茉裕/股下89)
■ゲスト・ライブ:水中それは苦しい
■REVOLUTION ROCK審査委員長:箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)
■REVOLUTION ROCK審査員:亀田誠治(音楽プロデューサー)/児玉裕一(映像ディレクター)/みずしな孝之(漫画家)/冨永昌敬(映画監督)/橋本 塁(カメラマン)/宇川直宏(DOMMUNE)/鈴木慶一(ミュージシャン)/津田大介(メディア・ジャーナリスト)
■司会:ダイノジ
■料金:入場無料(ドリンク代別途)
■お問い合わせ先: 03-6830-8434

▽『REVOLUTION ROCK』公式サイト▽
http://revolutionrock.jp/続きを読む
posted by Rooftop at 17:46 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

アップフロントが「新人求ム!」

forest_award.jpg
KAN、森高千里、シャ乱Q、モーニング娘。を始めとするハロー!プロジェクト、中島卓偉といった人気アーティストを擁するアップフロントワークスが NPO法人「PLANT A TREE PLANT LOVE」とのコラボレーションにより新人発掘プロジェクト“FOREST AWARD(フォレストアワード)〜NEW FACE オーディション〜”を主催、次世代を担う歌手/シンガー・ソングライター/バンドを募集している。
「音楽を通じてメッセージを発信する才能を発掘する」ことを主旨とするこのオーディション、優秀者はアップフロントワークスの新レーベルからメジャー・デビューできる。1995年4月1日以前に生まれ(高校生以上)、芸能プロダクション、レコード会社等の芸能活動を行なう団体と契約をしていない人なら誰でも応募可能(個人でもグループでも可)。応募締め切りは12月15日(水)。この閉塞した時代に忌憚のないメッセージを届けたいという気鋭のミュージシャンよ、この機会に是非応募を!

▽FOREST AWARD 〜NEW FACE オーディション〜 オフィシャルサイト▽
http://www.forestaward.com/続きを読む
posted by Rooftop at 17:41 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター WEB版よろず画報番外地

キノコホテル史上最も大規模な単独公演

kinoco_hotel.jpg本誌連載コラム『悦楽酒場』でもお馴染み、マリアンヌ東雲率いるキノコホテルが創業以来最も大規模な単独実演会『サロン・ド・キノコ〜秋の人間狩り』を鋭意敢行中だ。さる3日(日)の大阪・心斎橋クラブクアトロ公演に続き、いよいよ明日9日(土)は我が新宿ロフトにて魅惑のステージを繰り広げる。8月に発表された2ndミニ・アルバム『マリアンヌの休日』も好調なセールスを記録、日進月歩の進化を着々と続ける彼女たちのポップで過激で中毒性の高い大衆音楽を存分に堪能できるまたとない一夜だ。
また、ツアー限定Tシャツを始め新作グッズ類も充実、秘蔵音源集『クラダ・シ・キノコ』の先行販売もあるので物販スペースも要チェック。なお、『サロン・ド・キノコ〜秋の人間狩り』は17日(日)に名古屋クラブクアトロで行なわれる実演会をもって千秋楽を迎える。

Live info.
サロン・ド・キノコ〜秋の人間狩り・新宿編
10月9日(土)新宿ロフト
18:00 開場/19:00 開演
前売り ¥2,500/当日 ¥3,000(共にドリンク代別途¥500)
*前売りは、チケットぴあ(P112-327)、ローソンチケット(L74594)、イープラス、新宿ロフト店頭にて発売中。

実演会場の物販、ディスクユニオン下記店舗のレジでも購入出来ます。
ディスクユニオン・チケット取り扱い店舗▼お茶の水駅前店/新宿本館BF日本のロック・インディーズ館/下北沢店/吉祥寺店/国立駅前店/渋谷中古センター/ディスクユニオン通販サイト

