ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:[Champagne] 早くも new single 発売決定!

Champagne.jpg

 2010年1月に発売した1stアルバム『Where's My Potato?』が音楽性の高さで注目を集め、ネットを中心に口コミで広がり、レコ発ファイナルの下北沢シェルターが即日完売。ボーカル川上洋平の中東訛りの英語(?)と日本語を使い分けた歌い回しは、他に類を見ない。また、7月リリースのシングル『city』も音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」のパワープッシュに選出され、タワーレコード渋谷店のインディーズチャートでは1位を記録。
 春フェスではARABAKI ROCK FES、ROCKS TOKYO、夏にはROCK IN JAPAN、SUMMER SONIC、TREASURE、RUSH BALLなど新人ながら多数出演。TREASUREに至っては溢れたお客さんで前柵が壊れるなど破壊力満点の盛り上がりを見せた。
 秋から始まっている『city』ツアーも東名阪も即日SOLD OUTという一気に動員を増やし、成長を加速している[Champagne] 。彼らの最新作のリリースが11月24日に決定!!


You're So Sweet & I Love You
1, You're So Sweet & I Love You
2, Shake Shake Shake
RX-042 / 1,050yen (tax in)
11.24 IN STORES

★12月16日に渋谷クアトロで[Champagne]主催のイベント開催!!
★来年の1月からスペースシャワー列伝ツアーの参加が決定!!

1/13(木)札幌CUBE GARDEN
1/15(土)仙台MACANA
1/16(日)新潟RED PIG
1/20(木)名古屋CLUB QUATTRO
1/22(土)心斎橋CLUB QUATTRO
1/23(日)広島CAVE-BE
1/25(火)福岡DRUM Be-1
1/28(金)赤坂BLITZ ※TOUR FINAL

http://champagne.vc/
続きを読む
posted by やまとも at 20:56 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:ハイスイノナサ、1年ぶりの新作をリリース。ツアーも決定!!

 ふわふわと漂うドリーミーなボーカル、どこかメロウでアーバンな高速モントゥーノで主軸を固めるキーボード、不意を突くジャジー且つクラシカルなギター、小技の効いたタイトな人力ブレイクビーツ、ミニマルでファンキーなベース、時折隙間に響くグリッチ音。
 ミニマルやアンビエントを筆頭とした“現代音楽”を、ポストロックとエレクトロニカとポップスといったフィルターを通して、これらを全て人力で具現化させる、まさに打ち込みの様なテクニックを持つバンド。
 今回は「均質化しつつある文化を意識した上での新しい価値の創造」をコンセプトに、ハイスイノナサの観ている世界を、より鮮やかに音楽で描き、聴く人の想像力を刺激する作品となった。

ZNR_101_jk_f.jpg
ハイスイノナサ
2nd mini album「想像と都市の子供」

ZNR-101 / 1,890yen(tax)
11.17(wed) IN STORES

1. mass
2. 均質化する風景
3. 想像と都市の子供
4. 傾く夜
5. ensemble 1
6. engine city


ハイスイノナサ「想像と都市の子供」release tour
2010/12/12(sun)高崎club FLEEZ
2011/01/08(sat)名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
2011/01/09(sun)大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
2011/01/22(sat)仙台Hook
2011/02/05(sat)渋谷O-nest

Yamon Yamon Japan Tour サポート決定!
【Yamon Yamon Japan Tour 2010】
11/23(tue)京都MOJO
w/ Yamon Yamon/ Luminous Orange/and more
11/25(thu)渋谷CLUB QUATTRO
w/ Yamon 2010/Yamon/and more



ハイスイノナサ official site
http://www.haisuinonasa.com/

残響レコード
http://zankyo.jp/続きを読む
posted by やまとも at 20:43 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター 今月のRooftop

monobright('10年10月号)

