ギター やまだのひとりごと(仮)

3月3日の下北沢SHELTERイベントにplaneが急遽参戦!!

 だいぶ迫ってきております、ストライカーズとRooftopの共同企画“ストライカーズ パンデミック episodeU meets Rooftop”。このイベントに、急遽!! planeの出演が決定致しました!
 planeと言えば、昨年は私がライブを見たいという一心で、Rooftop企画イベントに何度も出演をしていただき、2月13日にO-WESTで行った結成15th ANNIVERSARYライブが大成功を収めたバンドです。planeは、とにかくウタが良い。メロディーが良い。そしてライブが良い。先日のライブは、見ているだけですごく幸せな気分になれましたし、改めて3月3日に出演いただけることが嬉しいと素直に感じられました。ウタの持つ力というのを、planeのライブで感じることができるはずです。
 というわけで、3月3日の出演者はストライカーズを始め、キノコホテル、hare-brained unity、planeの4バンドで決定です! 今月号のRooftopインタビューでストライカーズが「この4組が一緒に出るイベントなんてないと思う」と言ってまして、私もだからこそ面白いと思っています。なんだかすごい化学反応が起こるんじゃないかと思っています。
 ですので、3月3日はぜひぜひ下北沢SHELTERに足を運んで頂きたいです。
 そしてストライカーズのニューアルバムの発売(発売自体は4月ですが)を一緒に盛りあげましょう☆

2010.3.03(Wed)下北沢SHELTER
<ストライカーズ パンデミック episodeU meets Rooftop>
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV.¥2000 / DOOR ¥2500
ストライカーズ / キノコホテル / hare-brained unity / plane

チケット:PIA(347-410)・LAWSON(75862)・下北沢SHELTER店頭 発売中!!
問:下北沢SHELTER(03-3466-7430)


Rooftop:やまだともこ
posted by Rooftop at 13:12 | Comment(0) | やまだのひとりごと(仮)

ギター 編集無頼帖

オッタマゲーションな一夜

ファイル0007.jpgファイル0004.jpgSN3F0705.jpg
 我が職場、階下にあるネイキッドロフトの楽屋が併設されている。連日連夜、多種多様な世界に属する出演者と顔を合わせるのだけれど…考えてもみて欲しい。ウチの事務所に見目麗しき女性シンガーおふたりがいきなり私服でやって来ることを。考えてもみて欲しい。資料が山積して汚れたデスク周りを見られてしまう恥ずかしさを。考えてもみて欲しい。そのデスク周りに記念写真なんぞを貼ってしまっておるのが見られてしまうことを(パソコンの壁紙は思いきりロフトのステージ撮影写真だったりするのである)。考えてもみて欲しい。その楽屋でその女性シンガーおふたりが嬉々としてピエロになりすましているのを…。
 まさに有り得ない一夜であった。むぁた編集長のゲスト出演だけでも充分にオッタマゲーションなのに、柴田妹まで登場するなんて。しかも、ピエロメイク。しかも、カタルさんとシズヲさんまで竿を置いて『赤いフリージア』(笑)。ナボさんはいつも通りニコニコしながら酒と共に徘徊していたなぁ。イイ顔選手権、相変わらずの上位入賞。ははは。
 それはそれとて、むぁた編集長に褒めて頂いた帯キャッチが付いた『MELON'S NOT DEAD』、来週17日に遂に発売となります。このアルバムには二大特典がありまして、それが「MUSIC VIDEO 5曲を収録したDVD(特典映像付き)」と、あろうことか「Rooftop椎名編集長によるライナーノーツ付き」なんだそうです。Rooftopにも僕にも何のネーム・バリューもないのに、もう恥ずかしいったらありゃしまへん。でも、僕なりの“ロック化計画”の総括文を精一杯書かせて頂きました。ご一読下さると嬉しいです。作品の内容、完成度は僕が絶対の自信をもってお勧めします。(しいな)
posted by Rooftop at 16:24 | Comment(8) | 編集無頼帖