*整理番号について
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、新宿ロフト、実演会場物販、それぞれ1番から販売します。
同じ番号が5種類存在するので、当日は5人ずつの入場となりますので、予めご了承下さい。
詳しいご質問は直接、新宿ロフトへお願いします。
問い合わせ:新宿ロフト03-5272-0382


hyo-01.jpgキノコホテル
『クラダ・シ・キノコ』
発売日:10月20日(水)/品番:BQGS-22/定価:¥2,500(税込)
発売:ボルテイジレコード/販売:ウルトラヴァイヴ
*豪華三面ジャケット/支配人による漫画付
[収録曲]
01. キノコホテル唱歌/02. ネオンの泪/03. 恋のチャンスは一度だけ/04. もえつきたいの/05. 真っ赤なゼリー/06. 夕焼けがしっている/07. 危険なうわさ/08. あたしのスナイパー/09. 静かな森で

▽キノコホテル公式サイト▽

http://www.kinocohotel.com/
posted by Rooftop at 17:59 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

日本を代表するメタル・バンド"OUTRAGE"初のドキュメンタリー映画

outrage.jpg
何が彼らをヘヴィ・メタルという衝動に駆り立てるのか──!?
世界基準のアグレッションを誇り、日本を代表するメタル・バンド“OUTRAGE”〈アウトレイジ〉に密着したドキュメンタリー・ムービーが間もなく公開される。
1987年のデビュー以来、日本のヘヴィ・メタル・シーンを牽引してきた“OUTRAGE”。1998年にヴォーカルの橋本直樹が脱退するが、バンドは3人での活動を選択し、今なお精力的に活動を続けている。2007年、クラブチッタで行なわれた20周年記念ライブは期間限定で橋本直樹を迎え、今や伝説と言えるショウを行なった。また、『ラウドパーク07』の出演を果たし、各界から大絶賛を浴びたことも記憶に新しい。
そして2008年、10年ぶりに橋本直樹がバンドに復帰。曲作りを始めたバンドは、2009年に名プロデューサー、フレドリック・ノルドストロームによるプロデュースの元、フレドリック所有の『STUDIO FREDMAN』にてレコーディングを敢行し、待望のニュー・アルバム『OUTRAGE』を完成させた。同アルバムを引っ提げ、今年は渋谷BOXXを皮切りに『JAPAN TOUR 2010“RISE”』を行ない完全復活を果たした。
このドキュメンタリー・ムービーは、ヘヴィ・メタル・バンドとしてのエネルギーやミュージシャンとしての情熱だけでなく、何が彼らを押し進めるのかに焦点を当てている。40代に突入してもなお精力的な活動を続ける姿勢にカメラは密着し、彼らをサポートする各地のファン、彼らの家族とも言えるスタッフ、そしてステージでの圧倒的な存在感の裏側にあるメンバーのD.I.Y精神を忘れないパーソナルな部分に迫る注目作だ。12月15日には今年5月1日に行なわれたクラブチッタ公演を収録した2枚組アルバム(タイトル未定)が“ライブ・サウンドトラック”として発売されるのも嬉しいニュースだ。

映画『シャイン・オン』
出演:OUTRAGE(安井義博、橋本直樹、丹下眞也、阿部洋介) 他
製作・監督:山田貴教(YAMADA HOME)
配給:ライブパワー/提供・共同配給:ビクターエンタテインメント
問合せ:ライブパワー TEL:03-5436-9100
*東京での公開:シアターN渋谷にて12月18日(土)から1月14日(金)までレイトショー
*名古屋での公開:シネマテークにて1月8日(土)から1月14日(金)(予定)までレイトショー
続きを読む
posted by Rooftop at 16:36 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ザ50回転ズ、『モヤモヤさま〜ず2』のエンディング・テーマに起用!