monobright

“DO10!!”攻約宣言後半戦突入!!
変化と進化を遂げた冒険者たちの未知への挑戦


 現在、“DO10!!”というプロジェクトを打ち出して活動中のmonobright。“DO10!!”とは“怒濤”という意味があり、今後のスケジュールプランを今年2月にドドーンと発表した。現在中盤まで来ているこのプロジェクトだが、今回リリースされる3rd.アルバム『ADVENTURE』のタイミングで4th.アルバムのダイジェスト盤の限定配布が予定されていたり、4th.アルバムを引っさげてのツアーを来年夏に開催することが発表されていたりと、リスナーにとってはこれだけのスケジュールが見えているというのは嬉しいことだが、やる側に対してはMUCHAしてるなと思わざるをえない。しかし、こちらの想像とは裏腹に、この“DO10!!”攻約宣言は、かなり順調に進んでいるのだそう。日々レコーディングやライヴや曲作りを立て続けに行ない、ツライですと言いながらげっそりしている様を想像していたのに、インタビュー時にお会いした彼らは「この活動スタイルはすごくバランスが良い」と言うほど、バンドとしても自分にとっても良い状態を保っているのだ。そんな彼らから生まれた作品だからこそ、今回の『ADVENTURE』はキラキラとしていて、変化と進化と曲が進むたびに驚きを与える作品となった。
 今回のアルバムには未収録だが、来年春公開予定の映画の主題歌にも大抜擢され、踏み固められた地面を今飛び立とうとするところまでやってきた。これからの活躍に大いに期待ができる。ぜひ、今のmonobrightを知ってもらいたい。(interview:やまだともこ)

続きを読む→

posted by Rooftop at 22:02 | 今月のRooftop

SION('10年10月号)

SION

四半世紀にわたり石塊のプライドを胸に培った歌心


 プライヴェート・アルバム『Naked Tracks 3〜今日が昨日の繰り返しでも〜』、ファン投票で選ばれた上位10曲を盟友・松田 文と新たなに録り直した『I GET REQUESTS〜SION with Bun Matsuda〜』、打ち込みを大胆に採り入れた異色ながら出色のシングル『からっぽのZEROから/そして あ・り・が・と・う』と怒濤のリリース・ラッシュに沸くSIONだが、デビュー25周年の大団円を迎えるに相応しいオリジナル・アルバム『燦燦と』の出来映えがまたすこぶる素晴らしい。THE MOGAMIとThe Cat Scratch Comboによる鉄壁のアンサンブルに支えられた滋味豊かな歌の完成度の高さは言うまでもないが、注目すべきは“お祝い盤”と題されたボーナス・ディスク。BRAHMAN、藤井一彦、Ken Yokoyama、花田裕之、SAICOというSIONと親交のある5組がSIONのクラシック・ナンバーに新たな彩りを添えた見事なカヴァーを披露している。また、本編の冒頭を飾る『石塊のプライド』ではSIONを兄貴と慕う福山雅治が作曲として参加、打ちひしがれてもなお歩を進める武骨な男の心情と信条を描いた一曲、いや、逸曲となった。
 今日が昨日の繰り返しでも、明日が今日の繰り返しでも、蹴躓いて叩きつけられても石塊のプライドを胸に秘めてその嗄れた歌声を武器に道なき道を往くSION。50歳を迎え、益々円熟味を増したその歌はまるで傷だらけのダイヤモンドのように燦燦と輝きを放っている。(interview:椎名宗之)

続きを読む→

posted by Rooftop at 21:59 | 今月のRooftop

ムック('10年10月号)

ムック

デジタルとアナログの境界線を自由に行き来する聖楽達の“業”〈カルマ〉


 あらゆる音楽的要素を貪欲に呑み込み、独自の表現として昇華させるムックの音楽性がここへ来てまた面白いことになってきた。最新シングルの『フォーリングダウン』は煌びやかなデジタル・ビートに彩られた躍動感溢れるディスコ・チューンで、従来のムックのイメージを覆すには充分すぎる作品だが、それはまだ序の口。通算10作目となるオリジナル・アルバム『カルマ』では無機質なデジタルの音色と有機的なバンド・アンサンブルを無理なく共存させており、バンドが軽やかなステップでネクスト・レヴェルに到達したことを雄弁に物語っている。結成から13年を経てもなお、鮮度と革新性の高い作品を作り続けている彼らの創作意欲が尽きる気配は微塵もない。決して衰えることのないその表現欲求の源泉を知るべく、主催イヴェント『えん6』のリハーサル直後のメンバー全員を直撃した。(interview:椎名宗之)

続きを読む→

posted by Rooftop at 21:57 | 今月のRooftop

ワタナベマモル('10年10月号)