嗚呼、サンハウス

SN3F0711.jpg
 本誌最新号でも大きく誌面を割いておりますサンハウス。デビュー35周年を記念して発売されるBOXセット『THE CLASSICS』をひと足先に入手しました(発売は2月17日)。CD7枚+DVD1枚に豪華ブックレットが封入されている本作、ワインを片手に悦に入るバンドマンもいる模様です(笑)。パッケージ・デザインはインディーズ時代の怒髪天の諸作品を手掛けていた佐藤トリコさん。そりゃイイわけだ。
 不肖ワタクシ、このブックレットで菊さん、鮎川さん、奈良さんへのインタビュー記事を仰せつかってまして、取材前に改めて聴き込んで痛感したのは尋常ならざる楽曲のクオリティでした。それはまさに“CLASSICS”の名に相応しい威風堂々たる風格。はっぴいえんどが確立した日本語のロックを見事に地肉化させた功績云々よりも、とにかく楽曲が純粋に素晴らしく良い。だからこそ解散後も多種多様な編集盤が絶えず発表され、何度か再結成もされてきたのでしょう。チャック・ベリーよろしくな『ねずみ小僧のうた』なんて、社会風刺の効いた歌詞が素晴らしすぎるもんなぁ。
 5月には12年振りとなる再結成ツアーも敢行されることだし、若い世代もこのBOXセットさえあれば予習ばっちり。そう、ライブは是非若いロック・リスナーにこそ体感して頂きたいです。ルースターズを入口に後追いでサンハウスを聴いた僕も、12年前のリキッドルームで打ち奮えましたから。(しいな)
posted by Rooftop at 13:42 | Comment(2) | 編集無頼帖

ギター やまだのひとりごと(仮)

村田兄妹と柴田兄妹

 昨日、ネイキッドロフトで行なわれた“ニューロティカ カタルの今夜はトゥナイト-第三弾”。
 カタルさんに加えて、ゲストにニューロティカのかっこいいギタリスト・シズヲ氏と、「村田兄妹」という超無理矢理な設定ではありますが、カタルさんと同じ名字であるメロン記念日・村田めぐみさんが登場。このお三方に西尾マネを加えた4人で、普段では聞けないトークが繰り広げられました。トーク後は、カタルさん&シズヲさんの弾き語り。そして、カタルさん&シズヲさんに加えて、あっちゃんメイク(!)をした村田さんが、お二人の演奏をバックに百恵ちゃんなどを熱唱していました。

 ネイキッドロフトでメロンの村田さんがトークをしたり、歌を歌っているという光景は何度見ても信じられないものでしたが、楽屋でも信じられないことが起こっていたのです…。

 この日、ゲストとして登場していたシズヲさんの名字は“柴田”さん。………ということは…………。メロン記念日にも“柴田”さんがいらっしゃいますよね?? そうなんです、柴田あゆみさんがシークレットで登場したんです!しかも、なぜかあっちゃんのメイクをして………。

楽屋でメイクをしている時の写真がこちら↓

NEC_0130.jpg

あっちゃんとは違って全部自分でメイクをしているそうで、上手にできたと満足げなお顔をされていた時に撮った1枚(笑)。携帯の都合上、相変わらず写りがよくないのですが…(苦笑)。

 歌コーナーの最後の最後に、柴田さんが登場してお2人でPUFFYを歌われました。2人ともあっちゃんメイクにセーラー服という、どうしたもんかという感じではありましたが、普段もかわいいけどこのメイクをしていてもとにかくかわいらしかったので良し(笑)。
 
 そういえば、柴田さんはトーク中も歌の間も、楽屋で待機という形でして、白塗りしかしてない状態でRooftop編集長椎名氏のデスクまで遊びに来たり、プラスワンのプロデューサーである梅造氏を驚かせてみたりと、チャーミングな一面を見せてくれましたよ。

 カタルさんもシズヲさんも、“村田兄妹”とか“柴田兄妹”とか言って本当に嬉しそうで、本当にこんな妹がいたらいいなと、たぶん本音でつぶやいていたり、メロンのお客さんにとったらあんなに狭い場所でこんなに近くで見れちゃうの?な状態であり、超満だったおかげで少し窮屈だったりもしたかもしれませんが、素敵な一夜だっていたような気がします。
 
 そして、次の今トゥナイベントですが、下北CCOで開催されるそうです。その次は、ネイキッドに戻ってきてくれるんですよね??カタルさん。
 
 
(やま)
posted by Rooftop at 20:33 | Comment(1) | やまだのひとりごと(仮)