50RRMagicphoto.jpgザ50回転ズが11月17日に発表するミニ・アルバム『ロックンロール・マジック』に収録の「ロックンロール・マジック」が、テレビ東京系で放送中の大人気バラエティ番組『モヤモヤさま〜ず2』のエンディング・テーマに決定した(10月17日放送〜)。
ザ50回転ズは、先週Sony Music Associated Recordsへの電撃移籍&ニュー・アルバム『ロックンロール・マジック』を11月17日に発売することを発表したばかり。約2年ぶりとなる注目の新作は、50回転ズから往年のロックンロール・ミュージカルへのオマージュとして、メンバー発案のストーリーを元に作られた新曲を6曲集めたコンセプト・アルバムとなっている。
初回盤はこのアルバムを映像化したDVD付き。監督は日本切り株映画の最新鋭であり、日本はもちろん、世界的にも熱狂的な人気を誇る奇才、井口 昇(『片腕マシンガール』(2007年)、『ロボゲイシャ』(2009年)。ザ50回転ズ発案のオリジナル・ストーリーを元に井口監督による新解釈を加え、全6曲をショート・ムービー化。Video Clipを超えた驚愕のロックンロール・ミュージカルが収録される。
ミニ・アルバムの発売日前後には、ミニ・アルバム発売記念イベント『ザ50回転ズのロックンロール・マジックアワー』の開催も決定(11月16日 新宿LOFT、11月18日 心斎橋JANUS)。さらに、11月20日(土)からは新潟 CLUB RIVERSTでの公演を皮切りに、来年1月11日の大阪BIGCATでの公演まで全国22都市を巡る全国ツアー『ザ50回転ズのロックンロール・マジックツアー』の開催も決定。レーベルの移籍発表と共に、今後のザ50回転ズの活躍から目が離せない。

ロックンロール・マジック
Sony Music Associated Records 移籍第1弾!
大阪発!スーパーロックンロール馬鹿3匹が全世界のロック中毒に贈る痛快ロックンロール活劇!!
発売日:2010年11月17日(水)
【初回生産限定盤】CD+DVD:AICL-2185〜2186 ¥2,300(税込)
【通常盤】CD:AICL-2187 ¥1,680(税込)
[収録曲]
1. I can not be a good boy
2. 夢見るタイムトラベラー
3. いけないビート
4. S.O.S! 
5. サンダーボーイ
6. ロックンロール・マジック

▼ザ50回転ズ オフィシャルサイト
http://www.50kaiten.com/
続きを読む
posted by Rooftop at 15:15 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター 編集無頼帖

web Rooftopが生まれ変わります!

SN3F1183.jpg
 まったく、無闇につぶやいてばかりいるとブログを書くのがとんと疎かになるものです。雑誌の作り手の顔が見えるようにと始めたブログなんだから、もっとマメに更新せんといかんすね。いや、これからは心機一転、たとえ期待されなくても拙文を書き散らしていきますよ! なんせこのweb Rooftopは来たる10日(日)午後10時10分に全面リニューアル! 長年連れ添ったseesaaともお別れ、独自ドメインを奪取! 新規URLはこちら(→まだ見られまへん)。http://rooftop.cc
 ホントは“rooftop.com”とか“rooftop.jp”が良かったんですが、先に取得されちゃってたんです。そもそも“.cc”って何だ? って話ですけどね。ココス諸島の地域ドメインなんてつゆ知らず、カルチャー・コンビニエンス? C.C.ライダー? C.C.レモン? C.C.ガールズ?(古いなオイ!)C.C.デヴィル? それじゃポイズンのギタリストだよ! とひとりで勝手にボケてました(失笑)。
 まぁそれはさておき。目下、デザイン刷新を全面的に手掛けて下さっているbondesignの滝将之さん(何とあの“びっくりしたな、もう”のベーシスト!)と弊社web番長・山西君(遠距離恋愛続行中!?)の指揮のもと、編集部とお助け部隊がオープンに向けてエッチラホッチラ各コンテンツを更新中。パソコンの作業はまるで使い物にならない俺もガイドラインに従って担当しているコラムを見よう見まねでアップしてみたところ、webサイズの画像処理やら記事の編集やらがメチャクチャで、そのあまりのポンコツぶりを見かねたスタッフから「後は私たちでやっときますよ!」と優しい言葉を掛けられ、体良くお払い箱になったのでした。ハッハッハ(泣)。そんなわけで、みんなが血相変えてパソコン画面とにらめっこをしている傍らで肩身の狭い思いをしながらこんなどうしようもない文章を書いているわけです。「いやぁ、新しいwebのデザインは写真が大きくてイイねぇ!」なんて呑気なことを言って、仕事熱心なスタッフに煙たがれてます。ちょっとだけロフト席亭の気持ちが判りました(笑)。
 新生web Rooftopは従来のインタビューやブログ掲載に加えて、ここ数ヶ月試みている鮮度の高いエンターテイメント・ニュースの発信に重きを置きます。本誌連載のコラムも読めるようにして、イベントや取材の動画もジャンジャンアップしていく予定。いずれはゲストを迎えてロフトの5店舗からUSTREAM中継とかもやっていきたいです。ゲストに訊いてみたいことを読者の皆さんからツイッターで募ってみたりして。パソコンの機能的なことはさっぱり判りませんが(笑)、webならではの面白いことがたくさんできるハズ!
 とにもかくにも、今後は従来の紙媒体に従属する形のweb掲載ではなく、web Rooftopを独自に展開・発展させて紙媒体との両輪を成立させていきます。本誌がこれまでに築き上げてきた、いちライブハウスのフリーペーパーの枠を越えた読み物としての存在感をネット上でも発揮しますので、10月10日(日)午後10時10分のオープンをどうぞお楽しみに! それと、遅ればせながら本誌最新号も絶賛配布中! 表紙はmonobrightとSIONさん。こちらも抜かりなくチェックスして下さい!(しいな)
posted by Rooftop at 18:09 | Comment(0) | 編集無頼帖