ワタナベマモル

マモルと愉快な仲間たちによる純真なロックンロール賛歌


 前作『ヒットパレード(BEST OF MAMORU & THE DAViES)』以来約1年振りの発表となるワタナベマモルの新作は、DAViESから離れたソロ名義の賑やかなセッション・アルバムと相成った。タイトルも潔く『SESSiONS(セッションズ)』と命名された本作には、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、トモフスキー、ハッチハッチェル、山川のりを(ギターパンダ)等々の名うてのミュージシャンたちが一堂に会し、マモルとがっぷり四つに組んだ純度の高いロックンロール全10曲(初回プレス盤は全11曲)が収録されている。寝ても覚めてもロックンロール、明けても暮れてもロックンロール、やること成すことロックンロール。「やりたいことはロックンロールしかない」と気っぷ良く言い切る男が奏でるロックンロールに純真さはあっても理屈はない。かつてキース・リチャーズがロバート・ジョンソンの音楽を評した言葉をそのままパクらせてもらうならば、『SESSiONS(セッションズ)』はこんなアルバムだと僕は言いたい。「おい、こいつを聴いてみろよ。何か特別なものを経験したいんだろ。ロックンロールがどんなにいいものか知りたいんだろ。だったらこれだよ」と。(interview:椎名宗之)

続きを読む→

posted by Rooftop at 21:55 | 今月のRooftop

大久保佳代子('10年10月号)

大久保佳代子

本番で脚光を浴びてる時が一番楽しい


 『大久保佳代子劇団第二回公演「村娘」』が、10月14日より恵比寿エコー劇場にて上演される。『大久保佳代子劇団第一回公演「尼と恥美」』が昨年10月に行われているので、ちょうど1年振りとなる。『尼と恥美』は、1人の尼の半生を描いたコメディで、笑いもありつつ全ての欲を剥き出しにする女性を演じた大久保さんの演技に釘付けになった。
 今作『村娘』は、まだ全容を明かすことはできないものの、前作のお話も交え、女優・大久保佳代子に話を伺った。(interview:やまだともこ)

続きを読む→

posted by Rooftop at 21:53 | 今月のRooftop

未成年('10年10月号)

未成年

最強の布陣となって走り続ける益荒男たちが見据える先


 今年2月に1st.アルバム『masurawo』をリリースした未成年。1月18日からリリースツアー“未成年 TOUR-2010 「masurawo」”をスタートし、5月10日に下北沢シェルターでファイナルワンマンを行なった。そのツアー中のオフショットと、下北沢シェルターワンマンをフルボリュームで詰め込んだDVD“TOUR-2010 masurawo”〜TOUR FINAL ONEMAN LIVE masurawo 2010.05.10 東京 下北沢SHELTER+全国ツアードキュメント〜』がリリースされる。シェルターワンマンに関しては、名言がたくさん飛び出したMCまで全てノーカットのトータル2時間半! 魂の揺れ動く、衝撃の映像記録となって届けられる。
 そして、このDVDの先行リリースも兼ねて、10月28日には新宿ロフトにて満を持して自主企画“未成年 決起4周年記念 TOUR-2010 masurawo FINAL ONE-MAN DVD 先行レコ発イベント「熱と唄」”を開催する。バンドを結成して4年、幾度かのメンバーチェンジを繰り返し、今のメンバーになって1年、バンドの結束力は固まってきている。彼らの成長も感じられるこの日のライブを目撃してほしい。(interview:やまだともこ)

続きを読む→

posted by Rooftop at 21:46 | 今月のRooftop

No Regret Life('10年10月号)

No Regret Life

自主レーベル“spiral-motion”を立ち上げ、新たな決意を胸に再び歩き出す


 2008年10月にリリースされた『Wheels Of Fortune』以降リリースはなかったものの、精力的にライブ活動を行なってきたNo Regret Lifeから、自身のレーベル“spiral-motion”を立ち上げた事が発表された。今までお世話になったレーベル、メーカーに感謝し、支えてもらっていた経験を糧に、より自分の音楽・発想に「自信」と「責任」を持つことができるんじゃないかという思いが、このような形になった。
 そして、9月23日に下北沢SHELTERでの自主イベントより販売された新作『Magical Destiny e.p.』。直接目の前で音源を届けていきたいという熱い思いにより、ライブ会場と通販の取り扱いとなる。そして、この作品を引っ提げて彼らは3ヶ月に渡るツアーに出る。彼らのライブを楽しみにしてくれている人たちとコミュニケーションを取りながら、作品を自分たちの手から相手の手へと渡しに。
 今回はボーカル&ギターでもあり、レーベルオーナーにもなった小田和奏に話を聞いた。どれだけの決意をもって新たにスタートすることになったのか、今後の彼らはどこに向かっていくのだろうか。彼らが見据えた未来とは…。(interview:やまだともこ)