ギター 編集無頼帖

記憶なし

 白井君…こんな写真、いつ撮ったっけ?(笑) 記憶にない! 全く! ははは。シミさん、最後の最後まで残ってくれてたんだよなぁ。演歌界の巨匠との食事会でお疲れのところを…正装のままで…有り難し。
 さらに有り難いことに、ストライカーズの星野さんもwash?の南ちゃんもあの酔狂の宴のことをブログで触れてくれてました。ホントに有り難いことです。つくづく果報者だと思います。まだまだ精進せねば。(しいな)
62674716.jpg
posted by Rooftop at 15:01 | Comment(4) | 編集無頼帖

ギター やまだのひとりごと(仮)

Rooftop2月号のWEBがアップされました

気付けば2月になって4日も過ぎてました。こうやって2月もあっという間に3月号の制作が始まるわけですね。

ところで、本日、RooftopのWEBがアップされました(山西くん、いつもありがとう☆)。
Rooftopが入手できない!という方は、ぜひぜひWEBでインタビューをご覧になっていただけたら幸いです。
twitterでは、つぶやき欄に記事アップの情報がたくさん出てますが、何が掲載されているか知って頂きたかったので、しつこいぐらいに情報として掲載させていただきました。
ただし、志村くんの追悼記事については、Rooftop誌面上のみでの掲載となります。

何かご意見ご要望等ありましたら、コメント等いただけると嬉しいです。

今月号もボリュームたっぷりとなっておりますので、じっくりお読みください。
(やま)

posted by Rooftop at 16:53 | Comment(4) | やまだのひとりごと(仮)

Seesaa blog、メンテナンスのお知らせ

現在使用しているseesaaブログのメンテナンスがあります。


■作業期間:2月9日(火曜日)午前2時〜12時までを予定
*メンテナンス終了時刻は、作業状況によって前後する場合がございます。
■サービス停止範囲:Seesaa ブログ、Seesaa DS、アカウントサービスを含む全サービス
※本作業中は、Seesaaが提供するすべてのページが表示されません。


上記の時間は、ブログやインタビュー等も表示されなくなるそうです。

ご不便をおかけしますが、ご了承くださいませ。

(やま)
posted by Rooftop at 15:29 | Comment(0) | やまだのひとりごと(仮)

ギター 編集無頼帖

kocoroから感謝!

SN3F0672.jpg
 ド平日の深夜にも関わらず、昨夜阿佐ヶ谷ロフトAで行なわれた酔狂の宴に足を運んで下さった皆さんにkocoroからお礼申し上げます。オープン直後から来てくれた俺達界隈の皆さん、ブッチャーズの吉村さん、敬愛する中込智子さん、wash?の大ちゃんに南ちゃん、パニックスマイルの吉田さん、テルスターの横山さん、ストライカーズの星野さん、エレクトリックイールショックの前川さん、イースタンユースの二宮さん、怒髪天のシミさん、フォローアップ/セクレタトレードの須永さん、あかちゃんにメナードさん、相棒やま(Wiiフィット中)、本誌デザイナー陣のうぇるち、藤巻ちゃん、上屋敷さん、勤務を終えてから駆けつけてくれたネイキッドロフトやロフトプラスワンのスタッフの同志、本当にどうもありがとうございました。また、全国各地からご丁寧にプレゼントを送って下さった皆さん、どうもありがとうございました。個別の返事の前に、この場を借りて取り急ぎお礼を。そして何より、こんな俺のために企画を立ててくれた阿佐ヶ谷ロフトAの白井君を始め働き尽くしてくれた現場スタッフのみんなには最大級の感謝を捧げたいです。ありがとう。本当にどうもありがとう。
 これだけ大勢の人が集まってくれただけでもただただ感激なのに、愛情のこもったプレゼントをたんまりと頂戴した上(シミさんがくれた巨大なクマのぬいぐるみは明らかに嫌がらせだと思いますが・笑)、吉村さんと大ちゃんには弾き語りまで披露して頂きました。こんな俺ごときのために! 有り得ない! 生きてて良かった!(泣)
 今日はそんな宴モードから一新、取材でした。昨夜会ったばかりの吉村さん率いるブッチャーズ。菊池茂夫さんによる撮影ありの2時間近くにわたるインタビュー。勝手知ったる仲などまるで無縁、仲良しこよし感皆無の真剣勝負です。この辺のニュアンスが難しくて、理解のない人は「近い関係性だからインタビューが良くて当然」みたいな見方をする。違うって。俺自身、そういう馴れ合いが非常にイヤで、なるべくそういうものと無縁でいたいと思っている。作品の良し悪しについては近しかろうが縁遠いだろうが容赦なく言いたいことは言いたいし、向こうだってぬるま湯的な原稿にははっきりと“No”を突き返す。だからこそ緊張感の保たれた対話になる。
 今日もブッチャーズの面々と実り多き対話ができて満足する反面、あの濃すぎる内容をどう編集すれば良いものか、お疲れの一献を交わしながら滔々と考えてしまった。ヒリヒリしながらもそれは至上の喜びであり、喜びでありながらヒリヒリの根源でもある。
 とにかくここが俺の戦場。それを認めてくれなければ昨日みたいな宴に人は集まってくれなかったように思う。やらねば。一心不乱に、やらねば。ソレダケ。ただソレダケだ。(しいな)
posted by Rooftop at 22:22 | Comment(2) | 編集無頼帖