WEBよろず:浅川マキの決定版オフィシャル・ベストアルバム『Long Good-bye』(リマスタリング)、いよいよ10月27日リリース!

時代の地下水脈を辿っていくと、そこに、浅川マキがいる

maki_artist_photo.jpg

 今年1月17日、帰らぬ人となった浅川マキ。
 1968年、寺山修司に見出され、1998年まで作品を発表しつつ、ライヴを中心とした音楽活動を行う。2000年以降は、ジャズクラブ新宿PIT INNを本拠地とし、定期公演を続けてきた。独自のスタイルで歌唱し、ブルース、ジャズ、フォークなどジャンルを越え、1970年代以降のアンダーグラウンド・シーンでは、欠かすことのできない象徴的な存在となる。フォロワーが後を絶たず、特にアーティスト、演劇人、文化人といった人々に愛され、美意識を強固に貫く独特の世界観で魅了し続けた。
 このたび、現在入手不可能となっている貴重な音源や、初CD化音源(32曲中10曲)を収録した、浅川マキの決定版となる2枚組公式ベスト・アルバム『Long Good-bye』(リマスタリング)を、10月27日にリリースすることとなった。
 浅川マキの遺した数々の名盤の中から、デビュー以来浅川マキを支え、見守ってきた歴代スタッフによって選曲・構成されている。「DISC-1」は、比較的知られた曲を集めたベスト・トラック的なもので、「DISC-2」は、あまり知られていない楽曲のバージョン編としてプレミアム・トラック的なものとしてまとめられた。ファーストアルバム「浅川マキの世界」から写真を撮り続けてきた写真家・田村仁による未発表写真集を収めた追悼オフィシャルアルバムである。

Long_Good-bye_jacket.jpg
浅川マキ 決定版オフィシャル・ベストアルバム『long good bye
TOCT-26998 / 3,300yen (tax in)
2枚組み、全32曲収録【32ページ歌詞ブックレット+32ページ未発表写真集付き】
10.27 IN STORES

DISC-1
1.夜が明けたら(「浅川マキの世界」より)  1970
2.ちっちゃな時から(「MAKI LIVE」より) 1972  ※初CD化
3.赤い橋(「MAKI LIVE」より)  1972  ※初CD化
4.放し飼い(「こぼれる黄金の砂」より)  1987
5.あなたなしで(「灯ともし頃」より)1976
6.ガソリン・アレイ(「MAKI LIVE」より)  1972
7.それはスポットライトではない(「浅川マキ ライヴ 夜」より)  1978  
8.かもめ(「浅川マキの世界」より)  1970
9.裏窓(「裏窓」より)  1973
10.淋しさには名前がない(「浅川マキの世界」より)  1970
11.少年(「MAKI LIVE」より)  1972  ※初CD化
12.にぎわい(「MAKI LIVE」より)  1972
13.セント・ジェームス病院(「裏窓」より)  1973
14.こころ隠して(「CAT NAP」より)  1982
15.こんな風に過ぎて行くのなら(「こんな風に過ぎて行くのなら」より)  1996
16.マイ・マン  (「マイ・マン」より)  1982