続きを読む→

posted by Rooftop at 21:41 | 今月のRooftop

川畑アキラ('10年10月号)

川畑アキラ

家族のために走り続ける親父達に向けた応援歌
『親父殿よ〜ウヤウムイノウタ〜』


 与論島から上京してザ・コブラツイスターズとして活躍し、ソロとなった今、沖縄に拠点を移して活動している川畑アキラが、『親父殿よ〜ウヤウムイノウタ〜』を今年4月にリリースした。バンドで活動していた時と同じく魂の熱さは変わらずに、生きてきた歴史が加味され、リアリティとぬくもりも感じる作品になっている。“ウヤウムイ”とは島の言葉で“親思い”という意味があり、今離れて暮らしている両親に届けたいと思う温かみのある一枚だ。
 9月23日にNaked LOFTで行われた“Naked Loft × OKINAWA LIVE!!「唐船ど〜い」”に出演された川畑アキラ氏を楽屋にて直撃した。余談だが、この日のアンコールでザ・コブラツイスターズの『運命船サラバ号出発』を歌われたのだが、何年経っても色褪せない名曲だった。(interview:やまだともこ)

続きを読む→

posted by Rooftop at 21:37 | 今月のRooftop

SDR('10年10月号)

SDR

セックス! ドリンク! ロックンロール!
弛緩しきった没個性の浮世に一矢を報いる感嘆符


 仲野 茂(vo)、内藤幸也(g)、EBI(b)、名越藤丸(ds)という辣腕揃いの布陣から成るSDR〈セドロ〉のセカンド・アルバム『!〈ビックラゲーション〉』が完成した。現代社会を完膚無きまでに斬り刻んだ舌鋒鋭い歌と緩急の付いた鉄壁のアンサンブルが核を成す彼らの純真なパンク・ミュージックは、アナーキー、Mute Beat、ユニコーン、ARB、WRENCHといったこれまで各人が歩んできた輝かしいバンドの屋号さえ時に霞ませる。肉体が欲するプリミティヴな歌声と音塊は前作『NO FREEDOM』以上にコクとキレが増し、平均年齢47.7歳のバンドとは思えぬほどに瑞々しい。彼らが放つシンプルでリアルでタフなレベル・ミュージックは、表向きは泰平な時代に見えてその実は生ぬるさばかりが横行した現代に狂い咲くバクテリアだ。あなたの体に寄生する日もそう遠くはないだろう。(interview:椎名宗之)

続きを読む→

posted by Rooftop at 21:33 | 今月のRooftop

ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:STANCE PUNKSから柿健一(Dr.)脱退

STANCEPUNKS_A.jpg

 2004年から長きにわたって、バンドを支えてきたモヒカン野郎、柿健一が10月18日渋谷O-Westでのライブをもって脱退する。
 今や日本を代表するパンクロックバンドSTANCE PUNKSの名物ドラマーとしてバンドを7年間支え続けた。脱退のコメントがオフィシャルサイトに発表されている。最後の自主企画は、柿本人のブッキングによるものであるので、是非ファンは笑顔で見送りに行って欲しい。

10月18日(月)渋谷O-West
16:00 open / 16:30 start
w)ガガガSP / 四星球 / つしまみれ / NICOTINE / knotlamp
DJ die / MC けいち(のろし)
info.ディスクガレージ 03-5436-9600(平日12:00〜19:00)

http://stancepunks.com続きを読む
posted by やまとも at 14:40 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:REDEMPTION 97からRyoji脱退

REDEMPTION97.jpg

 2008年、KEMURIの作曲をほとんど手がけていたTsudaと、POTSHOTの作詞作曲を全て
手がけていたRyojiを中心に結成されたREDEMPTION 97のRyoji(Vox / RYOJI & THE LAST CHORDS、ex.POTSHOT)が10月10日(日)下北沢REGでのライブを以て脱退することが発表された。

以下、メンバーからのコメント
------------------------------------------
〜REDEMPRION 97より大切なお知らせ〜
このたびリョウジ(Vo)が脱退することになりました。
とても残念なことですが、彼なりの思いがあってのことなので、快く送り出してあげたいと思います。
REDEMPTION 97は今後あらたなボーカルを迎えて、さらに大きな飛躍を目指して活動を続けて行きます。
これからも応援をよろしくお願いします!