昨日に続いてテルスターよりコメントです

昨日は椎名編集長のお誕生会が阿佐ヶ谷ロフトAでありまして、遊星横町の一部のメンバーや、Rooftopデザイナーさんとともにお祝いに行ってきました。

そして、その遊星横町の一部のメンバーであるストライカーズのコメントは昨日アップしました。今日は遊星横町の一部のメンバーであるテルスターのコメントをアップ致します。
Rooftop2月号で掲載している“テルスター“LOFT CIRCUIT 2010”SPECIAL!! ロフトグループ店長対談 横山マサアキ(テルスター)×峯崎智弘、平子真由美(下北沢シェルター)”の対談後に撮影したものです。
シェルター公演はもうすぐですよ〜!



画像がちらついていて若干見づらいかもしれませんが、暗いところで撮影をするという基本的なミスをおかしてしまいまして、その修正をしたら画像がちらついてしまったと思われます。

そして私事ではありますが、この動画修正が昨日のストライカーズに続いて2つ目になりますが、少しだけ作業が早くなりました。こうやって人は成長していくんですね。

というわけで、テルスターシェルタースケジュール詳細はこちら↓

2月9日(火)下北沢SHELTER
<テルスター結成15周年&CDデビュー10周年&NEW ALBUM『We Love You ! You Love Us!』発売記念プロジェクト〜LOFT CIRCUIT 2010 supported by Rooftop テルスターpresents!「We Love You! You Love Us!」〜発売記念スペシャルライブ>
OPEN 18:30 / START 19:30
ADV.¥2000 / DOOR ¥2300
テルスター
GUEST:セックスマシーン


お時間がある方、最近ストレスがたまってる方、テルスターのライブで日頃のうっぷんを晴らしたい方、ぜひぜひいらしてください!(やま)
posted by Rooftop at 19:18 | Comment(0) | やまだのひとりごと(仮)

ギター やまだのひとりごと(仮)

ストライカーズからメッセージが届きました

 ストライカーズが4月7日にリリースされるニューアルバム『パンデミック』に向け、“ストライカーズ・パンデミック”と題されたイベントを開催中!! 1月29日には“episode I meets Beat Happening!”を下北沢BASEMENT BARで、そしてRooftopとの共同企画となる“episode II”を、3月3日(火)に下北沢SHELTERで開催します。
 今回はこのイベントのために、ストライカーズから貴重なメッセージを頂きました。



3月3日(水)下北沢SHELTER
ストライカーズ&Rooftop合同企画イベント
ストライカーズ パンデミック episode II meets Rooftop
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV.¥2000 / DOOR ¥2500
ストライカーズ / キノコホテル / hare-brained unity / and more…
チケット:PIA(Pコード:347-410)・LAWSON(Lコード:75862)発売中 / SHELTER 2/3〜販売開始!!
問:下北沢SHELTER03-3466-7430


動画の編集を初めてやったので、若干気になる部分はあるかもしれませんが、ストライカーズからの熱いパッションを感じて頂けたらと思います。
そして、もしストライカーズやイベントが少しでも気になって頂けたら、ぜひ3月3日は下北沢シェルターにお越し下さい。