DISC-2
1.TOO MUCH MYSTERY(「寂しい日々」より)  1978  ※初CD化
2.コントロール(「WHO’S KNOCKING ON MY DOOR」より)  1983  ※初CD化
3.めくら花(「浅川マキU」より)  1971
4.ふしあわせという名の猫(「浅川マキの世界」より)  1970
5.ナイロン・カバーリング(「寂しい日々」より)  1978  
6.If I’m on the late side(「流れを渡る」より)  1977  ※初CD化
7.大砂塵(「Blue Spirit Blues」より)  1972  ※初CD化
8.Blue Spirit Blues(「Blue Spirit Blues」より)  1972  ※初CD化
9.ちょっと長い関係のブルース(「マイ・マン」より)  1982
10.POSSESSION OBSESSION(「アメリカの夜」より)  1986
11.アメリカの夜(「アメリカの夜」より)  1986
12.朝日樓(朝日のあたる家)  (「MAKI LIVE」より)  1972  ※初CD化
13.あの娘がくれたブルース(「Blue Spirit Blues」より)  1972
14.暗い日曜日(「寂しい日々」より)  1978  ※初CD化
15.ジンハウス・ブルース  (「浅川マキU」より)  1971
16.INTERLUDE  (「闇のなかに置き去りにして」より)  1998


オフィシャルHP→http://www.emimusic.jp/asakawa/続きを読む
posted by やまとも at 14:50 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:本日、日本テレビ系「NEWS ZERO」にて氷室京介密着取材第2弾がオンエアー!全国ツアー追加公演も発表!!

IMG_7560.jpg

 本日10月7日放送の日本テレビ系「NEWS ZERO」(放送時間、22時54分−23時58分)のゼロカルチャーにて氷室京介密着取材第2弾がオンエアーとなる。9月8日に放送された密着取材第1弾では、滅多にメディアに露出しない氷室がニュース番組に出演した事もさながら、ライブリハーサル密着とインタビューで構成された内容が多くの話題となった。本日放送となる第2弾では、ツアー初日の日本武道館、出身地でもある群馬・前橋グリーンドームの密着、そしてインタビューではLAを拠点に活動する氷室から見た現在の日本は今、彼の目にどのように写っているのかを語ってくれた。
 また、『KYOSUKE HIMURO TOUR 2010-2011 “BORDERLESS” 50×50 ROCK'N' ROLL SUICIDE』の追加公演も発表された。追加公演は5年振りの大晦日、カウントダウンライブ含む、大阪、名古屋、横浜での4公演が追加となっている。

*注:NEWS ZERO ゼロカルチャーは放送日、内容について変更となる場合があります。

KYOSUKE HIMURO TOUR 2010−11 BORDERLESS
“50×50 ROCK‘N’ROLL SUICIDE” 開催中

追加公演

12月31日(金) 日本武道館 開場21:00/開演22:00
2011年1月21日 (金) 大阪国際会議場メインホール 開場 17時45分 / 開演 18時30分
2011年2月5日 (土) 名古屋国際会議場センチュリーホール 開場 17時30分 / 開演18時00分
2011年2月12日 (土) 横浜アリーナ 開場 15時00分 / 開演16時00分


HIMURO2010.COM http://www.himuro2010.com/
氷室京介オフィシャルサイト himuro.com http://www.himuro.com/
EMI Music Japan アーチストサイト http://www.emimusic.jp/artist/himuro/
posted by やまとも at 14:37 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:D.W.ニコルズ、『一秒でもはやく』のPV先行フル試聴スタート

 9月25日(土)下北沢CLUB QUEでのワンマンライブを満員で終えたD.W.ニコルズが10月20日にリリースする『一秒でもはやく』のミュージックビデオを、オフィシャルmyspaceにて1週間の期間限定で10/4〜10/10の間、先行フル試聴がスタートした。楽曲にぴったりなストーリーで、楽曲共々こちらも見逃せない内容になっている。
 これと並行しオフィシャルmyspaceでは、USTREAMと連動して毎週生放送をする予定。第一回目が10月7日(木)の22時からスタート。この日は今回の『一秒でもはやく』を中心に、よりわたなべだいすけをクローズアップしたインタビューを生中継する。
 また、10/20に発売される『一秒でもはやく』には、下記対象店舗予約で未発表音源がプレゼントされる。タワーレコード予約特典音源とその他対称店の特典音源では収録内容が違うため、こちら両方とも是非チェックしたいところだ。
 PV先行フル試聴&USTREAM企画に加え予約特典音源と、今回のシングルは発売前から確実に注目しておきたい作品になりそうだ。

http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=106710007


一秒でもはやく
01.一秒でもはやく
02.安いワインとチーズをちょっと
03.初恋はラジオの
AVCH-78020 / 1,000yen (tax in)
2010.10.20(Wed) IN STORES