REDEMPTION 97

------------------------------------------
10/10のライブをもってRD97から脱退します。
さらなるステップアップを目指すRD97の活動に
これ以上は集中して参加出来ないと判断しました。
RD97はよりレベルアップしてさらなるステージを目指していきます。
自分はレーベル・ワークやラストコーズなどでマイペースに音楽を続けていくつもりです。これからもRD97とRYOJIの応援をよろしくお願いします。

RYOJI

------------------------------------------


LIVE info.
10月10日(日)下北沢REG
【RD97 presents PRECIOUS LIVE!!】

LIVE:REDEMPTION 97, RED CLAW SCORPIONS
DJ:SK-AxKiCKx, HIRO (DO THE SKA)
OPEN/START 18:30
前売り 2,300円 / 当日 2,800円
チケット一般発売日 未定(プレイガイドも予定しています)
・ローソンチケット (L:71799)
・REG
・RD97メール予約
(問)REG 03-6450-9346

http://www.myspace.com/redemption97
続きを読む
posted by やまとも at 13:09 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:D'ERLANGER主宰イベント『ABSTINENCE'S DOOR』 USTにて配信決定!

artist.jpg

 2007年に衝撃の復活を遂げた伝説のバンドD'ERLANGERが、同年9月に立ち上げたライブイベント“ABSTINENCE'S DOOR”を新木場STUDIO COASTで2日間に渡り開催する。
 国内の活動にとらわれず積極的に海外にも進出しているD'ERLANGER。今回は、MySpace 内USTチャンネル「USTREAM on MySpace」、音楽業界3団体による世界向け配信プロジェクト「Sync Music Japan」、さらには様々なコンテンツを持つ「NEXUS-web」でも配信が決定。全世界に向けて生中継される。
 出演者は、girugamesh 他、様々な国内のアーティストに加え、台湾からPIAの参戦も決定している。

【D'ERLANGER Presents ABSTINENCE'S DOOR】

日程  ♯005 9月19日(日)
OPEN 17:00 / START 18:00
日程  ♯006 9月20日(月・祝)
OPEN 16:00 / START 17:00
会場:新木場 STUDIO COAST
出演:D'ERLANGER / acid android / defspiral / girugamesh / HEAD PHONES PRESIDENT / PIA(from 韓国)

http://www.derlanger.jp/

【USTREAM中継はこちらから】
■SYNC MUSIC JAPAN
http://www.myspace.com/syncmusicjapan

■USTREAM on MySpace
http://www.myspace.com/msjustream

■NEXUS-web
http://www.nexus-web.net/

※試聴環境 Ustreamが観られるPC及びiPhone等続きを読む
posted by やまとも at 15:16 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:感動の美メロック大本命。ivory7 chord、至高のフルアルバム完成

ivory7chord_A.jpg

 華々しくデビューを飾った前作『light a tree』。その残像と余韻をしっかりと残しつつ、震えるほどに甘美なメロディーがギュっと胸をしめつける全曲200%必聴の名曲揃い踏み!
 2010年、元WRONG SCALEメンバー大西と野田を中心に始動。色彩に溢れ、震えるほどに甘美なメロディーが最大の持ち味。テクニカルな表現力と、抜群のハーモニーが、問答無用のアンサンブルを奏でる。聴く者を虜にし、自らのイメージと意思をくっきりと伝える。モダンで最新鋭な部分と、豊かな人間味が絶妙なバランスで融合するバンド。きっと涙腺を潤ませます。是非、ライヴを体感して欲しい。

IV7C2_jk.jpg
ivory7 chord
leaves
IV7C-0002 / 2,300yen (tax in)
Rhythm Leaf Works
9.22 IN STORES
01.Prologue
02.fire works (パイロットソング)
03.A
04.distance
05.Autumn leaves
06.Far away
07.Change
08.A vision
09.dry your tears
10.dark gray color
11.Reach you


http://www.ivory7chord.com/

続きを読む
posted by やまとも at 18:31 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:syrup16g "re-issue"2010年10月27日(水)発売