お待ちしております!(やま)
posted by Rooftop at 17:35 | Comment(0) | やまだのひとりごと(仮)

ギター 編集無頼帖

親愛なるアレックスさんへ

SN3F0651.jpg
 あっちゅう間の1月でありました。「あと11ヶ月で今年も終わりですね」とボケるMCをテレビで数回聞いた。家にいる時はラジオが主流だし、ニュース以外に希少価値ナシだな、テレビは。
 正月気分もそこそこにヘヴィな原稿を書き上げて、旧渋公でオトナの素晴らしさを学ぶ面白ゼミナールを受講した翌日にその補習でシェルターに留学して、紙資料に拙文を書かせてもらったバンドのワンマンをしかと見届けて、江戸川橋のスタジオで文字通り心の名作のマスタリング作業を目の当たりにして、地獄から生還した男の凄味に満ちた剥き出しの歌に心底打ち奮えて、命からがら校了を迎えたらもう2月だ。ぼやぼやうかうかしていられない。己の立脚点を見極め、両目をカッ開いて今この瞬間の現実と向き合うことに腐心しなければ、日常はのんべんだらりと弛緩していく。生の実感を得るためにも、ただひたすらに疾走を続いていくしかない。疾走と悲喜こもごもの物語は無情かつ無常に続く。ふんどし締め直して行くぜ。
 写真は、本日から配布開始となる本誌2月号の表紙巻頭の方々。明日19時半からロフトプラスワンで『キノコホテル・アルバム発売前夜祭〜女のコはキノコが大好き〜』なる座談と演奏の実演会が行なわれます。僭越ながら久々に司会業するです。ステキ女子を前にするといきなりぎこちなくなるが、プロデューサーのサミー前田さんも一緒だから何とかなるだろう。親愛なる読者諸兄、お時間があれば是非足を運んで下さい。マリアンヌ支配人が皆さんの悩みに応えるリアルな“悦楽酒場”になりそうなので、ドMのキノコ感染者はマスト参加の方向で!(しいな)
posted by Rooftop at 13:01 | Comment(0) | 編集無頼帖

Rooftop2月号のラインナップ

キノコホテル

SA

exclusive interview

キノコホテル
集団中毒! キノコホテル
SA
歌えよ、戦う俺たちのファイトソング
メロン記念日 / 石頭地蔵 / SONHOUSE / MOSQUITO SPIRAL / wash? / ivory7 chord / 未成年 / 追悼 志村正彦(フジファブリック) / 堀江貴文 / RESPECTABLE KIYOSHIRO『SOHO RETURNS 〜we love boss〜』 / 『We Love You ! You Love Us!』発売記念プロジェクト〜LOFT CIRCUIT 2010 / 横山マサアキ(テルスター)×峯崎智弘、平子真由美(下北沢シェルター) / 横山マサアキ(テルスター)×上江洲 修(ネイキッドロフト) / ストライカーズ


LOFT席亭's MONTHLY COLUMN

◎おじさんの眼/文:平野 悠
◎ロフト35年史戦記/文責:平野 悠


雑文爆裂都市 〜COLUMN THE BURST CITY

◎JOJO広重:人生非常階段
◎吉野 寿:ポンコツ街道一直線
◎マリアンヌ東雲:悦楽酒場
◎MASS OF THE FERMENTING DREGS:頭隠して尻を取れ!!
◎能町みね子:超大河伝奇ロマン!!! 中野の森BAND
◎ジュリエットやまだ:イケメンショッキング〜菊池健一さんの登場〜
◎ケラリーノ・サンドロヴィッチ:ロック再入門
◎岡留安則:“沖縄からの『書くミサイル』”──「噂の真相」極東番外地編
◎高須基仁:メディア論『裏目を読んで半目張る』
◎田中 優:環境はエンタメだ!
◎吉田 豪:雑談天国(ニューエストモデル風)
◎雨宮処凛:一生バンギャル宣言!
◎大久保佳代子:ガールズトーーーク!!!!!


REGULARS

☆LIVE or DIE 〜LIVE REPORT〜
☆よろず画報番外地
☆ROOKIE'S GARDEN 〜Have a Future〜
☆DISC RECOMMEND
☆MEDIA SCRAMBLE

posted by Rooftop at 12:00 | バックナンバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。