▼オフィシャルウェブサイト  http://www.dwnicols.com
▼D.W.ニコルズ MySpace  http://www.myspace.com/dwnicols


10/20(水)発売の2nd SINGLE「一秒でもはやく」を下記対象店舗でご予約すると予約特典として未発表プリプロデモ音源CDをプレゼント!!!
タワーレコード各店
→未発表プリプロデモ音源「mr.B」収録CD

群馬・埼玉・栃木・静岡・福岡・熊本・宮崎の下記店舗
→未発表プリプロデモ音源「ネクタイ」収録CD
【群馬県】
文真堂書店:小出店、 上原店、上中居店、広沢店、大胡店、大泉店、新前橋店、大間々店、原町店、関根店、天川店、玉村店、小桑原店、阿左美店、六郷店、瀬戸谷 店、片貝店、一の宮店、相生店、藤岡店、笠懸店、石原店、境店、吉井店、榛名町店
TIME CLIP:新井店、 安中店、上並榎店、連取店、群馬町店、渋川中央店、倉賀野店

【埼玉県】
文真堂書店:狭山入曽店、美土里店、篭原店
TIME CLIP:本庄けや木店、北越谷店、入間藤沢店、秩父黒谷店、幸手店、 熊谷箱田店

【栃木県】
文真堂書店:八幡店、葉鹿店
TIME CLIP:足利助戸店、大平店、佐野店、真岡店

【静岡県】
イケヤ:沼津イシバシプラザ店、湖西店、プレ葉ウォーク浜北店、浜松メイワン店、アピタ島田店、高林店、磐田東店、高丘店

【福岡県】
フタバ図書サウンドGIGA天神店、フタバ図書サウンドTERA福岡東店、TSUTAYA福岡天神、蔦屋書店コマーシャルモール博多、蔦屋書店イオンモール筑紫野、TSUTAYA AV CLUB 筑紫野店、ミュージックプラザ インドウ、新星堂キャナルシティ博多店、TSUTAYA AVクラブ 次郎丸店、TSUTAYA AVクラブ 神松寺店、TSUTAYA AVクラブ 太宰府店

【熊本県】
蔦屋書店 熊本三年坂、蔦屋書店 嘉島、蔦屋書店 小川町

【宮崎県】
蔦屋書店 宮崎高千穂通り

※特典には数に限りがございます。
予定枚数終了次第、配布終了となりますので、お早めのご予約をおすすめします。続きを読む
posted by やまとも at 14:27 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:GYMNOPEDIAが一晩限りの復活

GYMNOPEDIA.jpg

 ニューアルバム『SEX MONGOLOID』も好評なヒデタカ(MeTALpiLL, ex.GYMNOPEDIA)が“SHELTER ROAD TO 20”のサプライズとして、あの“GYMNOPEDIA”を一晩限り復活させる。もはや二度と無いと思われていた事態だけに、このチャンスを逃さないで欲しい。メンバーから、気の利いたコメントが届くとも思えないので、すべては当日会場で。
 新しい情報に関してはSHELTERホームページでご確認ください。

SHELTER ROAD TO 20
ヒデタカ presents「GYPSY EYES」

2010年12月18日(Sat)下北沢SHELTER

GYMNOPEDIA
OPEN 18:30 / START 19:15
ADV.3,000 / DOOR 3,300
チケット:SHELTER店頭11月18日〜 / プレイガイド未定
info SHELTER 03-3466-7430

http://www.loft-prj.co.jp/SHELTER/
続きを読む
posted by やまとも at 12:38 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター 今月のRooftop

Rooftop10月号のラインナップ

posted by Rooftop at 22:04 | 今月のRooftop

WEBよろず:ミドリ「さよなら、後藤さん。」開催決定!