廃盤となって久しい名盤たちを6タイトル一挙に復刻。失われたピースが、今また輝き始める。

〜今回の"re-issue"シリーズの四大特徴〜
●『My Song』と『パープルムカデ』2つのミニアルバムをカップリングして2in1CD で復刻。
●『HELL-SEE』をリマスタリング。レコーディング当時からの希望であった、高山徹によるリマスタリング。
●全アイテム紙ジャケットE式採用
●ボーナストラックとして『Free Throw』にYou Say 'No'、向日葵、愛と理非道の既発曲3曲を追加、『Mouth to Mouse』にリアルを追加。

 1999年に『Free Throw』を発表し2008年の解散までの9年間、異常なスピードでリリースを重ね、シーンに対して数々の衝撃を与え、聴くの者の心に大きな爪痕を残して去ったsyrup16g ですが、これまで大半の作品が廃盤となったままでした。
 一ファンとしては、その音源がこのまま闇に埋もれていって、当時聴いた記憶だけを大事に暖めていくという思いも少しはありますが、ファーストアルバムから歩みを共にしてきた、レーベルの者としては、やはり、いつでもそこにあって、手に取れる、パーマネントアイテムとして、きちんとカタログに残したいと思っていました。このたび、様々な調整を終え、廃盤となっていた全アイテムを復刻する運びになりました。すでに解散してから約3年経ってしまいましたが、これで、ようやく全てのピースを埋められたような気がします。みなさまのお手元に、ずっと置いていただければ幸いです。(DAIZAWA RECORDS 遠藤幸一)

Free Throw
UKDZ-0104 / 1,575yen (tax in)
10.27 IN STORES

<収録曲>
1. 翌日
2. Sonic Disorder
3. Honolulu★Rock
4. 明日を落としても
5. 真空
*bonus tracks
6. You Say 'No'
7. 向日葵
8. 愛と理非道

coup d'Etat
UKDZ-0105 / 2,100yen (tax in)
10.27 IN STORES

<収録曲>
1. AnotherDayLight
2. My Love's Sold
3. 神のカルマ
4. 生きたいよ
5. 手首
6. 遊体離脱
7. virgin suicide
8. 天才
9. ソドシラソ
10. バリで死す
11. ハピネス
12. coup d'Etat
13. 空をなくす
14. 汚れたいだけ

delayed
UKDZ-0106 / 2,100yen (tax in)
10.27 IN STORES

<収録曲>
1. センチメンタル
2. Everything is wonderful
3. Reborn
4. 水色の風
5. Anything for today
6. サイケデリック後遺症
7. キミのかほり
8. Are you hollow?
9. 落堕
10. 愛と理非道

HELL-SEE *リマスタリング
UKDZ-0107 / 2,100yen (tax in)
10.27 IN STORES

<収録曲>
1. イエロウ
2. 不眠症
3. Hell-see
4. 末期症状
5. ローラーメット
6. I’m 劣性
7. ( This is not just) Song for me
8. 月になって
9. ex. 人間
10. 正常
11. もったいない
12. Everseen
13. シーツ
14. 吐く血
15. パレード

パープルムカデ / My Song
UKDZ-0108〜0109 / 2,100yen (tax in)
10.27 IN STORES

<収録曲>
disc-1 パープルムカデ
1. パープルムカデ
2. (I'm not) by you
3. 回送
4. 根ぐされ

disc-2 My Song
1. My Song
2. タクシードライバー・ブラインドネス
3. 夢
4. イマジン
5. テイレベル

Mouth to Mouse
UKDZ-0110 / 2,100yen (tax in)
10.27 IN STORES

<収録曲>
1. 実弾(Nothing's gonna syrup us now)
2. リアル〈 album Ver.〉
3. うお座〈 album mix〉
4. パープルムカデ〈 album Ver.〉
5. My Song
6. Mouth to Mouse
7. I・N・M
8. 回送〈 album Ver.〉
9. 変態
10. 夢
11. 希望
12. メリモ
13. ハミングバード
14. Your eyes closed
*bonus track
15. リアル〈 single Ver.〉

http://www.keycrew.jp/syrup16g/続きを読む
posted by やまとも at 13:52 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:LOST IN TIMEのニューアルバム完成。発売は11月10日

LOSTINTIME_A.jpg

 2001年結成以来、ひたむきさと真摯な姿勢、感情の深いところに突き刺さる詞とメロディーが評価されてきたロックバンドLOST IN TIME 。3ピース・バンドならではの緊張感とストレートに鳴り響くギター・サウンドに加え、年を重ねるごとにシンプルながらも味わい深いバンドサウンドへと成長している。生きることの大切さや痛みを、時に激しく時に切々と歌う海北の伸びやかな歌声、それを支える大岡のタイトなドラム、サポートギターの三井によるバンドサウンドは、冷めた心に光を灯してくれるかのように響くだろう。
 もどかしい毎日を過ごす全てのひとりぼっちに贈る歌『ひとりごと』、友人の結婚式のために書かれた『陽だまり』など、LOST IN TIMEならではの魅力が詰まった全11曲。通算6枚目となる傑作アルバムが完成した。


LOST IN TIME
ロスト アンド ファウンド

UKDZ-0103 / 2,520yen (tax in)
11.10 IN STORES
特典:初回生産分:DVD付き(LIVE映像 ほか)

収録曲<曲順未定>
・ひとりごと
・その名前を
・虹のしずく
・青よりも蒼く
・なくした歌
・進む時間 止まってた自分
・勲章と傷
・スピンオフ
・所在なき歌
・夢
・陽だまり


LOST IN TIME イベント参加
10月2日(土)横浜 CLUB LIZARD 共演:GLORY HILL、OCEANLANE
10月9日(土) 下北沢 CLUB Que 共演:THE GROOVERS
10月29日(金)高松 DIME 共演:a flood of circle、UNLIMITS
10月30日(土) 高知 X-pt 共演:a flood of circle、UNLIMITS

LOST IN TIMEニューアルバム発売ワンマンツアー
12月4日(土) 下北沢 CLUB Que
12月5日(日) 下北沢 CLUB Que
12月8日(水) 名古屋 アポロシアター
12月9日(木) 大阪 Shangri-La
12月18日(土) 熊谷 HEAVEN'S ROCK
12月19日(日) 仙台 MACANA


ニューアルバムの新曲を海北大輔がいち早く弾き語りで聴かせるライブも全国で開催
〜ロストインタイムのボーカル海北大輔弾語り旅〜
[ひとりはみんなのために弾き語る]

9月16日(木) 下北沢 CLUB Que 共演:クボケンジ (メレンゲ)
9月17日(金) 京都 SOLE CAFE
9月19日(日) 大阪 cafe & bar Legato
9月20日(月・祝) 大阪 POTATO KID
9月22日(水) 岡山 CRAZYMAMA STUDIO
9月23日(木・祝) 福岡 LIVE HOUSE DRUM Legend
9月25日(土) 大分 club SPOT
9月26日(日) 松山 サロンキティ
10月11日(月・祝) 名古屋 ハックフィンファクトリー
10月13日(水) 金沢(会場未定)
10月16日(土) 秩父 ラダーラダー
10月17日(日) 札幌 Sound Lab mole [秀吉「むだいのツアー」ゲスト]
10月22日(金) 八戸 ROXX
10月24日(日) 熊谷 モルタルレコードストア2階
(※会場により共演者あり)

http://www.ukproject.com/lostintime
続きを読む
posted by やまとも at 13:22 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

ギター WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:錚々たる面子が集結したガロリンズのトリビュート・アルバム

 福岡アンダーグラウンド・シーンの中核バンド、ガロリンズの藤井よしえ(g, vo)が癌で闘病していることを受け、彼女を慕うアーティスト15組が『4-DIMENSION MUSIC THERAPY』と題したトリビュート・アルバムを発表。収録曲はすべてガロリンズとnoumi yoshie(藤井のソロ)のカヴァー。Rockin' Jelly Beanによる描き下ろしのジャケット、西澤裕郎の解説も素晴らしい。福岡アンダーグラウンド・シーンを知る上で欠かすことのできない重要な作品と言えるだろう。