さよなら、後藤さん。
今まで、ありがとう。
お祝いしよう。パーティーしよう。

sayonara_gotosan.jpg

イベント名:さよなら、後藤さん。
会場:LIQUIDROOM
日時:2010年12月30日(木)
OPEN 18:00 / START 19:00
料金:3000円(税込・ドリンク代別)
※その他詳細は追ってUPします。

■■TOTAL INFORMATION■■

ミドリ オフィシャルHP
http://www.midori072.com

LIQUIDROOM
http://www.liquidroom.net/続きを読む
posted by やまとも at 19:53 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:SOFT”の4年ぶりとなる2ndアルバム日本超先行リリース!

“ストーン・ローゼズの再来”と謳われ、1stが大ヒットしたブルックリンの5人組“SOFT”の4年ぶりとなる2ndアルバム

SOFT_band-photo_s.jpg

「3年とか4年というのは、アルバムのインターバルとしては決してべらぼうに長いというものではない。にもかかわらずこんなに「待ってました」という気分になるのはなぜだろう。われながら不思議だったのだが、本作を何度も何度も聴いているうちに気づいた。ここ数年、彼らのようなロックはほとんど死滅状態だったのだ。いや、最近のロックがつまらないと言っているわけではないし、面白いバンドは続々生まれ続けているのだが、ソフトのような近さや親しみやすさ、胸が躍り心が燃えるような音を鳴らしてくれるバンドがいなかったのだ」
(小川智宏氏のライナーノーツより)

jkt_150.jpg
SOFT
DOGS

YOUTH-101 / 2,400yen (tax in)
10.13 IN STORES


http://www.andrecords.jp/catalog/079/
続きを読む
posted by やまとも at 18:00 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:『DECKREC NIGHT 2010』開催

POLYSICS.jpg SCOOBIEDO.jpg KINGBROTHERS.jpg jusyofuteimushoku.jpg

 ガレージとロックンロールの名門レーベルDECKRECがイベントを開催します。出演者はPOLYSICS、SCOOBIE DO、KING BROTHERS(DECKRECからのリリース年代順)、今夏、各地のフェス、イベントで圧倒的なパフォーマンスを繰り広げて、さらにアツい夏を呼んだといわれる3バンドが、冬の渋谷に集結!ありそでなかった夢の組み合わせ!そしてオープニングアクトに来年リリース予定の住所不定無職。ベテランと新人とOBと現役が激突する一夜限りのスペシャルナイトにさぁ全員集合!

【レーベルプロデューサーからのメッセージ】
 ロックンロールに狂ったら、求刑は無期懲役!音符模様のトキメキと、キラー・ビートはそう簡単に許してはくれない。ロックンロール裁判!判決はキミたちのダンス次第!(DECKRECネモト)


DECKREC NIGHT公演詳細
2010年12月17日 (金)Shibuya O-EAST

OPEN 18:00 START 18:45
前売り3300円
POLYSICS/SCOOBIE DO/KING BROTHERS (リリース年代順)
OPENING ACT:住所不定無職
チケット一般発売日:2010年11月13日(土)
問い合わせ VINTAGE ROCK 03-5486-1099(平日12:00〜17:00)
www.vintage-rock.com

※10/4(月)より各出演者オフィシャルサイトにて「オフィシャル先行予約」あり!


<DECKRECリリースアイテム>
POLYSICS

「1st P」(アルバム)1999年2月25日発売
「A・D・S・R・M!」(アルバム)1999年10月22日発売
「6-D & LIVE IN JAPAN」(LIVE & Remix盤)2000年2月25日発売
「1st P / A・D・S・R・M!」(リマスター盤)2009年2月25日発売

スクービードゥー
「DOIN' OUR SCOOBIE」(アルバム)1999年11月25日発売
「No.3」(シングル)2000年12月8日発売
「Beach Party」(アルバム)2001年9月7日発売

KING BROTHERS
「(タイトル無し)」(アルバム)2000年4月10日発売
「THE FIRST RAYS OF THE NEW RISING SUN 」(アルバム)2010年4月7日発売

住所不定無職

2011年1月発売予定続きを読む
posted by やまとも at 17:51 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。