CH80.jpg
V.A.
4-DIMENSION MUSIC THERAPY 〜Tribute to GARORINZ〜
Less than TV ch-80 / 2,100yen (tax in)
9.03 IN STORES
[収録曲]
01. you are king in smell small country/RUINS alone
02. Chicken/デラシネ
03. selfish days/Limited Express(has gone?)
04. Free/イルリメ
05. サディスティックラブ/accidents in too large field
06. Queen/曽我部恵一
07. Remain/JON(犬)
08. Queen's Heart/MELT-BANANA
09. 夢の影/EEVEE ft.1Z3
10. trip!/KIRIHITO
11. RIGHT DRESS!!/PANICSMILE
12. I Have No Legs/DODDODO
13. I need I/eastern youth
14. sweet wind(noumi yoshie)/二階堂和美
15. イロアザヤカ/あふりらんぽ続きを読む
posted by やまとも at 17:57 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:セッションで作られたワタナベマモルのソロアルバム

watanabe_a.jpg

 ワタナベマモルの約1年ぶりの新作は、自らのバンドMAMORU& The DAViESからはなれ、ソロ名義のアルバムとなる“SESSiONS(セッションズ)”。甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、トモフスキー、ハッチハッチェル、山川ノリヲ(ギターパンダ)などジャンル問わずさまざまな人達とのセッションを経て、ピアノ、オルガン、バイオリン、など色々な楽器をオーバーダビングした実験的で遊び心あふれる作品が完成した。

watanabe_SESSiONS.jpg
SESSiONS(セッションズ)
MAGIC TONE RECORDS / ROLLER☆KING 
MAGI-0005 / 2,625yen (tax in)
10.06 IN STORES

〜ワタナベマモル弾き語りライブ〜
9月4日(土)甲府キングラット
9月5日(日)長野INDIA live the SKY
9月11日(土)西荻窪CLOP CLOP
9月18日(土)伊勢bamboo bar
9月19日(日)清水 船橋舎
9月20日(月・祝)沼津P-STAGE
9月23日(木・祝)上越メモリー
9月24日(金)富山モスキート

MAMORU & The DAViES
9月12日(日)本八幡3rdSTAGE
9月25日(土)新潟 WOODY
9月26日(日)金沢 EX,KENTOS
10月3日(日)下北沢SHELTER

マジックトーンレコード http://www.magictone-blues.com
ワタナベマモルオフィシャルサイト http://www1.odn.ne.jp/davies/続きを読む
posted by やまとも at 17:54 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地

WEBよろず:WEAVER、前・後編の2作に分かれたニューアルバムリリース

WEAVER_a.jpg

 3ピースピアノロックバンドWEAVERが、異例とも言える前編/後編の2部作として発売する。サウンドプロデューサーの亀田誠治氏と、「音楽を取り巻く状況が混沌とした時代の中で、自分たちにしか出来ない音楽世界を想像して世の中に送り届ける」というコンセプトの元に制作されていった。『Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜』(フジテレビ系ドラマ「素直になれなくて」主題歌)や、『僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜』(au LISMO! CMソング)などタイアップ楽曲を含む、全7曲を収録。9月にリリースとなる、後編との2枚を通して構成される『新世界創造記』をぜひ楽しみにして欲しい。
 
WEAVER_J.jpg
新世界創造記・前編
初回盤 AZCS-1007 / 1,680yen (tax in)
通常盤 AZCS-1008 / 1,680yen (tax in)
IN STORES NOW

WEAVER Second TOUR 2010 「新世界創造記」
10月9日(土)広島CAVE BE
10月10日(日)大阪BIG CAT
10月15日(金)福岡BEAT STATION
10月16日(土)名古屋E.L.L
10月20日(水)恵比寿LIQUIDROOM
10月22日(金)新潟CLUB RIVERST
☆チケット代:オールスタンディング 前売3000円(税込)(ドリンク代別)

EVENT

9月1日(水)渋谷・CHELSEA HOTEL
J-WAVE SPECIAL SHOWCASE MELEE×WEAVER
9月12日(日)渋谷C.C.Lemonホール
オールナイトニッポンライブ〜vol.1〜
9月22日(水)SHIBUYA-BOXX
B-PASS創刊25周年記念「B-PASS 25th Fes」
10月2日(土)新木場スタジオコースト
「au by KDDI」 presents オンタマ LIVE エピソードVIII

http://www.weavermusic.jp/続きを読む
posted by やまとも at 17:51 | Comment(0) | WEB版よろず画報番外地
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。